ホップ・ステップ・ワープ

テーマ:

 

今期もどんどん終わっていく。

毎クールこの時期の喪失感パネェな…



 

刀使ノ巫女 第12話 「ひとつの太刀」
ここまで胎動編だって。初めて知った。
 
 
 
ラスボスは変形するもの。RPGの戦闘ってこんな感じなんだろな~などと思いながら見てた。最後は姫和っちの厨二心くすぐる謎空間と歌で乗り切った感あるが、まあ面白かった。あと回想のもっさり感が堪らない。
可奈美ママの刀持ち替えるのって、今回見るに可奈美と入れ替わった事を視覚的に分かり易くする為の設定だったっぽい。以前可奈美が格好いいとかノリノリだった(と記憶してる)し、戦闘で何かしら有効活用されるフラグとばかり思ってた。まあママは特に意味はないみたいな事言ってた(と思う)が、本当にただの癖だったのね…。
 
 
 
 
 
スロウスタート STEP.12 スロウのスタート
 
 
 
私のスロウスタートはこれからだエンド。主人公花名の成長を感じられるが、個人的に大会さんの扱いが印象的でとても良かった。オールキャラ出演の先週も最終回らしさあり今回は主要キャラで話廻してたが、それでも前に出てくるヤンデレに笑う。コイツ強えーw
隠れ浪人花名の暗さをそれ以上の優しい世界で包む、そういう塩梅は良かったと思う。見てるこっちも優しい気分になれる感じ。キャラの可愛さは流石、お色気やレズぷりなどもきらら枠にしては頑張った方じゃないかと。9話くっそエロかったな。エーコはガチレズ。眼福眼福。色んな意味で良いきらら枠でした。
 
 

テーマ:

 

次回もゆるキャン楽しみだなあ(錯乱)


 

ゆるキャン△ 第12話 ふじさんとゆるキャンガール
 
 
 
初回のしまりんのソロキャンをなでしこが引き継ぐ演出、ソロキャンキャンセルオチ。2人の出会いの場所。これ以上ないくらい綺麗な締め方。なでしこってばしまりん見つけると本当嬉しそうに駆け寄るよね。「りんちゃーん!」がとても響く。しまりんの彼氏感凄いなw
見てるこっちも笑顔になる、最高の最終回だった。
 
 
 
初回はちと緩すぎるかと思って、実質本作のオーラに気付いたのは2話だったと思う。あっ…これ良い…みたいな。それからの没入感は半端無く、毎回「えっ?もう終わり?」ってw キャラや空気感などから醸し出す尊さ、癒されるというか胸をキュッと掴まれ目の奥が熱くなる事多数。そういう作風が衰える事無くさりとて行き過ぎて逸脱するという事もなく終始一貫してて、大事に作られたんだなあと。OPEDも良し。いやもうホント全てが素敵でした。
個人的今期ベスト作品かも。ありがとう…ありがとう…(;∀;)
 
 
 
 
だがしかし2 #11『ホームランバーの当たり棒と雪と…』
 
 
帰ってきたほたるさん。ココノツ君のこのタイミングで再会とはやっぱメインヒロインだなあ。中の人的にも『ラーメン大好き小泉さん』がフィナーレを迎えた直後という絶妙なタイミング。別に関係無いだろうけど、あっちこっち食い漁ってる感がちょっと面白い。
 
 
けどやっぱサヤ師かわいい。




キリングバイツ 11th Bite ママを…いじめるな
 
 
 
 
 
パンゴリン城戸の名前はタケシ。あんな見た目でポピュラー過ぎる名前になんか笑った。話の内容も二転三転する戦況と伴って変わるお嬢のキャラが面白い。最高だなこの人。他の女も大概だけど、ここ数話特に弾けてたし羞恥を知る人という事も分かり安心したし。
何でカメレオンだけ多数いるのか知らんが、その時点で瞬殺されそうな所で次回最終回か。実にそれらしいサブタイだが嫌な意味にも取れる。元々1人だけ裏世界の人間じゃないしな…




恋は雨上がりのように 第11話 叢雨

倉田さん、出番はあれだけか。ダイナミック壁ドン見たかったなあ。それにしても原作通り(6巻カバー背面で見れる)とはいえエキセントリックな頭だ。他のキャラはそう外れてない世俗的なキャラデザだったのが、彼女だけ人類には無い異色さにモヤモヤする。染めてるとしたら誰か気に留めても良さそうだがその気配は全然無いし、劇中目線とメタ目線に大きな差は無いと思ってたけどそうでもなかったという事かしら。
 
 
次回最終話。原作も終わったらしく(未読)アニメはアニメで完結させそうな勢いだな。落とし所は大方想像つくが、こっからどう纏めるんだろ。流れ的に何だか消化しきれなさそうでちと心配。
 
 

テーマ:

 

 

2週間休んだとかどうせラーメン食ってんだろと思ったら、あのまんま風邪だった。2週間ぶりにラーメン食べる小泉さん。結果ガンギマリ。もっとヤバい病気じゃねーのこれwww

 

 

 

最後はみんなでラーメン食べに。グルメ作品らしい終わり方で良かったのでは。最初、悠のアクが強いキャラにちょっと不安だったが、普段はあんなでもラーメン食すシーンではちゃんとラーメンと向き合ってたり、そういう切り替えを間違えなかったのは良かった。クレイジーサイコレズ悠とラーメン中毒小泉さん。狂人同士、お似合いだったんだな…。
ラーメンモノとしても、食べた事あるラーメンから知らないラーメン、店など見れて楽しめた。ただ、その肝心のラーメンの描写があまり美味しそうに見えなかったかなあ。もう少し頑張って欲しかったかも。元々作画のレベルは高くはないんで酷な望みかも知れないが。
まあ、毎回ラーメン食っちゃあイキ顔の女の子達にお腹一杯。ごちそうさまでした^^

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス