あきのヤエン釣りブログ。ヤエン釣りブログではアオリイカ釣り初心者からヤエン釣り上級者まで情報発信する釣り人の為のブログです

あきのヤエン釣りブログ。ヤエン釣りブログではアオリイカ釣り初心者からヤエン釣り上級者まで情報発信する釣り人の為のブログです

ヤエン釣り釣行記や釣り道具からウェアに至るまで紹介しておりアオリイカ釣り以外も釣り人全般に情報発信。釣り初心者からベテランヤエン師まで楽しめる自作ヤエン作りにも取り組んでいます。

2017年4月4日和歌山県南紀でヤエンで釣り上げたレッドモンスターと言われる赤系アオリイカ 4.4キロがレコードです




レッドモンスター 赤系アオリイカ 4.4キロ





2017年4月4日和歌山県南紀でヤエンで釣り上げたレッドモンスターと言われる赤系アオリイカ 4.4キロがレコードです2017年4月4日和歌山県南紀でヤエンで釣り上げたレッドモンスターと言われる赤系アオリイカ 4.4キロがレコードです

日時 : 2017年4月4日 PM23:00頃

場所 : 和歌山県南紀某所

潮周り : 小潮



月齢  : 半月

波  ; 14:00~17:00北西の風やや強く18:00頃より凪



【使用タックル】


ロッド : SIMANOボーダレスBB 4.6MH

リール : 11BBXデスピナ C3000D XG

ライン : SIMANO PEライン G5 0.8号

リーダ : SUNLINE FCスナイパー 10LB

ヤエン : オリジナルPTFE跳ね上げローラーヤエン








NEW !
テーマ:

エアーポンプに逆流防止弁は必要なのか? 逆流防止弁の仕組みを簡単に解説

エアーポンプに逆流防止弁は必要なのか? 逆流防止弁の仕組みを簡単に解説

 

アオリイカ釣りで逆流防止弁を使う必要が本当に有るのか?

これには諸説いろいろな見解が書かれていますが実際はどうなんでしょうか?

先ずは逆流防止弁の役割を知ったうえでアオリイカ釣りで使うエアーポンプに必要なのかどうなのか?付けるならどの位置に付ければいいのかを私なりに考えてみたいと思います。

逆流防止弁の役割はさまざまなサイトで解説されており読者の方もなんとなく機能は理解されていると思います。

簡単に言えば逆流防止弁とは「エアーポンプが何らかの原因で止まった時にホース内が真空状態に近くなりアジ活かしクーラー(アジバケツ)内の海水が水圧によりホース内に入ってくるとゆう逆流現象が起きる事で (空気が無くなる)サイフォンの原理の様です。

なんだかややこしそうですが要するにエアーポンプの電源を切ったらストーンから逆流して来る海水がチューブ内をツタって逆流しエアーポンプの中に入る事を防止する装置のようです

 

調べてみると100均のダイソーでも売ってるみたいですね。

 

本当に海水が逆流してくるなら逆流防止弁を付ける事も考えないとな~

付けるならどこでも良い訳でも無いし位置も重要かもしれないし・・・

 

 

自分は逆流防止弁は長年使用していませんし海水が逆流してエアーポンプの中に入ってきてるとも思えないのですが、ひょっとしたら知らない間に入ってるかもしれないんで憶測じゃなくて本当に逆流してくるのかテストしてみようと思います。

 

エアーポンプの電源を切ればホース内を海水が逆流してくるのかテストしてみた!!

 

少し見難いかもしれませんがエアーポンプのスイッチを切って暫く経つと逆流してくるのが分かります。

電源を切ってから僅かな時間で水面付近まで逆流してきてます。

 

これはヤバいのか!?

エアーポンプに逆流防止弁は必要なのか!!w

 

エアーポンプ位置とストーン位置は逆流と相関関係がある?

エアーポンプに逆流防止弁は必要なのか? 逆流防止弁の仕組みを簡単に解説
 

動画を見ると逆流水が逆流してきますが水面付近でストップしそれ以上は逆流する事は有りませんでした。(10分間放置しましたが逆流水の位置は変わらず) 

 

動画には撮っていませんがエアーポンプ位置をストーン位置よりも下げるとエアーポンプまで逆流してきました。

おそらくエアーポンプ位置とストーン位置に関係しているものと思われます。 

なのでストーンが万が一浮いてエアーポンプ位置よりも高い位置で電源が切れれば間違いなく逆流してくると思われますが通常アジバケツではストーンの位置よりもエアーポンプ位置が下がる事は考えられないので逆流防止弁は必要無いと思いました。

 

自宅水槽で使用する場合もエアーポンプをストーンより上に設置すれば必要無いと思います。

 

又、逆流防止弁を付けると空気抵抗になり送り込む空気量が減ったりエアーポンプのモーターに負荷が掛かったりするとゆう事も言われてます。

 

逆流防止弁はどの様な場面で必要なのか?

エアーポンプに逆流防止弁は必要なのか? 逆流防止弁の仕組みを簡単に解説
 
前の章で結論付けましたがストーンの位置よりもエアーポンプ位置が低い場合には逆流防止弁は付けた方が良いと思います。てか、付けないとエアーポンプが壊れます。
その際の逆流防止弁の取り付け位置はアジバケツ内の水面より必ず高い位置に取り付ける事が重要になりそうです。
上記環境下で逆流防止弁が水面より低い位置に取り付けた場合は逆流海水の水圧が直接掛かり逆流防止弁のバルブで海水を止められないと思います。
 
しかし、アオリイカ釣りで使うアジバケツ(アジ活かしクーラー)などの場合はその様な環境下で使用する事は無いと思いますので考えなくとも良いのではないでしょうか。
もしあるとするなら自宅水槽で水槽位置よりもエアーポンプを下に取り付けた場合位かもしれません。
ただ、その様な場合であっても逆流防止弁の取り付ける位置は考えないと意味をなさないモノになるかもしれませんね。
 

エアーポンプを壊さない為に・・・まとめ。

エアーポンプに逆流防止弁は必要なのか? 逆流防止弁の仕組みを簡単に解説
 

アジバケツやアジ活かしクーラーで使うエアーポンプにはストーンとの位置関係を考慮した使い方さえすれば逆流防止弁は不要と思います。

私自身も今まで使ってきて逆流した海水でエアーポンプが壊れた事は一度も有りません。

 
しかし気を付けている事は有りますので一応載せておきます。
  • 充電池交換時は電源が入った状態で先にストーンをバケツ外に出す
  • 釣り終了時に海水を捨てる際はエアーポンプ電源を切らないで海水を捨ててから切る

私が気を付けてる事としては上記2点位でしょうか。

 

釣行後にアジ活かしクーラーを洗う時にも電源は入れっぱなしにしてホースから水が入らない様にしておけば完璧かもしれません(自分はそうしてます)

前回はエアーポンプのフタをあいまいに閉めた状態で波打ち際にアジ活かしクーラーを置いていてエアーポンプに波が当たって浸水しましたがフタをキッチリ押さえてネジを締めこめば通常少しくらい波が当たっても浸水はしないと思うんで以降は気を付けて扱おうと思いますm(__)m

まとめますと逆流防止弁は必要無いとゆうのが私の結論ですし今後も使う事は無いと思いますが、もし使用する場合は保険代わりに使う位の感じが良いのかもしれませんね。

 

お付き合い頂きありがとうございます。

ご参考になれば幸いです。


 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス