みざる いわざる きかざる -2ページ目

みざる いわざる きかざる

イギリス人のダーリンと、ダーリンと私を足して2で割った外見と性格のジュニアとの生活を書いてまーす。


テーマ:

早いもので、ジュニアは、Year 2の学年が終わろうとしている。

InfantからJuniorと呼ばれるようになるのだが、何が変わるのか良くわからない。

知っているのは、給食が有料になることくらい。

さて、この時期は、先生へのカードの準備。
今年は、担任の先生が二人、アシスタントの先生も二人なので、4つ必要。
去年は、作らなかったけど、今年は、作ることに。
一昨年みたいに折り紙(Thanks card 2016)で何か作ろうかと、手作りカードのアイディアを探して、行きついたのが、クイリング。
 
道具を揃えても不器用な私のことだから、結局うまくいかずに終わっちゃうかなと思って、特別な道具がなくてもできるサイトに辿りついたんだけど、爪楊枝自体がない。
あと、色紙を綺麗にたくさん切るのも。。。
細長い色紙が束になって売ってたのを見たことがあったので、クラフトのお店に行ってみた。
 
紙を挟んで丸めるのに使う道具も色紙も1.5ポンドずつだったので、購入。
 
全然、ぐるぐるのところを同じ間隔で作れてないけど、なんとか完了。
 
 
一番、難しかったのは、台紙にはる時にパーツに糊をつけることかな。
茎の部分とか塗る面積少ないし、糊があんまり、はみ出ないようにってやると結構時間がかかった。
 
完成して、ちょっと心配になったのは、上に何か物が置かれた時に潰れてしまわないかなって。
 

 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ にほんブログ村

 


テーマ:

2018年2月

ジュニアがレセプションの終わりのほうだったかな。

学校で2の倍数をやり始めた。

と言っても、その時に完璧に覚えなければならないってわけじゃなくて、まだ、年齢も4、5歳ということもあって、導入程度。

Year 1の時は、5の倍数も。

でも、2の倍数の次は、3の倍数とういうに順にやったわけではなく、2の次は、5なのだ。

恐らく5の倍数は、5、10、15、20のように、一の位が5か0なので、他の数字より足しやすいからなんだと思う。

 

Year 2では、×の記号も導入し始めた。

5のTimes tableを書く宿題をやったジュニアだが、

5x1=5

5x2=10

と順に書いていっているのだが、一応、計算をしているんだけど、計算の仕方が5x3は、5、10、15って3本指を折ってやるのではなく、前の答えの10に5を足した数を書いているのだ。

5にかける数が1つづつ増えるわけだから、その方法でも答えは、かけるんだけどさ。

頑張って5x100までやったというので、答えを見たら、500じゃなかった。

途中で、足し間違えたのかと思って、答えだけをざらーっと見ていったけど、それは合っていた。

よく見たら、式が5x26の次が5x30ってなっていて、そのせいで、式と答えが合わなくなったようだ。

せっかく書いたけど、途中からまたやりなおす羽目になったジュニア。

 

ジュニアは、学校の先生にたくさんやったことを褒めてもらいたくて、どんどん、書いてたけど、私的には、5x10までを完璧にできて欲しいんだけどね。

 

まあ、日本の小学校では、2年生で九九を習うから、その時までに出来ればいいと長期で考えているけど、9x9=54を出すのに、9、18、27・・・54ってやってたら凄く時間がかかるよね。

それとも、ある程度たったら、9x9の答えがぱっと出るのだろうか。

 

なので、九九を学校に行く時に、言って聞かせ始めた。

に さんが ろくって2の段をちょっと言えるようになったけど、2X3の問題の時は、2、4、6って数えてから答えを書いてたりして、そのまま歌を暗記すれば、答えが書けるっていうことがわかっていないようだ。。。

 

まあ、めげずに1カ月にひと段ずつでも聞かせて、覚えてもらえればいいな。

 

 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ にほんブログ村

 


テーマ:
食感は、いまいちなんだけど、ただ混ぜるだけで、砂糖も小麦粉も使わないヘルシースナック。
キノアは、サラダとかに使う時に多めに茹でて、残しておけば、わざわざ、茹でなくてもいいし。
バナナだけで、とても甘いし、苺やアップリコットの酸味とマッチして、味はなかなかいい感じ。
 
材料
熟れたバナナ2本
玉子2個
オーツ1.5カップ
キノア(茹でたもの)1カップ
苺、アップリコット
ドライフルーツ
 
1バナナを潰して、玉子を入れ混ぜる。
2オーツとキノアを入れて、よく混ぜる。
3フルーツを軽く混ぜる。
4余熱してあるオーブンで25分ぐらい焼く。
 

 
食感で拒否されるかなって思ったけど、甘いからか、ジュニアは、美味しいと言ってパクパク食べてたので良かった。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス