橋本多佳子まんが観覧車
  • 23May
    • 花ざかりの庭の画像

      花ざかりの庭

      季節はとてもいいです。散歩してるとお庭は花盛り!皆さまいかがお過ごしでしょうか。Hiミステリーより愛をこめてHiミス作品の紹介もいよいよ大詰めです。「花ざかりの庭」 小池真理子原作2000年 宙出版Hiミステリー3月号 初出掲載15年前に自殺した妻。原因は家政婦として働き始めた先での不倫だった。その屋敷の主人は画家で妻に絵のモデルを頼み夢見がちな妻は恋に落ちた。その屋敷の庭は今も妖しく花が咲き乱れ・・・P.S.再録のお知らせです。「極楽家族」の第8話が愛情物語7月号(メディアックス)に再掲載されています。今回は金沢編。バイオリニストの女の子を拾っちゃう竜たち。次はどこへ?

  • 25Apr
    • 愛と復讐のボレロの画像

      愛と復讐のボレロ

      オリジナルロマンス物の再録のお知らせです。以前ハーモニイの増刊か何かで描いた「愛と復讐のボレロ」が今発売中の別冊ハニィロマンス6月増刊(同)に再掲載されています。60pです。2016年 ハーモニイROSEホットロマンス特集号(宙出版) 初出掲載初恋の人であり父を死に追いやった憎い裏切者、チャールズ。カーラは素性を隠し彼の会社に入り込み復讐のためにベッドへ誘うのだが・・・60ぺージなら・・・と引き受けたオリジナル作品でしたが結局125pページよりきつかった同じ内容を半分のページに入れるわけだから当然よね。楽しようとすると痛い目にあう典型でした。とほほ・・・前の記事↓https://ameblo.jp/3hi-hassy-21/entry-12056904118.html?frm=themePS.こちらも再録のお知らせです。「極楽家族」第7話が愛情物語6月号(メディアックス)に掲載されています。今回は長野編です!あ~旅行したいなあ~いつになったら・・・

  • 19Apr
    • 別れの夜の授かり物

      ようやく新作のお知らせです「別れの夜の授かり物」 レイチェル・トーマス原作が21日発売のハーレクイン09(ハーパーコリンズ・ジャパン)に掲載されます。昨年描いた「五億ユーロの花嫁」とセットのお話です。厄介な遺言に振り回される異母兄弟のラウルとマックス。2作の表紙はそれぞれのヒロイン リディアとリーザの一人表紙です。コーラスの高音パートと低音パートみたいにできたかなと思っています。是非2作セットで読んでみてくださいしかしクリスマスの話なのに桜も終わった頃に仕上がる体たらく・・・と思っていたらちょうどクリスマスの雪のシーンを描いている時に季節外れの関東の大雪!なんというシンクロ!とアシさんたちと盛り上がってました。(今回は完全在宅で仕事をしていたのでそれぞれの家で)元サッカー選手のマックスと理学療法士のリーザの間には別れ話が持ち上がっていた。子供がいる温かい家庭を望むリーザとそうでないマックス。そんな時スペインの銀行頭取だったマックスの実父が亡くなり相続問題で異母兄弟のラウルとフィアンセのリディアと会う事になる。時々「この仕事…永遠に上がらないかも」と思う原作にぶち当たりますが今回の2作もそうでとにかく上がってめでたい!反省会は開かないよ!再録のお知らせです。以前宙出版で描いた「約束」という作品が母へ(メディアックス)に再掲載されています。こちらもよろしくです。

  • 12Apr
    • Baseの画像

      Base

      再録のお知らせです。以前秋田書店で描いた「Base 」というお話が私たちの人生片づけ(宙出版)2020EARLY SUMMERに再掲載されています。最近近所の児童公園で家族で楽しんでいる姿を前より多く見かける気がします。移動自粛のせいなんでしょう。遠くに行かなくても近場に意外といいスポットがあるものです。退屈した子供のためにベランダや庭にテントを張るというツイートも見かけました。大人でも楽しそう!1か月ほどアップを休んでいる間に世の中はどんどんすごいことになってて色々思う事が多い日々です。皆さま、どうぞご無事で。他にもお知らせできずじまいだった再録作品です。デジタルに飽きたら紙雑誌もどうぞ!「烏占い」ほんとうに怖い童話5月号(ぶんか社)「極楽家族」東北編愛情物語5月号(メディアックス)「神かくし」小池真理子原作「鬼追者」高橋克彦原作ザ・ミステリー世にも奇怪な殺人特集号(宙出版)文学刑事の事件簿「檸檬」前後編謎解きサスペンス(メディアックス)

  • 08Mar
    • 見えない情事の画像

      見えない情事

      Hiミステリーより愛をこめて   あと数話で終わりますでもこの後仕事の方に集中するのでちょっと小休止しますね。今日は「見えない情事」小池真理子原作です。ささやかで平安な結婚生活を送っていた夫婦。旅行先でリッチで華やかな夫婦とともだちになってから地味だった夫が変わっていく。妻は不倫を疑い浮気の妄想に憑りつかれていく。そしてスキューバダイビング中に不幸な死亡事故が・・・1997年Hiミステリー3月号(宙出版) 初出掲載この頃は見開きを多用してましたねえ。劇的な展開にあわせて大胆に。P.Sまた再録のお知らせです。宙出版から出ているザ・ミステリー密室殺人特集号にHiミステリー時代に描いた2作が掲載されています。赤川次郎原作の「三毛猫ホームズの推理」https://ameblo.jp/3hi-hassy-21/entry-12176826492.html?frm=themeもう一作、先月ご紹介したばかりの「船上にて」 若竹七海/原作https://ameblo.jp/3hi-hassy-21/entry-12575536695.html?frm=theme今はすっかりデジタルで読む派が増えていると思いますがたまには紙の雑誌もいいですよ

  • 01Mar
    • 艶やかな声の画像

      艶やかな声

      Hiミステリーより愛をこめて「艶やかな声」ある日突然知らない女性から電話があり艶やかな色っぽい声で殺人の依頼が…約束どうり報酬の半分の500万が振り込まれたが男は捕まり担当した刑事もその魅惑的な「声」の虜になる。いったい声の正体は?1996年Hiミステリー10月号(宙出版) 初出掲載また再録のお知らせです。以前エレガンス・イヴ(秋田書店)で描いた「今年の桜」がほんとうに泣ける話4月号(ぶんか社)で再録されています。以前の記事↓https://ameblo.jp/3hi-hassy-21/entry-12010564049.html?frm=theme愛情物語4月号(メディアックス)で「極楽家族」第5話も再掲載中です。北海道のお話。

  • 23Feb
    • 幸福通信の画像

      幸福通信

      Hiミステリーより愛をこめて今日は阿刀田高原作の「幸福通信」をバブル期が過ぎ世間ではリストラの嵐が吹き荒れた頃のあるサラリーマンのお話。1997年Hiミステリー2月号(宙出版) 初出掲載ある中小企業のサラリーマンの元に夜な夜なコンピューターを名乗る電話がかかってきて競馬の大穴情報や株の大儲けの情報を教えてくれて一躍大金が転がりこんだ。この電話の正体はいったい???P.S再録のお知らせもあります。以前秋田書店のデジールで描いた「とけない雪だるま」が今発売中の私たちの人生片づけ2020 SPRING(宙出版)に再掲載されてます。すごい豪雪の年に描いた作品。今年は逆に雪がなくて大変でしたね。https://ameblo.jp/3hi-hassy-21/entry-11992776664.html?frm=theme

  • 16Feb
    • 船上にての画像

      船上にて

      Hiミステリーより愛をこめて「船上にて」原作/若竹七海1929年ニューヨークを出航した豪華客船イル・ド・フランスその船上で起きた怪事件。「ナポレオン3歳の時の頭蓋骨」が紛失した。日本人の青年とアメリカ人の老紳士との謎解きが始まる。1999年Hiミステリー(宙出版)6月号 初出掲載O・ヘンリーが出てくるジンと来るお話。

  • 09Feb
    • ヘカテの時間の画像

      ヘカテの時間

      Hiミステリーより愛をこめて巷でウイルスや花粉が騒がれている中死体と一緒に3人が引きこもるお話を。「ヘカテの時間」原作/山崎洋子殺人事件で世間を騒がせた美人実業家。精神鑑定の結果無罪になり 彼女は湘南にある知り合いのテラスハウスに身を寄せる。そしてそこへ引き寄せられた人間たちの間でまた事件がーーー遺体と共に彼らはさまよい地獄へと歩みを進める。天使か悪魔かわからない女に導かれて・・・1995年(宙出版)Hiミステリー6月号増刊 初出掲載初めての155pの長編でしかも巻頭で 色々緊張しました。 PCの使い始めの頃で加工した背景が貼ってありますね。    

  • 31Jan
    • 怪談の画像

      怪談

      Hiミステリーより愛をこめて「怪談」原作/林 真理子2000年(宙出版) Hiミステリー12月号 初出掲載社内恋愛で婚約した二人は上司に仲人をお願いに行った。その後、男の元に怪しげな手紙が届くようになった。内容はフィアンセの女性の中傷。幸せな結婚への嫉妬?いやがらせ?一体誰がこの手紙を送ってくるのか・・・再録のお知らせ以前ぶんか社で描いた「不実な果実」が女たちの不倫ドラマスペシャル(宙出版)に再掲載されています。卵子提供による不妊治療で夫への復讐を遂げる奥さんの話です。                                                                                                              

  • 26Jan
    • 秋旱の画像

      秋旱

      あっという間に1月も最終週。スマホの機種変更したり新しいアプリに驚愕したりしながら日々が過ぎていきます。何よりiPhone版のClip Studioが・・・これを使いこなせれば電車のなかでネームできるじゃん。すごい時代ですねえ~ハーレクインの紹介の方も一息ついたので後の大物は宙出版時代のHiミステリーの作品群。と思って見返したらもうすでに半分以上は紹介済でした。残ったものをぼちぼちやっていきます今回はちょっと季節はずれですが「秋旱」 乃南アサ原作を1997年Hiミステリー(宙出版)12月号 初出掲載早くに夫を亡くし 職場での不倫関係に疲れた主人公は昔住んでいた小さな避暑地の町を訪れる。ファミリーが営むペンションに泊まりしばらく滞在しているとペンションの畑を手伝っているスタッフが中学の同級生だと気づく。意気投合して恋愛になりそうな雰囲気になってきたが彼は実は・・・この表紙で読者プレゼントのテレフォンカードを作ってもらいました。自分の絵のテレフォンカードがうれしかったものです。今はカードどころか公衆電話もありません。携帯時代を経て今は完全スマホ時代へ。P.S.忘れてました!再録のお知らせです。いつもの「極楽家族」が愛情物語(メディアックス)3月号にそして「「白雪姫と七人の侍」が怖い童話(ぶんか社)3月号に掲載されています。見かけましたらよろしく~

  • 05Jan
    • 五億ユーロの花嫁

      明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。新春恒例のライブにも行ってパワーもらえました。私にとっての初詣さて新作が出ております!締め切り延ばしまくったので今年発売の号かと思っていたら12月に発売されていましたあせあせご迷惑かけるのは昨年限りにいたします(ほんとに?)<1/8 訂正>私の勘違いでやはり1月発売でした。すいません(^^;「五億ユーロの花嫁」 レイチェル・トーマス原作がハーレクイン2020 02号(ハーパーコリンズ・ジャパン)に掲載されています。 2作組でクリスマスが出てくるお話だったので2019中に2作とも描いておきたかったのですが1作さえクリスマスに間に合わなかったというていたらく…「五億」というワードが招いた迷路から出られなくなってしまっていました。けっこう原作から変わっているところもありますがなんとかフィニッシュ…息子を愛せない父を持った兄と弟。それぞれの愛を探し求めるストーリーです。弟編はこれから描きます。2作セットで読んで欲しい新作、まず1作目をよろしくデス

  • 29Dec
    • 寺田家の花嫁の画像

      寺田家の花嫁

      ザ・ミステリー~不倫殺人特集号~(宙出版)に再録されている2作のうちもう1本は「寺田家の花嫁」こちらは小池真理子原作です。一度結婚に失敗し両親も亡くした千佳子は過疎地域の嫁探しのイベントに参加しそこで出会った朴訥とした寺田と結婚を決意する。田舎暮らしを夢見た千佳子だったがなぜか都会の彼女のマンションで住むことになり寺田の家族も上京して来て・・・1999年 Hiミステリー7月号(宙出版) 初出掲載

    • 月のしずくの画像

      月のしずく

      いよいよ今年も大詰め。大掃除らしい事何もやってない。通常どうりで年越しそう・・・再録のお知らせです。今発売中のザ・ミステリー~不倫殺人特集号~(宙出版)に以前Hiミステリーで描いた作品が2作載っています。まずは「月のしずく」浅田次郎さんの原作です。1999年 Hiミステリー9月号 初出掲載コンビナートで蟻んこ(荷役)をしているタッつぁんは月の夜、道に捨てられたホステスを拾う。やもめ暮らしの家へ連れて帰るとその女は・・・タッつぁんは亡き川谷拓三さんのキャスティングで描いてます。女は銀座のホステスなんですが新宿の女っぽいし、ラストも少し変えてしまってるので原作の浅田先生に怒られそうです。でも好きな話。

  • 25Dec
    • 夜だけのシンデレラの画像

      夜だけのシンデレラ

      歳末ロマンスフェアこれで中期は最後ですこのシリーズ以降の作品は当まんが観覧車のブログを始めたので「新作紹介」や「新刊紹介」のテーマで紹介済み後記ロマンス作品は画像や発表時期、あらすじを追加編集して「ロマンス」の箱の方に移動していきたいと思います。年末年始にやろうかな。「夜だけのシンデレラ」ジェニファー・ルイス原作<王宮のスキャンダルⅢ>精子バンクを利用して赤ちゃんを産んだら父親は国王だった!というお話。2014年 ハーレクイン(ハーレクイン社) 初出掲載2018年 (ハーパーコリンズ・ジャパン) 単行本初版発行精子バンクを利用して息子ニッキ―を産んだステラの元に精子のドナーだと名乗るヴァスコが現れる。そして自分はモンマジョール王国の国王で、ニッキーは王位継承者になるのでステラと共に王国に連れていきたいと申し出る。古文書の修復師をしているステラにとってモンマジョール王国は中世の古文書の宝庫だった!全然関連のない3部作の主人公たちをあとがきで無理やり結びつけました。以前の記事↓https://ameblo.jp/3hi-hassy-21/entry-11753287965.html?frm=themeふ~夏から続いたロマンス祭り何とかクリスマスまでにすべりこみセーフですお付き合いいただきありがとうございましたちょっと早いですが皆さまよいお年を

    • 国王陛下の花嫁選びの画像

      国王陛下の花嫁選び

      歳末ロマンスフェア中期ロマンスのご紹介は今日で最後です。「国王陛下の花嫁選び」ジェニファー・ルイス原作<王宮のスキャンダルⅡ>第二話はアメリカに亡命中の王子が祖国に帰り王位を継承することになったお話。長年ヒーローの秘書を務めていたヒロインがけなげデス2013年 ハーレクイン(ハーレクイン社) 初出掲載2018年 (ハーパーコリンズ・ジャパン) 単行本初版発行ニューヨークで実業家として活躍してきたジェイクは故国ルテニアで国王に即位することになり腹心の秘書アンディを連れて帰国した。閣僚に迫られ国王として結婚相手を決めなければならずジェイクを慕うアンディにはその花嫁選びがつらく、仕事を辞める決意をするが最後のパーティの夜頭を打って記憶喪失になり・・・最初はミュージカル調に始めてみました

    • 王との愛なき結婚の画像

      王との愛なき結婚

      歳末ロマンスフェア本番めりくり~今日で中期ロマンス祭りは終了でーす「王と愛なき結婚」ジェニファー・ルイス原作<王宮のスキャンダルⅠ>3部作の第一弾です。2013年 ハーレクイン(ハーレクイン社) 初出掲載2018年 (ハーパーコリンズ・ジャパン) 単行本初版発行舞台は環太平洋の小島の王国。王妃ラニは夫の国王が急逝したため国のしきたりで夫の弟アルンと結婚しなくてはならなくなった。アルンはハリウッドで映画監督をしていて急遽帰国したものの結婚には抵抗する。試みにラニに強引にキスをしてみると意外な反応にアルンの心は動く。しかしその後国王の子を身ごもっていることが分かり・・・珍しくアジア系のお話です。このシリーズは人物で繋がっているわけではなく「王族のスキャンダル」がテーマになっています。

  • 24Dec
    • 裸足の花嫁の画像

      裸足の花嫁

      歳末ロマンスフェアメリクリ~今年はチキンなどコンビニを駆使して用意してみようと思います。人数少なくてしかも食べる量が少ないもので「コンビニ掛け合わせグルメ」昼のラジオでやってた。「裸足の花嫁」リン・グレアム原作トルコが舞台。リン・グレアムさんなので激しめのヒーローとはかなげなヒロインです。2013年 ハーレクイン(ハーレクイン社) 初出掲載2017年 (同) 単行本初版発行家族が経営する旅行会社のトラブルを弁明するためにリリーはイスタンブールへ飛んだ。訴えたのはかつて愛し合いひどい別れ方をしたラウル・カサビアン。詐欺にあったとわかったリリーはラウルに支払いの猶予を頼みこむが彼は1週間の旅の同行するという条件を突きつける。

  • 23Dec
    • 愛はオーロラの向こうにの画像

      愛はオーロラの向こうに

      歳末ロマンスフェア「愛はオーロラの向こうに」ドロシー・ガーロック原作こちらのヒーローはトラック野郎!(一応社長ですが)ガテン系です2013年 ハーモニィ(宙出版)8月号 初出掲載2014年 (同) 単行本初版発行離婚届けをたたきつけテキサスを飛び出して早2年。今はアラスカの石油会社で事務の仕事をしているリンディの前に元夫ジェイクが新オーナーとして現れ復縁を迫る。あまりの熱烈なアプローチにタジタジのリンディだったが・・・

    • プリンセスと暗殺者の画像

      プリンセスと暗殺者

      歳末ロマンスフェア「プリンセスと暗殺者」ガーレン・フォリー原作アセンシオン王国三部作の2話目です。なんとヒーローはナポレオン暗殺を遂行しようとします。第1話は上杉可南子先生の「美しき海賊のプリンス」第3話は富樫じゅん先生の「王宮のプレイボーイ」となっております。2013年 ハーモニィ(宙出版)4月号 初出掲載2013年 (同) 単行本初版発行護衛兵のダリウスに幼い頃命を助けられた王女セラフィナ。今もその時の傷が残るダリウスは出世して大佐になり外交官としてロシアへ赴いている。セラフィナは政略結婚が決まっても彼への想いは消せずにいた。舞踏会の夜スパイにさらわれそうになったところをダリウスに救われて・・・ダリウスはアセンシオン王国とセラフィナを守るためナポレオンを暗殺するべくミラノへ向かった。以前の記事です↓https://ameblo.jp/3hi-hassy-21/entry-12225206192.html?frm=themeP.S. 再録のお知らせです。以前秋田書店で描いていた「極楽家族」が愛情物語2月号(メディアックス)に再掲載されています。第3話 仙台編です。