こんにちはー、さぶです・・

 

昨日から「盂蘭盆会」に入っています、・・これから私は‘初盆参り’に出かけます。

今年の‘初盆’は親戚・友人知人宅で10軒です。

家の近隣は私と妻のC子が手分けして訪問します、チョイと離れた家には二人で行きます、アルコールが入ったらヤバいので・・。

 

 

さあ、また昔話です・・・H4年7月

 

この月の農作業は・・、先月にビール麦の刈り取りを済ませ、充分に乾燥をして、選別と調整を行ったのが6~7日でした。

出来上がった量は136袋で、出荷したのが9日です・・検査結果は全部「等外の上」だった。

 

しかたありません、これ以上キレイに選別は出来ない・・。すればクズばかりが出て、品質は良くなるが量が極端に減ってしまいます。

‘ゲスの勘繰り’じゃないけど、政府は検査を厳しくして麦の作付けを減らそうと考えているんでしょう・・。

安い麦は外国からいくらでも入る、麦を作らせてその「補助金」を生産者に与えるのは大変だからね・・。

米の「減反政策」の補助金を如何に減らすか・・政府も出費を減らしたい。

その結果が、‘厳しい検査’になる訳です。百姓は採算に合わなくなり嫌気を出して麦の生産を止める、・・政府の狙いです。

 

20~21日の二日間は「コシヒカリ」の追肥を施した、‘穂肥’です。

梅雨が明けての炎天下の作業はキツいですよ、肥桶にいっぱい肥料を入れて田んぼの中を歩いて施すんですから・・。

コシヒカリの‘穂肥’は出穂15日前が理想になっているから、出穂を8月4~5日と予想したのでしょう・・、勿論‘幼穂長’は確認しています。

 

 

さて、趣味のハンググライダー(HG)の方は・・、

 

以前から計画していた「高原山エリア」開発に向けてのテストフライトをすべく、12日(日)早朝5時に集まったのは5人だった。

機体を積んで向かった、着いて先ずは予定のRD(着地点)を確認した・・一面は霧でガスっていた。

 

高原山は大きく高度も高いので霧が出やすい、「どうする?待てば晴れるかな・・?」。皆で相談し、結局は「後日にしよう・・」となってホームの羽黒山エリアに戻ったのだった。

 

2本飛んだがイマイチだった・・、時間が早いのでもう1本飛ぼうとTO場所に上がると中野君がセットアップを完了していた。

彼は「俺、何か体調が変だからやめるけど誰か飛んでみる?」と言う。

私は前から彼の機体に乗ってみたかった、良さそうなのでね・・。機体は確か「XS」と言ったと思う、ウイルスウイング製だろうか?忘れたね。

 

フライト後の感想は・・、彼の身体に合わせて調整してあるから、しっくりとこないのは当然だが飛びは良さそうだ。

私の身体に合わせて、CG(重心)の位置を少し移動すれば巡航速度ぎりぎりで飛べるだろう。そうすれば弱いサーマルでもキャッチできるだろう・・。

勿論CGを移動すれば、ベースバーも手前に持ってくるようにノーズからのワイヤーも伸ばすことになる・・。そうすれば私にとっては乗りやすい機体になるだろう。

 

RDに着地して機体をバラシていると、城所さんが久しぶりに飛びに来た。

彼はHGの大先輩であるが私よりは若い。先日彼がひょっこりRDに現れた時、「珍しいねえ・・生きてたの?死んだかと思ったよ!偶には飛びに来たら・・。」と言ったのが効いたのだろう。

 

25日(土)・・、バイト仕事を終えて直ぐに黒羽町の「御帝山」に向かった。

インストラクターのO山さんがここにパラグライダーのエリアを開発したので、この夜はバーベキューパーティーでお祝いだった。

HG仲間も集まって賑やかに騒いだね・・、山の中だから騒いでも迷惑にならない。

 

でも俺はパラグライダーで飛ぶ気は更々ないよ、あの何十本もあるラインを見ると苛々するし‘骨無し’だからチョイと風が乱れたら潰れるだろ?それが怖ろしい。

HGで飛ぶ奴は殆どパラはやらないね、まあ稀には居るけどね・・。そんな奴も、「やっぱりスピード感はHGだなあ・・」と言っている。

飲んで家に帰ったのはPM11時55分だった。

 

26日・・、エリア開発の為の「高原山テストフライト」が実行されたが、私は都合で行けないので羽黒山エリアに残った。残ったメンバーは私・マルノリのコンビ・谷垣の4人だったが、フライトはイマイチでした。

 

夜に、「高原山」に行った中野君からTELが入った、次のようなものだった。

高原山は「県民の森」となっていて管理事務所が設けてある。

行ったメンバーは10人で、各々がセットアップを完了してTOの風待ちの状態だった。

そこに管理事務所の者が来て、「飛ばないでくれ!道路以外に立ち入らないで!」と言って来たらしい。強く主張されて飛ぶのは諦めたとの事だった・・。

 

まあ、確かに道から離れてセットアップしTOもしなければならない、「立ち入るな!」と言われれば仕方ないね。

 

それに、この山には天皇皇后両陛下による‘植樹林’も有りその為に「県民の森」となった経緯もある。

管理事務所にしてみれば、‘両陛下ゆかりの地’を上から見下ろすなんて「言語道断」なのだろう。今後も許可は下りないだろうねえ・・。

 

私はフライトの具合や状況を中野君から聞きたかったが、結局は飛べずに終わったとの事。

「高原山」が飛べたら最高だろう・・、これによって「高原山エリア開発」の計画は消滅したのだった・・。

 

 

それじゃ、またね・・。