こんにちはニコニコ


アンチエイジング評論家の、しゅうです。


いつも、応援ありがとうございます💓

人気ブログランキングへ




人は集団で生きていく中で、
稀に仲間はずれにされることがありますショボーン



つい最近まで仲の良かった人が、急に冷たくなったり、話をしてくれなくなったら、悲しくなりませんかキョロキョロ



だけど、仲間はずれにされても、多くの場合、衣食住は保証されており、現実的には生活に直結するほど困難なことはないはずです。
なのに、とんでもないほどの喪失感があったり、イジメられていると思い込むこともありますショボーン



とはいえ、100%の人間から相手にされなくなることは、まずあり得ませんニコニコ



狭い範囲の人間関係から孤立したという話なだけで、全世界の人々が、自分を相手にしてくれなくなったわけではありませんニコニコ



家族は当たり前のように味方だったり、あるいは相談機関に行けば親身に相談にのってくれたりします。





ところで人は、なぜ仲間はずれにされたら悲しいのでしょうかキョロキョロ



人も、潜在意識の中で野生の本能は持っています。



野生動物の世界の中で、集団行動から外れると、外敵から狙われやすくなりますくまトラしし座



つまり、野生の世界では、集団からの孤立は死に直結ガーンなわけです。



その心理が残っているからこそ、仲間はずれは悲しいのではないでしょうか?キョロキョロ



ですが人間は、すでに野生動物ではありませんキョロキョロ
身の安全は、ある程度保証されていますニコニコ

そのことを忘れてはいけません。




仲間はずれの起こる原因についてですが、はずされる側に非があるとは限りません。



妬み、逆恨みなど、落ち度がなくても仲間はずれにされる場合もあり、厄介ですキョロキョロ



時々、テレビのニュースなどで、イジメの自殺の報道を観たりすると胸が痛くなりますショボーン



仲間はずれとは、たまたまそこに居合わせた偏った価値観の人たちと仲良くできなくなっただけであり、社会から疎外されたわけではありませんニコニコ



人間関係で行き詰まった時は、一歩下がって、自分が限られた人間関係の中だけで悩んでいることに気づいてくださいウインク



あなたを助けてくれる人は、違うところに必ずいるし、本当は味方のほうが多いのですおねがい