彼と別れました。

理由は、子供のこと。


ついにきた、あたしが彼が幸せに
なるために
背中を押してあげなきゃいけない時。


常に覚悟はしてきたつもりだけど
実際そうなると
やっぱり悲しすぎる。

どうしようも出来ない事が理由なだけに
そうするしかないって事に
もどかしくて
イライラして
脳が現実に追いつかない。


でもやらなきゃならないことは
変わらない
日々の生活、仕事。


目をめいっぱい腫らして
長男の運動会は
お弁当頑張って作って
応援にいけたよ。

長男が頑張ってる姿に
また涙して、
あたしも頑張らなきゃって思った。

でも今日の仕事中
過呼吸起こしちゃって、
立ってられなくて倒れた。

ビニール袋で落ち着いて、
休憩室の和室で横にならされた。

迷惑かけた。

それなのに

周りは何も知らないけど、
暖かい言葉をかけてくれて

そばにいてくれてた社員さんは
ずっと
撫でてくれた。

またたくさんたくさん
涙が出てきて
そしたら、抱きしめてくれて
背中をさすってくれて

もう声が出るくらい泣いた。


仕事上がった同じ部署の
メンバーも
すぐさま来てくれて、
理由も聞かず
帰らなきゃなギリギリな
時間まで一緒にいてくれた。


おかげで、チビのお迎えにも
無事に間に合いました。
明るくお迎えできた。


大きなモノを失ったけど、
失った分だけ

強くなろうって思う。


きっとあたしは
恵まれてる。
そもそもひとりじゃない。


前じゃない。
もっと高く
もっと遠く

上を向こう。




取締役には明日休めと言われたけど、
休むものか。

今のあたしが唯一泣かないで
いれるのは
がむしゃらに何かしてる時。

それしか方法が見つからない。

だから、しれっと出社してやる。