突然旦那が亡くなった…その後の私の人生の記録。ずっと主人と共に

突然旦那が亡くなった…その後の私の人生の記録。ずっと主人と共に

2,018年6月
54歳で主人が突然亡くなりました。
私は40代後半、成人した子どもがいます。

同じような経験や思いを持つ方、そしてそうでない方も、この突然の出来事、この思い、何よりもこの世で54年生きていた主人の事と、その後の私の人生を知って頂けたら幸いです。

若くして亡くなった主人ですが、その生き様と私の後悔や懺悔の気持ち、それら綴って行きます。
リアルタイムで思いのままに…。

このブログの始まりは主人ではなく、娘関連のはずでしたが、ある日突然それが死別ブログと化してしまいました。

気持ちを共感・共有してくれる方に見て頂けたら幸いです。

私の住んでるところ、地域は観光の名所もあり観光客は毎日のように目に入ります。

それが当たり前の風景だったし、もはや目になんて映ってないほどの光景だったと思うのに、主人を亡くして4年半、逆にいつでも目に入る、(つい)見てしまうような自分になりました。


家族連れを見てはかつてあった自分たちを思い、
何より「老夫婦」というもの、それは自分たちの先にある姿、その姿があると思い(込んで)疑うことも無かったのに、

逆に私は老後はどうやったら仲睦まじくやって行けるのか、(私が)心入れ替えたようにも優しく労わる気持ちで過ごして行けるのか…
自分へのそんな不安さえぼんやりあったくらいだった。

だけどそんな心配不要だったのね。


私は主人が居なくても、一人でもどこへでも行けるし、何でも自分だけでも楽しんで生きて来ました。
だからきっと主人にしなら「どうした今さら?!」くらいに思ってるのかも知れない。

だけどそれ、確かにそうだった事は認めるけど、それは昔からあなたが忙し過ぎたから仕方ないと思ってたのもあったわけで…

定年後は時間が出来るって、そりゃあ誰もが先を思うものだよね。
私もずーっとそうだったのにな。


未来は「自分一人」ってもうわかっているのに、
どうしても他人のそんな姿はまだ、なんとも言えない気持ちで見てしまう自分がいます。

いつもありがとうございます!!ポチッとしてもらえたら励みになります🙏🏼↓
にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
PVアクセスランキング にほんブログ村