突然旦那が亡くなった…その後の私の人生の記録。ずっと主人と共に

突然旦那が亡くなった…その後の私の人生の記録。ずっと主人と共に

2,018年6月
54歳で主人が突然亡くなりました。
私はその時45でした。

同じような経験や思いを持つ方、そしてそうでない方もこの突然の出来事、この思い、何よりもこの世で54年生きていた主人の事と、その後の私の人生を知って頂けたら幸いです。

54歳で亡くなった主人ですが、その生き様と私の後悔や懺悔の気持ち、それら綴って行きます。
リアルタイムで思いのままに…。

このブログの始まりは主人ではなく、娘関連のはずでしたが、ある日突然それが死別ブログと化してしまいました。

気持ちを共感・共有してくれる方に見て頂けたら幸いです。

同じ市内に高齢の伯母が住んでいる。

自分で言うのもとても悲しく残念な話だけど、
この伯母が実母よりもとても気が合う、(母とは違って)そこにはストレスがあるどころかずっと話していたくなるほど。

一丁向こうに住むくらいのその伯母、先日タクシーに乗って来てくれた。
その時の会話、その時言われたこの言葉、


さくらちゃんには旦那さんが居ないだけ。
そこだけなんだ。
そこさえ除けば後は生活も出来てるし、何でもある、幸せもいっぱい(残って)ある。
だからここからどう生きるか、下をずっと向いていてももう仕方ない。
感謝して、明るく生きて行くしか無いんだ。


こんな言葉、とてもじゃ無いけど過去の自分なら神経逆撫でする言葉であったかとも思う。

でも、今の死別後「6年」が経とうとしている私にはその意味、真意が伝わって来たよ。

主人が居ないことは当然、あまりに辛くて、とてもとても大き過ぎること。
だからその悲しい事実、それはもちろん忘れるでも無いしずっと心に置きながら生きていくわけだけど、それでも残された、主人が残してくれたもの、幸せだっていっぱいある事を理解出来る頭と心で居たいとも思う。


でもこれ、伯母自身ももうずいぶん前に夫(伯父)を亡くして、長いこと一人で住んで生きて来ているからこそ、私にも伝わる思いなんだとおもう。


主人が居ないこと、
「世の中の終わり」だと、もうおしまいだと本当に思った。
でも今思うのは、悲しいけれど、悲しみを持っていても終わっては無かったってこと。

これはあくまで今の私の思い。
到底そんな事を思えない人たちだっていっぱいいるのがわかる。
でも…きっと、少なからず理解してくれる人もいるのかと思ってます。


伯母は、どんなに時間が経ってもいつも一緒に泣いてくれます。
そして毎回、「本当に良い旦那さんだったね」って、今でもそこを想ってくれて、いつも(主人の)職場の前を通ったら必ず主人を想うよって言ってくれるし、
我が家の亡くなった理由上、何かちょっと違えばね…って、ほんの少しでも時間でもそこの状況でも、違ってたなら普通に生きてたんじゃないかという今だ晴れない無念のような気持ち、そこまでも同じにわかってくれるんです。

聞いてくれる、
理解して寄り添ってくれる、
これが一番の、私の「心の回復」を手伝ってくれるものだとつくづく思います。




この間見に行った朝焼け、そして夜景。





いつもありがとうございます!!ポチッとしてもらえたら励みになります🙏🏼↓