1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-05-26 01:46:33

The Concretes(コンクリーツ) - Hey Trouble

テーマ:洋楽 A-E

やっと届きましたよ。。結構前に注文したんですけどね。。スウェーデンのポップバンドのThe Concretes(コンクリーツ)の4月に出た3作目の新作、「Hey Trouble」。今はもうちょっと早く手に入るみたいですね。音楽ファイルのみでしたら、iTunesでも購入できます。


The Concretes - Hey Trouble


Hey Trouble


日本の大手だと、HMVでCDアルバムが買えます。(HP(http://www.theconcretes.com/ )では試聴もできます)

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2545689  (HMV)


(曲目)

01 - Hey Trouble

02 - A Whale's Heart
03 - Kids
04 - Firewatch
05 - Didion
06 - Oh Boy
07 - Keep Yours
08 - If We're Lucky We Don't Get There On Time
09 - Souvenirs
10 - Are You Prepared

11 - Oh No
12 - Simple Song


どうもフランススウェーデンの輸入盤しか今の所出ていないみたいです。前作の「The Concretes in Colour」(ここ に書いています)はUK・USでも出たし、1stの「The Concretes」は日本盤も出ていたんですけどね。。


やはりリードボーカルでコンポーザーでもあったVictoria Bergsmanの脱退が大きいんでしょうね。。Peter, Bjorn & Johnの「Young Folks」にもゲストで参加していたヒトです。


しかしながら前作でも3曲ぐらいリードボーカルを取っていたLisa Milbergが今回はリードボーカルを取っているので、私にはあまり違和感はないです。ちょっと押し出しが弱いメロディーながらもカラフルな曲群。特徴的だったちょっと儚げなボーカルではなくなったけど、Milbergのボーカルも魅力的です。


Myspaceでも新作が3曲聴けます。シングルの「Kids」もなかなかの佳曲ですし、「A Whale's Heart」はギターポップ風の実に Concretesらしい端正のある美しい曲です。PVも観てみてください!


Myspace

http://www.myspace.com/theconcretes  (←クリック)


Kids」-PV

http://www.youtube.com/watch?v=NvOfHZ6G6Co (←クリック)



今回の方が、サウンドもエッジが聴いて、相変わらず美メロでなおかつ力強くなって今までで一番聴きやすいかもしれません。ちょっとエレクトロ風の「Didion」もとても面白いです。


アルバム全体の流れも良いですし、良い作品です。聴いていて落ち着きます。


HMVのオンラインショップでは輸入盤3枚買えば25%引きになるセールがまた始まっていますので、3枚目に迷った方はこの作品なんぞどうでしょうか?最後の「Simple Song」の音処理も興味深いトラックですし、聴いて損はない一枚だと思います。これからもConcretesには長く活動して欲しいです。


しかし、同じスウェーデンのギターポップバンドのShout Out Loudsの本国で既に出ている新作はいつ日本で普通に買えるようになるのかいな。。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-05-22 23:56:52

Manic Street Preachers - Send Away the Tigers

テーマ:洋楽 K-O

今日入手して聴いています。本当は23日に正式に日本盤は発売なんですよね。


あまりマニックスのアルバムを多く聴いているわけではないですけど、彼らの曲は好きです。どちらかというと「味不明な高揚感」に溢れている曲に注目しがちの私なので、たまに彼らの爽快な曲を聴くととても新鮮なのかもしれません。

マニックスの新作は最後の3曲がボートラです。オリジナルの思いっきり帯に曲名が書かれている「シークレット・トラック」はジョン・レノンのカバー「Working Class Hero(労働階級の英雄)」です。


(曲目)

1 Send Away The Tigers
2 Underdogs
3 Your Love Alone Is Not Enough
4 Indian Summer
5 The Second Great Depression
6 Rendition
7 Autumnsong
8 I Am Just A Patsy
9 Imperial Bodybags
10 Winterlovers
11 Working Class Hero

12 Love Letter To The Future*

13 Morning Comrades*

14 Send Away The Tigers (acoustic ver.)*

マニック・ストリート・プリーチャーズ
センド・アウェイ・ザ・タイガーズ
Manic Street Preachers
Send Away the Tigers

Myspace(こちら )で4曲聴けます。「Your Love Alone Is Not Enough」なんてとてもポップですごく気に入っています。


Your Love Alone Is Not Enough」はYoutubeでもPVがみれるので是非!

http://www.youtube.com/watch?v=jyrJJxGWQ5g



どちらかというと、とてもメロディーの輪郭が分かりやすい曲が殆んどで、老練とした雰囲気も漂わせながらも、ギターの力強さが目立つ弾けるような爽快感が貫くアルバムです。「Autumnsong」はすこし荘厳な展開だけど、さっぱりと爽やかに聴けます。


Myspaceで聴ける曲を敢えて感想を書くと、「I Am Just A Patsy」も畳掛けるような勢いのありながら感想のメロディーが美しいですし、「The Second Great Depression」は彼ららしい壮大で透明感のある曲です。


1曲目の「Send Away The Tigers」から変なひねりもギミックもない、彼ららしい曲がズラッと揃ったアルバムです。意外とすぐに聴き終わるぐらいの程好い収録時間も好感が持てます。


今まで彼らのアルバムを聴いた事のないヒトでも、このアルバムは気に入ってくれるのじゃないのかなあー。オススメできる一枚だと思います。


ついでと言ったら怒られそうだけど、過去の彼らの曲でも私が大好きな「Faster」のPVもリンクしておきますね。アルバム「The Holy Bible 」からの曲です。アルバム全般としては「This Is My Truth Tell Me Yours 」がかなり好きなんですけどね(笑。


「Faster」

http://www.youtube.com/watch?v=jeYbB_xC3fk


AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2007-05-20 02:56:12

Daniel Johnston - 悪魔とダニエル・ジョンストン (DVD)

テーマ:洋楽 A-E

キングレコード
悪魔とダニエル・ジョンストン

素晴らしいメロディーを編み出してきているUSの天才宅録シンガー、Daniel Johnston(ダニエル・ジョンストン)は重度の躁鬱病であることは情報として知っていましたけど、この伝記的DVDを見てみると本当にここまでとは。。と絶句をしつつも、ユーモアも忘れず織り込まれた作品で、本当に見ごたえのある作品でした。


元々はDaniel JohnstonのTシャツを着ていたニルヴァーナカート・コバーンの映像が度々現れることが多かったことにより、広く彼が知られる事になったという事、奇天烈な彼の行動に両親や周りの友人、協力者が振り回されながらも、「無償の愛」により暖かく見守られてきたこと、大学時代に片思いだった女性の歌を無尽蔵に作っていた(いる)事など、見所は本当に満腹になるほどの内容です。


私個人は、MTVに出ることが夢だった彼が偶然ながら出演することが出来た時の当時の映像、セバドー等で知られるジャド・フェアのコメント映像が良かったです。そして当時シミー・ディスクの主催者でアーティストのKramer(クレイマー)の写真が一瞬出ただけことでも、彼の音楽を聴いていた頃を思い出せてくれて、私が当時聴いていた音楽も少し思い出せてくれたことも嬉しかったです。


私は彼のアルバムやオリジナルのカセットは幾つか持っていますので、その分興味深く見ましたが、聴いた事ないヒトも、また音楽云々関係なく、「とある人のドキュメンタリー」として見ても、変わらず興味深く見れる作品だと思います。是非、見て欲しいです。DVDを見た後は彼の歌を聴きたくなります。


Myspaceで4曲聴けますので、是非ご一聴を!!

http://www.myspace.com/danieljohnston88 (←クリック)



今手元には彼のアルバムはなくて実家に置きっぱなしになっているので、今は聴けていませんけど、BeckDeath Cab For CutieTom Waits等によるカヴァーとDaniel Johnstonのベスト選的オリジナルが一枚ずつで収録されている2枚組「The Late Great Daniel Johnston」が入門編で楽しめると思います。



ジャケ画クリックで試聴

Various Artists
Late Great Daniel Johnston: Discovered Covered

日本盤もあります。


ベック, Calvin・Johnston, Daniel・Johnston, M.Ward, Nick・Zinner, Starlight Mints, The Rabbit, Thrisle, Vic・Chesnutt, イールズ
ダニエル・ジョンストンの歌
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-05-16 01:11:19

Felt(フェルト) - The Splendour of Fear

テーマ:洋楽 F-J

最近ちょっと最新の話題に着いていっていないので、久々にこんな感じの記事でお許しください。

とりあえず、「生きている」という事です。

いろいろありまして、日頃、仲良くして頂いているブログの方へのコメントがなかなか出来ていないのですけど、携帯やいろんな場所から楽しく読まさせて頂いています。


で、「The World Is As Soft As Lace」と「Mexican Bandits」が聴きたくなったので、聴いています。私の大好きなUKのネオアコ・ギターポップバンドのFelt(フェルト)が84年に残した2ndアルバム。


彼らは80年代に出した全オリジナルアルバム10枚中、初期の4枚はCherry Red(チェリー・レッド)レーベルに作品を残しましたけど、その中でもやはり印象的な1枚です。出来の優劣はどのアルバムも難しいですけど..。(あとはクリエイションで5枚、エルで1枚)


Felt
The Splendour of Fear

1. Red Indians
2. The World Is As Soft As Lace

3. The Optimist And The Poet
4. Mexican Bandits
5. The Stagnant Pool
6. A Preacher In New England



試聴

http://www.mp3search.ru/album.aspx?id=50288



試聴してもらえば分かっていただけると思うんですけど、「The World Is As Soft As Lace」は最初の出だしのとても綺麗なギターの音色だけでも素晴らしい曲だというのを予感させてくれます。実際にフルでも素敵な曲です。


このアルバムは6曲中、「The World Is As Soft As Lace」と「The Stagnant Pool」(この曲ももちろん良いです)の2曲を除く4曲がインストなんですけど、どの曲も透明感溢れるギターの音がとても素晴らしく響きます。


当然、「Mexican Bandits」もインストなんですけど、ほんのり力強さも感じながらもやはりギターの奏でる音と雰囲気は素晴らしいです。Feltの中でも私が大好きな曲のうちの一曲です。


最後の「A Preacher In New England」の広がりのあるギターサウンドもとても良いです。アルバム通しでオススメだけど、AmazonのFeltのアルバムのラインナップを見ていると、このアルバムが入手しにくそうな印象を与えていますね。。いやあ、私は最近でも、普通にタワレコとかで見かけた印象があるんですけどね。。


とりあえず、このアルバムを見かけたら是非聴いて欲しいです。Feltの記事は前にここここ でも書きましたけど、時間がかかっても全10枚のアルバムには記事にしたいです!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-05-12 01:33:42

Prefab Sprout - The King Of Rock 'N' Roll

テーマ:洋楽 P-T

GWに実家に居たときに良くPrefab Sprout(プリファブ・スプラウト)を聴いていたので、書いてみました。


88年にUKのPrefab Sproutのアルバム「From Langley Park to Memphis」を買ったときに、とりあえずこの1曲目の「The King Of Rock 'N' Roll」を死ぬほど聴いていました。極上のポップソング。彼らにしてはトータルでは珍しいアップテンポな曲かも。


Prefab Sproutは「Steve McQueen 」や「Jordan: The Comeback 」(←が一番好きかな)など、すばらしく高質でポップで綺麗なメロディーな曲の目白押しなアルバムばかり出しているけど、こんなちょっとコミカルな感じの曲ももちろん大好きです。聴いた事ないヒトには是非聴いて欲しいです!



The King Of Rock 'N' Roll(PV)


http://www.youtube.com/watch?v=vH0HH-_mviU


アルバムの「From Langley Park to Memphis」もとても良い出来です!


Prefab Sprout
From Langley Park to Memphis
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。