ZENオフィシャルブログ「移動芸術善空流」Powered by Ameba

ZENオフィシャルブログ「移動芸術善空流」Powered by Ameba


テーマ:

本日、ZENの公式WEBサイトがリニューアルオープンとなり、同時に最新のプロモーション映像も公開されました!!

 

 

 

https://www.zenshimada.com/

 

 

 

 

これまでに引き続き、日本での活動はもちろん

 

 

 

 

今後は アメリカ を中心に、世界での活動に一層力を注いでいきます!

 

 

 

 

新たな地ではまた一からのスタートだけど、本当に毎日が充実しています。

 

 

 

どうしようもない好奇心のおかげでどれだけ見れない世界が見れただろう。

 

 

 

世界中から皆様に、今まで以上に活動をお届けしていきたいと思っています!

 

 

 

 

Freerun on Earth。 地球を拠点に頑張ります。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(3)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

Red Bull の最新映像プロジェクト 『Jason Paul Goes Back in Time』に 協力させて頂きました!

 
 
それもそのはず
 
 
今回は日頃からシーンぐるみで仲良くさせて頂いている Red Bull Japan と
 
 
僕が所属するパルクールのナショナルチーム TEAM FARANG のメンバー Jason Paul 、
 
 
そして我らが日本のパルクールチーム monsterpk の、、、
 
 
なんともこの上ないドリームコラボレーション企画。それはもう喜んで参加させて貰いました!
 
 
 
それでは映像をご覧ください!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
ーーーーーーーーーー
 
 
現代の東京の街で monsterpk とトレーニングをしていた ジェイソンポール。
 
ジャンプの失敗をきっかけに江戸の町にタイムスリップしてしまい、役人達に追い掛け回される事態に!
 
そこで再会した monsterpk そっくりの忍者たちは本人ではなく彼らの先祖だった⁈
 
果たしてジェイソンポールはこのまま江戸の世界で処されてしまうのか?! 
 
 

 

 

 
ーーーーーーーーーー
 
 
日頃から、パルクールを目の当たりにした方より リアル忍者!とお褒めの言葉?を頂くことも多いので、今回はそのイメージに全力でお応えする気持ちで取り組ませて頂きました。
 
 
 
 
ロケは日光江戸村さん全面協力のもと撮影セットとテーマパーク内の両方で行われ、
 
 
 
一部 開園中のパーク内でも撮影をしていました!
 
 
 
 
自然に お客さんから江戸村のキャストだと思われ道を聞かれる よそ者の忍者たち。
 
(ちゃんと案内しました。)
 
 
 
 
終いには本当に江戸の村の一員になったかのような気分になってしまい、気付いたらすっかり江戸村のファンです。
 
 
 
 
撮影オフショットもいっぱいなので、どんどん載せますね。
 
 
{9EA6DE92-00FB-463E-9746-25D273EE7064}
 
{53EB8C6C-6F8A-4D36-925A-5A910FE90CAF}
 
{62330F62-33E4-4720-B66D-048A0482F4F4}
 
{BD0980F4-F767-456A-9867-AB0E529D4ABF}
 
{4F780A7E-817F-4C2D-99B2-3E6F5AC23F86}
 
{735675F1-E4AD-4BAC-AB41-1F8D9ABB8BD6}
 
{6D56934D-A47E-4873-9819-C9A915E2CD26}
 
{AD6B5564-05D9-4F41-9D00-1A44997F8EF2}
 
{A350B547-8C81-4AB7-AB79-1D9EEB275B35}
 
{38F60082-04CC-4FCF-88A0-D1299CC17B1E}
 
{3D418B53-AC14-45C4-94E5-9DA731072B69}
 
{92C30434-E72F-4553-AE62-CD584BC7B0EE}
 
{E9A5316F-5228-4C5F-98A6-530524BC3E1A}
 
{E4B28C3D-7A3A-4F07-BDE8-60381632E910}
 
{72906F37-4545-4919-BF20-D4D6F47B640D}

 
 
 
江戸村の村民の皆さま、ご協力ありがとうございました!!
 
 
 
-----------------------------
 
Red Bull Japan 
 
TEAM FARANG
 
monsterpk 公式WEBサイト
 
EDO WONDERLAND 日光江戸村
 
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(1)

テーマ:

ファンの方にSNSへ頂いたコメントで気付いたのですが

 

 

 

今日で僕の1st フォトエッセイ『FLY』が発売されて一年と

 

 

 

言うことなんですねー

 

 

 

 

 

↑本当に一年前だ・・・

 

 

 

 

 

当時、自分の中で漠然と

 

 

 

人生のうち一度くらいは書籍を出したい

 

 

 

そんな夢を抱いていた

 

 

 

 

 

 

小学館さんからありがたいお声掛けを頂いて、

 

 

 

 

即、夢が叶うことに。

 

 

 

 

フォトエッセイ本の出版!!!

 

 

 

 

 

 

内容を詰め出す頃

 

 

 

 

アスリートと言う立場の自分が出版するからには

 

 

普通の写真集にはしたくなかった

 

 

 

 

人間離れしてるとか、超人とか、ありがたいお褒めの言葉を貰うことも多い業種だからこそ、

 

 

その1プレイヤーが何者なのか、どんな生き方をしてきたのか知って貰いたかった。

 

 

 

 

 

 

本を出すと言うのは自分が想像していたよりもずっと大変で

 

 

 

 

インタビューは二ヶ月以上に渡り、時には夜中まで続くことも

 

 

 

 

内容に関してマネージャーさんと揉めたりもしたし(いい意味で!! 笑)

 

 

 

 

文章で伝える上で、違った方向に取り違えられてしまわぬよう気をつけつつ。。。

 

 

 

 

それでも、23歳の自分が語る 尖っていて、若くて未熟な今この瞬間も全てを反映したかった

 

 

 

 

そんな関わる沢山のスタッフさんと小学館さんのおかげで完成したのが『FLY』

 

 

 

 

 

パルクールと言う、当時名も歴史もないカルチャーの中で、どうしようもなく生きがいを感じてしまったごく普通の少年の話。

 

 

 

ZEN 1st フォトエッセイ『FLY』小学館さんの公式オンラインストアはこちら

 

 

 

 

この一年でも沢山の出来事があり、、、

 

 

 

 

まだまだ茨の道に突っ込むのはこれからだったり、、、

 

 

 

 

物語の続きを皆さんにお届けできる日に向け、頑張りたいと思います‼️

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(2)

テーマ:

僕は去年から


TEAM FARANG というパルクールのインターナショナルチームに所属していまして(ファランと読みます)

 

 

それがなんなのかと言いますと

 

 

ドイツ人、オーストラリア人、タイ人、ラトビア人、日本人と国籍がバラバラの五人のアスリートで構成され、世界中で映像を撮ったり、パルクールツアーをなど行っているわけです。




{D75B4E03-ABBE-49E2-BDF3-E746C70D606D}


 

現在はその TEAM FARANG のヨーロッパツアーの真っ最中とでも言うのでしょうか

 



{9365210B-4BDD-4281-B195-643C0D942D7B}



オーストリア Vienna 

ラトビア共和国 Riga

スウェーデン Stockholm, Malmö

ドイツ Frankfurt

 

 

四カ国、五都市を20日ほどかけて各都市でFARANG JAMと撮影をして周っています

 

 

 

 

 

 

毎日各国の有名パルクールスポットを周って撮影。

 


{421A395E-F606-41C0-B5F2-9EBADACF8F0C}


 

毎日が摩訶不思議アドベンチャー。

 


{054C64E4-BC3F-43D8-90BF-AFF0B55377D7}


 

毎日絶えず筋肉痛。



{244BDDA2-D1B6-4812-9334-5587D45E5399}


  

虹に向かって屋根の上を走る仕事も ここにありました。探せば大概のものはあるものですね。


 

{14483ED0-EB6B-4C8E-9D5B-7E52B47D97DF}




それでもツアーはまだまだ折り返し地点!!



明日はスウェーデン、マルメへと向かう。。。



いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

まず、よく聞かれることなので。。。

 

 

パルクールの大会とは何なのか

 

少し説明を

 

 

 

2017年現在、パルクールの大会は

 

大きく分けて3つのジャンルに分けられます

 

 

□スピードコンペティション

A地点からB地点までのタイムを競う障害物レース

全てのターゲットをタッチするなどのルールの物もある

 

 

□スキルコンペティション

定められた一つの技の飛距離や高さを競う。

ラシェやダブルコング、ウォールランなど

 

 

□スタイルコンペティション

コース内の障害物を自由に使ってパフォーマンスを行い、

ジャッジの審査によって勝敗が決まる。

採点方法は 技の難易度/オリジナリティ/フロウの滑らかさ/着地 など

 

 

 

ジャンルやルール・採点形式は大会によって様々だけど

 

 

現在大会として最も主流なのがスタイルコンペティション。

 

 

 

いくつかのジャンルが同時開催される場合も珍しくなく

 

 

今大会も例外では無い

 

 

 

スピードとスタイルが同時開催されるとのこと

 

 

 

僕が出場するジャンルはスタイルコンプ。

 

 

なのでスピードコンプ用のバケモノ級コースを上から下まで走り降りることは免れた。。。

 

 

 

 

と思っていたら

 

 

 

 

今大会、どうやら全ての選手がスピードとスタイルに出場する必要があるらしい!(しかもスピードが先)

 

 

 

そ、そんなの聞いたことがない。。。

 

 

幅跳びの選手を試合直前に長距離走に出場させるようなもの

 

 

 

 

これはさすがに体があぶない!!

 

 

 

 

ゆっくりゆっくり。。。一段一段踏みしめる思いで降りていくことで無事予選落ちを果たした。

 

 

 

後々聞くと、スタイルに向け、棄権した選手も居たらしい。

 

 

 

いや棄権できるんかーい

 

 

 

 

 

気を取り直して。。。

 

 

 

いよいよ本命のスタイルコンペティション

 

 

 

 

各国の代表選手が猛威を奮う中、

 

 

何と1stランを終えて2位!

 

 

 

 

ただ、僕は経験上わかっていた。

 

 

大会に慣れている各国のトップ選手らは

 

 

ファイナルランで一斉に勝ちに責めてくる!

 

 

 

 

このまま無難に戦って2〜4位になる選択肢など全く無い

 

 

1番以外は全く欲しくない

 

 

 

そして攻めに徹した結果・・・・

 

 

 

 

 

技を決めきれず最終6位でフィニッシュ!!

 

 

悔しいーーーー。 

 

 

 

自分のペースを崩すことなく戦えたのはよかったか。。。

 

 

 

そこまでの大会とは思わず何も作り込んで来なかった自分が憎い。

 

 

 

 

 

今大会で確かに感じたのは

 

 

パルクールの盛り上がりや注目は一部の地域の枠を超えて世界中に広がってる。

 

 

日本も負けてられない!

 

 

世界大会が日本で行われた 2011年 から、

 

 

シンガポールは毎年世界的JAMを行い、中国では世界大会が誕生。

 

 

アジアのパルクール先進国はもはや日本じゃない。

 

 

先に進めないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

18歳、当時の自分に今の僕が想像できただろうか。

 

 

プロのパルクールアスリート、全米優勝、この日本大会で出会ったJason率いるTEAM FARANG の一員に。仕事ではドラマや映画にまで出演させて頂き、本まで出版させて貰って。。。

 

 

 

この数年で、自分の中でアスリート人生というものの意識が変わってきてる

 

 

パルクールに対する思いが変わってきてる

 

 

 

日本人が、もっと世界で活躍する必要がある

 

 

自分たちが、持ち帰って独自に発展させる必要がある。

 

 

 

当時の激しく赤々としてた心の灯火は

 

 

より熱く、ブレのない青白い炎へと変わって。。。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、最後にやり残していた上から下までコース降るやつをやって帰った。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(1)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース