季節はずれのタモキダケ

テーマ:

待ちに待った雨が降り


タモキダケが出ている可能性があるので


神さんと二人で3時半起きで行ってきました。


読みがバッチリ当たり



遊鮎の館


出たばかりのタモキダケが枯木にびっしり


付いています。


タモキダケは6月下旬から7月上旬にかけての


キノコですが一月遅れています。


1時間ほど採ると袋一杯になり5時に


帰ってきました。



遊鮎の館


処理が大変ですが良い出汁が出る


キノコなので苦になりません。


友人にお裾分けする事も出来ます。


これから黒松内にMさんと鮎釣りに


行ってきます。





AD

朱太川4

テーマ:

21日、22日と一泊二日でいつもの3人で


天野川、厚沢部川と行ってきましたが、


鮎の魚影も少なく貧釣果に終わってしまいました。


囮を交換するため、余市川に行こうと思い


キリバンさんに余市川の状態を電話で


聞いてみると「渇水で釣りになる状態ではない」


とのこと。


仕方なく2時間半かけ朱太川に行ってきました。



遊鮎の館


同伴したOさんは、タモと引船を忘れ


オイラのスペアーのタモを使ってもらい


引舟はお互いの真ん中に置いて


共通で使いました。


鮎も大きくなっており20cmクラスが


背掛かりで来ると引きが強く面白い


釣りができました。



遊鮎の館


囮も交換出来ましたが、超渇水で


一雨来ないと次回は釣りにならない様です。





AD

朱太川の鮎釣り

テーマ:

鮎釣りを始めて27年

7月1日の解禁日に鮎釣りをしなかった事は

今までなかったのですが、

今年は6月の低温で鮎も釣れないだろうと

思い込み仕掛けの準備もせず

解禁日は家でゴロゴロしてました。


2日に友人から釣れているとの情報があり

やっと釣りに行ける時間が出来

釣り友のOさんと朱太川に行ってきました。


札幌を8時に出発し到着したのが10時半

準備をして釣り始めたのが11時でした。


甚九郎の瀬に入り12~14cmと

小さくて囮にもならないので

12時半に切り上げ、何時もお世話に

なっているラーメン屋松龍で昼食。


午後からポニー牧場の瀬に入るが

先行者が二人いて良い場所で

竿を出している。

仕方がないので上のトロ場で泳がせる。

ヒラを打っているのが見えるが

群れ鮎状態で掛からない。

チラシ針に切り替え交通事故的に

掛ける。その後、先行者が帰ったので

そこで15~18cmの良型が掛かり

久しぶりに鮎釣りを楽しむことが出来ました。