ゆめのみプロジェクト

ゆめのみ=「ゆっくり芽をだせ のんびり実になれ」

様々な体験活動を通して、子どもたちに未来への夢を、
大人になることへの希望を与えるプロジェクトです

ゆめのみ=「ゆっくり芽をだせのんびり実になれ」

様々な体験活動を通して、子どもたちに未来への夢を、
大人になることへの希望を与えるプロジェクト



テーマ:
3月25日に『ガンバ大阪』さんの協力を得て、
「サッカーに関わる仕事」について学びました。

当日はガンバ大阪にまつわる仕事の説明、お仕事体験の後、
試合観戦というスケジュールだったのですが、
途中から雨が降り始め急遽予定変更となってしまいました。
縮小版となりましたが、こどもたちはそれなりに楽しんでくれたようです。

まずは、ガンバ大阪の唐津さんから、
試合を開催するときにたくさんのスタッフが関わる話を聞いて、
会場周りをこどもたち自身が調べるワークショップをしました。


次に、ガンバ大阪の冊子を教科書に
サッカー選手のまわりのトレーナー、医者、通訳などの職業や
それを支えるスタッフの話を勉強しました。

この後、お仕事体験の予定でしたが、急な雨のため
そのまま試合観戦となりました。

 

ケーブルテレビの方が取材に来ていただいて
インタビューを受けました。
4月6日15:30~ケーブルテレビ「お元気ですか?市民のみなさん」で放送されます。
ぜひご覧ください。
 

プログラムを縮小したのは残念ですが、
子どもたちのあこがれの仕事のまわりには
たくさんの仕事があることを知ってもらえれば、
道はひとつではなくて、たくさんあるんだよ、
ということが伝われば嬉しいです。

ガンバ大阪の唐津さん、ケーブルテレビの宍戸さん
寒い中ご協力いただきましてありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月19日に『建築設計室Morizo』にて「小学生のハローワーク『一級建築士編』」を開催。
内田理恵子さんからお話をしてもらいました。

内田さんの事務所は素敵な雰囲気です。
 

まずは「一級建築士」というお仕事はどんな仕事かを教えていただきました。
 

一級建築士の楽しいところ、大変なところの話も聞きました。
家は建てっぱなしではなくて、リフォームなどをすることがあって
その時にまた相談してくれるのは信頼されているからで
それが嬉しいと聞きました。
次にどういう勉強をしたら「一級建築士」になれるかの話を聞きました。
そして、内田さんがどのように勉強して一級建築士さんになったかを
教えてもらいました。
内田さんは、自分で学費を稼ぎながら一級建築士の資格を取り、
この事務所を開いたバイタリティーのある方です。
ゆめのみプロジェクトが講師にお願いしたのも、その理由からです。
参加した子供たちに、自分で人生を切り開くことを知ってもらいたかったからです。
子どもたちに伝わっていればいいなと思います。
 

最後に記念撮影。
 

そのあとに、事務所の中の見学をさせていただきました。
模型に興味津々のこどもたちです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆめのみプロジェクト2011 「小学生からのハローワーク」
『一級建築士編』を行います。

日時:2月19日(日) 10時~12時
場所:建築設計室 Morizo
定員:5名~8名を予定しています

詳細のお問い合わせ・参加希望の方はこちらまでご連絡ください。
縄稚:taabo726miho@gmail.com
水木:ecru@khh.biglobe.ne.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月21日に『さたけん家』にて「小学生からのハローワーク『小学校の先生編』」を開催。
佐竹台小学校の花谷先生からお話をしてもらいました。

20台の若いかっこいい先生です!!!
 

今日の子供たちへの話のために、
大学でもらえる資料や、教員採用試験に向けての問題集などを
持ってきてくださいました。
 

先生になるためには、高校をでて、大学に入って…という話や
楽しいこと大変なことなどをたくさん話してもらいました。
楽しいことはこどもたちが何かをできるようになった時だそうです。
 

保護者にとっても先生の仕事は興味深い話だったので
保護者席からも質問が…
たくさん答えていただいてありがとうございましたm(^-^)m
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月7日(土)に『さたけん家』にて「小学生からのハローワーク『人を楽しませる仕事編』」を開催。
吉本新喜劇の新名徹郎さんからお話をしてもらいました。
 

吉本のNSCに入る前、入ってから、そして吉本新喜劇に入るまでの
お話や、楽しいことつらいことなどを話してもらいました。
子どもたちの身近な吉本新喜劇の話なので
たくさんの質問もでて興味津々でした。
台本もみせてもらいました。 
 
 

お客さんに楽しんでもらうのが一番うれしい仕事。
ファンの人からの手紙は宝物で全部とっているそうです。

子どもたちから、素朴な質問攻撃にも
嫌な顔ひとつせず全部答えてくれましたよ。
ここには書けないことも(笑)
最後はみんなサインをもらって記念写真を撮りました。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆめのみプロジェクト2011 「小学生からのハローワーク」
『小学校の先生編』を行います。

日時:1月22日(日) 14時~16時
場所:「さたけん家」
定員:5名~8名を予定しています

お問い合わせ・参加希望の方はこちらまでご連絡ください。
縄稚:taabo726miho@gmail.com
水木:ecru@khh.biglobe.ne.jp

場所・参加費などは以下をご覧ください。

『人を楽しませる仕事』も企画中です。
お仕事柄、予定が前週にしかわかりません。
急な決定になりますが、ぜひご参加くださいね。
決まり次第UPいたします。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝日新聞 12月18日 生活より抜粋

ゲームカード50枚→絵本1冊

「遊戯王」などのトレーディングカード。いらなくなったカードがあったら、
国際協力のNPO法人「シャプラニール」へ送ろう。同会が専門業者に買い取ってもらう。
その資金を、バングラディッシュやネパールで働く子どもたちの教育や健康、
余暇活動のために使う。

対象は「遊戯王」(コナミ)、「デュエルマスターズ」(タカラトミー)、「ヴァンガード」(ブロシード)、
「ガンバライド」(バンダイ)、「プロ野球オーナーズリーグ」(同)のカード。
募集は来年3月末まで。

詳細は:国際協力のNPO法人「シャプラニール」
http://www.shaplaneer.org/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎日新聞 くらしナビより抜粋

さあこれからだ 鎌田 實

ハウラは、15歳。イラク南部サマワに住んでいる。9歳の時、白血病になった。
バスラでもサマワでも劣化ウラン弾が使用された。空間線量は毎時0.22マイクロシーベルト。
破壊された戦車の表面では、毎時50マイクロシーベルトという高い放射線量が計測されている。
劣化ウラン弾と小児白血病の因果関係は、まだ科学的に証明されていない。

ハウラは、JIM-NETとイブラヒム先生の支えによって治療を継続できた。白血病は完治した。
彼女は院内学級で花の絵をたくさん描いた。
JIM-NETでは、こうしたイラクの白血病の子供を救うために、毎年チョコレート募金を行ってきた。
チョコレートを買っていただくと、その収益が薬代になる。

今年はハウラの「赤い花」をチョコ缶にプリントすることになった。
ハウラからこんなメッセージが届いた。
「イラクからみなさんへ 私は、地震の話を聞いて、日本のみなさんのことがとても心配になりました。
早くよくなるように祈っています。みなさんのことを思ってたくさんの赤い花の絵を描きます。
みなさんに赤い花を届けたい。私の心はいつも日本の友だちと、ともにあります。ハウラ・ジャマル」

その思いをくんで、今年のチョコ募金はイラクの子どもの医療支援だけでなく、
福島のこどもたちを放射能から守る活動に使うことを決めた。

北海道の有名な菓子メーカー、六花亭は原価でチョコレートを提供してくれている。
発送は障害者の就労支援や社会参加をするKFJ多摩はなみずき。

チョコは1セット(4缶)2000円。
サイト http://www.jim-net.net/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

読売新聞 2011 1209 夕刊 より抜粋

 

自分は得するわけでもないのに、困っている仲間を助ける。

そんな「共感」の能力をラットも備えていることが、米シカゴチームの実験でわかった。

人以外ではサルでしか確認されていななかったという。

 

この実験絵は、まず、わなの扉を外から頭で押して開けられるようにラットを訓練。

そして1匹のラットをわなに閉じこめると、訓練を受けたラットは扉を開けて仲間を救出した。

 

わなの外にチョコレートがあるときも、じぶっが独り占めできなくなるのを承知で

ラットは扉を開けてやった。

出てきたラットと拙著区できないようにしても行動は変わらず、

仲間と一緒にいたいという自分の一方的な望みが動機でもないらしい。

雌の方が仲間を助ける傾向が強かった。

 

研究チームは「仲間の苦痛、またをそれを見て自分が感じる苦痛を

和らげるための行動と解釈するのが適切だ」と説明している。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

読売新聞 総合より抜粋

 

東証マザーズに最年少で上場した企業家 : 村上 太一さん(25)

求人情報サイト リブセンス  を大学1年で創業、「東証マザーズ」に7日上場。 → 東証マザーズ

インターネットでアルバイトを探すのに苦労した経験を基に事業案を練り上げ4人で設立。

求人広告料は採用が決まった時だけ受け取る。その2割を祝い金に充てる。

社名は「生きる」と「意味」の英語から。「世の中になきゃだめな、文化となるウェブサービスを目指したい」


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。