• 17 Jan
    • 感謝の気持ち。

        母の在宅介護が終わりを 告げました。  長い間、ブログにてお付き合いいただき、本当に有難うございました。  母の最期は、口元も綺麗に閉じて私の手を握り締めたままとても安らかな眠りのままに旅立っていきました。  在宅介護を始めたのが2011年の9月でした。  それから約三年と三ヶ月、ずっと母の側に寄り添い 介護出来た時間はかけがえのない私の宝となりました。  迎えた別れに寂しさは募るものの、今はただ 「ありがとう」の気持ちと「お疲れさま」の気持ちを贈りたいと思います。  亡くなる日の朝まで自宅で過ごせた母は幸せだったと思いたい。。。です。    ブログではたくさんの出逢いがありました。  仲間意識が芽生え、互いに頑張ろうと思えたこと、とても嬉しく 感謝の気持ちで一杯です。本当に有難うございました。  これからは父の介護に専念し、ただただゆるやかな時間を刻んでいければと願っております。  母の在宅介護の記録は、このままに。本日をもって此処でのブログ更新は終わりにしようと思います。  出逢いがあればいつかは別れがあります。  どうか、皆さまお元気で。そして、お身体に気をつけて、、、、、。また お逢い致しましょう。      ゆめ☆   

      テーマ:
  • 26 Sep
    • それぞれの命に想うこと

      いつもいつの時でもその時の自分の哀しみが一番大きく感じて。。。頑固で堅物でプライドの高い父が『泣きとうなってきた…』と呟いたときの老いた横顔が衝撃的なほどに哀しげで…私の心をどうしようもなく深い哀しみに追いやったこと『泣いてもいいんだよ』と応えた私の言葉が震えていたこと・・・人はみな平等に年を重ねるけれど長寿と呼ばれる人の心にそれはそれは長い年月のしみじみとした思いが満ち溢れていることに気づいてしまった。手足が弱る毎に旧き良き時代に想いを馳せ故郷の遠き思い出に浸る時間が長くなるんだね何度も同じ話を繰り返し、聞いてる私はもう覚えてしまうほどだけど、それでも頷きながら聞くことの大切さを知ったよ殊更、蟋蟀や鈴虫の鳴き声のするこの季節は私の心に一抹の寂しさまでも引き連れてきました・・・。人は本当にひとりぼっちなんだなって思った秋の夜長の長い長いひとりごとm(。。*)mあるブロガーさんのところで聴いたこの曲がとても心に響いたので * * *此方でもアップさせてください。荒んだ世界に あなたのような人が いることに感謝夢が遠く見えて 肩落とす夜は 電話をさせてよ恋人ともちがう 大切な心友(ともだち)代わりのきかない私の相棒みんなひとりぼっち 探し続けるのは 確かな絆とその証誰かのひとことで 明日もがんばると 思えるなんてすてきさわけもなくふさぎ プチうつな自分が 嫌いになる日もあなたの笑顔の 大きな力に 励まされるんだどんな強い人も 弱さを隠してる 外には出せない傷抱えながらみんなひとりぼっち それを知るからなおあなたの大事さがわかるよ心の片すみで 気にかけてくれてる 恋よりも強い味方Ah たまには私を Ah 頼ってもいいよ生まれる時ひとり 最期もまたひとりだから生きてるあいだだけは小さなぬくもりや ふとした 優しさを求めずにはいられないEverybody needs to be neededEverybody wants to be wanted'Cause everybody knows that we are all aloneLet me give my gratitude to youFor always being there and smile for meMany many thanks to you, the best friend of mineMany many thanks to you, the best friend of mineゆめ☆

      テーマ:
  • 28 Aug
    • 介護(記録として)

      父は視力を失い、脚力も弱まり自宅のベッドで酸素吸入。少しでも歩行の助けになるものをと家中に手すりや白い綱状のものをぶら下げたりした。外に出ればバリアもたくさんなのでせめて庭だけでもとでこぼこを無くし、フラットにした。 父は要介護3ではあるけれど、酸素吸入を外せばSpO2は極端に減り80以下。ただ、SpO2も徐々に減少してきたからか、本人には慣れがあり相当な無理をしようとする。ベッドから近いトイレも酸素なしで手探りで行く。風呂は私の介助で 簡易酸素ボンベの助けを得ながら自宅の風呂に入らせる。これは介護する側も体力・神経ともに最大限に使うので何度繰り返しても慣れなど生じない。いつも真剣勝負だ。ただ、一番の喜びは父の入浴中の気持ち良さそうな笑顔。それだけのために頑張っている。残された能力を時間はかかっても最大限に使わせたい。家族だからこそ家庭だからこそ出来ることだと思う。朝・昼・晩の食事はベッドに運ぶことが多くなったが視力は無くとも軟らかく食べやすい形にしたり真横に一列におかずを並べて視力のない父ひとりでも食べられるように工夫する。歩くときは(すごく時間がかかります)私の片腕と杖を酷使してでも自分の足で歩きたいと願う父の気持ちに添いたい。要介護5の母は経管栄養と白湯(とろみあり)を朝・昼・晩、各2回に分けて(計6回)注入している。(一度に注入すると戻してしまう確率が高いため)オムツ交換は基本3時間おきにする。だけれど、大便を2~3回は必ずするので朝方は頻繁にオムツ交換を強いられる。端坐位をさせながらのうがい、朝の清拭もかかせない。夏は着替えの回数も多く、また戻すたびに着替えも必要で パジャマの着替えの枚数は増えていくばかりだ。父母ともに意識はしっかりしている。言葉で自分の意志を伝えることができることは最大の武器かも知れない。ただ、介護する立場としてはいつも その想いを受け止めなければというプレッシャーも大きい。私自身の休息はどんどん少なくなるばかりそれに反比例して背負うものはどんどん大きくなる。この3年間、病院と紙おむつなど生活用品の買い出し、食料品の買い出し以外は出かけることもほとんどなく過ごしてきた。母の実母が亡くなったときでさえ、葬儀に出られず、哀しい思いもした。それなのにこうして「在宅介護」を続けている私は世間から見れば、どんなふうに映るのだろう・・・。でも、父母が生きているうちに出来ることはしたいと思うこの気持ちに変わりはなくて、こんな人生もいいんじゃないかと思っている。ゆめ☆  

      テーマ:
  • 29 Apr
    • 雨の音と私。

      今日は雨降り・・・。夜中に 母は何度も私を呼ぶ。「オムツ交換さっきしたけど、今度はなあに??」毎日、細切れ睡眠・・・。夜明けが早いなー。まだ、眠っていたいけどそんな訳には いかない。父もはよから 目を覚ましてるはずだし、時間きちきち、栄養注入しないと 食べさせてもらえないのかと不安になる母も 私を待ってる。365日・・・こうして 休みなく続くのが在宅介護。それを 私は自分で選んでいるんだ。知ってるよ。施設になぜ入れないの?って思われてることも。施設にいるプロに任せれば、どんなに救われるだろうってことも。だから、これは私の意志なんだってば・・・。親戚のひとからもご近所の方からも言われるの。共倒れになる前に 早く施設に入れること 考えなさいって。うんうん・・・わかってるよ。それ、言われると 辛いんだ。分かっているだけに。そうだよ、確かに大変なんだよ。どんなに眠くてもどんなにお布団恋しい冬の朝でもどんなに寝不足の日も起き上がって、お湯を沸かすことから始めて。顔洗って 歯を磨いたら父母の別々の朝食準備から 毎日が始まる。世間でいう 日曜も祭日も ないもの。でも、これを選ぶ私にもちゃんと理由があるんだ。だから、続けられる。だから、頑張れる。今日も有難いことに 介護する側の立場でいられる。両親と同じ屋根の下で暮らせる。ねぇ・・・これって、綺麗ごとに聞こえる??それとも、君には 雨音に消されて 聞こえない?? 

      テーマ:
  • 23 Mar
    • 伝えたいこと・・・(追記あり。)

      私は在宅介護といえ、愚痴が多くなりました。私なんて、、、ひどいもんです。ひとりで泣いて喚いて昨日は父の心を傷つけたかも知れません。なんてひどい娘だろうと私は毎日自己嫌悪で生きています。なかなか此処でブログアップしていませんが自宅で介護なさっている方、病気で家族を病院なり施設などで見守っていらっしゃる方、お気持ちは痛いほどわかります。でも・・・簡単に「わかります」なんて言えない。自分が転んで はじめてわかるこの痛み・・・。あなたの痛みは本当にあなたにしかわからないと・・・。自分に降りかからないと、本当の痛さがわからない。哀しいことですが・・・。*追記・・・此処では、介護する立場で痛みについて、語っていますが反対に介護されている方々の身に立ってその痛みを共有できる私でいたい・・・なのに愚痴ってしまう自分に自己嫌悪というほうが 正しいかも知れません。。。私は、私は現在、引きこもりみたいな状態で母を看て、父を看ています。「介護」の言葉は知っていても、実態を知らない人は医者でも看護師でも・・・まして眺めているだけの人には理解できないことのほうが多いことを改めて思い知らされました。ですから、分かっているつもりの私でもあなたの気持ち(介護する側・される側)に想いを馳せて、感じることしかできない。でも、確かなことは・・・いつもこのあなたと繋がる空から、心からのエールを送ってるということ。。私もいろいろ躓いたり、コケタリ、もがいたり、足掻いたりアップアップと金魚のように口を開け、息も薄く感じるほど、つらくなる時がありますがだからこそ、此処は、みなさんと繋がる場所でありたい。そう、願っています。長くなりましたが、吐き出さないと・・・いけないです。ブログには・・・アメ限でも・・・なんでも・・・なんどでも。此処で吐き出さないと。。。独りで抱かえこまないで。そう思っています。自分に負けないでいたいなぁ。ゆめ☆支離滅裂な文章になってしまいました・・・読んでいただけたなら嬉しいです。ありがとうございます、感謝です。

      テーマ:
  • 17 Mar
    • 命をお守りください。1日24時間・・・365日巡り巡る介護が続こうがそれを不幸と見られようがわたくしが『守ろう』と懸命になることは不思議でもなくて。『生きたい』と願う気持ちは年齢を超えて存在するものだと信じています。人間としての尊厳を失くした訳でも希みを失くした訳でもありません。ここに存在する命。いろいろな過去を背負って生きる命。懸命に生きようとしている命。大きく丸い心で守られるべき命と信じたいのです。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ いつも 此処に来てくださって、ありがとうございます。感謝しています。(*^ー^)ノ。      ゆめ☆

      テーマ:
  • 11 Mar
    • 巡りくる日に

      あの日を忘れない。あの日、どれだけの大切な命が一瞬にして奪われたことだろう。人の命は自然の猛威の中ではどうしようもなく儚くて…。小さな赤ちゃんは母の胸で守られるように抱かれながら母とともに亡くなったという・・・身体が不自由な母親は自分の命を投げ打ってでも母を助けたかった息子とともに流されたという・・・まだまだ生きたかったであろう命の叫びに私たちは応えたい。今を生かされているこの命を大切に生き抜き、大切に守りぬき、応えていこうと思う。      ゆめ☆ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 追記. 今日、Yahoo!検索で「3.11」というキーワードで検索された方おひとりにつき10円が、Yahoo!検索から公益財団法人東日本大震災復興支援財団の「一般寄附金」へ寄付されます。(あるブロガーさんのところで知りました、感謝です。) 誰かの身に起きたことは、いつ自分の身に起きるかもしれない。他人だから関係ない、という考え方ではなく、それは自分かもしれなかったのだ・・・自分の家族だったかも知れなかったと考えて、お互いを思いやる気持ちを忘れずに生きていきたい。私たちの未来が輝ける未来でありますように。被災された方々の心が癒される日が来ることを。そして、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。 3.11 14:46

      テーマ:
  • 23 Feb
    • 想い…

      生きること難儀やなぁと父が言うわかる気がしてうなづく我は赤文字で記さるる日を我知らず穏やかなる日それだけでいい 残された日々寄り添いて生きていくこれが私の悔いなき道と ゆめ☆

      テーマ:
  • 03 Feb
    • 近況

      父はほとんど、寝たきりで離れにいますが食事は私が朝昼晩と運んでいます。トイレはお部屋の隣にあるものですから視力はなくても手すりを使って、自分でなんとか勘で行けています。その時は酸素吸入を外しますが、他はベッドの上で酸素吸入しながら 過ごしています。ほとんど毎日ラジオを鳴らしています。入浴は酸素簡易ボンベを使い、介助しながらですが大丈夫です。(まだ、あの一件があってから入浴せずですが(°д°;))身体の清拭で済ませています。未だに 訪問看護師さんに来ていただくことを拒んでいる父です。母は相変わらずな毎日で昼夜関係なくオムツ交換など 介護は必要です。栄養注入後の見守り(もどすことが多くなってきました)週に一度のデイサービス利用と週に二日の訪問看護師さんに助けていただいてます。栄養の注文はじめやオムツ用品やティッシュなどの買い出し、投薬受け取り、担当医の往診・・・胃瘻交換・・・日々忙しくなってきました。ふたりの命を守ること。今はそれに尽きます。でも、みなさんのブログ訪問は私に励ましもいただいています。ありがとうございます。ますます、更新もままならなくなってきておりますがなんとか、踏ん張っていますのでご安心くださいね(・∀・)少し春めいてきてるいるような・・・そうでないような・・・外出はあわててするので季節感があまり感じられなくなってる私ですがやっぱり「早く春が来ないかな~」と思っている私がいます。それでは、またね(^-^)/PS.パソコンからのブログ拝見が少なくなってくると思いますが引き続き、ブログは拝見させてください。。。

      テーマ:
  • 21 Jan
    • 在宅介護

      しばらくぶりです。昨夜、父が入浴中に意識を失いもう少しで溺死するところでした。何か、おかしいな?と私が風呂場をのぞいたとき父は、口まで湯につかっていました。あわてて、上体を起こしバスタブの中で座らせた状態にして そのまま休ませ、たまたま持っていた携帯から姉を呼びました。義理の兄がかけつけて来てくれました。ボンベ型の簡易酸素吸入器であわてて酸素吸入し、しばらくしたら、意識を取り戻してくれました。あと、数分遅かったら、溺死していたところでした。。。本人もやっと自覚したらしく、今は、自宅のベッドの上でも酸素吸入している状態です。母は相変わらずの状態です。栄養摂取後も気をつけていないと戻してしまうことが多くなり、いつも私は母と同じ部屋で過ごしています。こんな状態ですので介護日記ブログも綴る気力が失せてしまい、なかなか更新する気持ちになれなくて・・・。でも、私はなんとか大丈夫です。「大丈夫」と思いたいですσ(^_^;)寒さ厳しい季節ですね。どうぞみなさま お身体を大切に・・・。ご家族ともどもお大事になさってくださいね。ゆめ☆

      テーマ:
  • 11 Jan
    • 母方の祖母

      晩年を施設で過ごしていた母方の祖母の話題はこのブログには登場しませんでしたが此処に記録として記事に残します。戦中戦後の厳しい時代を経験した祖母。自分の想う道をただひたむきに怖気づくことなく、新しいことにも挑戦する祖母でした。看護婦として働き、かつては看護婦長まで勤めていた祖母。健康には人一倍気を配り、『一日30品目』を目標としその料理の腕も一流でした。母の実家に残る使い古されたレシピ本。その中には正月料理や漬物など・・・事細かにメモが書き込まれてあります。どんな苦難にも屈することなく祖母は気丈で凛とした女性でした。いま、その面影を胸に刻んで少しでも祖母に近づきたいという思いを新たに私も精一杯生きていこうと思います。*2014年1月7日天寿を全うし、生涯を静かにとじました。

      テーマ:
  • 02 Jan
    • 父と母・・・そして思うこと。

      私の父は今現在、視力ゼロです。反射する白いものなら、なんとかわかるのですが・・・。そんな父でも訪問看護師さんにもデイサービスにもお世話にならず・・・。今までの勘と杖で離れから母屋へ足を運ぶのです。母屋に来て、リビングに腰を掛けるころには血中酸素も80を切ります。なのに・・・自分で歩けるからと歩いてきます。性格はポジティブ。楽天的です。その代り、人一倍シャイなところがあって、入浴の準備や着替えの用意はさせてくれますが入浴を手伝わせてくれません。目は見えませんし、息を切らしながらの入浴は危険なのでいつでも介助できる態勢ではいますが・・。もちろん、着替えも大変です。でも、自分からは絶対に手伝ってほしいと言わないのです。自分で下着やパジャマを着ることは案外と手こずることなので着替えは強引に私が手伝います。私の顔も見えないし、テーブルに並べた料理も見えない状態です。ひとつひとつ、手を添えて此処に何があるか・・・これはどんな料理なのか説明しながらの介助です。母は、経管栄養ですので時間ごとにキチキチと白湯とひと肌に温めた栄養を注入します。一度に全部だとすぐに戻してしまうため二回に分けて注入します。朝・昼・晩 計6回。オムツ交換は一日に10回。なぜか、一日にを2~3回もするのです・・・(°д°;)顔の清拭はもちろんですが父の髭剃も散髪も、、、私流でやってしまいます。こんな毎日ですから、クリスマスもお正月も特別なことはできません(´・ω・`)介護をなさっている方、ご家族が入院されている方、本当にそれぞれのご苦労ははかり知れなくて・・・。私はいつも 少しでもみなさんの一日一日が心穏やかでありますようにと願っています。そして、とても優しい人たちにブログを通してこうして出逢えたことを心から良かったと思っています。

      テーマ:
    • 2014年のはじめに。

      実生活では「初詣」も行けてない私ですが・・・ピグでは行って参りました。そして・・・「おみくじ」これは、はずせないわ♪「末吉」・・・いいんだけど、欲が出て(・Θ・;)もう一回「吉」・・・うんうん、これでもいい感じ~なんだけど。やっぱりもう一回で「吉」「吉」「吉」と3回続いて・・・ヽ(;´ω`)ノ普通、ここで止める??いえいえ「大吉」出てくれるまで頑張っちゃう??私は頑張っちゃうほうでした。。。はい、やっと出ました・・・「大吉」γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ金運より、健康運が出てほしかったな・・・(健康運なかったのかな?)。で、私って・・・どこまですれば気が済むの??やった!「恋愛」大吉出たよ。。。( ´艸`)早速「恋愛」大吉を手に持ちまして・・・ご挨拶図々しいかな(゚_゚i)本年も昨年同様、宜しくお願い致します(^-^)/2014.1.2     ゆめ☆

      テーマ:
  • 30 Dec
    • 感謝♪

      2013年もたくさんの方々と繋がることができました。私にとっての「居場所」ができたことを改めて嬉しく感じた一年でした。母を看て、父を看て、大切な人の命をまるごと・・・ふたつ。私にとっての試練はまだまだ続きますがそして、その重責に押しつぶされそうにもなる日々ですがここに来れば、私を励ましてくださるたくさんの方々の愛に触れることができること。本当に「感謝」のひとことです。在宅介護の日々は口で言えるほど簡単ではなくて、本当に毎日が戦いのようだけれど・・・。でも・・・なんと言っても私の大切な大切な家族を看ているのですから、まだまだこの介護が続いて欲しいと願わずにいられません。私を困らせるほどに長く・・・続いて欲しい。そういう気持ちでまた来年も顔晴りたいと思っています(^-^)/どうぞ、皆様にとっての2014年が優しく穏やかな年となりますように。そして、また来年も今年同様みなさまと、繋がっていられたなら、嬉しい限りです。感謝いたします。ありがとうございます。2013.12.30    ゆめ☆

      テーマ:
  • 25 Dec
    • ケーキ

      実はね、23日にケーキを焼いてみたの。これなんだけど・・・生クリームが・・・微妙に溶け出してる。。。しっかり泡立てたつもりだったけど・・・心に少し余裕がなかったのかな??ブログにアップしようか迷ったけれど、せっかく作ったしね(・・。)ゞ目で見て、楽しんでいただけたら嬉しいなここに来てくださる方へ一日遅れの心ばかりのプレゼント(*´σー`)お味のほうは・・・美味しかったよーー( ´艸`)ほんとだよーーー

      テーマ:
  • 17 Dec
    • 思うこと。

      最初は母そして父・・・。在宅介護の辛さも良さも少しずつわかってきたかな。私は「嫁」の立場でなく血の通った実の両親を看ている。父の・・母の・・・心の内も想いも母のこれまでの境遇も父のすごくシャイな性格もわかりすぎるほど理解してる。だから・・・施設入所はやっぱり簡単には決められないのかな。それに母には「施設」で過ごすには『見守り』が たぶん人より多く必要なことがいつも身近で看ている私にはわかっているし。。胃ろうで栄養注入した後もそこから離れられない、すぐには。もどしたり、咳き込んだり・・・。喉を詰まらせる危険も。だから数多い利用者さんがおられる施設でそんな手間暇かけて介護してもらえるところは少ないかなって思ってる。病院でさえ、私の経験では、見守り不十分で「大変」なことが日常的に起きていた。。。命にかかわることも。それをこの目でたった5か月間 母の傍で寝泊りしてきただけでいろいろ知ってしまった・・・。信じられるものが音をたてるように崩れていってしまった。これが本音。なにもわかってない医師が本当にわんさかいる。専門分野さえ、素人のワタシのほうが一生懸命調べるから詳しかったりしたことも。これって信じられる??あくまで医師もひとつの職業なんだって思った。(言い方がおかしいかな?)人を診る職業。でも、この人を診るなんてこともひょっとしたら『検査結果の数値を視る』そして『対処』することだけなのかも。苦しみは患者だけではない。その周りの家族にも大きな影響を与える。本当に素晴らしい医師も知ってはいるよ。本当に素晴らしい医師もいるんだよ。わかってる。その恩恵を受けた(受けている)方々もいっぱいいることだって。でも、職業として・・・生活だけのための医師のほうが多い気がするの。・・・たくさんの患者を診るって神経をすり減らすよ。私だったら・・・すぐに「鬱」になっちゃうかも。大切な命を預かり、信頼される治療を施すことだから。

      テーマ:
  • 09 Dec
    • 「言葉」

      週に2回、訪問看護師さんにお世話になってる母。今日も午前中の一時間バイタルチェックのほか、身体の清拭や洗髪など・・・。その時、少し気になったことがあって。看護師さんが母に「今日は脈が多いから しんどそうやね~」って話してたこと。。。う~~ん・・・それって逆に母を苦しめてるような。母はその言葉を敏感にキャッチして、そのことばかり気にしてしまう。血圧だって正常値だし血中酸素濃度も人並みにある母。なので、看護師さんに私から「母には良いことしか、言わないでください。悪い数値を教えても母は気にするだけですし。それより、血圧が正常で良いことなど良いとこだけお話してくださるとありがたいです。」とお願いしました。一日中、寝てばかりいる母だもの。考えることと言ったら、自分の身体のこと、家族の身体のこと・・・。良いことを聞いたら、気分も良くなるのは私たちと同じだと思う。「言葉」って大事。

      テーマ:
  • 07 Dec
    • 可哀想な猫

      いつも我が家のゴミをあさってく黒と焦げ茶の猫がいるんだけれど、とうとう目を真ん丸にして逃げてったよだって、ゴミ袋いっぱいに母の汚物だけなんだものほかをあたりなさいww

      テーマ:
  • 29 Nov
    • 深呼吸

      いつの間にか奥歯に力入ってた噛み締めてる夜中、ふと口をぽかんと開けてみて気づいたのじんわりじんわり固まってた筋肉が和らいでいく力が抜けていくのがわかったいつからだろう?私はいつも奥歯を噛みしめてたよ。深呼吸、深呼吸。

      テーマ:
  • 24 Nov

プロフィール

ゆめ☆

自己紹介:
日々、思うことを 徒然なるままに 綴っていこうと思います(´∀`) 2011年9月12...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。