本日は、小田原市民交流センターUmecoで、
笑いヨガリーダーさんの集まり最終回・・・プチ・フォローアップ講座+近況報告会でした。
過去に私のリーダー養成講座を受講された5名のリーダーさんたちが集合。ランチ会の時点ですでに盛り上がりがすごかった。

というのも、Gちゃんの武勇伝が素晴らしくて、話の先を期待させつつ、ワクワクさせつつ、進めてゆく話ぶりが、とっても上手で、この話し方は真似しなくちゃ~と思ったものです。
酔っぱらっての武勇伝、みんなで大笑いしてました。

そして、いよいよプチ講座です。
今回は、お約束通り、シナプソロジーを紹介しました。

自己紹介4動作、足で相違じゃんけん、ボディタッチ4動作、
スカーフキャッチ花と野菜、数字お手玉まわし、でんでんむしの6種類。
できることが目的じゃなくて、脳が混乱するのを楽しんでください~ってお話してからスタート。
ベースの動きの時点で、混乱が生じたゲームもありましたが、
みんな笑ってました。さすが笑いヨガリーダーたち。

ひとつのゲームが終わるごとに、笑いヨガの手拍子「ホッホッハハハ~イェーイ!ヤッターヤッターイェーイ」に「キャハハ~♪」の笑いを付け加えて、できなかった~という思いが残らないようにしてみました。

その後は、近況報告とボランティアに出かけた先での体験談シェアなどなど。

そして、みんなで高齢者デイサービス向けの笑いヨガプログラムを組み立てるワークショップ。

歌う顔ヨガを取り入れたウォーミングアップと
「秋」をテーマにしたエクササイズをいくつか。

深呼吸は「お花つみ」を取り入れて。

打ち合わせのあと、高齢者役と笑いヨガボランティア組みに分かれてロールプレイをしました。

やはり、実際に動いてみて、やってみてわかることって沢山ありますね。 当たり前のことですが、
ちゃんと準備をして、プログラム全体の流れを頭の中にいれて、イメージをつくっておかないと、本番でまごまごしたり、間が空いてしまったりします。 ごくごく当たり前のことなんですが。

最初からうまくできる人ばかりではないので、やはり、やっていただいてよかったなあと思います。

次回は冬に開催予定です。


AD