業界No1 ある意味 ニッチな海外投資専門家

香港在住 福永靖文オフィシャルブログ

慶應義塾大学卒業、香港在住の日本人投資アドバイザー

少ない資金と人脈ゼロの状態から香港で起業し、

現在では、「海外投資に関する情報配信事業」「海外投資に関する会員倶楽部の組成」
「ミャンマー投資に関する情報配信事業」、「日本飲食業の海外展開事業サポート」
「非日本人に対して日本国内の各種事業のM&A」など数多くの事業を手がけている。

海外で日本国内の自己資産を守り抜くユダヤ人から学んだ錬金術
メルマガ登録は以下をクリックして下さい。  
http://vividpro.jp/lan/

「1円を笑う者は、1円に泣く」をモットーに投資活動の行っている。

最近では

・「日本国内の金融ルールは世界では非常識」
・「英語が苦手な方でも海外直接投資はメリット多い」
・「今の日本円高は最後の海外投資チャンス」

など今までの経験から培ってきたノウハウや、新鮮な海外投資情報を配信しているメールマガジン、
更に『香港を活用したオフショア投資 超実践方法マニュアル』も販売しており
意識の高い、数多くの投資家の支持を得ている。

近年その精力的な活動が認められ、

「セブンヒルズ掲載(富裕層会員情報誌)」
「セブンシーズ別冊(全国紙)」「香港ビジネス誌「香港ポスト」連載記事」
「華南ビジネス情報誌「華南マンスリー」掲載」
「ロータリー倶楽部(新宿)会員誌 掲載」、「ワールドインベスターTV 出演」

など多数のメディアにも取り上げられてる。

今後は海外で通用する日本人材の育成や日本法人をサポートしていき、
「この激動の時代を共に生き残って行こう!」というメッセージを伝えていく事をミッションとしている。

このブログでは、日本国外の税制や商習慣の違いなど、直接、私自身が感じた事も含めて公開していきます。

海外投資(オフショア投資)に関心がある方や香港法人やオフショア法人の設立を検討されている方は、ぜひ、ご相談ください。

また、ビジネスサポート全般(就労・投資ビザ取得や格安レンタルの紹介や税理士の紹介など)をカバーしております。

その他、日頃、身の回りで起こる珍道中も織り交ぜながら、飽きさせないブログを目指します。



テーマ:

日本では9月に追加金融緩和がある可能性が非常に高いが、

まだまだ日本円高基調が続いています。

 

それは何故か?

 

一言では語れませんが、

一つの要因は米ドル安の要因があるということに

つきます。

 

米国の利上げ延長(これは今年は出来ないと私は思います)

ドル安の継続要素

 

もう一つ、ウォールストリートが恐れているのが、

次期アメリカ大統領に「トランプ氏」がなることです。

 

全く予測不可能な事が起こりうる可能性がありますが、

私の周りでは最終的には「クリントンさん」でしょうと

まるで英国のEU離脱の時と同じように少し楽観しています。

 

そう言った要素に加えて、

株式相場のサイクルとしては、そろそろ大暴落の時期に来ています。

 

私個人は一旦、次期アメリカ大統領選挙前に

は保有株式は手じまおうと思います。

 

そこまでは逆に日本株は上昇トレンドに入るようなイメージがあります。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
短期的には、金価格は上がっていくと予測できますが、

最終的に金の高値圏では、各政府が「金の取引停止など」の規制をして
金の没収または金価格の暴落後に売る羽目になる可能性が高いと思います。

現在、中国やインドが金の大量保有国としては有名だが、
これらの国々が今後、デフレになっていけば、庶民派は、いずれ金を
手放すことになるだろう。

インドは中国と入れ替わり、経済的に上向きだけれども、
インフレでなくデフレになるのか? そこは一つ疑問ではあるが、
日本では、明らかに金の売買が規制されていくであろう。

既に出入国時に金の持ち運びには、関税がかけられますし、
今後、益々、厳しく管理されていくでしょう。

そういう意味で、まだ、香港では金の売買は自由であり、
消費税もないので最近、金を香港で買って香港で保有する方も
増えています。

ただ、香港も将来、売買停止にならないとも限りませんので
資産保全としての金保有は、慎重に考えたいと思います。

追伸
金(ゴールド)は、配当を生みません!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに9月3日、東京セミナー行います。


内容は可なりディープになりますが、

セミナー価格も1万円と敢えて、

いつもの2倍にしています。


ただし、このセミナー費用を私が実験で行っている

暗号通貨の投機で回して3倍になった時点で

豪華なお食事会にご招待したいと考えています。


一応、投機期間は一年間で考えています。


これからの投資先として

どこが良いのか?


新たな金融パニックに備える方法など


書籍やホームページに載っていない

情報を3時間に凝縮してお話ししたいと

思います。


私に一度もお会いしたことのない方で

ご参加表明される場合、

以下のメールアドレスに

ご職業とお名前と参加目的をお願いします。


お申し込みされる方のみ

場所や開催時間をお知らせします。


info@e-proactive.com.hk


福永



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

英国のEU離脱は、私を含めて大多数の方が予測できなかったと

思いますが、結果の通り、株式相場やリアルビジネスの関係者も

今後の世の中の流れに翻弄されていくと感じています。


今、世界は国家による国際秩序の再編成か世界的無秩序化(カオス)のどちらかに向かっています。


英国のEU離脱の影響は長い目で見れば、英国にも良い流れを運んでくると思います。

理由はシンプルではないですが、一つは英国ポンド安は貿易上、優位になるはずです。

また、英国が香港のように低税率国にかじ取りをして国外からの資金を集まりやすくする可能性も

あると思います。


今後、スコットランドが独立するかもとか、はたまた、イタリアやオランダやオーストリアなどが

EUから離脱するかは誰も分かりませんが、

どうやらブラックスワンが生まれたのかもしれません。


この流れは今年のアメリカ大統領選や来年以降のフランス大統領などに影響するかどうかに

注目していきたいと思います。


このままアメリカ大統領選でトランプ氏が当選したりすると、この流れは益々強くなり、

強いアメリカに戻り、他の通貨に比べて米ドル高となってくるでしょう。


ただし、日本は大規模な財政出動をしないと、更に日本円高になり経済は停滞するでしょうが、

今秋、日本政府は大規模財政政策を打ち出して(米ドルに対して)少し日本円安になると思います。


世界の株式相場は、どう動くのか? 私は予測はしませんが、予想外に日本株が急騰してくる可能性を

秘めています。


理由は世界のジャブジャブマネーが健全な日本企業の株式に集まると言われています。


と言う事でアメリカと日本は暫くは安泰かもしれません。


その一方、苦しいのはEU盟主のドイツやフランスやイタリアそして、

英国経由で、EU諸国を取り巻こうとしていた中国。


この中国の影響を大きく受けてる私のベース香港は凄く心配です。


さあ、どうしますか?と自分に問いかけ秒速右脳判断で、


私はゴールドと暗号通貨のウエイトを増やし、

株式のウエイトは一旦下げていきます。


英国の不動産関係は少しタイミングを観ながら、

投資する絶好のタイミングだと思います。


ちなみに英国の不動産の取引は活発で名義変更なども新興国に

比べて大変スムーズです。

ただし、今現在、バークレー銀行など英国の銀行からの融資は受けにくくなっているようです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年度の年金運用の損失 ?兆円の真実について


今、ニュースでも話題になっている昨年度の年金運用の損失は

正式な発表は未だなので数字は差し控えましたが、

いずれにしても膨大な年金原資が目減りしています。


つまり、海外のヘッジファンドに資産を奪われています。


このまま日本株を年金マネーで買い続けると、、、


私は兼ねてからお話していますが、

日本の年金制度は破たんします。


もらえないとも言いませんが、受給年齢が70歳になり、75歳そして80歳となったら、

どうしますか?


しかも、受給額が減らされたり、インフレ対応できてなければ

年金を生活費と考えていると生きていけません。


そうならなければラッキーで、なった時でも対応できるように

自分年金を今すぐ作るべきだと思います。


最終的に政府、国家は国民を見捨てます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。