~狩人達の酒場~

様々なことを書いてきましたが、当初の意図とは移りかわり、なんでもありの情報ブログ化してきました。まさに野次馬のごときブログです。いずれはいろんなハンター達の情報交換の場所をいずれは作りたいと思います。(ハンター×ハンター参照)


テーマ:

2chからひろってみた。


大手って意外と・・・・・・・これ以上はここでは書けない。

あるスレッドで名前の挙がった探偵社


クイックリサーチ
ディスクロージャー
FAX探偵ドットコム
プライベートシャドー
サニー女性探偵社
ルパン
イーグルアイ調査事務所
リーチリサーチ社
アルゴ
SK
ガル
ファミリー
リライフ
「女性」「レディース」などの単語が付く事務所全社。
女性の氏名を使った事務所全社。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎8/28の結果
 
12850円買い    12770円手仕舞い   -80円(手数料は除く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎成績

今週の成績8/25~8/28    -130円(手数料除く)
今月の成績8/1~8/28     410円(手数料除く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログで配信しているシグナルは有料メールマガジン と同じ内容を日中取引終了後に公開したものです。 また、実際のメルマガでは翌日の寄りに「売り」「買い」のサインを記したものを配信してます。 さらに下記のメルマガはアフィリエイト対応なので宣伝することによって収入も得られます。 まぐプレバナー ↓応援よろしくお願いします。 人気blogランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 相場師ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

もはや国家権力は国民の敵ではないか


 世界の様々な国に勤務してその国の政治を見てくると、残念ながら国家権力は国民の敵であるような国が実に多く存在する事を知る。

 まさか日本はそんな国ではないだろう、と思っているとしたら間違いである。

 そう思わせる事件が私の周りに最近立て続けに起きた。

 私が今住んでいる栃木県の鹿沼市で、

豪雨で水没した軽乗用車が県警と消防本部の危機管理体制の不備によって放置され、

運転していた女性が水死するという考えられない事件が16日起きた。

 「助けて、水が、水が」という電話が母親の携帯電話に鳴ったのは夜中ではない。

皆が活動している夕方6時過ぎである。


 「どこにいるの?」とお母さんが尋ねてもかえってくるのは悲鳴ばかり。

そしてその電話は最後にこう言い残して切れたと言う。「お母さん、さようなら・・・」

 この事故で県警と市消防は通報をたびたび受けながら現場に出動しなかったという。


他の水没事故と混同して的確な判断が出来なかったという。

 信じられない事件であるが、悪意がないだけまだましかもしれない。

 国家権力は、自己保身のために、時として悪意を持って国民を犠牲にする。

 そんな事件が公然と高知県で起きていた。

 先日講演で徳島を訪れたとき、隣の高知県でバスの運転手の冤罪事件を知った。

 停止していたスクールバスに白バイがぶつかって、それを運転していた警官が死ぬという事件が起きたのは06年い3月の事だった。

 警察と国は、組織防衛の為にその事故はバスの運転手を過失致死罪と言い張り、

その運転手は有罪となる。

 これはとんでもない冤罪だと訴えを起した運転手。その訴訟が最後は最高裁まで上がって争われていた。

そして最高裁が上告を退けて冤罪が確定した、という事件である。

 高知から来た人が言う。

誰もが警察のでっち上げと思っているのに、皆口をつぐんだままだ。運転手は気の毒だ、と。


 こんな不条理な事が実際にありうるのだろうか。

 そう思っていたら、この警察、司法の国民無視のやり方を一貫して糾弾しているブログを見つけた。

「きっこのブログ」である

 その22日のブログには冤罪にされた運転手の悲痛な叫びが掲載されている。

警察、司法の国民弾圧の非道が告発されている。

 これほどまでに重大な冤罪であるのに、大手新聞がまともにこれを報道する事はない。

テレビが伝える事はない。だから国民は知らないままだ。

 気の滅入るような出来事の中で、救われる思いの出来事が起きた。

 26日の各紙は、海上自衛隊員の自殺事件をめぐって被害者の両親が国を相手取って起していた訴訟において、福岡高裁は国の賠償責任を求めた、というニュースを報じていた。

 自衛隊内部でのいじめで自殺に追い込まれたり犠牲になっている隊員は少なからずいる。

 その家族の一人がかつて講演中の私を訪ねてきたことがあった。その際私は、決してなき寝入りしてはいけない、正義は必ず勝つ、と励ました事があった。

 その家族が、粘り強く訴訟を続けた結果、ついに福岡高裁は、「上司の言動は指導の域を超え違法」と断じたのだ。素晴らしい判決である。

 国家権力の中にいても正しい判決を下す裁判官もいる。

 そこに私はこの国の将来に関する一条の光を見る思いがした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-14■日本は未だに独立国ではなかった??!!
ある文章を読んで愕然とした。私たちは幻想の中にこの数十年生きてきたのか・・・??

戦後独立国になっているとばかり思っていたのにもしかしてアメリカの一自治州??

そりゃアメリカの属国だの、アメリカ日本州だの、と週刊誌の見出しで書かれているのを時々見てはいたけど

まさかじ、じ、事実??

イルミナティの計画で戦後自民党が作られ、テレビ局が作られ、野球など娯楽が与えられてきたなどの実態

(反ロスチャイルド同盟講演録 http://www.anti-rothschild.net/lecture/index.html  参照)

を漸く知り始めた今も、そこまでは思い至らなかった。


日本の政策がアメリカの言いなりであること、アメリカの軍隊が日本にずっと駐留していること、

戦後50年以上経った今の現実としてよくよく考えてみれば確かにおかしい、なんとなく慣らされてしまって

考えない習慣ができていたのだろう。

情けなくなってきた。


以下反ロスチャイルド同盟掲示板にあった苫米地英人氏の著作からの文章を転機する。

(苫米地英人氏についてはあちら側(イルミナティ)と推測する。http://www.asyura2.com/08/hihyo8/msg/254.html 参照、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%AB%E7%B1%B3%E5%9C%B0%E8%8B%B1%E4%BA%BA 参照)


まず一部

 日本は自治州?

●「やられた!」と思った!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なんか最近めっきり涼しくなって、9月下旬の寒さだとか・・・・


温暖化はどうなったんか?


以下コピペ

「現在の地球温暖化問題で、もっとも不自然なのは極端に二酸化炭素(CO2)排出量だけが問題視されていることです。気候変動にはさまざまな要因がある。ところが、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書でCO2が主な原因と指摘されたことで、世の中は暴走を始めているのです」(伊藤氏)


「最近の研究では、CO2が2倍になったら気温が何度上がるかという『気候感度』が低いこともわかってきた。気候変動に対応して環境をマネジメントするためには、もっと複雑な要素を考えていく必要があるはずです」と伊藤氏は言う。原因が曖昧で、削減による効果もよくわからない現状であるにもかかわらず、政治や社会がCO2削減という目標だけを掲げて突っ走っている事実には、どこか不自然な作為を感じてしまう。ことに日本はCO2削減のために巨額のお金を投じようとしているのだ。



「ナポレオン・ボナパルトは、『人を動かすのは恐怖と利益だ』と言ったと伝えられています。現在の地球温暖化問題は、まさに恐怖と利益によって動いている」と伊藤氏。氷山が崩れ落ちるセンセーショナルな映像をメディアが流して恐怖を煽り、CO2削減を大義名分とすることで、新たな「利益」が生まれつつある。わかりやすい「利益」のひとつが『排出権取引』だ。

日本の行動は『自殺』に近い?
排出権取引を巡り、巨額の金が動きつつある世界の情勢。でも「国際的な排出権取引は、もともと排出が少ない国の丸儲け。各国の削減努力に対するインセンティブにはならない。そもそも排出権取引は、京都議定書の実効性を高める手段のひとつとして考え出されたものですが、現在ではかえって世界全体でのCO2排出量を増やすのではないかと危惧されています」と伊藤氏は警告する。そもそも、CO2を削減しようという目標は、地球規模の気候変動を食い止めるために掲げられたはず。本来であれば気候変動に関わるさまざまな要因を総合的に考慮して、最善の方法を探るべきなのだ。

温暖化問題って「ワナ」なんですか?「CO2の削減だけを突出した指標として政治が動き、金が動いて、そこに群がる利権が生まれつつある。本来、政策とは物事がどっちに転んでもいいように実施されるべき。官民が一体となってCO2削減一辺倒の動きが繰り広げられている日本の現状は、すでに大きなワナに落ちていると言わざるを得ない」(伊藤氏)ということだ。

こうした現状に警鐘を鳴らしているのは伊藤氏だけじゃない。地球電磁気学や北極圏研究の世界的権威である赤祖父俊一氏は、その著書『正しく知る地球温暖化 』のなかで、CO2排出削減について各国首脳が「何回会議を開いても合意に達することができないのは、IPCCが予測する大災害、大異変を信用していないか(IPCCの初代委員長は2020年にはロンドンもニューヨークも水没し、北極圏のツンドラ帯は牧場になると予言していた)、各国間の利害関係や自国の経済問題の方が重要課題であるからであり、会議は実際には温暖化問題の対策会議ではなく、裕福な国と貧困国の争いの場になっているからである」と指摘している。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かつてロックフェラーの部下として、テキサス州等で石油 会社の乗っ取りを手がけ、悪名を轟かせた「乗っ取り屋」ブーン・ピケンズ。

80年代には、日本のトヨタ自動車を壊滅させる目的で、トヨタ自動車のライト等の部品を製造する小糸製作所の乗っ取りを手がけたピケンズ。

その目的は、小糸製作所の提供する部品価格を上昇させ、トヨタ自動車 価格を吊り上げ、販売を落ち込ませ、日本の代表的企業トヨタを窮地に追い込む事であった。トヨタの弱体化に成功した場合には、GM等によって、トヨタを乗っ取る計画もあったと言われている(小糸製作所の乗っ取りは失敗に終わった)。

 この乗っ取り屋ピケンズは、現在、米国テキサス州からサウスダコタ州等に拡がる大草原地帯=グレート ・プレーンズの地下に眠る、オガラ帯水層の水資源への買収・ギャンブル 投機を行い始めている。

ピケンズは買収した水資源を、テキサス州の水不足地域に送り、新たな農地を開発する事で、数十億ドルの利益が「得られる」としている。しかし既にテキサス北西部で牧場等を経営している農民達からは、新たな農地開拓で現在のオガラ帯水層は、数十年後には干上がり、既存の牧場、農地全てが「砂漠化」してしまう、と反対運動が持ち上がっている。

今後、数十年間だけ、テキサス州の農業 が繁栄し、その後は廃墟と化すのか、それとも既存の農場 で地下水を大切に使い、テキサスの農業を永続的に続けて行くのか。

ピケンズは買収に要した数億ドルの投資 資金 が、地下水の販売で数十億ドルになり、「回収できれば良い」。数十年後の事など、「どうでも良い」。

乗っ取り屋のギャンブル投機が、人類の生命源である水資源の「破壊に向かっている」。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「中国や米国は資本主義をまじめにやっているから、衰退ができず、爆発壊になる。
ロシアや日本は片目をつぶりながらやっているからなんとかなる」

「案外、50年後に、21世紀に一番近かったといわれるのは日本かもしれない。」

という面白い発言をしていました。

今の中国人の50代、40代、30代の人間は忍耐が強くない。

「儲からない」と悟ったら、平気で敵陣に「寝返る」人間だ。

文革後の教育や「ひとりっこ」政策で育った人間には、「資本主義」の背後にある「哲学」「歴史」は身についていない。

歌も踊りもできないで、「資本主義」という舞台にあがろうというのが、今の中国だ。

前任の主役の「米国さん」が急遽、舞台で倒れて、病院に運ばれて

「中国さん、あとはよろしく」といって息をひきとられても、残りの

人たちはこれは困る。

プロデューサーや興行主のユダヤ人も「これは困ったなあ、とりあえず

黒ん坊の踊りの旨いバラク君でも躍らせてつないでおくかあ」

バラク君はルックスはいいのだが、頭が悪く、「白痴美(はくちび)」

などと批評家には酷評される。

さて困った。「地球劇場」の演目はこれでは続かない。どうしよう。

うるさい観客(中南米、中近東、ロシア)は怒っている。

中国も米国もソフトランディングできない国だ。

しかも、中国は英国や米国(大陸をまとった擬海洋国家)と違って
海洋国家でないから、地政学的にも世界制覇はできない。

このままでは、中国は失敗する。

来週からの中国オリンピックも失敗するかもしれない。

1963年の東京オリンピック→ジャパンアズNO1 

てな具合に、

2008年の北京オリンピック→チャイナの21世紀

とうまくいきたいところなんだが。

中国が育たなければ、世界を管轄するような強力な覇権国は存在しない。

世界が、日本の戦国時代のような「無秩序」の状態で21世紀が動いてしまう。

米国さんは病院の緊急室で「行き絶え絶えだえ」で明日の朝にも
死にそうだ。

そこでうまい具合にお隣に、「ガラパゴス」「鎖国状態」でいじけており、政治的には全く野望のない「日本」という「島(しま)」がある。(「近代国家」でないことがなおさら幸いだ。しかも昔喧嘩したので
若干中国に負い目もあるし、白人への劣等感もないので、わりと
仲良くつきあえる。友達としてお仕事をちゃんと教えてあげられそうだ。)

しかも、「ハイテク」と「人材」と「水(戦略物資)」という
強力なノウハウがあるのである。

世界覇権は遂に一度も取れず、いまだに、近代国家にもなりきれなかったが、西洋化と似非資本主義のノウハウだけはある「日本」という『島』(パラダイス)」からうまくノウハウを
とりいれればいいのである。

しかし、日本が先生では困る。嫌だ。踊りは上手だけど、ルックスも
体も醜いじゃないか?

「あんなちんけな奴らが俺たちの先生だって?」

プライドの高い白人、欧米はどうすれば面子(めんつ)が立つのだろうか?

英国と米国だって先生と生徒が逆転したのである。

「資本主義」と「社会主義」の融合という20世紀のすべてを短期間に凝縮してしまったダイジェスト国家、幕の内弁当の「日本」から欧米は学べばいい。

ただし、日本人はあくまで「黄色い」のだから、「教えてやる」という傲慢な態度(第二次世界大戦時の失敗)でなく、白人も黒人も「共生」という「宴会の幹事」程度の
態度でいい。

「先生」とか偉そうにしてはいけない。優秀な助っ人。

そう、今日本で流行りの、時給2500円の「テンプスタッフ」
になればいいんですよ、奥谷さん!正社員じゃないのに技術だけで
そんなに取るんだあ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎8月21日の結果


12900円   12750円手仕舞い   150円(手数料は除く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎成績

今週の成績8/18~8/21    120円(手数料除く)
今月の成績8/1~8/21     600円(手数料除く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガ、マグマグでやってたんだが、より良い配信方法はないかなあ。

けっこう他のメルマガ見てても1万円とかけっこう高いとこが多いわりに成績が安定してないから

5000円なら売れると思うんだが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


ロスチャイルド解体の権限を持つ日本


 米国は、過去20年間、原子力発電所を建設してこなかった。

そのため原子力発電所建設技術が失われ、世界最大手のGEであっても建設が出来なくなってしまった。また、原子力発電所建設企業の最大手ウェスティングハウス社は、既に日本の東芝に買収され、その傘下に入っている。

今後、中国の産業基盤となる原子力発電所の建設は、世界中で、日本の東芝、三菱重工、日立の3社しか、その建設技術を持っていない。

また原子力発電所には「沸騰水型」と「加圧水型」の2つがあるが、この2つを両方建設できるのは、日本の東芝だけである。

これは日本国家・日本企業の意向次第では、世界中の原子力発電所の建設・運営をストップ出来、核兵器原料製造を阻止できる事、

ロスチャイルドの大きな収入源である原子力発電=核兵器製造を、日本が根本から破壊できる事、

また中国の産業基盤に対する生殺与奪権限を、日本が所持している事を意味する。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、長文は嫌われると書いたが、本当にそうなのかも。


今日はランキング上がってる。


話変わるが、最近自民党の麻生人気が上がってるらしい。


本当に次期首相が麻生になれば、以前から私の考えてる麻生=家康論が本当になるかもしれない。


つまり、


小泉=信長・・・・・・・型破りで体制を壊していくことを本義として、結果的には人気もあがった

安部=明智光秀・・・三日天下

福田=秀吉・・・・・・・朝鮮出兵を夢見てたがその頃にはすでに頭おかしいとことかつまり、サミット開けて

             議長国になれたらそれで気がすんでる。しかも政策なんかはなんもなし。

麻生=家康・・・・・・・けっこう下つみも多いが、家柄としてはいい血筋。吉田茂とかがじいちゃんだし。

             ひょっとしたら家康ってよりは吉宗かもね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。