ザザ降りの雨

テーマ:

今日は、私は虹橋で仕事、朋友はちょっと上海のはずれで仕事だった。夕飯一緒に食べよーって約束してた。私は一足お先に帰宅してたんだけど、朋友はまだ仕事終わらないので、いつもの市場へ買い物へ。今日は私が買おうと思ってたものがことごとく鮮度が悪そうで、当初思ってたものとは違うものばっかり買ってしまった。


むむ、レシピいろいろ見て計画してたのに、おじゃんになっちゃった。残念、、。で、いつもよく買う店のねえちゃんに、カタコトを交えて、野菜の匂いを嗅いだりして、「これは新鮮じゃない、ダメ、いらんわー。」と言い残し、果物売り場へ。そろそろハミウリもおいしくなってるかなー、と、。なんか、こちらの果物も今日はさえない感じで、、。そしたら、また奥の方から新しいのを出してきてくれたので、一個購入す。


いつもここのおばはん、店頭にはあまり新鮮なのを置いていない。で、私はいつもスイカ買うときも「大きいの?小さいの?」って聞かれるけど、ひたすら「おいしいのっ」て言うし、毎回前回購入した果物について、あれはすごいうまかった、とか、まずかったわー、とか言いまくっているので、おそらくうるせーヤツって思われてるのでしょう。いつも、私が物色していると、何が欲しいのか聞いてくれて、奥のカーテンの中から新鮮なやつを出してきてくれる。今日もお値打ち価格で購入し、満足満足。


市場の帰り、雷雨に巻き込まれ、ずぶ濡れで帰宅。朋友がタクシーで会社出発するというので、うちまで迎えにきてもらい、そのまま出かける事に。じゃないと、このザザぶりの雨の中、次は二度とタクシーが拾えないんじゃないかと、、。でも、タクシーの運ちゃんは、田舎のタクシーなんで、上海の中心部が分からんみたいで、「ここ右」とか、「まっすぐ」とか、道案内しながら目的地の到着。私は、自他共に認める究極の方向音痴ですが、とにかく言葉も分からんし、不安なので、必死に道を覚えるようにしている。結構分かるようになってきたかなー。ま、ご飯食べて帰る頃には雨もやんでいたので、何とかタクシーゲットできたので、無事帰宅することができましたー。さあ、今日は半身浴でもしながらせっせと読書にいそしむ事にしましょう。


今日は思う存分夜更かしするぞー。



AD

日本領事館

テーマ:

今日は、日本領事館へある資格の公認申請を受け取りに行ってきた。とある資格の証明書のようなもの、、。仕事する上でどうしても必要なので、取りに行ってきたわけです。(これがないと、逮捕されますです、、。)

で、今回初めて日本領事館なるところへ初めて足を運んだわけですが、やはり噂どうりのところでした。ああいった事務的な所はしょうがないと思うのですが、それにしてもなんであんなに一つ一つの事にアホみたいに時間がかかるんかねー。まず3日前に申請に行った、で、2時間近く待ったあげくに今日は担当者がいないとさー。ばかにしやがって、あほらしすぎて倒れそうでした。くっそーと帰りました。


そして、今日その申請をして、それが今日もらえるとの事で、証明書をもらったわけですが、。最後、やっともらえるぞーってところで、「はい700元ですー。」、、「は?」、、、「ちょっと高いねー。」と領事館のねえちゃん。「じゃなくて、今日おかね200元しか持ってませんよ、私。」、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


で、結局タクシー乗って家ダッシュで帰りお金つかんで、またタクシー乗ってやっと手に入れたわけです。

なんていうか、だいたいなんでニホンジンが上海に出てきてるかっていたら、日本だけじゃあお国に税金払うほどの利益を生めなくなったからだろー。で、仕事切り詰めてがんばっている中の時間を割いて来てる訳だから、もうちょっとなんとかならんのかいなー。


私の周りの人間たちは口をそろえて行ってました。「なんかあっても、日本領事館だけは逃げ込めんぞー。なんも助けてくれへんぞ、アメリカの方へ駆け込めよー。」と。そんなわけないやろーってその時は思ってたけど、今回の訪問でその意見にも納得しました。ま、なんかしてもらわんでも済むように願ってますけど。


はー、疲れた。

AD

帰った上海に

テーマ:

なんだか仕事関係がたてこんだりして、すっかり遠のいていましたー。すでに上海にはかえっていたのですが、、。上海生活始めてから、初めて日本に帰国した訳で、私はどんな感情を抱くのだろうか?と思ってました。もしかして、やっぱ日本のほうが快適で、上海に来た自分がブルーになるんじゃないか、とかいろいろ、。


でも、帰りの飛行機からそうでしたが、日本人だらけで、その機内はまるで浦東離陸前から日本ってかんじ。(登録してない流動人口も含めると、すごい数の日本人が存在してるんだなー、と実感)


日本に帰った感想。ご飯は確かにうまかった。水もうまい。帰った夜は、行き着けの季節料理屋でゴルフ仲間達と一緒にマツタケすきをしました。まだ、中国のマツタケは出始めで、Lサイズが数がないとの事で、2箇所の卸に頼んで、出発の日の朝マンションまで運んでもらって購入。しめて6キロ。(ちゃんと検疫は受けたよー。)

やっぱ採りたて、すぐ持って帰ったので、香りもよくて、サイコーでした。7人で3キロは食べました。でも、マツタケもさることながら、牛肉もうまいなー。やっぱ和牛というのは、日本の誇れる食材だなーと、感動、。

そして、私の大好きな焼酎「亀のしずく」。これも、なかなか手に入りにくいということですが、女将さんが2瓶用意してくれてましたー。マツタケすきと、亀ロックを交互にお口に運び、至福の時を過ごしましたー。


日本滞在中は、あっちこっちと新幹線で移動して、友達に会ってました。いっぺんに全部の友達に会うのは到底無理なので、残念だけど。大阪では、夜、なんばパークスで友達と、これまた焼酎呑みながら語り合いました。彼女たちも日々がんばっているようで、。そして元気そうで何より。今度上海に遊びに来てくれることになったよー。みんながんばってるねー。私もがんばろうー。


しかし、日本は言葉も通じて快適ではありましたが、なんか上海に着いたとたん、ホッとした自分もありました。あー、やっと帰ってきたーってかんじ。不思議だなー。


ま、家に帰って、バスタブに湯をためたら、すこし黄色っぽく見え、かつ、少し匂いも感じ、あー日本の水はきれいだったなー、と思いましたが、、。


また上海ライフが続きます。健康第一で頑張っていこうー。

AD

明日は日本

テーマ:

さて、明日から数日日本へ帰るぞー。上海に住み始めて初めての帰国となりますが、微妙な気持ち。絶対日本のほうがご飯もおいしいはずだし、買い物も楽しいはず、、。水だっておいしいはず。あー、日本に帰ったら私はどんな感情をいだくのだろうか?私の朋友は、日本に帰ると不思議な感覚になるそうだ。街を歩いていても、中国ならあんまり言葉が分からないからぜんぜん周囲が気にならないそうだが、日本では周りの会話が分かりすぎて、逆に不快感を覚えるそうな。


あー、まず日本に帰ったら、まずCDショップをハシゴしまくるだろう。やはり、私の求めているものは中国では見当たらなかった。今現在ほしいCDは、100枚近くあるー。そして、服を買いまくるだろう。確かに中国には服がいっぱい売ってますが、ひたすら探してもほしい物が見つからない。カーテンとか、クッションの柄にしたらかわいいだろうけど、それが服となると頂けない。それに、日本で買ったほうがよっぽど安いと感じるのだが、、。


あとは、おいしいパンを食べたい。みなさんご存知の通り、中国にはおいしいパンやケーキはあんまりないので、、。なんか、太って帰ってきそうだ。ま、よっぽど日本がいいのは分かっているが、仕事もあるのでまた上海に帰ってこないと。


まずは、日本に帰り次第マツタケすき焼きを思う存分食べよう。いつも日本で行っている季節料理屋のおばちゃんに早速電話して店の予約完了。ああ楽しみだー。

反日タクシー運転手

テーマ:

今日も日本からのお客さん達とともに、お食事。もう、今週は連日連夜こんなペースで疲れてきた。帰っても遅い時間なのでストレッチをする暇も気力もなく、音楽鑑賞する暇もなく、グッタリだ。今週はとっかえひっかえいろんな会社の人間が登場しては帰っていった。


食事からの帰り、会社の人達とタクシーでいつも帰宅するのだが、私の家が一番メイン道路から遠いので、一人、また一人と降りていき、最後は一人で帰宅するパターンだ。今日は、最後私一人になった時、それまで無口だった運転手が、ウワーっと上海語で話し始めた。私は中国に来るにあたり、普通語と上海語を間違えて勉強していたので、なんとなくニュアンスが伝わってくる。


運転手「あの3人、日本人やろ」


「そうや、日本人や」


運転手「#$%&’(どうも、日本人の事をあまり良く思ってないみたいなかんじの発言」


「(ほとんど何しゃべってるかわからんのに)フン、フン」

でも、知ったかぶりも限界で、「なんて言ってるんか分からん」


運転手「普通語ならわかるか?ほんで、あんたはどこの地方から来たんや?」


は?もしかして、私あんなに会社の人と日本語で話しまくってたのに、運転手は中国人と思っていたようだ。


「日本よ」


すると運転手、すごい笑顔のままで、一瞬止まった。「そうかいな、」と。そして、私は上海に来て間もない事、その他できる限りの中国語でなんか和気藹々と自宅に到着。


やはり、アジア圏の人間はそういう点でややこしい。私の場合常に日本人とは見られないようで、最後の最後に、日本人と判明するパターンばかり。この前も、会社の関係で、田舎の銀行に行った時のこと、(田舎の方なので、結構上海人より人柄がやさしい)窓口で手続きのためやりとりするが、私が「分かんない」と連発していると、周りからぞくぞく人がやってきて、あーだこーだ言い出した。そして、人々は私に「そうか、あんた言葉が分からないのか、どこか田舎の方からきたんだね、そうかそうか」と言い出した。

うーん、うーん。「私日本人です。」というと、人々「あー、そうかー。コンニチハ、コンニチハ。」と。

ちょっとうれしいような、悩ましい微妙なかんじ。


会社で暇なとき、隣の会社の警備員の兄ちゃんの所へお茶飲みに行く事があるのだが、そこには近所のヒマヒマなおばちゃん達も、お茶している。そこでも、わたしが何人に見えるが議論が始まった。その結果、満場一致で、私はどう見ても中国人だ、という結果となった。


よく、上海にいる日本人は、日本人とばればれなのに、一生懸命中国人ぽく見せようと頑張っている{変な、日本人}が目立つように思う。もちろん、気を張っているせいかもしれないけど、少しは日本人のいい所も中国人にアピールするのもいいんじゃないかなと思う。


私も、ガニマタで歩く事、態度がデカイこと、など、日本でのスタイルをそのまま持ち込んでしまっているので、直せる範囲で直そうと思う。


私思ったのですが、上海は多国籍の町だから、外国から来た人も、田舎から出稼ぎに来た人も、ぜーんぶ今上海に存在してる人を総称して、新上海人でいかがでしょうかー?


私も中国語がんばって、日本語のうまい新上海人になりたいものですな。

今日もまたゴルフ

テーマ:

今日は、会社の中国人部長と社長とゴルフへ。中国人部長達はコースは初めてなので、上海国際ゴルフクラブの練習ミニコースへ。今日は昨日にも増して、更に熱いが、頑張った。社長は、今日はクラブは持参せずひたすらコーチにまわってました。少しでも、まわりのみんなで楽しくゴルフができたらいいなあー。


この練習コース、結構気に入った。計3コース(ミドル、ショート、ミドル)普段はコースでは進行の事もあり、バタバタしがちだが、ここなら落ち着いて距離感とかを確かめられていい感じ。みんなで和気あいあいとできたし、楽しかったー。でも疲れたー。ビールのんだらグッタリでした。


帰ってから、中国語の家庭教師が来るので、昼寝をする暇もなく、、。

あー疲れた。


レッスン終わってつかの間、日本からの客が来ていたので、フカヒレ鍋を食べにー。ここのフカヒレ鍋は一人前に3-4枚フカヒレが入っており、これだけでも腹いっぱいになる。もう、食べ飽きた、と思ってもやっぱりおいしい。紹興酒呑んで、家に帰ってバッタンキューでした。

ゴルフ、ゴルフー

テーマ:

上海生活において、多くの日本人達が楽しんでいるであろう、ゴルフ。私は、まだ始めて一年ぐらい。昔はゴルフなんて、穴に入れるだけの物で、どこが面白いの?私は絶対にやりません、って言い張ってましたが、無理やりゴルフ場に引きずられて連れて行かれ、始める事になってしまった。でも、それ以来はまってしまいました。上海来てからも、たまに練習場に通いつつ、ゴルフ場へ行くのが適度なストレス発散となっている。


さて、今日もゴルフにいってきましたー。熱いー。日焼けもすごいと思うので、ゴルフは6月いっぱいまでと決めていたのに、やっぱり行ってしまったー。私と同じくらいのスコアの子がいて、いつも賭けをして回るので、その子が行くとなれば、いくらシミだらけになろうが、負けずぎらいの私は行かない訳にはいかないでしょー。


はい、熱すぎ、素振りの時点で立ちくらみしそう。今日も白ティーから打ちましたぜ。男と回る時は、一人

レディースティーから打つなんて寂しすぎるので、いつも私はコンペやら、問題ない限り白ティーから打ちます。ということで、男の人と同じ条件で、スコアを争う訳です。いい練習になりますなー。でも、いつぞや、太陽島?ゴルフクラブでは、客が込んでいたせいか、「あんたはプロか?プロなら白ティーから打ってもいいよ」と言われ、さすがに諦めましたー。どうせ同じお金払うんなら、距離打てたほうがお徳じゃん。


さて、先日購入したニセモノ?クラブ使用。ただし、きょうは、ドライバーとアイアンは日本から持っていったもの、ウッドだけ今日は使ってみました。後半の最初のホールで、5番ウッドのヘッドが思い切り折れたー。飛んでったー。すんごいナイスショットだったはずが、なんだかボールが2個飛んでって、おかしいなーと思ったら、ヘッドがないー。うそー、うわさには聞いてたけど、、。せっつかく楽しく回ってたのに、ガックリきちゃいました。


というわけで、ゴルフ場からの帰りに速攻ゴルフショップへ。


(もちろん日本語で、ジェスチャーをかなりオーバーめに)「これ、今日初めて使ったのに、ヘッドが折れたやないかー。タダで、交換やー」


店の女の子「ノーチェンジ、200元いる。」


私「なんやとー、この飛んだヘッドが私の頭に当たって、大変やったぞ、。(ウーウー’救急車のまね。喋れないと、かなりジェスチャーはオーバーめに必要となります。)あんた、交換するのに金払えって言うなら、こっちの病院の治療費出してもらおかー。」


なんやかんややりとり、。その店に来ていたほかの日本人客が「なんでしたら、私通訳しましょーかー」と。


私「いいえ、結構です。(こういう時はあえて全部日本語で、ジェスチャーの方が感情が伝わるのだ)。」

、、、、、、

なんだかんだ暴れた結果、ただで交換、。(当たり前だけどね。)私は、これでは引き下がりません。手袋一個と、ティーをおまけ要求。すったもんだのあげく、ゲット。うふふ。中国では、ゴルフクラブさえ購入すれば、後の備品はなんとかなるさ。既に手袋は3個もゲットし、自宅ストック。


なんだかんだであしたも行くことになってしまいましたー。

がんばろー。(もう、美白はどうでもよろしい)

上海生活も1ヶ月以上になりましたが、さて、数々のもの達が私を悩ませていますが、そのなかでも私のパソコンやばいっす。というのも、上海上陸してすぐ、日本から持参したパソコンは、中国人部長の手で、即効根っこから中華パソコンに入れ替わりまして、、。ピンインって何?の状態の私が、いきなり中華パソと戦わねばならず、参りましたー。だって、日本語でツールバーとか出てくれれば、問題ない事でも、何もかもが中国語で出てきたらわかんねーよ。ヘルプ?らしきところクリックしたって、なんのこっちゃ、もちろん中国語だからヘルプにもならんわいっ、。

最近では、カンでやってます。なんとかなってんのか、なってないのか、、。まわりの人は、「いいじゃん、中国語の勉強になって」とさ。人事ですねー。いきなり中国語の洗礼を受け、ショック症状が出てましたが、慣れたらなんとかなるでしょう。


今日は、日本で買ってきてもらった、かなり専門的なソフトを(かなり高価なり、、。)、インストールしてる最中ですが、インストールまでいったけど、全てわけの分からん文字化けで参っています。部長になんとかしてもらおうー。この中国人部長、壊れた電化製品などは、すぐ分解してあっさりと直してしまうのだ。この前も、壊れたパソコンを、ぜーんぶ分解して、また組み立てて直しちまったぜ。(パソコンはこんな部品で成り立っていたのね、感動ー。)


私が日本からもってきたお気に入りのステレオを、変圧機もあるのに、疲れてたせいか、そのまま中国のプラグに吸い込まれるように突っ込んでしまい、一瞬でダウンしましたが、さすがっ、一晩で復活して私の所へ帰ってきました。一家に一台T部長、ってかんじですな。ていうか、そっち関係で働いたほうが、むいているのだろうか?会社でも、機械いじりをしている時が、一番輝いてるぜ。


そんなこんなで、私の日常が過ぎていくわけであります。ちゃんちゃん。

マツタケ、マツタケ

テーマ:


さてさて、そろそろ奥地ではマツタケニョキニョキの季節か?格安でマツタケが買える中国で、とある有名ホテルにも卸しているマツタケ屋さんからキロ単位で購入して、マツタケすき焼きして食べるのが、私の毎年の楽しみになっている。中国産のマツタケなんて、、と思うかもしれませんが、それは日本にたどり着くまでに日にちが経ちすぎて鮮度が落ちるため。速攻食べれば、本当においしいのだ。だたし、奥地で早朝に収穫してもらい、早朝の便で運ばないと無理なので、卸屋さんとの、綿密なスケジュール合わせが必要だ。


行き着けの料理屋で、最高級の肉と、マツタケ1対1の割合ですき焼きをするのです。(両者ともに、わしずかみで、お鍋に投入。マツタケは薄切りではなく、太く裂いて)(非売品っ)それを、卵でたべれば、この上ない贅沢なのです。ああ、早く食べたい、。ホント、これのために、毎日がんばっていると言っても過言ではないほど。(あと、上海蟹と、、。)これを、食べ過ぎて死ぬなら本望です、ってくらい、たまらんの。


ああ、こんな時間なのにおなか減ってきたー。今日は、仕事から帰宅後、間髪入れず、中国語の家庭教師がやってきたので、晩御飯食べる暇がなかったのだ。おなか減りすぎて、今日は何を勉強したのか、ちょっと思い出せましぇーん。

親切、正直、失敗のもと?

テーマ:

私は、小さい頃からおばあちゃん子だったが、おばあちゃんは、いわゆる明治女で、バシッと筋の通った女性だ。(今は年のせいもあり、だんだん衰えてきてはいるが、いまだにその筋の通ったスタンスは不変だ)

数々の教えの中で、私の心に刻まれている言葉がある、。


①親切正直成功のもと

②何事も、天知る、地知る、我が身知る

である。

勿論、今の時代にアホか?と言われがちですが、これをある意味信じて今日まで私は生きてきた。しかし、上海にやってきて、これらの言葉は、全く逆でないの?という印象を受ける。


親切、正直、失敗のもと?かいな。


勿論、今まで上海生活の先輩方々からの吹き込みもあり、かなり覚悟はしていたが、本当にその通りねー、と思うことがしばしばだ。


今日は、上海の外れの方で、事故現場を目撃す。今日のは、かなり生なましいものであった。自転車の人が跳ねられて、どうも死んでいるのか生きているのかも分からんほどに、道路でピクリともしない。しかし、あれよあれよと集まった群衆は、そのけが人には、一切興味なしで、がやがや騒いでいる。「どーなってんの」

これには、ちょっと参りました。明日は我が身なり。ニホンジンも、かなり交通事故でお亡くなりになるらしい。

今日ばかりは、自分がなんで上海来ちゃったのか、マジで考えこんでしまった。おばあちゃんの教えは、間違っているのかー?いや、そんなはずないよね。


私は、①、②の教えを、身の危険がおよばぬ限り信じていくつもりだ。

なんだかよく分からんけど、今日はこのへんにして、寝よう。




追記

今日は、お手伝いのアイさんが帰宅したらまだ、掃除、洗濯していた。なんか、しきりに話しかけてくるが、所々しか分からんので、絵を描いたり、筆談など交えて、小一時間ほど話し込んだ。すごい、消耗したけど、楽しかったー。アイさんは、時々おっちょこちょいで、かわいいのだ。一日一日が、すごく貴重な時間。

大切にしたい。


       おやすみんご