愛煙家 受難時代

テーマ:

【サラリーマン川柳-第一生命保険発表】

喫煙の 場所はなくなり 税ふえる(スモーキングパパ9)

愛煙家は肩身が狭いね。
健康に吸いすぎに注意しましょうよ。
ザマー見やがれ!(嫌煙家の私)

AD
私は今55歳のオジサン。

女房と久しくセックスをしていない。

どちらかが拒んでしなくなったという訳ではない。

ただ、うちの場合、女房が積極的ではないので、私から仕掛けない限り、セックスに至ることはまずない。

だから、どちらかと言うと、自分に原因があるんだろう。

仕事で忙しく疲れていたから、セックスを仕掛けることがずっとなかったからね。

自分としては、疲れていても、女房が求めてきたら拒絶はしないから、セックスまで行くんだけどね。

まあ、でも今となっては、女房自体がこれで落ち着いてるからなあ。

変に求めても嫌がられるかもしれない。

やっぱり女性はムードが大切らしいから、この辺のところも研究しないとね。

それで、実は、セックスレス解消マニュアル というのをインターネットで購入したのよ。

少し高かったけど、上手くいけば安いものだと思ってね。

最近は、何でもマニュアル化されてるね。このセックスレス解消マニュアルの中身を読んでみたら、すごい具体的だわ。

読んでるだけで興奮してきたよ。

いろんな女性を悦ばせる器具なんかも紹介してるし、早速コレも取り寄せないとな。

でも、とりあえず今晩から実行してみよう。

女房のやつ、ビックリするぞ。



AD

米ボストン爆弾テロの容疑者はロシア南部にルーツを持つチェチェン人らしい。
組織的な犯行ではなく、個人(兄弟)の犯行らしい。
オバマ政権は、大きなダメージ受けなくて済みそうだな。
犯人がロシア人だということで、プーチン大統領が米国と協力関係を模索しているようだ。
ロシア国内では、南部チェチェン共和国との紛争やテロ対策に名を借りた人権抑圧を欧米諸国から批判されてきた経緯があるだけに、干渉を払拭したいという思惑も指摘されている。
それにしても、無差別で人を殺すという、歪んだ精神構造の人間が増えている事は恐ろしいことだ。



AD

夫婦も年を重ねるごとに仲が深まる事もあれば、逆にだんだんと会話がなくなる事もあるようです。

この違いはどこから来るのだろうか?

結婚当初は、お互いのことが分からないことが多いため、新鮮だし、お互いをよく知ろうとして会話も自然に増えると思います。

ところが、年数が経てば、お互いのことが分かり過ぎて、喋ることがなくなるということ。

でも、この理屈は間違ってると思う。

お互いの事をよく理解し合い、お互いを尊重し合えば、喋ることが無くなるなどということはないと思います。

結局、会話のない夫婦 と言うのは、お互いの事を尊重できていないとか、理解不足だと思うんですね。

夫婦は本来、歳を重ねるごとに愛も深まらなければならないと思います。

そうなるようにお互いに努力すべきだと思うんですね。

熟年離婚が増えてるのは、こういう努力が少ないからだと思いますよ。



写真を見ての通り、春巻きなどに使われるライスペーパーと800本の竹、絹糸を使って芸術的な作品を作ったそうだ。

たった8000枚でこんなに大きいものが作れるの?

すごいねー

なんか温かみがあるというか、感じが良いね。

よくこういうものを作ろうと発想できたものだ。

やっぱり芸術家の頭は違うよ。


漫画三昧の生活
漫画三昧の生活

尻にウナギが入ったって!?

テーマ:

時々、そういう話は聞くけど、たまたま偶然に入るのかな?

そんな小さな穴に?

今回は、たまたまじゃなくて、ワザと入れたらしいというから呆れるね。

中国で、起こった事件だということだけど、緊急手術で摘出されたタウナギは500グラムほどあり、体長約50センチ、太さは親指以上だったみたい。

関係者の話によると、卑猥なビデオを見ていて、真似をしたようだ。

コレは自業自得だな。

それにしても、こんな大きなウナギをよく挿入しようと思ったもんだね。

バカだね。ハッキリ言って。

どうなるか想像もできないのかね?



漫画三昧の生活

今、朝鮮半島が北朝鮮の無慈悲な挑発により緊迫の度を高めている。

北朝鮮のこの挑発に対しては、専門家の間で見解が大きく分かれるところである。

窮鼠猫を噛むの如く、切羽詰まった北は何をやらかすか分からないという人がいる一方、

民意を北の政府に向かわせ、軍を鎮静化するために言葉の戦争を仕掛けているだけだという向きもある。

そして、面白いのは日本のネットオタク達である。

北がキャッチフレーズのように多用する「無慈悲な・・・」をパロディ風に取り上げ、面白おかしく揶揄しているのである。

2チャンネルなどを覗いてみると、実に面白い。

彼らにとっては、北の脅威も屁の河童と言うところであろうか。

事の本質を見抜いているのであれば大したものだが、他人事のように茶化しているだけのようにも感じられる。

多分、金正恩の理性が失われない限り、墓穴を掘るようなことはしないと思うので、ネット住人の言うことの方が正しいと思う。

いや、正しいと思いたいね。



夫婦も長く一緒にいると、お互いのことが分かり過ぎて会話が少なくなるんですね。
新婚当時の新鮮さなんて一体どこに忘れてきたんでしょうかね?

本来なら、お互いの長所や短所や好みなどが分かって、より一層愛が深まらなければならないんでしょうけど、逆になってしまうんですよね。
最近は、熟年離婚が増えていると聞きます。

子供たちが巣立っていなくなるのを待っているご婦人方もいると聞きました。
男は悲しいですよね。

家族のために一生懸命仕事に打ち込んできたのに、定年後に奥さんから離婚届を突き付けられて・・・
でも、コレは現実に多いみたいですよ。

この前、テレビ番組の特集でやってましたから。
離婚の危機脱出 をテーマにしたカウンセリングやセミナーも最近は増えてると聞きますね。

やはり、受けたい人が多くなったから増えてるんでしょうね。
女はまだいいんですよ。

旦那が財産をたくさん持ってれば、分け前も多いですけらね。
奥さんに別れられて、老後を寂しく生きなければならない男の方が耐えられないでしょうね。

離婚や死別で一人になったとき、孤独を感じて早く亡くなるのは男性らしいですよ。
男性は孤独に弱いということですよ。

それに社会的地位がなくなったとき、一気に老けるのも男性らしいですね。
会社という組織なくて、男性はコミュニティーを作るのが下手なのかもしれません。

いや、きっとそうだと思いますよ。




漫画ノ・ゾ・キ・ア・ナ
第1話 イ・ク・ノ・エ・ミ・ルの続きです。

えみるの部屋に押し掛け、彼女に覆いかぶさったところをえみるに写真に撮られてしまったタツヒコであった。

カメラを奪おうとしたが拒否され、ふと穴の方を見ると、大きな鏡が穴の横に置いてあった。

どうやら、自分が覗くとき以外は鏡で塞いでいるらしい。

「俺は穴のことを言いに来ただけで・・・」タツヒコは言いかけた。

えみるは笑いながら、「バレちゃったんですね。」

あっさりと彼女は覗き見したことを認めてしまった。

そして何と、彼女はタツヒコにある提案を持ちかけた。

「この写真消してもいいです。でも条件があります。」

「私と自分見せあいっこしませんか?」

下着が見える短いスカートをはだけながら、彼女は言った。

汗で濡れた彼女の太ももを見て、タツヒコはゴクリと唾を飲み込んだ。

彼女は、人の素の姿に興味があるんだという。

タツヒコはエミルからのまさかの提案に言葉を失った。

(イクノエミルが見せ合いっこって!? まさしくイクノミエルだな)

このようなストーリーの展開でエッチで面白い話が始まるのです。

人間なら誰もが憧れる?覗きの欲望・・・

これが、まさか自分の隣の住人と出来るなんて!?

それも、同い年の美少女ですよ。

ビックリしている場合じゃないよ。タツヒコ君。

ところが、彼は我々では思いもよらない態度を示すんですね。

これが彼の性格なんでしょうかね?

第2話は次の投稿で・・・。お楽しみに。




このコミックはオモシロイ!!
第1話 イ・ク・ノ・エ・ミ・ル

えっ!? イクノミエル
違った。生野えみる だった。

イクノミエル=イクのが見える

ノゾキアナの漫画タイトルから、変な事を連想するね。
たぶん作者の本名ワコウは、そういう意図で生野えみるの名前を考えたんだろう。

前書が長くなったが、この物語の主人公は、春から専門学校へ通うために都会に出てきた城戸龍彦(キドタツヒコ)。

自分のアパートの壁に穴があいてるのを発見する。

この穴が、この漫画のタイトルのノ・ゾ・キ・ア・ナである。

友人と酒を飲んで部屋で寝ていたタツヒコが夜中に起きて、ふと壁の穴の方を見ると、光が漏れているではないか。

その穴を覗き込むと、穴の向こう、つまり隣の部屋の様子が見えた。

そこに見えたものは・・・。

女性が悶えてナニをしている姿だった。

「え?えっ!?」タツヒコはびっくりした。

すると穴の向こうから、いきなり覗き込む大きな目が!!

タツヒコは部屋を飛び出して、隣の部屋へと向かった。

穴のあいてる事実を伝えるために・・・。

でも、普通、そんなこと言いに行くかな?

タツヒコって、相当気まじめな男かな?放っておけばいいのにね。

穴のことなんか言っちゃったら、逆に不信がられるかもしれないのにね。

お隣のドアの前で、いろんな想定に思い耽ってるタツヒコの心理状態が面白いね。

チャイムを押してしばらくすると、ドアが開いた。

出てきたのは、タツヒコと同い年くらいの可愛い女の子であった。

女の子は慌ててドアを閉めようとしたが、強引に部屋に上がり込んだタツヒコ。

オイオイ、普通ここまでするか?

しかも玄関の段差に躓いて、女の子の上に覆いかぶさってしまったよ。

コレはマズイでしょ。

すかさず女の子はその場面をカメラで撮っちゃった。