甲子園に立つ。(イーグルスも、おいらも。)

テーマ:
東日本大震災発生からまもなく4ヶ月。今なお各地でその爪痕が残されたままです。

あの地震で東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・日本製紙クリネックススタジアム宮城も損傷を受け、修復工事完了まで試合ができなくなってしまいました。

この事態を受け、イーグルスに関西の球団が救いの手を差し伸べました。タイガースが甲子園球場の使用を申し出、バファローズがほっともっとフィールド神戸の利用許可を出しました。この結果、4月に甲子園とほっともっとでイーグルス主催の試合が行われる運びとなりました。

経緯を思えばもやもやする部分もありますが、こんな事でもなければあの甲子園球場でパ・リーグの主催試合が行われるわけがなく"これは絶対に観に行かねば!"と野次馬根性丸出しで4月15日の昼過ぎ、おいらは新幹線で新大阪まで向かったのでありました。ちなみに1950年の二リーグ分裂以降、甲子園球場でパ・リーグの公式戦が行われるのはこれが初めての事です。

てことで野茂英雄の日米野球凱旋出場以来、15年ぶりにやってきた阪神甲子園球場であります。
※以下、画像はクリックすると大きくなります。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
先年行われたリニューアル工事のために名物のツタが取り払われてしまいましたが、こちらの外観の方がシックでカッコいいと思ったり。

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
空前絶後、甲子園球場での「パ・リーグ公式戦」の文字。

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
随所に「がんばろう東北」の文字が。

久しぶりの甲子園ですので外周を回ってみました。一般の住宅がこんなにそばまで。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

「甲子園歴史館」にも立ち寄りました。高校野球とタイガーズ、そして甲子園ボウルとこの球場にまつわる資料が盛りだくさんの場所です。資料の画像のブログ掲載はNGということで入り口だけ。今回は試合前という事でさらっと見ただけになりましたが一見の価値ありです。今度は時間かけてゆっくり見たい。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

外野スタンド下にある歴史館。レフト側からライト側に移動する際にスコアボード下に出ることが出来ます。これが「バックスクリーンビュー」。絶景ですよ♪
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

バックスクリーンからフィールドを臨むとこんな感じ。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

ちなみに見学通路はこの辺りになります。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

リボンLEDが仙台モードになってます。甲子園じゃ絶対見られない広告ですね。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

さて、いよいよ場内に入ります。15年前は悪名高き照明灯横の非常に見づらい席でしたが、今回は奮発して7000円のシート♪ここはタイガース戦では年間席なのでなかなか座れませんよ。あ、高校野球を観ればいいのか。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

大型ビジョンが2枚ある甲子園のスコアボードにイーグルスのロゴが。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

当日のスタメンです。もちろんアナウンスはDJ古田。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

開始直前、この方も忙しそうに走り回ってます。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

試合開始前、国歌斉唱は堀内孝雄氏でした。「サンキューっ!」もありますよ(笑)。


さ、試合開始!イーグルスの先発は田中将大!バファローズはメジャー帰りのパク・チャンホ!
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

さて、試合の方もさることながら楽しみなのはスタジアムグルメ。まずはこちらから。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
甲子園球場限定「ヘルマンドッグ」です。1934年、日本で初めて初めてホットドッグが売り出されたのが、ここ甲子園なんだそうです。その時に売り出されたものを再現したのがこちら。美味しいと聞いていたのでホットドッグ好きのおいらとしてはとても楽しみだったんです。これはすんごい美味かった!おすすめします。これまで食べた中で一番のお気に入りはほっともっとフィールド神戸のホットドッグですが、それと双璧の美味しさです。

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
続いて、わりと有名なのに食べた事がなかった「甲子園カレー」。関西ではレトルトで売られ手に入る易い物です。カレー好きとしては一度は食べておかないと。なるほど、長く万人に受け入れられそうなお味です。

さて、グラウンドに目をやると…なんかいますよ?
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

この後ろ姿はまさか?
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

出た、Mr.カラスコ!フェンスに登ってイーグルスファンを煽ってます。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
ちなみにカラスコさん、この翌日にケガをしちゃって今季絶望とか。うーむ。

力投を続けるマー君。この日は9回を完投、7安打を浴びながらも2失点に抑え勝利投手になりました。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

主砲山崎も大活躍、まさかの三塁打を放ち試合を同点にする働きでした。フェンスが邪魔なのが残念。ちなみにおいらと同い年。頑張ってるなぁ。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

今日のヒーローが二人揃ってインタビューに。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

ビジョンに大写しの山崎。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

そしてマー君。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

試合が早く終わったので場内を一枚。次はいつ垢るか分かりませんので撮っとかないと(笑)。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

さよなら、甲子園。楽しかったよー。ほんっとに次はいつになるか分からんが。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

あ、このヒト達はまだ働いてらっしゃいました(笑)。クラッチさんとクラッチーナさんは試合後も引っ張りだこの大人気であります。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

さて、実は次回のエントリーも野球ネタなのであります。キーワードは「晴れたる青空」。お楽しみに♪

------
ホットドッグの王様 その名もブルドッグ 4食セット

¥2,200
楽天

ホットドック本場アメリカのチキンポークホットドックソーセージ10本入り訳あり激安業務用わけあり/サンエイオンラインショップ

¥価格不明
Amazon.co.jp
AD

あたいの冬休み2010 in 山陰【後編】

テーマ:
前編をアップしたのがあの3.11でした。
あれから一月ちょっと、ようやく続きを書く気になりました。
別に東北や関東がテーマの旅じゃないのにね。

てこことで遅くなりましたが後編です。
記事の配分を間違えてかなり長くなってますから御覚悟を。

【2010年12月11日】※いつも通り、画像をクリックすると拡大します。

早朝、ホテルをチェックアウトして出雲市駅前からバスで出雲大社へ向かいます。
前回の旅でしれっとスルーした出雲大社。
今回は人生でいっぺんくらいは行っておきたいなと思ったのと、
うちの職場の後輩達になんとか良縁を…とお守りを買ってってやろうと思い行く気に。
↑ただのおせっかいじじい(笑)。

で、バスに乗りまずは車内の両替機で1000円札を両替…と思ったら紙幣を受け付けず。
しっかり皺を伸ばしたりとか、軽く縦に折ったりとか、やってみても効果なし。
別の1000円札を使ったり、別のお客さんがやってみてもダメ。
やむなく、松江市内のバスでも使えるから…ってことでバスカードを購入。
とりあえず事なきを得ました。
あとは松江しんじ湖温泉駅→松江城と松江城→松江駅でバスに乗ればいいや♪

↑ここでカードを買った事を覚えておいてくださいね。

バスは出雲大社に到着。まだ朝早く、訪れる人もまばらであります。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

静かで曇り空なせいか、より荘厳さが醸し出されてる感じが。
ただ、想像していたよりは広くないなと。伊勢神宮の方が広大な気がします。
ま、一般人が歩ける範囲でしか物見てませんから一概には言えないのでしょうが。

そんなこんなで立派な建物の前に到着。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

一見、本殿でも通りそうな重厚な造りですが…
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
『御仮殿』の文字が。あ、後方の囲われてる部分が御本殿です。

ご存知の方も多いかと思いますが、ただいま出雲大社の御本殿は平成25年まで御修造の最中。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
費用がしれっと80億円と書かれてるところがすごい。

お守りも購入して当初の目的を果たし、出雲大社を後にして一畑電車の出雲大社前駅へ。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
↑↓※こちらの2枚はiPhoneアプリ「Retro Camera」で撮影したものです
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
前回に訪れた時と位置は異なりますが、今回も旧型車両のデハニ52が展示されておりました。

当初はここから電車で松江しんじ湖温泉駅へ行き、駅近くの松江城へ寄る予定でした。
ところがここでおいらは駅のある掲示物に目を奪われてしまいました。

前にもご紹介したこの路線を題材にした映画『RAILWAYS』。
撮影はこの路線の途中駅で車庫もある雲州平田駅でも行われたんですが、
掲示物になんとロケ地見学ができると記されてるじゃないですか。

実はロケ地見学が行われている事自体は知っていたんですが、確か11月で終了のはず。
なので予定に入れなかったんですが、そしたら「好評につき延長」ですって(汗)。
ということでおいらも一度買った終点までの切符を買い直して雲州平田駅へ。

手前の車両でまずは川跡駅へ。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

川跡駅で松江しんじ湖温泉駅行きに乗り換え。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

雲州平田駅に到着。ここは車庫の他に一畑電車の本社もあります。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

待合室には既に多くの人が!
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
…って実はコレ、同じ日に行われたデハニの体験運転を待つ皆さん。
国内最古の車両を自分で運転できるイベント言うことで大盛況でした。

ちなみに、映画のロケ地見学参加者はおいらを含めて5名ほどでした(笑)。
盛況と聞いていたので期間延長が知られていないから少ないのではないかなと。
実際おいらも知りませんでしたし。

てことで駅構内や車庫内をガイドのお姉さん(一畑電車の社員さん)の案内で見学♪
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
こちらは撮影で使われた機械(実際には違う場所に置かれていたものです)。
壁には出演者の役名が書かれた勤務表が貼られております。リアリティの追求か。

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
映画の美術さんが作った会社の看板。会社の備品ではありません。うそんこのものです。

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
軌道自転車です。
一畑の若手社員が車庫の片隅に放置されていたこれを気に入って、
使うあてがないのに手入れして大事に保管していたそうです。
そしたら映画で活用する事になり遂に日の目を見る事に。
その若手社員もなんと軌道自転車と一緒に映画に出てしまったとか(笑)。

1時間ほど構内を巡りロケ地見学は終了。
有料でしたが参加してよかったです。いやぁ、楽しかった♪
なお、このロケ地見学は2011年3月27日をもって終了したとのことです。
あれからさらに3ヶ月続いたんだなぁ。

電車の待ち時間を利用して当地の名物である生姜糖を買いに「來間屋」さんまでぶらぶら。
テレビで紹介されたのを思い出してカミさんに土産で買ってこうと。
帰ってからおいらも少しもらいましたが美味しかったです♪

雲州平田から一畑電車で宍道湖を眺めつつ、松江しんじ湖温泉駅へ。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

今回もまた駅前の温泉足湯でまったり~♪
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

予定外のロケ地見学で時間を取ったために、予定していた松江城見学は断念。
『だんだん』でマナちゃんがライブをした場所を見たかったんですけどねぇ…。

松江駅から米子空港に向かうバスの時間も迫り、そろそろ旅も締めなければ。
ということでここでカミさんへのお土産購入タイムに。てくてく歩きます。
向かった先は地元のスーパー「みしまや」さん。
今回は土産物屋さんで名産を買うのではなく、スーパーで気になったものを買おうという趣向。

しかし、魚介類以外はさほど変わったものを見つけることができず、魚介類は持ち帰れず。
ということで出雲のお茶や地元の醤油など地味なラインナップに(汗)。
企画倒れに終わったので急遽、地元のお菓子処「彩雲堂」さんの本店へてくてく。
逆にここは目移りするほどの品揃えで、限られた予算の中で試食しながらチョイス。
両手に荷物を抱えて松江駅まで歩いて移動しました。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

ところでお気づきですか?
松江しんじ湖温泉駅→みしまや→彩雲堂→松江駅と歩いてしまっている事に。
そう、バスに乗っていないことに。
やってもおた(泣)。バスカードの残高(確か500円ちょっと)を余らせてしまいました。
うーむ、次いつ行くか分からんのになぁ。
実は以前、松山でも伊予鉄道の磁気のプリペイドカードを余らせてしまい、
後にICカード乗車券化されてしまったので使えなくなっちゃった苦い想い出が。
とほほ。

でも、ぶらぶら歩いたおかげで帰る前に宍道湖をゆっくり眺める事ができました。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
前日訪れた島根県立美術館の建物や、あのうさぎのオブジェも対岸から見えました。
(カメラのズーム越しにですけどね)

松江駅から乗った米子空港行きのバスは、信じられない事にまたも乗客1名。
前日同様、おいらのみ(汗)。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
でも、飛行機にはそれなりの数の人が乗ってたんだよねぇ…。
自家用車と米子からのJRやバスかな。
もし名古屋ー米子便が再開した時に松江行きのバスがあるか心配です(杞憂)。

飛行機は定刻より25分遅れたものの、
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
無事に中部国際空港に到着、1泊2日の旅が無事に終わりました。

それにしても悔やまれるのが、なんでもっと早く山陰に行かなかったのかという事。
初めて行って気に入った時には航空便の休止決定とは。
かえすがえすも残念です。一日も早い米子便の復活を望むおいらでありました。

…ってマイルためて特典航空券を利用した人間が言えた立場ぢゃないな(汗)。

紅白ひとくち生姜糖12個入り【出雲市平田町・来間屋生姜糖本舗】

¥472
楽天

しょうが湯【出雲市平田町・来間屋生姜糖本舗】生姜湯

¥430
楽天
AD

あたいの冬休み2010 in 山陰【前編】

テーマ:
年末の旅を今頃アップするのかと呆れたあなた…正常です(笑)。

昨年夏に挙行した人生初めての山陰地方への旅。
梅雨のど真ん中だったがために宍道湖の夕日を見られなかったり、
時間の都合で出雲大社や松江城に寄らなかったりと不満の残る内容でした。
加えて、中部国際空港ー米子鬼太郎空港便の廃止が年明けに迫りこの機会を逃すと
本当にしばらく行けなさそうなので再度旅立つ事になった次第であります。

【2010年12月10日】※いつも通り、画像をクリックすると拡大します。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
自宅最寄駅からJR中央線でまずは金山駅へ。

$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
さらに名鉄特急(画像左の列車)で中部国際空港駅へ。

前回同様、14時25分発のANA1841便に乗り込みます。
機材はもちろんボンバルディアさん。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

15時30分、無事に米子鬼太郎空港に到着♪
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

この日の利用者はそこそこいたんですが、降りた人達は一体どこへ消えたのか…。
なぜか空港から松江駅行きのバスのお客は…おいら一人(汗)。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
前回乗った時に中海のほとりを走るこのバス路線を気に入っちゃいまして。
ひとりなのをいい事に沿線の写真をガンガン撮ってました(笑)。

そんなこんなで5ヶ月ぶりの松江駅に到着。ここから宍道湖を目指します。
ちなみにこの日の天気は曇りで雨の可能性もあるということで、
夕日目当てのおいらは到着までやきもきしておりました。
着いてみると雲の間から青空も見え、これは夕日が拝めそうと一安心。

で、駅前からバスに乗ったんですけど…致命的なミスが二つほど。
まず松江駅から宍道湖まで15分もあれば歩けたものを20分待ってバスに乗った事。
そしてもっと早く発車するバス(別路線)に気づかなかった事。

結果…宍道湖畔に着いたのは、まさに日が沈もうとするその時(汗)。
大慌てでバス停から湖畔にそびえる島根県立美術館の裏手へ向かって走り、
夕日スポットに着いたその瞬間…夕日は雲に隠れてしまいました(泣)。

一応写真は撮りました、もちろん時間切れでしたけど。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

動画も貼ってみたり。


湖畔に佇む、黄昏中年男の図。セルフです。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館

ここ、美術館裏手の湖畔にはこんなものが。『宍道湖うさぎ』と題された彫刻作品です。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
ここは数年前に放送されたマナカナちゃん主演のNHK朝ドラ『だんだん』で
登場した場所なのでご記憶の方も多いのでは。

しばらく湖畔で佇んだ後、駅前へ戻り晩ごはん。
ここで人生初のイベント「一人で回らない寿司屋に入る」を達成(笑)。
おまかせをいただきましたが、にぎり一つ一つが少し小さい事を除けば満点。
味は文句なしでした。移動の列車の時間が迫ってすぐに席を立ったのが残念。
駅から近くて便利なのでいつか再訪したいです。

松江から出雲市まではこちらの列車です。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
JR西日本のディーゼルカー・キハ187系「スーパーまつかぜ」です。
特急なのに…”スーパー”なのに…2両編成であります(寂)。
ケチって自由席にしたら結構並んでたので座れるか不安でしたが、着席に成功。
車両は高性能なので快適な旅でしたが…近年のJR車両に多い内装の安っぽさが×。
新幹線持ってる会社は新幹線の車両には力入れるけど不採算路線は…てとこ多いわ。

軽く毒を吐いたところで初日のご紹介は終了、出雲市駅に着きました。
$What a Wonderful World./『週刊・チモむすめ。』別館
夏の時と同じように駅前にある全国チェーンのホテルに泊まり、
『出雲駅前温泉 らんぷの湯』で冷えた身体を気持ちよく温めました。

さて、次回は2日めの様子をご紹介します。
出雲大社から松江城へ…のはずがちょっと寄り道、そしてカミさんへのおみやげは…。
続きはなんとか今月中に書きたいと思います(笑)。

【送料無料】福田屋お試しセット A(朝汐、柚餅子、出雲柚子、出雲、若草)【和菓子ギフト】】【あ...

¥1,000
楽天

★楽天ランキングそば部門1位獲得!!五代目本田屋繁の逸品!有機 出雲そば・めんつゆセット(4人...

¥1,390
楽天

【有機】出雲そば6人前セット(2人前X3袋・つゆ付)年越しそばにも(無添加そば、無添加つゆ)/バリインダー

¥価格不明
Amazon.co.jp

【島根県発!】味自慢!頑固おやじが作った出雲おでんセット【5人前】【別所蒲鉾店】/別所蒲鉾店

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD

The new family has come!

テーマ:
我が家の家族構成…とーちゃん、かーちゃん、そして愛娘の三人(二人と一羽)家族。

実はこれ、昨日(13日)までのお話。

今日、居間にいきなりこんなものが。※画像は全てクリックで拡大
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

その中からこちらを覗く視線を感じます。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
ちょっと怖い(笑)。

ちょっと落ち着いてもらうために放置プレイを数時間。

それからしばらくして激しく動き回る様子を激写。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

めんこいドキドキ

この子こそ、本日よりこげぱん家に加わったニューフェイス、猫さんであります。
ラグドールの女の子、まだ3ヶ月ほどです。お名前はまだ決まっておりません。

なぜこの子をお迎えする事になったか。話せば短いですがそれでは面白くないのでちょっと長く書きます。

13日の事です。13、14日と連休のおいら、かねて気になっていた地元の洋食屋さんへかーちゃんと出かけました。お店ではカニクリームコロッケやハンバーグオムライス、そしてデザートを美味しくいただきました。この時点では猫さんをお迎えするなんて話は全くなく、ホームセンターにこげさんのチモシーを買いに行く予定があるだけでした。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
めっちゃ美味しかったです♪

おいしい料理を楽しんでる頃、実はおいらの携帯に勤め先から電話がありました。おいらはiPhoneとWILLCOMの二個持ちで、着信があったのはWILLCOMの方。

しかしこの時、おいらは着信に全く気がつきませんでした。といいますのも、就寝時に電話は二つとも完全無鳴動にして起きてからそれを解除するんですが、この日に限ってうっかりWILLCOMの方の解除をし忘れておりました。

着信に気づいたのはお店を出て一時間以上経ってからの事。かーちゃんに誘われて出かけた春日井市都市緑化植物園ででした。なぜこんなとこにいたかと言いますと…かーちゃんにうさぎさんがいるとそそのかされたから♪着いてから何の気なしにWILLCOMを触ると、なんと勤め先から着信があるぢゃないですか。

留守電機能に録音が入っていたので再生すると…14日に欠員が出たから働いてほしいとの事。ちょーっと思案したものの休日手当がつくなぁと♪それならやってもいいなと思い折り返し電話したら…「手配ついたからもういいよ」と(笑)。なーんだ、もし仕事ならブログの書きだめやらなんやらで真っすぐ帰らないといかんとこでした。

もし食事中に電話に気づいてたら、間違いなく真っすぐ帰って寄り道なんかしなかったでしょう。そう、休日出勤の可能性がなくなった事で、我々にはホームセンターでゆーっくりする時間が…。

ホームセンターにはペットショップがあります。ここはうちの愛娘との出会いの場所でもあります。ここでいつもチモシーやらなんやらを買っております。ふだんなら買い物をしたら、他のうさぎさんを見たりしてぶらぶらするところなんですが…

たまたま目に留まったんです、可愛い猫さんが。

かーちゃんがその可愛さにハートをわしづかみにされてしまい、その場に釘付け。スタッフのお姉さんにあれこれ質問しだし、だんだん目がマジになっております。そしてお姉さんから発せられた禁断の一言!
「抱っこしてみます?」

言われるがまま抱っこし…かーちゃんはあっさり落ちてしまいました(笑)。

そうなるとあとはおいらの判断待ち。訴えるようなかーちゃんの視線。そして何より可愛い子猫の顔。ここでダメって言える人がいたらお目にかかりたい(汗)。

…こうしてこの猫さんは我が家の四人目の家族になる事が決まりました。とりあえず受け入れ準備が必要という事でこの日は猫さんの代金の一部を納め、必要なものを事前に購入して帰宅です。

そして、今日。改めて猫さんを引き取りに行ってきた次第であります。今日からこの子はウチの家族の一員です。

それにしても、もし着信があった時に音が鳴ったかバイブが働いていたら…たぶん猫さんはうちに来てませんでしたね。『縁は異なもの味なもの』といいますが、かーちゃんも猫さんも♀なのでこのことわざは当てはまりませんか(笑)。

あたいの夏休み ’10 山陰【後編】

テーマ:
【7月3日】の続き※画像は全てクリックで拡大

うひゃ。もう旅に出て3ヶ月以上経つのにまだ書けてない(汗)。
地味に病気してたりなんなりで書く時間が取れなかったのでありました。
申し訳ございません。<(__)>

ってことでしれっと続きを。

強い雨の中、出雲大社に背を向けてやってきたのはこちらの建物。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
旧大社線・大社駅舎であります。

大社線は旧国鉄によって明治時代に建設された路線。画像の駅舎は開業から少し経った大正時代に建てられたものです。出雲大社へお参りする人々を運ぶ路線という事でかつては東京・名古屋・大阪からの直通列車もありましたが、国鉄再建の過程で赤字路線の一つとして平成になってから廃止されてしまいました。

しかし、さすがはこれだけの立派な建物、廃止になったからといってそう簡単には壊されません。そのまま残され観光資源となり、現在では国の重要文化財と近代化産業遺産に指定されております。

廃止されて今年でちょうど20年になりますが、外観や内部は基本的にその頃のまま置かれております。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
列車と人こそいませんが、廃止になった駅には見えません。

ちょっとした遊び心も。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
線路を横断して向かいのホームに行く仕組みなんですが、階段として使わない時の塞ぎ板に彫られたのはうさぎさん♪因幡の白兎にちなんで?でも「因幡」って鳥取県ですよね?ここは島根県。うーむ。

さて、今にも列車が入ってきそうな趣きの旧大社駅ですが…。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
これが現実。この付近の廃線跡は道路になりました(他の区間の大半はサイクリングロードに)。

道路側から駅を見ます。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
二度と列車は来ません。建物が凛々しいだけに寂しさも感じます。

それでもこの大雨の中、おいら以外にもここを訪ねる観光客の方もちらほらいらっしゃいます。嬉しいですね。おいらも天気のいい日に再訪したいです。

旧大社駅に別れを告げ、今度は出雲大社…
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
の、前を通り過ぎます。今回、出雲大社のショットはこれだけ(笑)。

出雲大社をスルーして向かった先は島根県立古代出雲歴史博物館。出雲大社のすぐ近くです。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
この時は『RAILWAYS』の公開に合わせて『特別展 BATADEN~一畑電車百年ものがたり~』が開催されておりまして。帰りの飛行機の都合で出雲大社を捨てこちらの観覧を選んだ次第です♪

終了を翌日に控え、館内は多くの人たちが訪れておりました。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

開業から100年近くになる一畑電車の貴重な資料の数々や、
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
映画の中で中井貴一さんも乗った軌道自転車なんてレアなものまで展示。

そして映画『RAILWAYS』をフィーチャーしたコーナーも。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

中井貴一さん演じる”筒井肇”の制服までありました。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
正直、さらっと見て回るつもりだったのですが、あまりに充実した内容にそんな事も言ってられず、観覧にかなりの時間を割いてしまいました。

そしてまた出雲大社の前をスルー(汗)。一畑電車の出雲大社前駅に戻ってきたおいら。

前回のエントリーで駅に着いた人が外に出ないと書きましたが、その理由はこちら!
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
『RAILWAYS』のもう一人の主役、デハニ50形電車の特別展示であります。すでに一般の営業運転から離れ、車庫で大切に保管されている2両のデハニ50。そのうちの1両、デハニ52の方です。

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
なんともクラシカルな車内。晩年はお座敷電車として使われていたため車内は畳敷きに改装されていたんですが、なんと『RAILWAYS』撮影にあたり映画の美術スタッフさんたちが原型に近い形に復元したとのこと。凄いなぁ、メーカーの仕事ですぜこのクオリティは。

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
こちらも時代がかった運転台。なるほど子供でも動かせそう(作品をまだご覧でない方、聞き流して下さい)。

展示されているホームには一畑電車のエース、5000系電車も。こちらも京王電鉄5000系を譲り受けて改造された車両ですが、特急や急行に使用されるためちょーっと豪華な仕様の車両です。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

そろい踏み♪
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館

次にいつ会えるかわからないデハニの車両をいっぱい撮って、12時13分発の川跡行き(5000系)に乗り出雲大社前駅を離れ、川跡で乗り換え終点の松江しんじ湖温泉駅に13時14分着。これで一畑電車は完乗ですが、結局ずっと雨のままで宍道湖を始めとする沿線の素晴らしい風景もくすんで見えてもうひとつ。残念ですがこれは梅雨のど真ん中に来た方が悪い(笑)。
$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
松江しんじ湖温泉駅です。他の駅とテイストが異なって近代的です。ここから松江城なども見て回りたかったのですが、あいにく時間切れ。ここからまっすぐ松江駅に向かい米子空港までの空港バスに乗らねばなりません。

んが。
What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館  
駅前に足湯発見♪松江しんじ湖温泉から引かれたお湯だそうです。お代は無料、旅の最後のイベントになりました。すんごいささやかなイベントですが。

$What a Wonderful World./「チモむすめ。」別館
雨のせいで靴の中はぐちゃぐちゃ。温かいお湯で足はすっきり♪もっとも、また雨で濡れた靴下を履くことになるんですけどね。

松江しんじ湖温泉駅からJR松江駅までバスで15分ちょっと、車内からちらーっと松江城を見る事もできました。松江駅構内で土産物を買ってバスに乗り、ほぼ24時間ぶりに米子空港へ。往路と同じボンバルディア機で中部国際空港へ向かって無事旅は終了しました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

これを書いてるのは10月の終わりかけなんですが…あれから数ヶ月、実はまた米子便に乗れるだけのマイルが貯まっております。てことで12月にもう一度行こうかなと考えております☆

日本三大菓子処「松江」“匠の九撰”上生菓子詰合せ(友禅染め黒漆箱・風呂敷包み)ψ[和菓子 ギフト]

¥1,980
楽天

〔風流堂〕松江銘菓詰合せ/風流堂

¥5,250
Amazon.co.jp

松江は三大和菓子処のひとつ。今度はこの点にも注目してまわりたいですね♪