千葉県柏市の不動産屋のブログ - 「不定点観測」

こんにちは。有限会社竹之内建設の鶴岡です。
50歳の営業マンが、日常や業務について綴ります。

柏市・松戸市・我孫子市・流山市・野田市の
不動産売買はお任せください!

【有限会社竹之内建設】
千葉県柏市西原2-6-35
TEL.04-7156-0770


テーマ:

 

猫にかまけて猫にかまけて
1,728円
Amazon

 

ねこぞうとにゃーこを我が家に迎えたときに、

まとめ買いした猫本の一冊だ。

実用本が多い中で、町田さんの文章は

まだ読んだことがなかったなと、買った

覚えがある。

 

結局、気にはしながら12年、紐解かない

まま書棚を温めてもらったことになる。

2か月前にねこぞうが死んで、

背表紙に呼び寄せられた感がある。

 

特徴的な文体で、猫との日常を綴っている。

ココア、ゲンゾー、ヘッケ、奈々。

原稿用紙をぐしゃぐしゃにして著者の

執筆を妨げ、高価な順に服を引き裂く。

病弱なヘッケは言葉少なだが、可憐で

笑顔がかわいい。

あとの3匹はとても饒舌だ。

 

著者が猫を代弁する。

家では著者が敬語を使い、猫が買主を

諭す。

この感覚は私もよくわかる。

 

ヘッケとココアが死んでしまう。

無理に給餌するときの猫の嫌がり方の

描写が私にはまだ生々しすぎて、

目を閉じてしまう。

目を閉じるとねこぞうが出てきて

もっと哀しくなってしまった。

 

「ペット」とか「飼う」という言葉が

一つも使われていない。

猫の人格を尊重し、彼/彼女らと

「暮らし」ているのだ。

 

だから死んでしまったあとに感じる

(著者は「亡くなった」と表現する)

「不在の存在」は、人間の時のそれと

変わらない。

 

あ、もちろんそんな哀しい場面ばかり

ではなくて、著者の暖かな眼差しに

満ちた楽しい本です。

 

シリーズがあると知って(今さら笑)、

楽しみが増えた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
{EDFC71B3-E1F7-4E51-BAF6-A594F0576D30}

さっき晩飯を摂りながら
TBSの「Nキャス」を観ていたら、
元巨人投手の加藤初さんの
死去が報じられて、すごく
驚いた。

加藤投手は1976年に太平洋
クラブライオンズから移って
きて、1990年に引退するまで
巨人に在籍した。

私が10歳〜24歳。
最も野球に熱中していた時期だ。
前年に最下位だった長嶋監督が
獲得を熱望した投手だった。

その最下位だった年まで、巨人の
21番は左腕の高橋一三投手だった。
ちょっと上下動が大きなフォーム
が魅力だった。

高橋投手が日ハムにトレードされて、
入れ違いで21を背負った加藤投手は、
小柄な身体からキレのある速球を
放った。
膝を抱え込むようなフォームが
好きで、私はフリーバッティングで
投手をやるときによく真似をした。

「鉄仮面」と称されるポーカー
フェイスで、どんなピンチも
無表情で淡々と乗り切った。
子供ながらにプロの凄みを感じ
させる投手だった。

ご冥福をお祈りします。
合掌。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これ、私のミュージックライブラリ
です。

{906B8B81-8B22-4DAB-8796-4A75DEB14066}

百歩譲ってサムネイルの不一致は
仕方ないにしても(小沢健二が
小沢亜貴子、中島みゆきは
ほとんど中島美嘉だ)、
9曲目の「風立ちぬ」が大川栄策の
楽曲になってしまっているのには
驚いた。

ダウンロードではなく、リアルで
購入したアルバムのインポート
なのだが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

火曜、水曜とサボってしまった。

 

火曜日は、11月の達成会&忘年会だった。

一次会は歌舞伎町の焼肉屋。

 

 

肉は当然として、

キムチとナムルは味に奥行きがあった。

ナムルは一皿平らげてしまった。

キャベツ用のドレッシングと、キュウリの

叩き和えもハッとするくらい美味しかった。

塩加減が絶妙だった。

 

当日は私が運転手でノンアルコールだった

ので、純粋に料理を楽しんだ。

 

 

二次会はマジックバー。

この店は二度目で、今回はシラフで

じっくりと観察したが、全くタネが

わからなかった。

そういう姿勢こそが、あちらの思惑どおり

だったかもしれないと、あとから思った。

 

水曜はにゃーこを病院に連れて行く。

 

食欲も元気もあるが、

火曜の夕方に嘔吐したことを先生に

報告する。あと、たまにくぐもったような

咳をすることも。

 

ねこぞうの時も言われたが、

我が家の猫は通常よりも額が出て

いるらしい。

鼻腔内腫瘍の可能性も捨てきれない

という。

今となってはどうにもならないが、

ねこぞうも最初は肺ではなくて、

鼻腔からの転移ではなかったか

という疑いもある。

 

猫や犬の症例を写真で見せて

もらった。確かに時間の経過と

ともに額が肥大して、両目の間隔が

開いてゆく様がよくわかる。

 

 

今まで全くそんな違和感は

持っていなかった。

どちらかといえば、美形だと

すら思っていたが笑

 

これからは、額を「定点観測」

しなければならない。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

千葉県の渋滞情報の中で、ほぼ毎日

登場するのが「柏市呼塚(よばつか)」。

平日の日中は常に上下2、3km

連なっていると考えたほうがいい。

 

あまりに連呼されるために

「『呼塚』ってどんなところですか?」

という愛知県のリスナーから質問が

あり、地元リスナーが交差点の

四地点に立ってリポートするという、

「たまむすび」の祝日放送の企画まで

ありました。

 

「呼塚」は、国道16号と6号の交差点です。

6号が高架になっていて、右左折は

側道に入らなくてはならないのが

渋滞の理由の一つかと思います。

工業団地も近いので大型車両も多いです。

 

最近はこれに「大島田(おおしまだ)」が

加わりました。

「呼塚」から16号で4.5kmほど南下した

交差点です。

 

これは4月に「セブンパーク・アリオ柏」

という巨大ショッピングモールが出現した

ための渋滞です。

白井市や八千代市、千葉市に行くときは

よく考えないと「ハマり」ます。

 

不動産会社の人間は、渋滞箇所を

避けるルート、信号にぶつからない道を

よく知っています。

他の営業さんの「裏道自慢」を聞いて

目からウロコ、なんてこともあります。

早くその道を使ってみたくて、ワクワク

したり。

 

ラジオの交通情報は、天気予報と並んで

重要なコンテンツです。

ラジオ好きには、それぞれお気に入りの

交通情報のアナウンサーがいることが多い。

 

私は、TBSの千葉県担当のなかでも

川瀬弥生さんが好きです。

 

落ち着いた正確な話し方ですが、

ちょっとしっとりしています。

情報を提供したあと、

「千葉から、川瀬弥生でした。」と

フルネームを名乗るところも好き。

 

以上、柏から、鶴岡秀一でした。

って、つまらないオチしか思い

浮かばないので、このへんで。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)