座り方 いろいろ

テーマ:

愛犬まろ黒チワワの熱い視線を送っている写真。

何の視線かって??  

「どこか行こうよぉ~」

という視線を送っているのだにこ

 

この写真 よ~~~く見ると目  後ろ足が内股笑

女のコなら 可愛い音符となるが まろ黒チワワは男のコミッキー

なんで内股やねんぐるぐる とツッコミを入れたくなる笑 

 

そういえば 前犬とのパグ くろの座り方は 真逆の大股開きだったなぁ

とのパグ くろも男のコだが これはこれで何とも…行儀が…見た目が…汗

当時はおっちゃん座りと言っていたのを思い出す笑

 

それぞれの癖なのか 犬種の違いなのかん? 

 

確かにとのパグ くろは体が硬くて 後ろ足で体を掻くのも腰を下ろして

ぎこちなく体を曲げてポリポリ…と一苦労していたが

まろ黒チワワは立ったままヒョイっと片足上げてポリポリ… 

 

動きも とのはのっそり… どっっっこいしょ!  

まろはキャピキャピ…ビューーン!

 

それぞれの個性を比べてみると 面白いものだルンルン

AD

伊勢志摩 ホテル旬香 

テーマ:

わが家の旅行条件が 和室から洋室に変更となり

家族風呂とエレベーターがあることが加わり

自宅から車で3時間程度で行ける範囲。

そしてワンコ同宿出来るお宿。

 

こ~~~~んなわがまま条件をクリアしてくれるワンお宿は

なかなか見つからないアセ

 

いろんなお宿のホームページを見ては

諦めていた私の目に飛び込んできたのが

 

バリアフリーのお部屋を増室

という文字だったキラキラ

 

2年前にお泊りして とても良かったホテル旬香

1階に高齢者・高齢犬を対象としたバリアフリールームを

今年の4月に増室したという嬉しいお知らせだ。

早速お宿に電話して お部屋の場所を確認し

3人とワンコがお泊りできるのかを問い合わせてみた。

少し狭くなるらしいが3人まで可能とのこと。 

一旦電話を切って再検討し ネットから

両親用には もちろんバリアフリールームを。

私とまろは和室をシングルプランで予約を入れた。

 

バリアフリールーム101号室

玄関横 ワンコのシャワー室がある勝手口から入ると

すぐにお部屋がある。

荷物運びや忘れ物を取りに行くのがとっても便利だ笑

 

扉は引き戸。 

荷物を広げてしまってから 「あっ。。。写真忘れた」

いつもの失敗を今回もやってしまった汗

トイレは車椅子でも余裕で入れるスペース。

手すりも完備で 便座から離れると自動で流れるオートシステム。

洗面台や洗面器部分など 使い勝手で気になる面はあったが

わが家には何の問題もなく 綺麗で清潔なのがイチバンチェックはなまる 

 

私とまろのお部屋は3階の和室。  302号室。

私とまろでは広すぎる10畳の和室。

上がり框と冷蔵庫・テレビ・空気清浄機。

広縁にある洗面とワンコサークル。

サークル1面にオシッコシートが敷き詰められた状態でトレイは無い。

トレイが必要なワンコの場合は要持参だ。

 

今回は家族風呂をチェックインの時に予約した。 制限時間は1時間。

お風呂は2つあり わが家は羽釜のお風呂にした。

昔懐かしのお釜そのもの。  巨大釜だにこ

 

もう一つの家族風呂は陶器でワンコも一緒に入れる肉球 OK!

プレートにワンコシールが貼ってある。

 

羽釜のお風呂は日替わりのアロマ湯。 この日はローズの湯。

浴室に入ると ほんわりとしたローズの香りが漂ってくる。

着脱室と洗い場は 少し狭く感じるが まぁ家族風呂だから充分かな。

たぶん…たぶんだが ワンコと入れる家族風呂のほうが

ワンコ風呂の分 少し広くてゆとりがあるのかもしれない。

両親は「良かったぁ~」と満足して戻ってきた。

温泉地ではないので アロマ湯の家族風呂もアリだなやじるし

 

ディナーは和食を選択。 

和食といっても 洋食コースのように 1品ごと 

1器ごとに運ばれてくる。

私が和食を選んだのは 松坂牛の鉄板焼きが食べたかったから。

とても柔らかい松坂牛。 ん~~~美味しい~ペロリ  

和食にして良かったぁ~Wハート

ちなみに洋食は松坂牛のステーキだった。

 

そして 最後のデザートに。

運ばれてきたのは 他テーブルとは違うロールケーキ。

スタッフから 『お誕生月なので ケーキご用意しました』と

ローソクに火を灯し バースデーソングを歌ってくれたおんぷ

他テーブルのワンコ家族からも手拍子をもらい 

思いもよらないサプライズに 恥ずかしい…・・・・・・・  

でも 嬉しい気持ちでいっぱいのディナータイムだった嬉しい

 

WハートありがとうございましたWハート

 

和室に移動したまろは  両親を探すかと思ったが 

お気に入りのブーメランを咥えて リラックスモードで寛いでいた犬?

布団の上はダメ!!と言っているからだろうか タオルの上に陣取るまろ黒チワワ

布団の上の タオルの上ぐるぐる

まっ いいかOK

 

翌朝 大型犬らしきワンワンという声で目が覚めた。

お散歩催促の声なのだろうか肉球。

 

朝食も和洋から選べたので 洋食をチョイス。

りんごジュース・コーンスープ。

卵料理はじゃがいもたっぷりキッシュだった。

 

そして このテーブルに飾られていたのが

昨夜のケーキケーキを前にした写真と ロビーで撮ってもらった写真だ。

2年前に比べ(比べなくてもよいが…) 写真立てが大きくなり

白枠プラ素材から 木彫プラ素材になり 豪華さUPだやじるし

今回の撮影は スタッフに頼んで両親だけで撮ってもらったパシャ

 

2年前のお泊りでお気に入りにリストアップされたお宿なのに

足腰の弱った両親には階段がキツく 敬遠してきた旬香。

 

今回の増室で わが家の条件に合った旬香。

リスト横一列からグ~ンと抜け出したようだルンルン

帰り際 まろと建物を撮ろうとしたら ひょこひょこと父が入り込んできた?

笑顔で立っている父に「退いて」とも言えず 

一緒の記念撮影となってしまった笑

 

これもいい記念だと思う事にしよう肉球 くろ

AD

ゴールデンな連休!?

テーマ:

ゴールデンウイークに入り二日目の日曜日。

渋滞覚悟で車を走らせ淡路島へ行ってきたくるまぱふんぱふん

覚悟したのに……京都市内も高速道路も目立った渋滞はなく

思っていたよりも早くに 『道の駅あわじ』に到着した。

ここ道の駅は「しらす丼」目的でやって来たが 時間は10時前。

朝食を早く食べたとは言え 昼食にはまだ早い。

しばらく海を眺めてまったりと過ごそうと岸壁に行くと

釣竿が並んでいる釣り

 

何が釣れるのだろうはてな 黒猫  と水面を見ると魚が見えた目

かなりの数の魚が泳いでいるのがハッキリと見える。

しかも結構大きく  30センチ以上はありそうだ魚

 

魚に詳しくないので種類が分からないが 隣の男性が

おそらくボラだろうと言っていた。

 

釣るよりも網ですくった方が早そうだが 網を入れたら逃げてくんだろうなぁ笑

 

明石大橋を下から眺め 海風が心地よく吹いていたので

それほど暑いとは感じなかったが 車内はかなりの高温になっていた汗

 

さぁ 11時を過ぎたので26日に解禁となったシラスを食べようかな~ぺこ

注文したのは生しらす。

釜揚げのしらす丼もあり サワラの丼も とても美味しそうで迷ってしまったが

やっぱり今の時期だけの生しらすでしょミニーヒラメキ

 

写真では分かりづらいが 生しらすが5センチほどの塔に盛られていた音符

んん~~~美味しい嬉しい  プチプチッとした食感がとても良いペロリペロリ

お味噌汁は甘めで 具には玉ねぎが入っていた新たまねぎ

 

新鮮な海鮮の丼だけでなく タコの天ぷらやアナゴの天ぷらに

淡路バーガーなどが手軽に食べられるし

休憩所なるテラス席がたくさんあり わんこ連れがとても多い道の駅あわじ。

食べるだけでなく 必ず買うのは淡路の玉ねぎ新たまねぎ

今日は糖度9という五色浜ゴールドという玉ねぎが∑!!

 

普通の玉ねぎでも甘いのに 糖度9ってビックリ どんな甘さ!?2

味わってみたいので買うことにしたサイフ

春キャベツは1個120円。  イチバン重いキャベツを選んできた笑

 

黒チワワまろとのんびり出来る。 美味しい丼が食べられる。

新鮮な玉ねぎが買える。

今イチバンのお気に入り 道の駅あわじだ。

 

お腹も満足したので 次は「カフェテリア風の詩」へ向かう。

カフェがあるのは 淡路景観園芸学校。

四季折々の花が咲いていているお庭は 肉球。わんこy’sなのだ。

石畳や階段・坂道が若干あるが ベンチがありテラスもある。

カフェテリアはテラス席がわんこ肉球 OK!

テラス席には店内を通って出る。 

建物の陰のテラス席が空いていたので そこに座り

またまたぼ~~~~っと時間を過ごす。

 

ぼ~っとしすぎて ケーキセットの写真を忘れてしまった顔

 

黒チワワまろも 私を気にしながらも散歩しているあしあと

他に誰もいなかったのでねakn

 

帰りは東浦インターから高速にあがり 淡路SAへ。

この塩けんぴは私のお気に入りの芋けんぴ。

甘塩の味がして 手が止まらな~い笑

明日から一人でポリポリ食べようっっと嬉しい

AD