夙川たから整骨院の院長の松本です。






6月2日(土)、6月3日(日)と陸上競技の兵庫県インターハイ大会サポートにユニバー記念競技場まで行ってきます。



6月2日(土)は勝手ながら休診とさせていただきます。






普通、スポーツの大会サポートというものは、ケガをした人を診るのが一般的なのですが、僕が行く大会サポートはケガをした選手だけでなく、より良い成績を収めるために身体をより動きやすくするためのコンディショニングサポートもしています。






兵庫県ではインターハイの他に県の強化合宿、市民体育大会、リレーカーニバルなどのサポートをさせていただいています。



インターハイの様子はまた後日ご報告させていただきます。






休診でご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。

食の養生

テーマ:


夙川たから整骨院のブログ



夙川たから整骨院の松本です。




ずいぶんブログをご無沙汰してしまいました。




忙しく、ゆっくりと記事にすることを考える余裕がありませんでした。




今回は養生シリーズで、「食」について書かせていただきます。




自然環境が人間に影響を与えるのと同じように、毎日私たちが口にする食べ物や飲み物も、人間に対していろいろな働きかけをしています。





一般的にいえば、その季節にとれるものが一番その季節の「気」を吸収していますから、季節の食べ物はそれぞれの季節に必要な身体の作用を助けてくれると考えてもよいでしょう。




これから食に関する東洋医学的な考え方を書かせていただきます。長文ですが、よろしければお付き合いください。


①土地の食べ物を摂る


「身土不二」(しんどふじ)という考え方があります。これは「身体と土は二つではない、一つである」という意味です。


土とは、その土地のことで、この考え方によると、その土地でできたものを食べるのが良いとされています。



その土地に応じた植物・動物があるんだというのが東洋医学的な考え方です。つまり兵庫にいたら、兵庫でできたものを食べる方が良いということです。




でも、その土地により採れるものも違いますし、なかなかそれを実現するのは難しいですよね。



今は世の中に色々な食べ物があふれていますが、少なくとも地球の裏側でできたものばかりを食べるのは基本的によくないのです。




南の島でできるパイナップルやパパイヤ、コーヒーなどは陰性が強いんです。つまり、身体を冷やします。暑い国だからこそ、身体を冷やす食べ物がその土地で出来る。それを地球の反対側の気候が全く違う国の人が毎日大量に食べたりすることはあまり良くないと言うことになります。



②同じ植物でも葉の部分と根の部分では違う



枝葉のほうは太陽に向かって生えていき、根っこの方は暗い地中に向か
っていきます。




向日性と背日性。これも陰陽です。




今は大根でも葉っぱはきれいに切り取られ売られていますが、上記の考え方では余計なことなんです。




葉っぱの部分と根っこの部分を一緒に摂ることで、陰陽のバランスをとるべきなんです。




③五つの味、「五味」をバランスよく摂る



「酸・苦・甘・辛・鹹(塩味のことです)」 この五つをバランスよく摂ると良いとされています。



つまり「これさえ食べていれば大丈夫」というのはおかしくて、色々な味をバランス良くと言うのが大切です。



④旬のものを摂る



旬のものとは、身体の要求と、食べ物の性質と合っているものが多いのです。



その季節の身体に必要なものが、旬の食べ物には多く含まれているため、旬のものを食べることがオススメです。



これらのことを実現するのはなかなか難しいですよね。





スーパーに行ったときに同じ買うなら土地のもの旬のものを選んでみる、また味や陰陽もバランス良くを心がける。ということから始めてみるのも良いかもしれません。



このように陽の食べ物、陰の食べ物を追及しただけでも奥が深いんです。



但し人それぞれのその時の体質により食べるべきもの避けるべきものも変わりますので、一概には言えませんが、基本の考え方として、その意味も含めて頭にインプットして頂くだけでも、普段の食が変わるかなと思い書かせていただきました。



そういう僕の食生活をお話しますと、以前ブログで週末のお楽しみの美味しいものを食べた記事を載せることが多かったのですが、あのような食事を毎日しているわけではなく、普段は我が家にできる範囲で上記のことを心がけています。



その上で、趣味である、美味しいものを週末にゆっくり楽しく食べる時間をつくっています。




「食は楽しむものである」と思っていますので、それを我慢してまで上記のことを忠実にに守らなければならないということはないと思っています。





美味しく楽しく食事をすることが気持ちの安定につながりますし、大切だと思いますので、皆さんもできる範囲で良いので、神経質にならずに上記を意識して頂ければと思います。





身体に何を摂ったほうがよい、というのももちろんありますが、「ゆっくり楽しく食べる」ことも大事で深い意味があるんです。




長くなりましたので、本日はここまでとさせていただきます。



最後まで、おつきあい頂きありがとうございました。




夙川たから整骨院のブログ



夙川たから整骨院の松本です。


本日、夙川たから整骨院は、一周年を迎えました。


夙川たから整骨院のブログ



無事にこの日を迎えられたこと、患者様に支えられ、今があること、このブログを読んで下さる方がいらっしゃること、全てに感謝の気持ちでいっぱいです。


治療も経営も、日々の出来事から学ぶことが多い一年でした。


これからも、皆様のお役にたてるように、日々努力を忘れず、そして感謝の気持ちを忘れず、スタッフ一同がんばりますので、今後とも夙川たから整骨院をどうぞよろしくお願いいたします。


ブログの更新が滞り、申し訳なく思っております。


また時間を見つけて、書きたいと思います。