おいしく、たのしい毎日

美味しいもの、楽しいもの、美しくなるものを求めて日々情報収集しています。
2011年6月に長女を2014年9月に次女を出産しました。


NEW !
テーマ:
ブログネタ:【参加型】カウブランド赤箱 銭湯座談会♪(お土産あり) ご参加の皆様ブログレポートの御願い<PR> 参加中

先日、Ameba Meisterさんのイベントに参加してきました。

大阪に来てからは初のAmebaイベントでした。

貴重な関西でのイベント、会場は京都。

そして月に2~3日しか入れない次女の一時保育の日とばっちりかぶっていて

時間もお迎えまでに間に合う!! これは~と応募させていただきました

{5D620ED0-09FD-4018-9214-BB7F69C8ABC3}

会場はこちら サウナの梅湯さん。

会場は銭湯とあらかじめ聞いていたのですが、勝手にスーパー銭湯みたいなところ

だと思っていたらなんとこんな趣のある昔懐かしい銭湯だとは

梅湯の前には高瀬川が流れていてとてもしっとりとした雰囲気が漂っています。


{8918A6E4-8EE2-4B98-A69D-75766C97DAF9}

入浴料 こども キッズは安い~  ん?こどもとキッズは何が違う??

ロッカーも木のレトロ感たっぷりで銭湯にマッチしていますね。


{544D96D5-BCB4-452D-81C1-898438A8AE8E}

座談会会場は銭湯の脱衣場でした

男湯と女湯のしきりを取って普段は入れない男湯の脱衣場もしっかり拝見しました

牛乳石鹸って石けんの名前だと思いがちだけど

社名なんですよね。

正式には牛乳石鹸共進社株式会社 といいます。

今年で創業107年の会社です。

{A85FF3D6-4212-4171-A0A9-F60D94AFD892}

固形石けん最近あまり使うことが少なくなったけど、この赤箱と青箱は

ご存じの人も多いはず。

ここ5~6年固形石けんのシェアナンバー1だそうです。

赤箱は@cosmeの2015年のベスト洗顔料に、青箱はベストコスメアワード殿堂入り

しているそうで80年以上もの歴史のある石けんなのですが、最近私たち世代でも

注目の石けんなんですね。

赤箱と青箱の違い、、、よくわかってなかったのですが香り、大きさ、お値段も違うんですね。

赤箱は関西で青箱は関東で主に出回っているそうです。


赤箱のパッケージ、なんと10回も変わっているんですね~。

昭和49年にはピンクがかったパッケージにしたのですが、

それは景気が悪かったこのころに明るくなるようにとピンクにしたのですが

偽物疑惑が出て売り上げが落ちたそうです

そこですぐに赤に戻したそうでピンクパッケージは2年ほどの短命でした。

赤箱のパッケージが生まれたのは、白い石けんに赤い箱で紅白でおめでたい

のと色が映えるという理由だそうです。

{25F6488A-9283-4D28-A736-2235201DF5FB}

製造は釜炊き製法を採用していて、石けん素地を作るのに5日間もかかったり

熟練の技術のいる製法なのだそうですが、天然の保湿成分が含まれ

肌に優しい石けんになるとのことです。

他のメーカーなどで採用されている中和法だと大量生産には適しているが

保湿成分を後から添加しているのだそうです。

{C306475D-7FC2-4CC1-9B6C-4DF2A8125186}

こちらはサウナの梅湯の経営者の湊 三次郎さん。

湊さんは前経営者から閉鎖の危機にあった梅湯を継がれたそうです。

{BFE4960B-0574-412E-99AB-8DD621E64A72}

貴重なボイラー室も見せていただきました。

梅湯では薪でお湯を沸かしているんです。

廃材を調達しているのでコストがかからないそうなのですが

一定時間に1度薪を足さなくちゃいけないので大変な作業です。

営業の3時間前から作業を始め労働時間は12時間ほどだとか。

ボランティアさんはいるもののほぼ一人で湯沸し作業から番台もされているとの

ことで驚きです。

{3EB2CF69-174E-4601-A75D-4EB542B661A6}

営業時間前のお風呂も拝見させていただきました。

こちらは女湯 大きな鏡とピンクのお花のタイルが特徴です。

{65EF01C2-899B-43F4-8546-DC7E1040D282}

こちらは男湯 タイルのお花はブルー 鏡は小さめ。

洗い場は女湯のほうが広かったかなー。

手書きの英語の注意書きが目を引きますが、外国人の利用者も多いそうで

こうした注意書きがあるとのことです。



{FEFD45E3-6EC1-47C3-92EA-217195D23C12}

会場が銭湯ということで、ひつじの京都銭湯図鑑を出されている大武千明さん

京都の銭湯を1軒1軒、手描きのイラストで間取りなど細かく紹介されています。

{D7DF9806-347D-4779-874A-6C54110AC006}

もちろんサウナの梅湯さんも紹介されています。

{5C65D328-4142-495C-ABA7-B564F983E6CD}

大事な銭湯のマナーから銭湯の楽しみ方までお話いただきました。

体を洗ってから湯船へとか、湯船にタオルをつけないぐらいは私も周知していますが

ドライヤーの後のコロコロ していません

コロコロが置いてある銭湯も多いそうなので今後は実行したいと思います。

銭湯の楽しみ方としてはタイルを見るのも面白いとのこと。

古くからある大小の丸いタイルや、壁面にタイルで絵をあしらっているのが関西

富士山を描いているのは主に関東だそうです。

タイルだと絵がはげてきて書き直したりしなくてもいいという関西の合理的な

考えもあるのだそうですよ。


{DDD4FB5A-D672-4C3D-B6BE-D4F29B3660CC}

また銭湯ののれん 今まで注意深く見てなかったのですが、

これも大阪型、東京型、北海道型、京都型などと別れているそうで

東京型は横に細長く、大阪は3枚に分かれていて、京都は2枚に分かれていて

などと地域による違いもあるんですね。

のれんのタイプが違えば、間取りも違うそうで、まあこれはたくさんの銭湯を

行かないと違いもなかなかわからないだろうけど、

このあたりもチェックしてみるとまた違った銭湯の楽しみ方が見つかるかも。

{DFF976E7-FF89-445E-B522-BD1786DF2759}

番台も風情があっていいですね。

こちらは脱衣場の手前にあるので女性の方も安心ですね(笑)

冒頭のこどもとキッズの違い、、、

こどもは小学生でキッズは幼児のようです。

あ、赤箱もこちらで販売されているようですね。



{293110A2-B6C8-4B8E-BD0E-BEFE880376D5}

小学校の体重測定であったような体重計、招き猫、

 昭和にタイムスリップしたような感じになります。

のれんには牛乳石鹸のロゴが、、、牛乳石鹸さんと銭湯って深いつながりが

あったんですね。




おまけ

昼食にいただいたのはなんとオムライス弁当。

{7667389B-A805-4A94-AF3A-25CB91E55C4B}

あの大阪で有名な北極星のものでした。

{EBB06469-AAF8-421F-9497-DD0B9C5EC3AF}

こちらがちょっとおもしろくて、

発熱剤が入っていてそれに水をかけると蒸気がしゅーっと出てきて

その上にオムライスをセットすると5~10分でアツアツのオムライスになるというしくみ。

よくひもをひっぱると温まる弁当は経験ありますが、このタイプは初めて。

本当に温かいオムライスがいただけました。

量はお弁当タイプだし見たところそれほど大きくないかなーと思ったけれど

食べてみたらしっかりぎっしり見た目以上にお腹いっぱいになりました。


お土産に赤箱と非売品のタオルをいただきました。

久しぶりのAmebaイベント参加できて楽しかったです。

どうもありがとうございました。



牛乳石鹸赤箱ブランドサイトはこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。