横浜 パーソナルトレーニングスタジオ コポル Official Blog

桜木町駅から徒歩5分の所にある、マンツーマン指導がメインのボディメイクスタジオです。ピラティス・マスターストレッチ・ストレッチポール・筋力トレーニングによって、身体を美しく機能的に整えましょう。


桜木町にあるパーソナルトレーニングスタジオCOPOLUのオフィシャルブログへようこそ。


コポルはお客様の美しく機能的な体作りをサポートする為に生まれた、マンツーマン指導がメインのボディメイク専門スタジオです。


幅広いエクササイズの中からお客様の身体に合わせたプログラミングを行い、食事アドバイスと併せて理想の体へと導きます。








ウエストや太もも、二の腕を引き締めたい
綺麗な姿勢になりたい
肩こりや腰痛を予防・改善したい


このようなお悩みをお持ちの方は、ぜひスタジオコポルまでお越し下さい。


プロフェッショナルのトレーナーが、全力でお客様をサポートさせて頂きます。






営業時間>


 ・月~金 ⇒ 10:00~22:00

 ・土曜日 ⇒ 10:00~19:00

※日曜日・祝日は定休(その他臨時休業有)


予約・問い合わせ  copolu.pds@gmail.com

             045-263-0322

オフィシャルサイト http://www/copolu.com/




テーマ:

 

 

こんにちは、スタジオCOPOLUの具志堅です。

 

 

今回の記事はこちら・・【脚の浮腫みについて】です。

 

 

足回りが太くみえる、疲れやすい、脚が冷えやすい...etc

 

お客さまの中でもこういった悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。

これらのお悩みには、浮腫みが関係していることが多いです。

 

今回はなぜ浮腫んでしまうのか、その原因について記事を書いていきます。

 

 

まず1つ目は・・・

血流の悪さ

血流が悪いと、脚は浮腫みます。仕事などで長時間座り続けていませんか?

長時間立ちっぱなしでふくらはぎが疲労していませんか?

長時間座っている体勢だと股関節が曲がっている状態なので血流は悪くなりますし、立ち仕事で長時間立ちっぱなしもふくらはぎの筋肉が疲労し血液の循環が悪くなってしまいます。

日常生活との関連が深い原因ですね。

 

 

次に2つ目は・・・

炭水化物(糖質)の取りすぎ

二つ目に関しては、食事に関係する原因です。まず炭水化物は身体のエネルギーになってくれる五大栄養素の一つ。摂りすぎてしまうと身体に蓄積され脂肪になってしまうのは皆さんご存知ですね。

糖質は身体に蓄える際に体水分が増加する為、脂肪が増えるだけでなく浮腫みの増加にも繋がってしまいます。 

炭水化物の取りすぎには注意しましょう。

 

3つ目は・・

塩分の取りすぎ

糖質の摂り過ぎと同様に、塩分の摂り過ぎも浮腫みの原因となります。

塩分を取りすぎると、身体の塩分濃度を下げる為に体水分が増加します。

塩辛いものなどをたくさん食べた翌日は、顔がパンパン・・・という経験をお持ちの方はイメージが湧きやすいのではないでしょうか。

 

 

 

いかがでしたか?

思い当たる方もいるかもしれません。今回は浮腫みの原因についてお話しましたが、上手く解決する為には様々な方法があります。自分自身どのような生活を送っているのか一度振り返ってみてください。その中に原因が隠されているかもしれませんよ。

 

スタジオCOPOLUでは、身体の状態、体力レベルに合わせてトレーニングプログラムを作成致します。自分の体に合ったトレーニングで効率よく身体を変えていきませんか?

 

次回は浮腫みを解決するためのエクササイズや方法を書きますので、楽しみにしていて下さい。

 

 

最後に・・・

 

二月のキャンペーンのお知らせです。

 

<詳細>

◆美尻トレーニングキャンペーン

・内容→お尻に特化したパーソナルトレーニング

・時間→1回あたり45分間

・料金→3回分/9,000円、5回分/15,000円(税込)

・担当→具志堅 達紀トレーナー(コポル所属)

・定員→先着5名様限定

・期間→2017年2月1日〜2月28日迄のお申し込み

 

・予約(お問い合わせ)

→公式HP     http://www.copolu.com/

→メール       copolu.pds@gmail.com

→お電話       045-263-0322 

(セッション中は出られません)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは、スタジオCOPOLUの具志堅です。

 

今回は、前回予告した【デッドリフト】についてお話ししていきます。

 

まずは、こちらの写真をご覧ください!!

 

 

{EED75A47-7131-42D6-9042-FED84B0D726E}
 

 

 

デッドリフトは、大殿筋(お尻)とハムストリング(太もも裏)に効く種目です。

色々なパターンがありますが、今回のやり方は*ルーマニアンデッドリフトとも呼ばれています。

 

 

下記のポイントをご確認しながら行ってみて下さい。

 

①胸を張り、腰を反り気味の体勢を維持する

●デッドリフトは下半身(お尻や太もも裏)をメインに鍛える種目ですが、その為には上半身の姿勢も重要です。

腰や背中を丸めずに、背面のアーチを維持する事でお尻と太もも裏に効果が出やすくなります。猫背気味の姿勢で行うと効果的でないばかりか、腰にも負担がかかるので注意しましょう。この姿勢が取れない方は、まずは重りを使わずに姿勢の練習をしてみて下さい。

 
 
{06FFBDC2-B0E5-4184-B4D2-FF327EFFCAEF}

 

 

②脛の角度を真っすぐに立てる

●下半身を細くするには股関節をメインで使うことが大切であり、その為には脛を真っすぐに立てた状態で行うことがポイントです(写真❶)。この状態で行えばお尻・太もも裏に刺激が入りますが、写真❷のように脛が倒れると太もも前にも効いてしまうので効率的ではありません。膝を前に出さず、脛が倒れないように注意しながら行いましょう。

 

{7F37E160-B441-4491-9CD4-465586377805}
↑↑写真❶
 
 
{1BC3AE9F-3ACF-4CD7-A1DB-7257B0663210}

写真❷

 

❶(脛が倒れている)

❷(脛をほぼ垂直に立てている)

 

 

③重りは脚の近くを通す。

●重り(バーベルやダンベル)を脚から遠ざけてしまうと、腰への負担が大きくなってしまいます。重心の下で重りを上げ下げできると体勢も安定しますし、腰を痛めるリスクを減らすことも

可能です。重りを太ももや脛に滑らせるようなイメージで行いましょう。

 

{A7C17981-E787-40B0-9ADC-7C511911A757}
 

 

 

立った状態で行うデッドリフトは、あお向けで行うヒップリフトに比べて不安定なポジションの種目です。その為、適切なフォームで行うのがとても難しい種目であり、常に良い姿勢を意識しておかなければなりません。

 

立っている時は脚で体重を支えていますが、骨格のバランスが崩れていると使われる脚の筋肉も偏ります。結果的に太ももの前や外、ふくらはぎなどが使われ過ぎていると、鍛えているつもりはなくても脚が太く発達してしまう可能性が高いのです。

(下手すれば歩いているだけでも脚は太くなりますからね・・・)

 

パターンとしては膝や足首に頼りすぎており、股関節を上手く使えていないケースがほとんどです。その点、ヒップリフトやデッドリフトは、股関節を正しく曲げ伸ばしできるようにし、お尻や太ももの裏側をアクティブにすることで美脚に近づけてくれる素晴らしいエクササイズ。皆さんもぜひマスターして、太ももやふくらはぎの少ない綺麗な脚を手に入れて下さい^^

 

スタジオCOPOLUでは、お客様の目的に合わせてトレーニングプログラムを作成していきます。難しい種目もありますが、分かりやすく丁寧に且つ効果的に鍛えれるようご指導していきます。一人で悩まず、ぜひご相談くださいませ!

 

現在は二月限定の美尻トレーニングキャンペーンも行っていますので、気になる方はお早めにお申し込みください。

定員まで残り4名!皆さまのお越しを心よりお待ちしております^^

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは、スタジオCOPOLUの具志堅です。

 

前回、予告したヒップリフトについて記事を書いていこうと思います。

 

下半身を細くする為には、前回の記事で書いた主な原因を改善していく事が大切ですよ。

 ・脂肪を落とす ・浮腫みの改善 ・骨格の修正

 

では、今回は3つの原因に効果のある下半身の種目をご紹介します。

 

 

今回の紹介するヒップリフトは太もも裏やお尻に効くエクササイズとなっています。

まずは、こちらの画像を見ながらポイントをお伝えしていきます。

 

{2C861E7C-650D-4127-91E5-827BF6DB0764}
 

 

 

 

 

 

①つま先と膝を閉じて開かないようにしましょう。

●つま先や膝を閉じる事で太ももの裏側はもちろんの事、お尻中心部(大殿筋下部)に効きやすくなります。

さらに、内もも(内転筋)にも効きやすいやり方なので脚を細くするにはとても効果的です。

なぜなら、脚が開くと太ももの外側の筋肉が使われやすく、脚が太く見られやすいことが多いのです。

ですので外ももに効かさない為にも、反対側の内もも(内転筋)に効かせる事が大切なんですよ。

 

{B70B1A5A-DA1D-499A-B8E1-FC639259B950}
 

 

 

②腰を丸めて、お腹とお尻を締めましょう。

●この種目は足で床を押してお尻を高く持ちあげますが、無理に上げようとすると腰を反ってしまいます。それを防ぐ為に、まずはお尻を上げる前に腰を丸めます。(腰を床に押し付けるイメージ)その時にお尻とお腹にキュっと力を入れたまま、お尻を持ち上げていきましょう。

おへそを持ち上げるよりも恥骨を突き上げるのが正しいイメージです。

 

 

 

 

③膝は曲げすぎたり伸ばしすぎたりしないで行いましょう。

●この種目はお尻と太もも裏の両方に効かせたいので、膝の角度がポイントになります。

一枚目の写真のように脛が倒れて、膝を前に突き出したような姿勢(膝が曲がりすぎ)、脛が後ろに倒れているような姿勢(膝が伸びすぎ)だと、腰に負担がかかったり太もも裏にしか効かなかったりします。脛の角度が極端に前や後ろに倒れないように、お尻を上げた時に膝の下にかかとがあると大体ちょうどよいです。

 

 

 

{D153DB83-047F-4870-9138-AC387ABEAA82}
 
{4C56963A-74D4-4EA0-9AC5-68B79BC9DCFF}

 ※腰や太もも裏だけに負担がかかるやり方

 

 

 

 

いかがでしたか?

ヒップリフトの種目ではこのような効果が出てきますよ

 

◎お尻太もも裏を鍛えて代謝UP(脂肪燃焼

 

◎脚の付け根(股関節)を伸ばすことで血流を促進(浮腫み改善

 

◎股関節の筋肉をバランスよく鍛える事による脚の骨格の改善(骨格の修正

 

これで脚が太くなる3つの原因にアプローチできます。

脚の太さに悩む皆さんには、ぜひ上手にやっていただきたい種目です。

しかし、この種目だけで美脚が手に入るわけではありません。

寝転がった状態だけでなく、立って行う種目も大切なので、次回は立位の種目をご紹介しますね。

 

代表的な筋トレの種目である【デットリフト】についてご説明しますので次回もぜひご覧ください。

 

難しい種目ではありますが、理想的な身体になれるように頑張りましょう。

ご期待くださいませ。

スタジオCOPOLUではお客様の目標に合わせて効果的なプログラムを作成していきます。

運動が苦手な方でも体力に合わせたプログラムを作成致しますので、お気軽にお越しください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。