スノーボードジャンプ上達法伝授!

スノーボードのジャンプを安全に上達するための方法を公開する阿部政俊のブログです。

NEW !
テーマ:

こんにちは、スノーボードインストラクターの阿部です。

安定したジャンプをするために意識することがあります。



その一つ

・目線を止めない


ジャンプをしても体は進行方向に進んでいるため、目線も進む必要があります。

正確には、目線が一点で止まらないように注意するっという方が適切かもしれません^^!


ストレートジャンプでは、常に進行方向を見ているので特に意識することは無いかもしれませんが、回転をするときなどは、気をつけたいですね^^


その他にもこちらに、ジャンプで気をつけたいことなど紹介していますので気になる項目をチェックしてみてくださいね^^!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、阿部です。


「やっぱ考えて滑んないと上達しませんか?」

という内容でお客様と対談した時の内容をご紹介してきてます。

今回は、「イメージして上手くいかないときはどうしますか?」


というお話の続きで、「イメージが違う場合どうやって直せばよいですか?」っというところのお話しをご紹介したいと思います。


※前回の内容はこちら

---------------------------------


Q:「イメージが違う場合どうやって直せばよいですか?」


まずは、自分の滑りやジャンプを映像等で見ることですね。


そうすると、

イメージと違うところが、見えてくると思います。


例えば、

抜けるタイミングとか姿勢とか動き方とか。

やってるつもりでも意外と出来てない。ってパターンがありますよね^^;


自分の動きを客観的に見る
のが、一番じゃないでしょうかね!?



あとイメージの話ですけど、僕は音でイメージする時もありますよ。

抜けるときは。
パコーン!とかドーン!とかって感じで。笑


ジャンプは常に動き続けていて止まらないので。イメージの音も止まらないように伸びてますね。


だから。ドン!とかパン!じゃなくてドーン!パコーン!なんだと思います。


イメージの音が止まってると、動きもその瞬間で止まりそうじゃないですか?

特に回転は。

360のイメージなんか特にパコーン!ですね。

180はパーン!ですかね。笑

540はパコーン!クイッ!

みたいなクイッ!は最後の180ですね。

回転も止めたいので最後に小さな「ッ」が入ってますね。笑


あくまでも僕のイメージですけど。


そんで中々上手く修正できないときは、鏡とかで動きのイメージを見ながら動いて修正するですかね。

ここは、ちょっと地味なりますけどね。落ち着いて確認するには良いと思います。


あとは、練習で数をこなすことも大切になってきますよね。


「なるほどですね~。最後はやはり数なんですね。笑」



そうですね~。笑



---------------------------------

っという感じでお客様と対談をしました。

話はこの辺で一区切りとなりました。


個人的には、レッスンとは違った形でお客様にコツやポイントをお話し出来たのかな?っと思っています。

あまりマニアック過ぎて逆に混乱させちゃったかな?なんて後から思いましたが。。。^^;笑


また、このようにご紹介できる機会があれば、お伝えしたいと思いますね^^!



それでは、またです!


----------------------

対談内容の全編はこちら↓

対談内容1:やっぱ考えて滑んないと上達しませんか?

対談内容2:イメージして上手くいかないときはどうしますか?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、阿部です。


先日、お客様との対談で、

「やっぱ考えて滑んないと上達しませんか?」


という内容でお話しした内容をお伝えしていますが、

今回は前回の続きの内容です。
※前回の内容はこちら

---------------------------------

Q:「イメージして上手くいかないときはどうしますか?」

イメージできているなら、イメージと実際の動きに差があるということですね


その時は、イメージと実際の動きの違いがどこに現れているのか探します。

小さいジャンプ台では出来るけど、大きくなると出来ないとか、あると思いますけど。

イメージと現実の差を埋めるために理解しておくことは。

まず、飛ぶ台が変わっていますよね。

ジャンプ台の小→大。

ってことは、当たり前ですけど、見た目が変わりますね。笑


それによって、気持ちもネガティブな場合、姿勢や動きがはっきり動けない場合があると思います。


その次はスピードですね。

スピードが出るということは、ここでも基本姿勢が崩れやすくなります。


この辺で、もうだいぶイメージと現実がズレてると思います。


あと、足曲げてるつもりなのに、意外と伸びてたりとかですかね。


体感スピードも早く感じるでしょうから、早抜けにもなりやすいです。


これらを、克服するには、やっぱストレートジャンプ!笑

ストレートでイメージと現実の差を埋めます。

このくらい飛びたいな。

高さは、ポーンっとあのへんかな?

みたいな、イメージします。


しついこいですよね?!ストレート・ストレートって。笑


でも大切なんです。


ストレートができたら、同じ感じで180ですね~。

それでも、いまいちな場合は、根本的なイメージが間違ってるかもしれません。。。^^;


「では?イメージが違う場合どうやって直せばよいですか?」

まずは、自分の滑りやジャンプを映像等で見ることですね。


そうすると、

イメージと違うところが、見えてくると思います。。。。。。


---------------------------------

次回はこの

「イメージが違う場合どうやって直せばよいですか?」


このの辺に触れてきたいと思いますね!


それでは、またです!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)