香港旅行 3

テーマ:

とうとう、最終日になりました

九龍城→宝石工場→シルク直売所→漢方直売所

宝石工場では「ティファニーの・・・」とか「カルティエの・・・」

シルク直売所では「フェラガモの・・・」

直売所では「漢方」そのままですね

「買わなくてもいいよ」と言われながら、買ってねと聞こえてきます

みんな優しいからたくさん買っていました

昼食をいただきもう日本へ帰る時間となりました

こうなると寂しいばかり・・・

たのしく過ごさせてくれたガイドさんと別れ出国手続き・・・荷物検査へ

そこで事件が起きました

「あなたはこっちに来て!」え・・・なに???

母は「どうしたの?」と機器に来たところ「あっちに行け」と追い出され

・・・何が起きてる?

持っていた手荷物は私のかばんとお土産の袋と母のお土産の袋

・・・え、お母さんの荷物に何か入ってる???

荷物をあけていき、ドキドキドキ

お土産のライターが3つ・・・テロの影響で1人1つしか機内に持ち込めない

これで終わりと思っていたらまだ、行けせてくれない

・・・バックをあけてみても何も見つからず、何か話している

言葉が分からないため不安は募るばかり

結局は口紅がライターと間違えられていたようで無事通していただきました

・・・ライターは没収されましたが

そんなんで空港の免税店では何も買い物できず日本へ帰ってしまいました

私へのお土産はなしです・・・あ、ご利益のある額がありました

毎日拝んで「幸運」「幸福」「愛」「安泰」の運気をあげるのです


みなさん、機内への持ち込み荷物は気をつけてくださいね

AD

香港旅行 2

テーマ:

さてさて、香港で2日目を迎えます。


まずはオプション、市内観光(昼食、飲茶付き)。

香港は風水を重んじている都市とガイドさんから聞きました。

そして向かった場所はビークビーチ、ここはいろんな神様がいました

ガイドさんが話すには・・・

「ビークビーチは風水の一番よい場所で10時から11時までが一番風水の気が良い時間。その時間に有名な先生がいます。その先生は名前をみてその名前の気が弱いところに強くなるよう絵をつけたした名前の額を書いてくれます。それを自分の部屋の一番お気に入りの場所に飾ると運気が上がります。でもその先生は気まぐれでその時間にいる日もあればいない日もあります。運がよければ逢えるでしょう」

・・・絶対にいるよ、と思いながらビーチに到着しました。

ガイドさんが「あなたたち、運がいいよ。先生いるよ」

・・・やっぱりね。でもその額の絵はかわいいものでした。

占っていただいた結果、「幸福」「幸運」「安泰」「愛情」が弱いと・・・OH~なにそれ、まさにその通り。当たってるよ、先生。思わず額を頼んでしまいました。これはなけりゃ~困ります。そして先生の絵には「ハートマーク」まで書かれちゃいました。よっぽどないのよ、私に愛を与えてくれる人は・・・でも先生にありがたい絵を書いていただいたのでこれでばっちり!と思うのでした。信じるものは救われる、これ信じましょう。(日本に帰ってきて話したら大爆笑でした。もしやみんな思っていたの???)

そしてビクトリアビークの昼間の景色を観に行きました。なかなかの絶景でした。昼ごはん、飲茶をいただきホテルに戻りました。夕方からのオプションまで3時間ぐらい時間があったのでホテル周辺を外出してみました。道は狭く人は多くで、すれ違う人みんなスリと思えと言っていたガイドの話を聞いていたのか、母はバック片手に周辺をキョロキョロしていました。おいおい、バック取られますよ!前を見て歩こうよ、転ぶよ!という母にドキドキしながら一生懸命後を歩いていました。方向音痴で違うところに行こうとしちゃうし、気の休まる気がしません。無事、ホテルに戻ることが出来てとっても安心しました。

そして夕方からのオプション、水上レストランでの食事とビクトリアビークの夜景。ドキドキ、ワクワク。

びくとりあびーく 2 びくとりあびーく 1

昼間とは違いこちらもステキな景色でしたよ。

レストランでお腹は満腹、気を使いすぎて体はクタクタ。よく眠れる夜を迎えました。

3日目に続く・・・

AD

香港旅行 1

テーマ:

お久しぶりです

かえってきました、香港から。

珍道中の初日のお話


セントレアから出発です

まずは昼ごはん「山田家ベル」新鮮な知多半島の食材と最高級知多牛を選び抜き、8時間かけて煮込んだ、匠のシチュー&カレーのお店

ステーキとカレーをいただきました

まだまだ出発まで時間があったので「BABBI」イタリア名門のスイーツブランド。イタリアから空輸したチョコレート&ジェラートのお店

ジェラートをいただきました お値段は800円ぐらい、高いです

BABIBI

さて、出国手続きをとりいざ飛行機へ

出航時間になっても飛行機は飛びませんでした

お詫びということでチケットをスターバックスコーヒーで提出すると1,000円分の飲食をいただけることになりならんでいたら、おばちゃん3人組がよこはいり

WHY~と思っていたら前の人が注意しました

でもおばちゃんたちは「だって前に行けって言われたから何が悪い」と

おいおい~通路に立ていて邪魔だから少し前に出てのつもりを都合の良いように解釈

おばちゃんたちってすごいです

2時間経ってようやく出航

原因は パイロットは「水漏れしてる」と整備士は「水漏れしてない」ともめていて本社判断で飛ぶことになりました。それで大丈夫か~と叫ぶ声、多し。そりゃそうだよね。でも無事香港に到着。ホテルに着いたのは夜の12時。速攻で寝ました。

波乱の幕開けでした

香港旅行2に続く・・・


AD