*仙*(無言申請受け付けません)のブログ

無言アメンバー申請受付けません。
メッセージ等で地域その他ある程度の挨拶を宜しくお願いします。


テーマ:

最後の部分です。


黒色のとこ。
ミドルラインが規準やと思います。
操作してる位置によってアウトいっぱいとかは見にくい人がいると思うんでどこを通っても良いです。
そんなことでとやかく言いません。
青色のとこの、ピンクのイン側クリップがキレイに取れるラインならなんでもええです。
さて、この青色の部分。
普通にラジドリとしてクリップとって走るだけならソコソコうまけりゃどーってことないんですが。
自動車風遊びとして走行するには
2駆、四駆ともに色々ややこしいです。
四駆は、ステア、アクセル。
ともに注意して下さい。
ここでアクセルブンブーンで切り返せるのはドリラジだけですから。
アクセルは減らし傾向でグリップ回復と相談してはじめて切り返せる。
それに伴うステア。
グリッときって方向転換。そんなことしてるからステアが遅れる。と言っても理解できないかもしれませんが。
四駆は注意点いっぱいです。
来てもらえればゆっくり解説している時間はあります。
2駆はステアは問題ないのかな?
でもアクセルは簡単ではないようです。
でも、見ていると自動車風遊びの四駆と同じで減らし傾向で方向転換。
減らしすぎないでアクセルをうっすらキープして次の区間の準備のアクセル操作が重要に見えます。

メッカでは2駆は四駆と較べてグリップの高いタイヤが設定されているので回転数は違うようですが、アクセルの正解の雰囲気は2駆も四駆もだいたい同じように思えます。
赤色の部分
四駆はステアはそれほど違和感無いです。
が、アクセルなどをミスしてトラクション抜けになるのを注意して下さい。
2駆はけっこう難しそうです、このヘアピン状のコーナーで手前のコーナーから切り返して来た場合、ほとんどカウンターがあたらないと言うと誤解がありますが、ハンドル回転として2回転へは行かない、いっても1回転前後くらいになるのじゃないでしょうか?
でも、ここで2駆ラジコンカーならではのスゴいキレ角をフル活用してまわってる場合があります。
ジャイロがスピンを防ぐ為に仕事をしてくれているんですが、この場所でキレ角目一杯とかはラジコンカーとしてはいいのかも知れませんが、自動車風遊びとしてはオカシイので注意して下さい。
アクセルワークに注意して後輪が効いている状態にすれば適正なダカクで抜けられるようです。
アクセル低めのようですが、低くし過ぎるとタイヤグリップの問題で普通にグリップ走行になるので、ドリフトを維持する回転数でなおかつヌケてフルカウンターにならないように注意して下さい。
最後の最後で大減点もありえます。
見ていると意識している人は問題なく出来ているようです。

そんな感じで全体は終わりです。

普通のドリラジ審査では見ないとこを見ていられるのが小規模の地下イベントならではかな。
その他、自動車風遊びとして注意する部分は多数あって個別解説では触れてませんが、実際に参加、見学、ひやかしに来られた方には解説いたします。

メッカさんに実際練習に行くのもヨシ。
最寄りのサーキットさんで似たような状態を練習するもヨシ。
マニアックな変な遊び方として自分には関係無いと無視するもヨシ。
だと、思います。

ザ!ドリラジ!の王道からは外れたかなり横路な走行方法論なので興味ある人だけで良いと思います。

公開処刑になりそうですが、要求があればデモンストレーションもします。
当日までに僕に会えた人は質問してもらえれば解説します。

自動車風遊びに興味のある方はエントリー等、宜しくお願いします。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。