中辻 隆徳のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:


この写真は随分前に撮影したもの。

現在、公園には入れません。

ご存知の通り、本日、オバマ大統領が広島にやってくるからです。

ここ数日、街は物々しい雰囲気。

クリニックのある本通り商店街も、警察官がパトロールしていました。

うちのスタッフも何故かソワソワ。

毎朝購める弁当屋のお母さんも、「やっぱり見に行った方がエエかねぇ」とソワソワ。

私もソワソワしてきました 笑

特別な一日になりそうです。

広島ひいては長崎の人々にとって意義のある一日になりますように。







いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
購読した書籍を数年に一度、定期的に断捨離というか断売り?するのですが、私にはどうしても手離せない、いや、手放してはならない2冊のハードカバーがあります。

{443E8032-AFCF-4F6C-87E9-74AE826A921F}
こちらの二冊。

フィリップ・アリエス著
「死の文化史」 
日野原重明著
「医の道を求めて ウィリアム・オスラー博士の
生涯に学ぶ」
です。

前者は、私が医学部を卒業する際に、お隣に住んでいらした母親と同年代のご婦人がプレゼントしてくださったものです。 
この本の内容うんぬんというよりも、一緒に添えられたお手紙の中に『おばさんは、もし男児に恵まれていたら絶対にお医者さんにさせたいと思っていましたので、隆徳君がその道を選び励んでおられる様子を見聞きするにつけ少々厚かましいですが夢が叶った様で大変嬉しく思います(原文まま)…』としたためられており、この本を読み返すのではなく、巻末に大切に挟まれた、少々色褪せた手紙を読み返し、今は鬼籍の人となってしまった彼女を偲びつつ、初心に立ち戻らせていただいています。

後者は、研修医時代に日野原重明先生の講演にたまたま参加できる機会があり、日野原先生のサイン欲しさに思わず著作を買い求めたものであります 笑
日野原先生の聴衆を優しく包み込むオーラに圧倒されたことを今でも憶えています。ウィリアム・オスラー卿は英米の臨床医学ならびに医学教育に多大な影響を与えた内科医で、その人道的医療は今日も高く評価されています。900頁弱の分厚い伝記なのですが、私にとって、真摯さ、愚直さ、謙虚さを呼び戻してくれる座右の書の一つです。
日野原先生とウィリアム・オスラー卿もどこか重なる様な気がして、背表紙と視線が会うたびに、『君はどうなんだ?』と問われている様な気にさせられ身が引き締まるのです。
(あ、ことわっておきますが、日野原先生は百寿をゆうに超えお元気です。)

ふと手に取ってみるのは、決まって何かの節目というのも不思議な気がします。

たまには、こういうブログ内容もいいかと…笑





いいね!(3)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
真夏日が北海道でも記録されるくらい、

地球どうかしているね的なお天気が続いています。

日差しも段々と強くなり、地域によっては、運動会シーズンでもありますし、

世のお母様方も紫外線が気になるところ。

今日は、当院でご用意できるサンスクリーン剤をご紹介します。

①飲む日焼け止めヘリオケア(左)とヘリオケア ウルトラSPF90ジェル(右)

大人気の飲む日焼け止め
ゴルフをする男性にも人気ですね。
ウルトラSPF90ジェルはポリフェノールとフラボノイドが主成分で、
オイルフリーのジェル状タイプですので、サラッとしています。
潤いが少ないかもというご年配の方は、若年者よりも使用感は高いです。

②エムディア UVプロテクトムースSPF30 PA++

当院でも大人気のコスメシリーズ、MDEAR(エムディア)の日焼け止め
ムースというよりもバタークリーム状のような感触で、ややマット感が
あり顔が白っぽくなりやすいかもです。
こちらは、SPF30ですが、吸収剤フリーの低刺激かつ馴染みやすく
白塗り感のないSPF50バージョンが近日発売予定です。

③モイストアンドUV SPF30 PA++

抗炎症成分(エペルリン)配合で、トレチノインなどで
カサつきやすいデリケートな肌に適しています。
保湿成分が2種類含まれており、一日中お肌を乾燥から守ってくれて
メイク下地にもオススメです。

④UVイデアXL SPF50 PA++++

化粧下地としてもオススメの日焼け止めです。
無色のしっとりとした乳液状タイプ。
馴染みやすく適度に潤い使用感抜群です。
べたつかず、のびもよく刺激も少なく、トレチノイン
などとの併用でも使いやすく、さらにお値段も手頃
です。

迷われたら、お気軽にスタッフにお尋ねくださいね。

以上、ここまですべて、

熱海院院長の小林先生からの、ウケウリです 笑



いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)