中辻 隆徳のブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:
20代女性

もともと一重まぶたで、普段はアイプチとカラコンで目を大きく
しているそうです。

正面 術前(カラコン装用)

術直後

もうカラコンは要らないくらい大きなパッチリした瞳になりました。
同時に行った涙袋形成(アラガン社ジュビダームビスタ)も手伝って
目の印象が良くなりました。

左斜め 術前(カラコン装用)

術直後

右斜め 術前(カラコン装用)

術直後

涙袋は特殊なカニューレを使いますので
内出血もなく、ほぼ痛みも伴いません。

閉瞼

結び目の傷あとも1週間から1ヶ月くらいで
ほぼわからなくなります。
当然、窪みにはなりません。

この度はドクターブログならびに症例写真掲載に快くご協力くださり
誠にありがとうございました。






 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
できれば1日1回下のボタン(美容外科)のクリックをお願いします。
皆様のひと押しが明日への活力になります!

にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
またもや前々回前回の続きです 笑

この症例のかたは、過去に他院で埋没法を受けられていますが、

もともとは一重です。

術前

一重まぶたは潜在性に眼瞼下垂であることが多く、挙筋腱膜の処理を行った方が

角膜(黒目)の露出が大きくなり、睫毛も上向くことで、いわゆる「目力」

が出ますので魅力的な大きな目になります。

術後1ヶ月

また、機能的には視野が拡大することにより、眉毛が下がります。


上方視の比較
術前

術後6日目(抜糸直後)

術後1ヶ月

切除組織


切開線は睫毛縁から6mm、3mmの皮膚切除


「挙筋腱膜はミュラー筋上を剥離+前転…全切開+α法(前多先生のブログ)」

とても理にかなった優れた方法です。

上まぶたは僅か3、4mm程度の厚さながら、表層から皮膚、眼輪筋、隔膜前脂肪、

眼窩隔膜、眼窩脂肪、挙筋腱膜、ミュラー筋、眼瞼結膜と、極めて繊細な膜状

の構造物が層々に重なり合ってできています。

一重まぶたの場合、これらの構造がぴっちりはりついて可動性が乏しく

互いにうまく滑り合わないのですね。


ドトールのミルクレープみたいに…


だからこそ、切開式重瞼術(二重全切開)の際、とくに解剖…もっと言えば

「膜」を意識して手術を行う必要があると感じます。

ミルクレープやミルフィーユをガサッと食べるのではなく、お上品に食す。

できる限り上品な手術を心がけたいものです。

僅か3、4mmの厚さの世界に、とても「奥深さ」を感じます、ハイσ^_^;






 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
できれば1日1回下のボタン(美容外科)のクリックをお願いします。
皆様のひと押しが明日への活力になります!

にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回のブログの続きとなります。

直後及び抜糸までの状態や、別アングルでの写真をお見せします。

20代女性 術前 正面

術直後

術後6日目(抜糸直後)

内部処理は、札幌院院長の前多先生の「二重全切開+α法」を
参考にさせていただいています。

左斜め下方視

右斜め下方視

閉瞼時 術直後

術後6日目抜糸直後

術後1M メイクあり

改めて写真を見返すと、反省点が多々…

まだまだだと痛感することも多いですが、

「精度」を高め、「進化」していきたいですね。

ヒトは、それを「精進」というとか、いわないとか。







 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。
できれば1日1回下のボタン(美容外科)のクリックをお願いします。
皆様のひと押しが明日への活力になります!

にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)