2015/3 より、新たにジギング選手権でおなじみの月間賞を毎月設定いたします!

月間賞
当月の最大魚をキャッチしたアングラー1名
*釣り方およびルアーは問いません

賞品
10000円分の乗船補助券(有効期限は翌月1カ月以内に1回限り)

毎月、大物狙って頑張ってください!

*注意:月間賞の決定は、こちらからご連絡は致しません
ご自身で当ブログでご確認ください
有効期限は、翌月1か月となりますのでご注意ください!



テーマ:
投稿写真

なんと!
決勝レーストップ3予想投票の抽選で
MotoGP観戦チケットが当たった!(^^)!
10月もモテギ休み確定!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

昨日に続いて本日もモテギ

メインレースのグリッドウォークに参加
中須賀選手 超カッコイイ!(^^)!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

サーキットの中を自転車で右往左往…
去年は、徒歩で死にそうになったので今年は、大分楽!
ですが、思った以上にアップダウンが激しく結構辛い(T_T)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿写真

今日と明日は、お休みいただいて息子と2人でモテギにレース観戦
今回は全日本ロードレースです


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回から、大分時間が空いてしまいましたが再開です!

GWやら大会やらで忙しかったのもありますが、どうやったらキャスティングの説明をしたら良いのか考えがまとまらずズルズルと今になってしまいました

ごめんなさい

言い訳は、この辺で先に進みましょう!


穴撃ち、ストラクチャー撃ちには、フリップキャストが有効と前回締めくくりましたが、今回はなぜそうなのかを説明していきましょう!

では、逆になぜサイドハンドやバックハンドは有効ではないのかから説明しましょう

サイドハンドやバックハンドは、横(または斜め横)にロッドを振る事が最大のウィークポイント

振ってまっすぐ投げることは、物理の法則的に非常に難しい

横に振ることのデメリットとしては、まず横にそらした分だけルアーの発射点が体の中心線からオフセットされてしまうこと

 

ポイントにキャストする際には、体の中心線に対してまっすぐ投げることが基本で、またその方が確実に精度が上がる

 

ロッドをオフセットした際のロッドの先端、つまりルアーの発射点には、目が無いのでまっすぐキャストすることは出来ないのでどうしても目正面(体の中心線)に狙いを定めることになる

 

そうすることで体の中心線とロッドの先端と狙うポイントの三角形が出来てしまう

 

こうなってしまうと、少しでも飛距離がずれればポイントから大きく外れてしまうし体の中心線からも大きく外れてしまうことになる

 

この時点で、釣果としての大きなデメリットとなりますがもう一つ釣果とは関係ないですが大きなデメリットがあります

 

横にロッドを振るためには、その振る側に大きなスペースが必要となります

 

しかし、ボートシーバスを楽しんでいるアングラーの多くは、2~3名で乗船することが多いはずです

 

ということは、ほぼ必ず横には他のアングラーつまり人間がいるはずです

 

当然、他のアングラーが横にいる場合は、そっちの側にはロッドが振れない

 

というより振ってはいけないのです

 

ちょっと間隔があるからといって人がいる側にロッドを振ると想像しているよりロッドの先端やルアーの軌跡は大きくなり必ず事故が起きますので他の人がいる側にロッドを振るのは絶対NGです

 

では、一番端でロッドを振る側に人がいない場合はどうか?

 

この場合も1人でボートに乗っていない限り反対側には、人がいますよね

 

ここが大事です!

 

確かにキャスト前半のロッド振った時には問題ないはずです・・・が

 

何十回、何百回とキャストしているとスピニングならキャスト直後にベールが戻ってしまったり、リーダーの結びこぶが引っかかったりすることやベイトならバックラッシュしたりすることがあるはずです

 

例えば、右側にロッドを振った際にその状況になった時はどうなってしまうでしょう?

 

答えは、振った時とほぼ同じ勢いで反対の左側にロッドやルアーが戻ってくるってことです

 

その反対の左側には、他の人がいるはずです

 

何十回、何百回に一回かもしれませんがその一回が大きな事故になるのです

 

フックをバーブレスにしてるから大丈夫?

 

本当にそうでしょうか…

 

飛んできたルアーが目に刺さったら?重たい鉄板のバイブレーションがぶつかったら?っていうよりそんな問題じゃなくルアーのフックが刺さればものすごく痛いし、ロッドの先端や重たいルアーがすごい勢いでぶつかったら大参事です

 

ボートシーバスっていう遊びである以上釣果よりも安全に楽しむことが最優先です

 

危険な事故につながるようなことは少しでも減らしましょう!

 

 

ということからサイドハンド、バックハンドは、ボートシーバスではNGということが分かっていただけたでしょうか?

 

釣果的にも安全面にも不利なサイドハンド、バックハンドキャストは、今すぐやめましょう!(^^)!

 

っていうのは冗談ですけど、どうしてもそうしなければいけない状況になった際は、そういった危険性があることを十分理解し、最大限の注意を払ってキャストしましょうね!

 

 

では、次回はフリップキャストの解説に行きましょう

*でも、結構シンプルに行きますからあんまり期待しないでくださいね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ラストはミノー&ワームでポロポロ拾って終了

今日のトップはペンシルが強かった


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミノーで拾いながらトップも単発的で反応
トップで68cmキャッチ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)