天蠍宮にて、神様と一緒に。

鍼灸院・占館「天蠍宮」のブログ。小さな頃から神様&様々な魂と一緒に生きてきた院長の、色々なお話。
天空のテラスで一緒にお茶を飲みながら、少し不思議な物語を紐解くように聞いてくださいな。

心も身体も運勢も、全てを良き方向へ。
硬く古くなってしまった殻を破壊して、新しい自分へ。


ホリスティック鍼灸・ヒーリングサロン

天蠍宮(てんかつきゅう)~サロン・ドゥ・スコーピオン~です。

http://scorpiontemple.mimoza.jp/


一本一本の鍼先に、天界と宇宙の気を込めて、施術させて頂いているせいでしょうか。
治療を受けてから「運勢が開けていく!」「ものの見方が変わる!」との嬉しい報告をいただいています。


また当院で扱う主な占術は、世界でただ一つのオラクルカード占い「曼荼羅占術」。
密教の神様の力が込められた26枚のカードは、神様と私が共同研究開発(笑)した完全オリジナルであり、

この世に降りてきたばかりの占術です。
それぞれのカードが開く度に、そこに記された神様へ電話が繋がり、告げられたお言葉をお伝え致します。

クライアント様のハイアーセルフと神様のお話をお伝えしたり、気になる神様にお話してみたり。

当院はひととき、神と人とが語り合う天のラウンジとなります。
そんな天界へのホットラインを用いて、苦しみや悩みの根源を、一つ一つ丁寧に解きほぐしていきましょう。


神様や精霊などスピリチュアルな単語が出てきますが、どこの宗教にも属していません。
また、宗教や宗教的なものを作る気は一切ありません。従って勧誘もしません。
それぞれの魂が、本来持っている輝きに気づき、最も幸福な生き方をできるようになることが、

私の心からの願いです。


当院は、いわばセーブポイント。
私は、人生の旅の途中の治療役や道案内役、回復役と思ってくださいね。



このブログの全ての著作権は管理人に属しています。無断転載は禁止ですよ。


テーマ:

(前回の続き)


妖精だったと思い出した女の子は、徐々に見えなかったものが見えてくるようになりました。

森の中から、そっと顔を覗かせる沢山の妖精の姿。霧

女の子を迎えに来た、お友達の姿です。


「どうしたい?」


私の問いに、女の子は迷わず答えてくれました。


「帰りたい」


女の子は一番嫌いだった重い「靴」を脱ぎ、裸足で土を踏みました。


「気持ちいい」


次に窮屈な洋服を脱ぎ、下着さえも脱ぎ、はだかになって空気を感じます。


「この方がいい」


それは女の子が、久し振りに言葉にした「心からの感情・望み」。

これから、誰に遠慮することも無く、誰を怖がることも無く、自分の感情や望みを自由に言葉にできる場所に帰ります。

人の中で生きられなかったことを、引け目に感じる必要は何もありません。

不器用だった自分を許してあげていいんです。

だって、妖精だったから仕方ないんだもん。天使


「行っていい?」

 

ついに自分の一番の望みをはっきり自分から口にした女の子は、森の中へ走っていき、途中で半透明になり、フワッと森の中へ消えていきました。霧

 

 

本当の女の子は、私たちに出会うことも無く、自分が妖精だと思いすことも無く、あのまま再び街へ戻り、生きにくいまま人間として大人になり、窮屈に感じながら生を終えたのかもしれません。

そんな過去の出来事そのものを変えることはできないけれど、魂がいつまでも過去のつらい記憶に囚われることがないように、きちんと出来事を把握した上で、記憶を描き変えてしまうことはできるはず。

それは、自分を救いに行くことだと思うのです。

 

今回のセッションで書き換えてしまったから、遠い記憶の中にある一つの傷は、もう現在のお客様の心を疼かせることは少なくなっていくでしょう。

少なくとも、心の中にあった思い癖の理由と正体が判ったから、次に同じことで悩んだ時には、この旅を思い出してください。

そして森の中に帰った妖精を思い浮かべて、「大丈夫、大丈夫照れ」と声を掛けてあげてください。

 

来た時と逆の手順でサロンへ帰って来たお客様は、止まらなかった涙を拭きながら「自分が自分じゃないみたいな不思議な体験だった。気持ちいい。不思議」と。

普段はあまり前世を遡るセッションの類には気持ちがついて行かれないことが多かった御様子なのですが、今回は不思議なほど見えて来た上に、思ってもいないような展開に驚かれたそうです。

魂の中にある、つらい記憶。それを上手に浄化して、上書きして、過去と現在、どちらの自分も救ってあげられるように。

そんな旅に、浄化の神様である烏枢沙摩明王様のお力が側にあったのも、不思議なものでした。

 

密かな隠しメニューだった「前世を廻るツアー」。

いかがでしょウインク

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、心の思い癖をどう直して行けば良いのかという御相談で、お客様とセッションをしていたところ。(このお話は御本人より御快諾を頂いています)

 

「ぐずぐずしてるより行ってみた方が早い!」というお声が聞こえ、いきなり「烏枢沙摩明王様プロデュース~前世を廻るツアー~」が始まっていました。

 

何が起きた。

 

なぜ烏枢沙摩明王様だったかといえば、その時そのお客様を守っていらっしゃる神様だったせいでしょう。

 

私たちは机に向い合せのまま、心は時空を遡っていきました。

 

 

着いたのは広い広い真っ白な広場。

 

そこから秘密の扉を抜けて、飛び出した先は何と宇宙!

 

 

こういった前世を廻るツアーはメニューに入れてはいないものの、得意分野なので何度かセッションはしていたのですが。

 

宇宙人の前世が出てきた方は初めてびっくり

 

降り立った惑星は、見渡す限りの森。

 

 

ちょっと中世ヨーロッパの地球に似た惑星です。

 

そこにいた小さな傷付いた可愛い女の子。その子が彼女の昔の姿でした。

 

どうやら養父母や街の生活に馴染めず、逃げてきてしまったそう。

 

ここで可哀想なシンデレラのような物語を想像してしまったワタクシえーん

 

しかし話を進めていくにつれて、彼女はなんとこの惑星の住人ではなく、妖精のような存在だったことが発覚。


他の惑星にも妖精っているんや!お願い


妖精だから人間の感情になじめない。服や靴になじめない。街が耐えがたい。なるほどね。

 

湖畔で遊んでいたら捨て子と勘違いされて保護され、子供のいない夫婦に引き取られてしまったそう。

 

苛められてはいなかったけれど(良かった…)、何もかもが初めてなことばかりで失敗が続き、その子の

 

扱い難さに養父母も困り果て、意思疎通がしっかりできないことで良い関係がうまく築けなかったとか。

 

何より耐え難かったのは、街に緑が溢れていなかったこと。友達ができなかったこと。

 

きちんと自分の感情を言葉にして、正しく他の人に伝えることができなかったこと。

 

もっと耐え難かったのは、そんな自分が周りに迷惑を掛けていること。

 

その辺に、彼女の幼児期からの頑なな思い癖の元がありました。

 

ひとりぼっちの女の子は、帰りたい帰りたいと願ううちに、気付いたら森に来ていたそう。


そういったことをお話しているうちに、彼女は自分が妖精だったことさえ忘れていた、と思い出したのです。

(続く)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は終戦記念日。

毎年恒例ですが、お盆(東京では7月ですが)と終戦記念日は、「みたま慰めの舞」を舞うことにしています。
おそらく本日ならどこかの神社でも巫女さんが舞われていたことでしょう、この「みたま慰めの舞」は、戦没者の御魂を慰めるレクイエムとしての意味があります。

 

白神流としては、戦争で犠牲になった兵隊さん・民間の方々はもちろん、動物たち、昆虫たち、植物たち、物たち。
命は失わずに済んだとしても、傷付けられたまま癒されない心。
全ての存在への鎮魂、お慰めの心を、痛いほどに込めて舞います。

 

身心へ神様に御宿り頂いて、その魂の悲しみに寄り添い、包み抱くように。
その魂が神様の腕に抱かれ、癒され、慰められて、光の中で幸福になるところまでを想いながら舞うのです。

 

もちろん、戦争以外でも、お亡くなりになった方々も。
御先祖様や、ご家族、ペット、お友達……きっとそれぞれいらっしゃると思いますが。
そんな、今は天国で安らいでいて欲しいと思う魂へ捧げる鎮魂舞として、捉えております。


現在の「豊栄舞」が終了したら、この歌と舞を覚えて頂きましょう。
花やお供え物以外に、何か捧げたい。そう願う時、この舞に祈りを込めて、天までお届けできるようにね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。