★小夜子とHUGする?★

拙い小夜子のブログにアクセスして下さってありがとうございます音譜

暫くログインもできず、あっちこっちで不義理をしてしまいました…

本当に申し訳ありませんでした。
今日のこのご縁を大切にしたいと思いますo川*^▽^*川o  

複数のサイト・ブログとSNSを運営しておりますので

更新ペースに偏りがありますが

どうか末永くよろしくお願いいたしますラブラブ


時間が取れるときには精いっぱいご訪問させていただきますので

よろしければペタをお残しくださいませ。



小夜子のHP★小夜子の美学★ 内のコンテンツ【小夜子の写真館♪】

サイドバーからジャンプできます他のいくつかのPCブログのうち

★小夜子の写真館★HUGしたくなるものたち♪ (Blogger)

★小夜子の美学★Seleneの小夜曲に抱かれて♪ (excite.)

★小夜子の美学★写世子の視線で♪ (livedoor)では

データの大きな画像や関連画像をUPしていることもありますので

PCからの接続環境とお時間が許されましたら

そちらにもお立ち寄りいただけると幸せでございます(*_ _ )ノ彡


また、小夜子はSayo Chat という

チャットルームの管理人をしておりますので

遊びに来ていただければリアルタイムでお話しできるかもしれません

そんな御縁がございました時には

どうかよろしくお願いいたします(*_ _ )ノ彡


そしてd.heart**σ艸σ*川ウフッ♪

2009/07/19にそっとtwitterデビューいたしました!sao☆

きらきら小夜子のtwitter きらきら

ユーザー名:selene345

URL:https://twitter.com/selene345

小夜子が知っているブログやチャットとはまた違った世界で

【ゆるいつながり】が特徴ってことなので

見かけたら是非フォローしてみてくださいねヽ川*∂▽∂*



  

小夜子@o(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*・

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009-09-17 11:02:02

久々の更新…川*σ▽σ;川ゞ

テーマ:Photo

★小夜子とHUGする?★

先日、約一年にわたるお引越しの最終ステージ前半を終えました。
後、一回後半を終えた時、とりあえずは大移動は終了します。
その後にも、移動した荷物の整理はわんさか待っているのですけど
人が拠点を移動するって、また、故人の遺したものの整理をすることって
本当に大変なんだと痛感いたしました。
そんなバタバタの一年で
小夜子自身がやりたいことはなかなか充実させることができず
郵便局に行けばもう年賀状の営業をされ
ネットを歩けばおせち料理先行予約受付中の文字を目にして
とても焦りを感じてしまいます。

もっと写真も撮りたかったし
行きたいところもいっぱいあったし
ブログもHPも書きたいことが山のようにあるのに
思うように更新もできず
頑張らなきゃいけない分母が大きかったとしても
あまりにも分子が小さくなってしまい
達成感としては涙もので
自己採点の評価を甘くしたとしても
ダメダメなアタシでした。

チャットサイトの管理もこれまでは表舞台で頑張れた時間も
整備やセキュリティに時間を取られてしまい
もっと皆様に楽しんでもらわなくっちゃと
深く反省をしています。

体調を悪くしたり
大切な人を怒らせてしまったり
車上荒らしに遭ったりと
テンション下がる今日この頃でしたが
仕切り直しはいつでもできるってんで
小夜リズムで頑張ります 川*p´▽`q川



あっ、そういえば昨夜突然カルチャーショックを受けました。
ハンバーガーのお話をしてる時に
マックのテリヤキバーガーが
ポークだったと知ったのです!
100円マックにあるポークマックっていうのが
ポークなのはもちろん知ってましたし
それは小夜的にはお安い割にとても美味しいと評価してるのですが
伝統のテリヤキバーガーはビーフだと思いこんで疑う余地もなかったから
そちらもポークだと知って小夜子はずっとずっと知らなかったんや…
と思うと、なんかショックだったの。
でも、もちろんそんなことで嫌いにはなりませんけどね 川*´艸`*川

う~ん…思い出したらまた
ハンバーガー食べたいっ(笑)


今、テレビで特保の○王エ○ナ商品の事を説明してるけど
発がん性の危険を孕みながら特保の称号を与えてるって
どういうことよ!
○王の大丈夫だってば♪的コメントにも拒否反応でちゃうわ…。
政権が代わって世の中細かいところまで
正義の風が吹くとイイナとこんなニュースを聞くと
身近な問題に重ねて考えちゃいますね。

ファーストフード大好きな小夜子が言うとおかしいかしら☆



文末になりましたが
いつ更新するかわからない小夜子のブログに
いつも足跡を置いて行って下さる方、
そっと眺めてくださっている方、
いつもありがとうございます (*_ _ )ノ彡



小夜子@o(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*・

AD
2009-07-27 11:31:48

イチゴ←その後 & アタシ←twitterはじめました

テーマ:ブログ

ご無沙汰してしまっております…川*^―^*川ゞ

忙しさと暑さに身を委ねると
とろけてなくなりそうになります
↑ホントはちょっとくらいなくなってもイイ部分があったりもするけど
現実は厳しい…川*ノ_;*川 



不在中もペタくださった方、

★小夜子とHUGする?★



そっと閲覧くださった方、

★小夜子とHUGする?★



で、唐突ですがイチゴの続き!笑*


7月16日にはこんなになってまして…


★小夜子とHUGする?★


★小夜子とHUGする?★


★小夜子とHUGする?★

ランナーから伸びた小株を
元気に育てることに徹しております 川*∂_∂*川

現在プランターに植え替えた小株たちも
すくすくと元気な葉をつけて
そこからまた新たな小株になる芽が出てます♪☆


イチゴの実りはまだもっと先に
味も質も充実させたいと思っています 川*´艸`*川


そして、アタシですが…

忙しい最中ではございますが
色々な連絡の利便性も考えて
twitterもはじめましたヽ川*∂▽∂*川

sao☆ 小夜子のtwitter sao☆
ユーザー名:selene345
URL:https://twitter.com/selene345

まだ使い始めたばかりで
よくわかってないんですが
小夜子が知ってるブログやチャットの世界とは
ちょっとまた違う
【ゆるいつながり】が特徴ってことなので
twitterのアカウントをお持ちの方は
気軽にフォローしてみてくださいね!!! なかよしなかよし

とは言いながら
この夏もかなり忙しいし
チャットも夏休みはサボっちゃアカン立場なので…川*∂_∂;川ゞ
更新も滞りがちになるかとは思いますが
忘れないでいて下さる方がいらっしゃったら
括弧とっても幸せ括弧 川*∂▽∂人*川



小夜子@o(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*・


AD
2009-06-30 09:27:08

四季生りイチゴ収穫!ヽ川*∂▽∂*川

テーマ:ブログ

5月18日に3株植えた『四季生りイチゴ』のその後ですいちご川*∂_∂*川


★小夜子とHUGする?★

最初、こんなだったのが

   矢印(下)

6月25日にはこんなになってます↑↑*川*´艸`*川

★小夜子とHUGする?★

日々、色づいて行くのが
可愛くって音符川*∂▽∂人*川

    矢印(下)

で、6月28日にはこんなにっ!!7

★小夜子とHUGする?★

明らかに、収穫時期を逸してしまってます 川*^―^*川ゞ

収穫しましたいちごヽ川*∂▽∂*川


★小夜子とHUGする?★

★小夜子とHUGする?★

反省…もっと早めに収穫すべきでした↓↓* 川*´_`*川えへ


すみません…忙しくってログイン遠のいちゃってました(*_ _ )ノ彡
ホタルの撮影にも出かけたんですが
失敗しちゃったし…川*ノ_;*川 

でも、失敗は日常茶飯事★
めげないのだheart+kira*



小夜子@o(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*・

AD
2009-06-19 12:38:07

一夜明けて…

テーマ:脳死
昨日の記事を長文にもかかわらず
お読みくださった方々に
心より感謝申し上げます。

言葉は選んだつもりですが
感情のままに綴ったことで
誰かを傷つけてはいないかと
もし、そのようなお立場の方がいらっしゃいましたら
心よりお詫び申し上げます。

一夜明けての小夜子の気持ちを
もう、加筆することはないかもしれないと思っていた
小夜子のHP★小夜子の美学★の【奇跡を信じて…】 というページに綴りました。

昨日のアメブロの記事も転記しておりますので
かなりのボリュームになりますが
PCはもちろん、携帯からも閲覧できますので
もし、お時間許されましたら
ご覧いただけますと幸せでございます。



小夜子@o(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*・


2009-06-18 21:28:25

今の素直な感想

テーマ:脳死

★小夜子とHUGする?★

今日、臓器移植法案改正A案が衆議院で可決された。
私は『脳死』が今後どのように定義づけられるのか
とても気にかけていたので大雨の車中のTVで
この一方を聞いた時とても複雑な気持ちになった。

私自身は
ドクターから『きわめて脳死に近い状態です』と宣告された家族の娘である。
一昨年の11月のこと、帰宅した時元気だった父がほんの数分後には
息苦しいからと救急車を求め
救急車を待ちながら私の腕の中で意識がなくなり
救急車到着時『心肺停止状態』となっていたけれど
蘇生処置をしていただき、心臓の動きが戻ったのに
低酸素脳症となり、ずっと意識が戻らなくなってしまった。
最初は人工呼吸にもお世話になったけど
ちゃんと自発呼吸もできるようになった。
脳幹反射こそ二度の検査でやはりないと判断されたが
私たち家族は奇跡を信じて
色々と調べました。
機能障害がたとえ残ったとしても
意識が戻ってくれさえすれば…。

あの当時は毎日ICUに通い、
そして、音楽や家族の声を録音して持って行き聞かせてあげたり
筋肉の衰えを防ごうと手足のマッサージをしました。

ICUの待合室の前の廊下に
臓器移植のポスターとカードが貼ってあったことに
なんて無神経な病院だろうかと
心が傷つきました。
家族は一生懸命で、看護スタッフも笑顔で看護してくださいました。
でも、たくさんの管で機械につながれ、
それが異常を告げる音を出しても
日常茶飯事のことであり、なかなか来てくれないことに
何度もいらだちを覚えました。

幸せだった日常から突然地獄に突き落とされた毎日は
弱い精神力の自分との闘いでもあり
小さな望みでも絶対見逃さずにつかまえると誓い
自宅に帰っては朝方まで何か良い治療実験を実施している病院は
日本のどこかにないだろうかと探しまくりました。

事故で遷延性意識障害となった場合は
数年後でも戻る可能性はあるらしいけれど
呼吸が停止し、酸素が脳に供給されない状態を経ての
遷延性意識障害についてはかなり難しいとの感触で
それでも大阪に取り組むドクターを見つけて
直にお電話でお話を伺い
受け入れをお願いしたのですがお返事は
「期待に添えない」とのことでした。
それでも、その先生からお聞きしたことや調べたことを
できる限り私は父の病室に持ち込みました。

担当のドクターは諦めることも考えるようにと
多少は言葉を選びながらも私たちに伝えてきます。
それを断固跳ねのけ、どんな道でも探ると答えました。

家族がどのような厳しい状態であっても
そのぬくもりが消えない限り
死だと受け入れることができるでしょうか!

結局、父は一度も意識を取り戻すことはなく
翌月のクリスマスに息を引き取りました。
ずっと寝たままで過ごしたため
臓器が悪くなってしまったのです。

父が亡くなった後、主治医に言われました。
「よく長く頑張られましたよ」
ほら!とっくに死んでたと現場では判断したのではなかったの?!
だから、痙攣してても何もしなかった。
そして、「あの痙攣はなんですか?」と私が質問した時
「あの痙攣が起こっている時は脳細胞が死んでいる時です」と
答え、そしてその後痙攣を抑えるお薬を処方したように感じたけど?!
高酸素療法や低温療法なども提案したけど
積極的に肯定するお返事はもらえなかった。

そして、臓器を提供せよと
これ見よがしにポスターを貼ってたのではなかったの?!

お世話になった感謝を伝えながら
心の半分ではつかみかかりそうな気分になったことは
当時の私の正直な気持ちです。

医療の現場で感じたことは
難しくても積極的に命を救おうとすることよりも
現状ではとても難しいんだよと説得する現場に感じたのは
私だけでしょうか…。

ただ、もし
私が子供を産み、その小さな子供がとても大きな病気を抱え
そして、臓器移植により助かる望みがあるのならば
なんとしても救いたいと考えるでしょう。
もし、移植を待つ病院のベッドに付き添っていれば
運び込まれる臓器を待ちながら
そんな自分を嫌な人間だと思うのでしょう。
それでも、自分の命と引き換えにできない現実があるからこそ
そんな自分になれるのだとも思います。
それが愛ある人間なんです。

まだ死んでいない人の臓器をパーツに救うとすれば殺人となるから
だからこそまだ温かい人を死んでいると無理に判定するのは
間違っているように思います。


私は子供の頃近所の教会の日曜学校に通っていたことがありました。
その時、若い男の先生が、近い将来目が見えなくなる病気を
患っておられましたが、
そんな不幸を感じさせない、とても明るい先生でした。
私の担当の先生は、ご年配の優しい女性でした。
その女の先生がある日ふと漏らしました。
「私の命の炎が消える時まで彼の目がもってくれたら
 私の目をあげられるのにねぇ…」
この優しいつぶやきに小学生の私は震えました。
人ってなんて優しくなれるんだろうか…。


過去にこんなドラマだったか映画だったかを見たことがあります。
ある夫婦が離婚し、その一人息子が移植を必要とする病気になります。
血液型が合うドナーが見つからず少年はドナーを待ち続けます。
それはあげれは命を失う臓器ではありません。
そして、別れた両親が話し合い
もう一人、他人よりドナーになれる確率の高い兄弟をつくってあげようと
ベッドを共にすることにします。
そして、産まれた弟がドナーとして選ばれ兄の命を救います。
後に兄はそれを知って自分を責めますが
弟は「生まれてきてよかったんだよ」と笑顔を見せハッピーエンドです。
私はこれを見てとても泣きました。


人が人の命を救えることは素晴らしいこと。これも素直な感情です。


でも…。
答えは出ないのですが
この法案がきちんと決まったら
人の死の定義が変わります。

ひとつだけ切に願うのは
どちらの命も医療の現場で諦めないでほしい。
もうどうせアカンでしょうみたいに努力を止めることはやめてください。
誰もが愛されているのだから。



小夜子@o(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*・
(もし、私の文章を見て
 嫌な気持ちになった方がいらっしゃったら
 本当にごめんなさい…
 今の私の正直な感想です)

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>









ブログランキングに参加しました!
クリックして下さると一票入ります♪
★応援してくださると嬉しいです↓★




ブログ検索エンジン