1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008-12-11 23:17:40

忘年会の始まり

テーマ:

いよいよ忘年会のシーズンです。先週は仕事2本、私事1本の合計3つ。今週、来週、再来週にも順調に埋まり始めています。


先週行ったのは、赤坂の有名店・ヒョンブ食堂(韓国料理)。肉焼いて鍋食べて、しかもそれほど高くないという三拍子揃ったチョイスでした。隣の個室には蒼井優さんがいた・・・と帰ったあとに聞かされてがっくり。途中で視界に入ったときには気がつかなかったな~。

来週は会社の元先輩、部署で、サッカー仲間、そしてWブッキングが一日。週末は実家の親との飲み会。うーん、キリないし!


そうそう、おかげさま(?)で、タイの動乱も無事一時収まりました。元々一般市民は置いてきぼりの政権争いなので、街中はいたって平穏。飛行機さえ飛べば基本的には問題ないのです。というわけで、こんな時期にも関わらず、キャンセルもせずにタイまで行ってまいります♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-11-01 12:35:08

スーパー・トスカーナ・・・

テーマ:

イタリアのトスカーナ州で造られ、品質的は最高級・法律上はテーブルワインに格付けされているワイン、所謂スーパー・トスカーナ。今までイタリアのそのあたりの路線には手出ししないでいたのですが、愛用しているメルシャンのガレージセールから、スーパー・トスカーナの一つであるルーチェ、そのセカンドラベルワインであるルチェンテの販売の案内が来たため、ついつい購入してしまいました。

ルーチェと同じ畑から収穫されたサンジョヴェーゼとメルローを主体に少量のカベルネ・ソーヴィニヨンでつくられた個性的なワイン。爽やかで力強い果実と熟したチェリーの香り、ベルベットを思わせるやわらかなタンニンが感じられる味わいが特長です。年月が経つにつれて円熟化する、熟成に期待できるワインです。 (メルシャンの公式サイトの紹介より)


サンジョヴェーゼとメルローに、カヴェルネ。チェリーとベルベット?うう、一回味見させてもらえると有難いんですが・・・妄想ばかり拡がります。フランスの著名なワインが信じられない価格になっている昨今、熟成を楽しみながらしばらく眺めていられるものがあると、ついつい買ってしまいます。既にワインセラーの空きはないんですけどね。(三つ目のワインセラーを買え、という悪魔の囁きもありつつ)


ユーロ安、世界景気悪化(=需要減)の状況でワインの値段くらい下がってくれませんかね?来年から下がるという見方と、運送費等の原価は変わらないため、微減程度くらいだろうという、二つの見方があるようです。新しいワインが値下がりしてくれないと、5年、10年前に(頑張って)買ったワインを開ける勇気が湧かず、セラーが回転しないという悪循環が改善してくれません。結構熟成しちゃってるだろうな~。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-12-17 00:59:29

忘年会ウィークその1終了・・・

テーマ:

忘年会ウィークその1が終了しました。

今年の忘年会はなぜか中旬に集中しており、この一週間はほぼ毎日の忘年会でした。飲んでばかりいないで仕事もしろって感じですが、まぁこれも一種の仕事ということで(笑)。


週の初めに行ったのは吉祥寺の焼き物がおいしい居酒屋。以前の仕事仲間が近くに住んでおり、彼を囲んで数人で比較的のんびりとした忘年会となりました。現在は大学の先生をやっていらっしゃる方ですが、僕にとっては数少ないお世話になったと思っている方なので、毎年カジュアルな忘年会が出来るというは嬉しい限りです。


そして火曜日は、大学時代の友人たちとの完全プライベートな会。知る人ぞ知る人気焼肉屋、六本木の巨牛荘をセッティングして、深夜まで楽しく飲んで唄って発散!巨牛荘は本店の方に20年近く前から行っていたのですが、この六本木店は春にリニューアルし、とてもモダンな印象のお店に変わっています。経営者は家族でやっているままですので、そのギャップがまたいい雰囲気をかもし出してます。とにかくここのプルコギとうどんは一度試してみるべし!です。
kyo1 kyo3 kyo2

木、金はクライアントとの会食。


金曜からは福岡出張だったのですが、しかし福岡のメシのうまいこと。。。

なぜかみんな福岡出張に行きたがるのですが、その理由の一端が見えたような。(というか、すべて??)


何も語らずとも、このイカ、関さばの姿をみれば・・・

fuku3 fuku4 fuku5

あまりに見事なイカやサバだったので、同行していた外部の方に断った上で写真を撮らせていただきました。基本的に接待・会食中にブログ用の写真を撮ることはしないようにしているのですが、さすがに我慢できませんでした。


もちろんお値段も相当安い。


二泊三日の出張はそれなりにストレスもあり精神的に疲れるものですが、こんだけおいしいものを食べれたら、

多少の疲れも吹き飛ぶというものです。


福岡の夜もキレイだったな~


fuku2

fuku1

来年はJ2の試合を観に福岡遠征でもしようかと画策中♪

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-11-18 20:30:15

ボジョレーヌーヴォー解禁、牛の血とのマリアージュは??

テーマ:


ボジョレーヌーヴォー解禁しました。(11月15日)


毎年解禁日後の週末は、大学時代の友人たちと祝うのが恒例となっています。最初はお互いの家に持ち寄りでやっていたのですが、なにせ飲みすぎる上に食欲が落ちない人が多い集まり。ホストの負担が大きく、結局はワインの持ち込みが出来る店を探してボジョレー会を行うことに落ち着きました。


ちなみに昨年は大久保のクンメー2で開催。タイ料理とボジョレーとのマリアージュを実験、見事成功を収めました。


そして今年の実験は・・・なんと内臓、牛の血(ソンジ)とボジョレーとのマリアージュ!!こんなの聞いたことないですよね。ちゅうか、試そうと思わないか、普通。

向かったのは大久保「元祖ヤンピョンヘジャンク日本総本店」。

僕が見つけたのではなく、食にうるさい(失礼)友人が韓国帰りの後に食べたくなってたどり着いたお店だそうです。駅からも距離があり、道路には韓国の人ばかりというかなりマニアックな立地。さすがテレビ局の人間は変わった店を見つけてくるもんだ。(え?職業ではなく、食欲の問題だって??そりゃそうですね)


hejan01


でも実はヘジャンクって初体験。

何?って思いながらお店に向かうと、でかーく載ってました、店頭に。

hejan02


さて、本日の料理。

韓国料理といえば定番、キムチ等の小皿サービス。

お酒はまずマコン・ヴィラージュのヌーヴォーからスタート。

hejan04 hejan03

そして海鮮チヂミ。(これもサービス券で無料でした)


hejan07 hejan05

タコの炒め。



続いてサムギョプサル(豚)、内臓の5点盛りなどの焼肉三昧。

どれもこれもおいしいのです。

hejan06 hejan11


さらに続いてはスンデ。コリアスンデ家でもおなじみの品です。

こちらにも豚の腸と豚の血が入っています。


hejan08

ボジョレー赤を次々と空けて、マッコルリをいただきました。

(やかん入り)


hejan09 hejan10


そして食べ物の〆は・・・やっぱり内臓系!

ネジャンタン。
ヤンマン、ハラノス、ノミ、ホルモン、アキレス腱、スジと野菜の入った健康料理です。


hejan12 hejan13

続いてソンジヘジャンク。(ソンジ→牛の血のかたまり)
またまた血がたっぷりの滋養強壮料理です。

hejan14 hejan15

これねえ・・・うまいっ!!


今まで食べたことの無い味。あえていうなら豚骨系の坦々麺をベースにした鍋かなあ?

独特の味わい、食感、ヤミツキになりそうな予感がするくらいおいしい。


しかもさすが滋養強壮だけあって、夜中に脈絡のない夢(悪夢?(笑))を何度も見て飛び跳ねる始末。それくらい刺激的、ということですよ。


ボジョレー会ということを忘れてしまう内臓の衝撃。

その意味では、本年のマリアージュは失敗だったかも(笑)

でもおいしかったから許す。

解禁日というお祭りに、乾杯♪


ヤンピョンヘジャンク
03-3208-5502

大久保1-16-12
大久保通り、明治通りのちょっと手前
http://www.japanyangpyung.com/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-10-07 18:13:48

時には仏。 (ビストロ・サンルスー)

テーマ:

土曜日の出社で思いのほか仕事が捗らず、やや憂鬱な気分の日曜。火曜日が一次締め切りの仕事なので、いかに呑気な自分としても、さすがに心配で心配で・・・といいながら、日曜くらいはしっかり休もう!と考えてしまうのが甘いところでしょうか。(明日はしっかり働きます)


ゆったりとした休日気分を味わうため、久々に地元のビストロに予約の電話を。運よく今日のランチは空きがあったようで、今年初めてのフレンチを楽しめることになりました。


ビストロ サン・ル・スー

03-3247-1408


レストランガイド・ザガットをはじめ、多くのメディアに好意的に取り上げられているこのビストロ。安くておいしくて量もあって、マダムの人柄もいいという四拍子揃った点が評価のポイントでしょうか?地元住民としては、やはり「安くて」というのが一番のポイント。ちなみにランチタイムは2,000円と2,500円のプリフィクスメニュー。前菜、メイン、デザート、カフェ(後者は+スープ)の順に、数種類のメニューから選択していく方式です。


本日のチョイス。

本日の魚の前菜。

三崎港の魚のタルタルとアボカドのテリーヌ。

0san3


こちらは定番、お惣菜サラダ。

キッシュ、テリーヌが隠れています。

0san2


本日のスープ。

ポテトとネギでした。


0san4


メインは仔羊のマスタードグリル。


0san6


トリップ(牛の胃袋)。

胃袋は煮込みをよく見かけますが、こんな風にローストして食べるのは初体験!濃厚さとあっさりさが同居するような、不思議な味わいでした。下に隠れた野菜もバツグン。


0san5


お楽しみのデザート。

マンゴーのムース、牛乳のアイスクリーム。


0san7


グラスワインを二杯いただいて、二人で6,260円。

いつもながら、本当に幸せな気分になれるお店です。



閉店後の看板。

庶民的な町並みに馴染んでいます。



0san1

さて、明日は頑張って仕事するか~!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。