サイカチのブログ

名前の由来は、奥州 ( 戦時中に疎開していた故郷 )に伝わる「サイカチ伝説」から命名しました。

画像には、10代後半から30代前半にかけて行っていた弓道のイラストを用いました。

私の干支は、昇竜です。


テーマ:

家族の会話2

 

今回も相変わらず 「家族との会話」 である。

適当な写真がないので、バスツアーで南信州 花桃の里を見学に行った時撮影したものと市民大学「平成嚶鳴館10周年記念」の旗を各段落に使いながら、話を進めたいと思う。

 

 

 

写真は私のデスク上です。
注目して欲しいのは、左手後方(時計の後)にある旗です。

 

この旗には「ひと花咲かそう」と記載されていますが、疲れた時等、この文言で元気を頂いています。
机上には、視聴しきっていないDVD(太平洋戦争・昭和天皇の時代・日本の名作・神秘の大宇宙)や読みかけの本と書籍、最近録画したDVD(100分で名著・先人の知恵)などがあります。
また、写真の手前はPCと外付けハードディスク(1T),後ろにDVDプレーヤー、5m位先にはテレビと冷蔵庫があります。

 

ここから本題に入ります。

 

 

 

桃花の里に至る橋


昼食に焼きそばを食べながら

 孫 「最近、母ちゃんの焼きそばも枯れてきたね」

 娘 「意味が解らん」

 孫 「婆ちゃんの作る味に近づいてきた」

 娘 「これは、幼児向けに作っているんだよ」

 孫 「俺は高校生だ」
 娘 「高校生はジュースを飲みながら、焼きそばは食べないからね」

 孫 「時代はどんどん進化して行く」

    「将来この食べ方が定番になるかも知れない」

 婆 「私らは保育師の・・・・」

 私 「これは、これで良い味だよ」

    「作った人に感謝しながら、黙って食べな」

 

 

 

 

桃の花

 

我が家では、孫のリクエストに応じて、串さしの焼き鳥が時々食卓に出ます。

その数は概ね40本ですが、こんな時でも騒々しい

 娘 「・・(孫の名前)焼き鳥だけでなく、野菜も一緒にバランスよく食べな」

 孫 「・・・無言」

   孫が両手を使って、半分位食べたところで

 私 「爺ちゃんの子供の頃は、食べたくとも、食べるものがなかった」

   「今は食べたいものを、食べたい時に腹一杯食べれる・・良い世の中になったものだ」

 娘 「それに高校にも行けてるし」

 孫 「高校に受かったのは僕だからね」

 

 

 

桃の花

 

高校別剣道大会

試合の結果は横に置いて、その時のチームの会話
 部長 「3年生は、このチームで大会に出るのは今回で最後になる」

    「悔いが残らないよう、皆で優勝旗を取るぞ」

 全員 「おー 勝つぞ」

     準決勝で敗れた後、こんな会話が

 選手A 「俺がもう一本取って勝っていれば、決勝まで行けたのに 皆んな、すまない」

 

   その時、勝ち上がったチームの選手が来て

 ・・ 「・・・君、先ほどの試合は、俺が負けていた」

 孫 「負けは 負け 俺は結果に納得している
 引率の先生 「審判の判定は絶対だ」

    「判定に異議を唱えれば 試合が成立しない」

 

 孫 「先輩、来年我々が優勝しますから」

 部長 「頼むぞ!」

 

 

 

桃の花

 

そんな話が、夕食時に出た
 私 「偶然の勝ちはあるが、負けには原因がある」

    「負けた数だけ、強くなる」

 孫 「また、何時もの説教が始まった」

今回も試合を通して、「何か」を学んだようだ。

来年は同じ道場の出身者が3名いるので優勝の可能性はありそうだ。・・・期待しようと思う。

 

                           おわり

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

 

孫と友達との会話

 

この会話は一年前のものである

 

 

 

 

孫の友達が休日になると「一緒に勉強しよう」と来訪する。
その友達とは、保育園・小・中学校が一緒で気が合うらしい。
その子は「英語」が得意で、孫の方は「数学」が若干得意らしい。
お互いに教え合っているのだが、これがまた騒々しい。

若干、静かになったところで、会話が聞えてきた。

 

 友  「お前、大きくなったら何になる?」

 孫  「警察官になって、地域の平和を守る」
 友  「それは良い・・・俺も守ってくれよ」
 孫  「俺は殉職するかも知れないので、結婚しないつもりだ」
 友  「俺も結婚しないつもりだ・・・育児が大変だからな」
 孫  「俺の計画では、65才で定年になり」

      「その後、5年間は社会奉仕だ」
 友  「それからどうする」
 孫  「70才から年金暮らしで、悠々自適の生活をする」
 友  「老後は一緒に暮らそうぜ」

 

ここで娘(母親)が出て来て

 娘  「老後の話でなく、高校受験が先だろう」

孫・友「・・・・・・」

 

 

お友達(娘作)

 

孫と友達との会話には続きがあってね。

 友  「お前 何処の高校を受験する」
 孫  「・・高校 君は・・」
 友  「・・高校」...
     「お互い1ランク下げて受験するので合格しようぜ」
 孫  「二人とも進学コースなので、次は東大を目指そう」
 友  「無理やけどね」

     「将来の夢を書きなさい」という宿題を書いている最中だったらしい  

  

 

二人は、それぞれ希望高に進学しました

 


おやつの時間がきました。 私の出番です。

 私  「二人ともよく聞け」
    「世の中は、ピンとキリの役割をする人で成り立っている」
    「鶏口となるも牛後になるなかれ」と云う言葉もある。
    「問題はどちらの道を選ぶかだよ」

 

 

 

東海市の芸能発表会で演技

 

 

これが古女房との会話になると

 

  妻 「お父さん 体を大事にしてね」

  私 「お前もな・・」

     「一つ頼みがある」

  妻 「なに・・」

  私 「俺より 先に死ぬなよ」

  妻 「だったら 私も頼みがある」

  私 「なに・・」
  妻 「今のうちに へそくりの隠し場所を教えて」

 

 

 

 

 

                                  おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

孫との会話 14

 


今回も相変わらず 「孫との会話」 である。

適当な写真がないので、石仏同好会で愛知県 武豊町の味噌蔵を見学に行った時、撮影したものを各段落に使いながら、話を進めたいと思う。



  武豊町の味噌蔵の看板

 


ある日の朝 「インフルエンザ」 で休んでいた孫が、主治医の許可が出たので、5日振りで登校する事になった。


ところが、今まで 「デレーとした生活」 をしていたので動きが緩慢である。


孫は、娘(母親)にせかされながら、駅まで送ってもらった訳だが、暖房(エアコン・炬燵)が入ったままであった。

私は、駅まで送ってきた娘に 「厳しく 注意した」

娘は孫(子供)のしでかした不始末で関係のない自分が注意されるのが不満だっだらしいが、出勤時間が迫ってきたので無言のまま出て行った。

 



 味噌蔵の表面
 

 


夕食後 娘が孫を連れてきた。


 孫 「爺ちゃん 今日は御免なさい」


私は即座に何の事か思い出せなかったが


 私 「反省してるんだな 今後 注意するように」 と云った。


ところが、娘は納得がいかなかったらしく


 娘 「私には、あんなに厳しく云ったのに・・・」

    「孫には甘いんだから・・・」

と云って、部屋を出て行った。



私は孫を呼び止めて


 私 「お前は、今 俺に謝ったが 何をしたんだ」


 孫 「母ちゃんが 謝って来いというので」


 私 「訳も分からんで 簡単に謝るんでない」


 孫 「明日のテストの方が 気になるんでね」


この性格は、どうやら私の血を継いでるようだ。

(些細な事?で時間を浪費したくない)









 
           味噌蔵の内部








 
孫は娘の所に行って、何を謝せたのか聞いたらしい。


娘は、私に今朝の経緯を云ってきた。

 私 「分かった」


私は、また呼び出して、注意するのも調子が出ないので 「取りあえず」 そう云うより仕方がなかった。


 





話は変わるが


孫が、神妙な顔で婆さんに話しかけてきた。


 孫 「婆ちゃん 今 俺は精神的に参っている」


 婆 「それは大変だ 爺ちゃんに相談しな」


 孫 「云われる事が想像できるから良い」

 婆 「じゃあ 私が聴いてあげる」


 孫 「21時以降 スマホを取りあげると云われた」


 婆 「そりゃあ 仕方がないよ」

    「通話料金が 2万円/月 超えたら私でも云う」


 孫 「朝6時30分に家を出て、19時30分に帰る」

    「僕には、心が休まるところがない」


 婆 「読書をするとか 色々あるだろう」


 孫 「取敢えず お菓子を下さい」


目的は、始めから、お菓子にあったようだ。

受験生は、これでも良いのかね?・・・




このお地蔵さんは、「飯をくれ 地蔵」 だそうで、何時でも 茶碗にご飯をもっていなければならないのだそうだ。


今回も我が家の騒々しさを記載したが、取りあえず皆健康なので「まあー 良いか」という感じである。

問題は一人になった時、「その環境に対応出来るか否かである」と私は思うのである。


知識より智恵を学ぶ事が大切である。










AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

孫との会話 13

 

長い事ブログを書いてないので、投稿の仕方を忘れてしまった。
取りあえず、記憶を辿りながら記載して見た。

今回も相変わらずの「孫との会話」である。

適当な写真がないので、我が家の庭や近くの公園で撮影したものを各段落に使いながら、話を進めたいと思う。

 

 

佐布里池の梅

 

あー云えば こう云う

我が家の騒動は、大体夕食時に起こる

 娘 「同じ物だけ食べないで、おかずも満遍なく食べな」
 孫 「早く食べないと、なくなる」

 婆 「沢山作ったから、ゆっくり食べても大丈夫」

 娘 「ガツガツ喰うから いつまでもたっても、太らないんだ」

 孫 「母ちゃんには、云われたくないね」
    「デブにはなりたくないんでね」

 娘 「保育士の仕事は、体力がないと務まらないんだよ」

 孫 「俺は痩せているから、剣道の試合で機敏に動けるんだよ」
  

    この後、「デブ」と「ヤセ」との掛け合いがあって

 娘 「あー云えば こう云う 本当に生意気な餓鬼だな」

 

 

大池公園の桜

 

生意気
ここで孫の反論がはじまります 

 孫  「云っておくけど 生だから 粋なんだよ」
    「しなびたやつは、生きが良いとは云わんからね」

 娘 「お前には、粋というのは ほど遠い言葉だよ」

 孫 「じゃー 聞くけど 2の10乗はいくらだ」
 娘 「話を逸らすんじゃない」
 俺 「1,
024だよ それがどうした」
 孫 「えー どうしてわかったの」

 俺 「コンピューターは2進法で成り立っている」

   「1 2 4 8・・・・と数えてゆくと10番目が1,024になるんだ」

 

 

我が家の庭のサツキ

 

 

赤だしの味噌汁
東北育ちの我が家は、白みそが主流ですが、孫は給食が赤だしだったので食べなれてている。

 婆 「話はさて置いて、今日、初挑戦の味噌汁の味はどうだ」

 孫 「この味は、待ち焦がれていた味だ」

    「生きてるっていう 感じがする」

 娘 「お前、えらく婆ちゃんに よいしょ するな」
 孫 「おい先短いからね 婆ちゃんは長生きしてもらわないと」

    「母ちゃんには、この味は出せないからね」

 婆 「喜んでいいのか・・・?」

 

私は、赤だしの味噌汁を当地に来てで初めて味わった。

従って、赤だしの味は・・・?
何せ、70年以上白みそで育ったので・・・

孫はよほど、気に入ったらしく、明日は弁当に持って行くという。

 

矢勝川の彼岸花

 

栄養は何処に行った 

 俺 「お前は喋りながら食っているが、味が分かるのか」

 孫 「云うまでもない 美味くなかったら食べない」
 俺 「切り返しが早いが、栄養が脳に行き届いているのかな」

 孫 「背が高いので、途中で消えてしまっているかも」
   「引力の法則に従って、殆ど下に方に行ってるのかもね」
 娘 「
あー云えば こう云う」

色々あるけれども、
 「これはこれで まー良いという事にしましょう」

 親の有難さは、亡くなってから分かるものだから・・・

 

 

我が家のにはに咲いたサボテンの花

 

 

最後まで、お付き合い願いまして、ありがとう ございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
孫との会話 12


老い先 短い(と思っている)私は、家族との会話や旅行を出来るだけ、沢山実施し、私が生きた証を残したいと思っている。

この中で、旅行は写真も含め、効果的に記録を残す事は容易であるが、体力、金銭面、皆の都合などでややこしい。

その点、孫との会話は、日常の一場面なのでいいかなと・・

今回は、家族旅行の写真をバックに「孫との会話」を記載したいと思う。





                           北海道旅行


逃避行ですか?

 婆 「爺チャンと婆ちゃんは、今日 日帰りで京都に行ってくる」
    「しっかり留守番を頼むぞ」

 孫 「浮世を離れて、二人で逃避行ですか」

 私 「土産は何が良いかな」

 孫 「野口英世が3人位欲しいよ」





                             奈良旅行



GDP

 娘 「・・(孫の名前)夏休みに入って、2週間経つけど、宿題は終わったか」

 孫 「まだ まだ だよ」

 娘 「宿題が終わるまで、ゲーム禁止」

 孫 「部活では しごかれ、猛暑をやっと帰って来ると、宿題・宿題で・・」
    「俺には 安らぎの場所がない」

 婆 「皆んな 通ってきた道だよ」

 孫 「大体、2週間位で解ける宿題を出すようでは、日本のGDPはこんなに上ってないよ」




                            飛騨旅行



可愛くない


 婆 「・・(孫の名前)冷房の設定いくらにしている」

 孫 「25℃だよ」

 婆 「それは、冷やし過ぎだ、28℃にしな」
    「爺ちゃんは 30℃に設定しているよ」

 孫 「年寄りは体温が低いから、それで良いんだよ」
    「僕は若いからね・・」

 婆 「お前は、可愛くない子供だね」

「可愛良い」と「顔が良い」とかけて

 孫 「顔が良くないのは親譲りだから、どうしようもない」
    「元をただすと、婆ちゃんにも責任がある」

 私 「切り返しが上手いな・・剣道で鍛えているからかな」





                            ブルーメの丘



実力の見せ所

知多半島で有名な進学校の剣道部が、孫の学校の剣道部に出稽古に来た。

そこで一言

 娘 「お前は、頭では無理だろうが、剣道では勝てよ」

その日の夕食時

 娘 「今日の稽古はどうだった」

 孫 「俺は全勝したけどね」

 私 「お前は、100才まで生きるとして、まだ人生6分の1位しか生きていない」
    
    「勝負は社会に出てからだぞ・・」 

 孫 「また また 説教か」

 私 「今が一番ものを覚える時期なんだよ」





                              四国旅行


                                                     以上です
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。