6ラプ日記はじまります。

テーマ:
6ラプ日記


2006年3月に「六ヶ所村ラプソディー」を完成させて以来、劇場や全国の地域で上映会を開催していただいています。すでに250ヶ所を越える町や村で上映会をしていただき、その輪はますます広がっています。(映画を上映してくださった皆様、本当にありがとうございます!)
2年間にわたって映画を作りながら、その過程を「六ヶ所村通信」と題してDVDを出版しご好評をいただきました。映画が完成して既に1年以上が経ってしまいました。その後の状況などを知っていただきたいと思い、久しぶりに「六ヶ所村通信」を制作することにしました。今度はno4、となります。
この「六ヶ所村通信no4」を制作する過程で今度はインターネットで取材内容をブログで配信してゆくことにしました。「6ラプ日記」と名付けました。どうぞ、自由にダウンロードして下さい。「六ヶ所村通信no4」が完成するまで続けて行こうと思っています。どうぞよろしくお願いします。
「六ヶ所村ラプソディー」 監督 鎌仲 ひとみ

6ラプ日記 http://6rhapdiary.blogspot.com/
AD

松本のチューリップ

テーマ:

9月16日、長野県松本市で上映会がありました。実行委員長は高校生の男子。学校の環境教育の授業で興味を持ってくれて実行委員長を引き受けたそうです。実にりっぱな挨拶をしてくれました。映画を観てくれた方々が感想をチューリップの形をした紙に書いて再処理工場の写真の上に貼っていってくれました。

カード貼り付け前



また、この上映会では「特定非営利活動法人長野サマライズ・センター」の皆様のご協力で耳の不自由な方のために字幕スーパーを入れることができました。上映会の様子をブログにも書いて下さっています。http://sama2.seesaa.net/article/56322938.html
 


託児やお茶のサービス、チューリップの手作りクッキーなど情熱があちこちにちりばめられた上映会でした。協力してくださった全ての方にお礼を申し上げます。


kama


カード2

カード3

貼り付け後
AD

水俣まつり

テーマ:

9月21日、江戸川区で開催されている「えどがわ・水俣まつり」で六ラプが上映され、私も出かけて行きます。かつて砂田明(あきら)さんという一人芝居の役者さんが「起ちなはれ」という詩を

読み、「天の魚」という一人芝居を全国行脚で上演していた。その「起ちなはれ」の詩はこういう始まり。

もし あんたが 人やったら
起ちなはれ 戦いなはれ
公害戦争や 水俣戦争やでえ
戦争のきらいなわし等のやる戦争や 人間最後の戦争や 正念場や
勝たな あかん 勝ちぬかな
――子どものために 孫のために 親
のために 先祖のために
そうしてこの自分のために 一度しかない人生のために
〈起ちなはれ (砂田 明 1970年)より〉

水俣公害問題は今も解決していない。私たちがそこから学んだ事を今に生かせているだろうか、問いは続いている。起きたことではなく、起こさせないために私たちは何ができるだろうか?そのような問いを胸に脳裏に抱えた人々が増えてきていると私は感じる。現実を知ればいやおうなしにその問いは生まれてくる。一人の人間が抱えきれない問いだからこそ、私は映画を通して共有したいと思う。「えどがわ・水俣まつり」にきなはれ。22日まで続きます、一人芝居「天の魚」も上演されます。緒方正実さんのトークはすでに19日に終わりましたが、原田正純さんのトークは22日の最終日にあります。詳しくはHPをご覧下さい。http://edogawaminamata.web.fc2.com/

kama

AD

★★「六ヶ所村通信no.3」上映会(岡山市)★★

-「六ヶ所村通信」上映 & LIVE & 語らいのイベントー

【日時】9月9日(日) 19:30開場

【会場】 Retro Pop Cafe 空
【住所】岡山市門田屋敷2-3-19 TEL 086-272-2894

【プログラム】

20:05 「六ヶ所村通信no.3」上映
21:10 鎌仲監督トーク

【入場料】 前売1,500円(当日2,000円)
【主催】 6ラプおかやま http://d-mc.ne.jp/blog/rro/
【問い合わせ先】 D-mediaCreations 伊東大輔

086-270-5305 info@d-mc.jp