藤田裕幸アンソロジー

テーマ:

fujita
写真をクリックすると全体が見えます。

先日、慶応大学の藤田祐幸先生の授業に鎌仲監督が招かれ講義をしました。藤田先生は生涯を核廃絶のために捧げられている物理学者です。今年度で退職され、半農半学の生活に移るとのこと。
『プレシオスの鎖』は藤田先生の論文などを集めたデータCDです。(非売品・実費かかります)
限定数でわずかですが、1/13にて鎌仲監督とのミニトークショーを予定しているポレポレ東中野にて、お裾分けしたいと思います。

藤田祐幸(ふじたゆうこう)さんのプロフィール
東京都立大学理学部物理学科卒、同大学院理学研究科物理学専攻博士課程。エントロピー論、科学哲学専攻。
現在慶應義塾大学物理学助教授、日本物理学会所属。
物理学者の立場から、放射能が人体と環境に及ぼす影響を訴え続け、原発や被曝労働の実態調査、
1990年~93年チェルノブイリ周辺の汚染地域の調査、1999年、ユーゴスラビア・コソボ地域で
劣化ウラン弾の調査を行う。
2003年5月末からバクダッドとバスラに入り、劣化ウラン弾による被害状況と環境汚染を現地調査、
放射能測定などを行った。7月にイラク支援法案を審議中の衆議院特別委員会で、参考人意見陳述を行い、
「小児がんセンター」の設置など、医療水準の改善に寄与することを強く訴える。

主な著書:
『知られざる原発被曝労働・ある青年の死を追って』(岩波ブックレット)
『脱原発エネルギー計画』(高文研)
『原子力発電で本当に私たちが知りたい120の基礎知識』(東京書籍・共著)
『エントロピー』(現代書館・共著)
『ポスト・チェルノブイリを生きるために 暮らしと原発』(御茶の水書房)
AD

Groovin High

テーマ:

groovin high

ガルシア・マルケスさんが発行しているフリーペーパーGroovin Highにライターの神無月好子さんが六ヶ所村再処理工場についての文章を掲載されました。『六ヶ所村ラプソディー』のアンコール上映告知も掲載していただいています。
このフリーペーパーは全国のガルシアマルケスの店頭で配布されています。劇場のポレポレ東中野 でも配布されます。
ぜひご覧ください。

www.garcia-style.com
www.groovinhigh.jp
神無月好子のダメダメ日記
http://damedamenihon.jugem.jp/
AD

switch25

Switch vol.25 12/20発売号 
http://www.switch-pub.co.jp/switch/2007/01/index.htm


AP Bank 通信に小林武志さんと鎌仲監督の対談が掲載されています。
ぜひご覧ください!
http://www.apbank.jp/index2.html  

AD
stk
12/8-10に開催された、オルタビジョン~ストップロッカショ3daysの動画が一部公開されています。
ご覧ください。
六ヶ所村ラプソディーに出演しているYAMさんも出演しています。
http://www.stickam.jp/profile/stop_rokkasho
http://www.stickam.jp/profile/stop_rokkasho2
左下のマイビデオをご覧ください。

Stickam Japanさんのご協力でインターネット中継をしていただきました。


『六ヶ所村ラプソディー』
http://rokkasho-rhapsody.com

大阪での劇場公開が近づいてきました。12/16より第七藝術劇場 にて公開!

そこでまたしても応典院さんの寺子屋トークでトークセッションをします。http://kenshu.org/event/1262

"いのち"のエナジー~地球と暮らす新しいライフデザイン

日程:2006年12月08日(金) / 場所:應典院

2005年から、日本の提唱により「国連持続可能な開発のための教育の10年」がはじまるなか、よりよい「いのち」と「暮らし」の関係をつくるにはどうしていくべきか。3人のゲストのお話から考えます。
福岡市の筥崎でコミュニティ・レストランの運営に携わる同志社大学の今里滋教授、劣化ウラン弾を取り上げた「ヒバクシャ」や核燃料サイクル施設を取り上げた「六ヶ所村ラプソディ」などの映画で知られる鎌仲ひとみ監督、そしてインド哲学の実践として森林ボランティア活動を展開している
農家、正木高志さんをお招きします。
●日時  12月8日(金) 午後6時30分~9時
●料金  一般:1,500円 学生:1,200円
お寺で学ぶ現代の「寺子屋」を意図して展開している「寺子屋トーク」第48弾です。


お相手をしていただく正木高志さん

http://www.lifestyle-forum.org/content/view/155/21/  これは新宿御苑前でのイベントでの正木さん

  • 正木 高志
  • 1945年生まれ。60年代からインドを旅し、ヴェーダーンタ哲学を学ぶ。80年に帰農し娘と共に農場作りに励んだ月日は「スプリング・フィールド」(地湧社刊)という一冊に、彼のオルタナティブなヴィジョンと共に凝縮している。90~91年にはアメリカ・モンタナ州立大に招かれ環境倫理学を講義。森林ボランティアグループ「森の声」主宰。

もう本当にかっこいい、素敵な方です。お話も歌をうたいながらして下さるんですよ。そのお話の中身が深い、そして

あったかい。

ぜひぜひ、大阪のお知り合いにお勧め下さい。あまり知られていないのできっと観客は少ないと

思います。それではもったいない!!!

正木さんの「木を植えましょう」はムーブメントを巻き起こしています。

こんど木を植えながら日本海側の原発地帯をピースウオークしようという計画も進んでいます。

「出アメリカ記」は文明論としてとてもユニークな視点で書かれていて正木さんの半生に私は衝撃を受けました。



木をうえましょう
出アメリカ記




月見ル
2006年12月8-10日の3日間
六ヶ所村ラプソディーに出演しているYAMさんも参加するライブイベントが南青山の『月見ル君思フ』 で開かれます。
Peace Land by 山内さん http://www.hi-net.ne.jp/~yam/

ぜひご来場ください。
ライブの詳細は http://stop-rokkasho.jp をご覧ください。

当日はStickam Japanさんにご協力いただき、ライブをインターネット中継致します
中継は 午後7時からです。

http://stickam.jp  or http://stop-rokkasho.jp
でご覧いただけます。


No Nukes More Trees

テーマ:




昨日クラブキング さんが主催する
stop-rokkasho T クリエイター トークショーがありました。
東京・青山ブックセンター本店にて、stop-rokkasho T をクリエイトしてきたデザイナーさんと先日六ヶ所村を訪れた写真家のトークイベントでした。

12/12まで青山ブックセンターでstop-rokkashoTが展示されています。dictionaryもゲットできるかも!

http://www.aoyamabc.co.jp