5月25日の報道によると六ヶ所村再処理工場内で作業をしていた作業員が

誤ってプルトニウムを吸引し、内部被曝をしていたことが作業服の汚染から解ったということです。

プルトニウムは肺に吸着すると発ガン性が高いことで知られています。

再処理工場は3月31日から本格稼働に近いアクティブ試験を始めてから事故がこれで3件目です。

1件目 閉めるべき蓋をミスで開けてしまい、40リットルの放射性溶液が漏洩。

これはどろどろに溶けた使用済核燃料の一部を洗った溶液であらゆる種類の

人工放射性物質が含まれている。もちろんプルトニウムも含まれている。

2件目 4月24日 使用済燃料を溶かし込んだ溶液が配管から40リットル漏洩。作業ミスだという発表。


どれも人体や環境に影響がないと発表されています。でも実は大気中のアルファ線は計られていないんですよね。気体になった放射性物質のほとんどはアルファ線を出しているというのに。でも計る技術も存在しないということです。ではなぜ安全だといいきれるのかしら?

今回は直接作業員が被曝したことが認められました。この作業員が被曝した場所は放射性物質をグローブをはめてガラスばりの密閉容器の中で行うものですが、なんと60年前と同じような作業です。マンハッタン計画のプルトニウム製造からあんまり変わってないんですね。この部署は事故が多いんだってアメリカの原子力関係者が語っていたことを思い出しました。


工場はアクティブ試験を3月31日に行ったことで、2005年度の再処理費用としてたった1日で2800億円が各電力会社の積立金から支払われました。2兆2千億円かけて建設し、1円も収益をあげてこなかった

日本原燃が初めてあげた収益金です。3月31日に試験を始めなかったらこのお金は1年後に支払われる

予定でした。この2800億円はもちろん電気料金の収益金です。

AD

5月21日から新潟での連続上映会が始まりました。トップバッターは柏崎です。

地元の津軽三味線奏者が7人、津軽じょんから節を連弾して会場を盛り上げて下さいました。

鮮やかなウグイス色のそろいの着物姿、かっこよかったです。

二回の上映に250人ほどの方々が来て下さいました。いろいろな行事が重なったということでしたが

それでも皆さん、都合をつけてきてくださり、ありがたいことです。

主催してくださったプルサーマルを考える柏崎刈羽市民ネットと東京電力さんのご好意で翌日柏崎と刈羽村にまたがる世界最大の原発を見学させていただきました。7基の原発が約821万キロワットの発電を

しています。ここで作られた電気は300キロ近い送電線で静岡と埼玉に運ばれています。


私、初めて原発の中を見ました。 最初にサービスセンターで原子炉の構造を説明してもらいました。その説明図にはどれも放射能を含んだ希ガスという気体を外に出す経路が書かれていません。聞いてみると、ちゃんとあるのにそこには何もないんです。だって大きな煙突が建っているんですから、ちゃんと書いておけばいいのに、、と思います。厳重に管理され、外からはとてもきれいで安全に見える所でした。テロ対策の

ために24時間、機動隊と海上保安庁が監視しているとのこと。54基の原発全てを監視していて莫大な税金が使われています。いったい幾らくらいか今度計算してみようと思います。


今年はここからも六ヶ所に使用済み核燃料が運ばれる予定です。

原発の建つすぐ近くの浜辺はなんとあの蓮池さんが拉致された現場でした。市民ネットの代表をなさって

いる方は蓮池さんの恩師でした。


今回、連続上映を企画してくださった方は日本一の河岸段丘、津南町在住。

古いかやぶき屋根のおうちにやぎさんと賢い犬と小さな男の子と夫婦で暮らしていらっしゃいました。

それはそれはおいしい日本名水100選に選ばれた湧き水のある村でした。






AD

神戸市で、6/3(土)「六ヶ所村ラプソディー」

6/4(日)「ヒバクシャー世界の終わりに」上映


≪日時≫ 6月3日(土)「六ヶ所村ラプソディー」上映&鎌仲監督講演会

1回目上映・講演 14:00~17:10

2回目上映・講演 17:40~20:40

6月4日(日) 「ヒバクシャー世界の終わりに」上映&鎌仲監督講演会
1回目上映・講演 10:00~13:00
2回目上映・講演 13:30~16:30

≪会場≫ こうべまちづくり会館

神戸市中央区元町通4-2-14 ℡ 078-361-4523
http://www.kobe-toshi-seibi.or.jp/matisen/img/map_kaikanl.gif
≪参加協力費≫
各日1500円(メール申し込み、チラシ持参は1000円)
≪主催≫「六ヶ所村ラプソディー」「ヒバクシャ」

上映&鎌仲ひとみ監督講演・神戸実行委員会
≪お問合せ・お申し込みNQC41966@nifty.com (市民社会フォーラム)


6/3(土)大阪・高槻市で「六ヶ所村ラプソディー」上映会


≪日時≫ 6月3日(土)開場13:30 上映14:00

※同時上映 「映画日本国憲法」17:30

※松川泰樹氏トーク 16:20

≪会場≫ 高槻市立総合市民交流センター 5F視聴覚室

高槻市紺屋町1番2号 ℡ 072-685-3721
≪入場料≫当日:999円(前売もあり)(999円で2作品観賞可)
≪主催≫高槻ドキュメンタリー映画上映委員会
≪お問合せ松本百合 090-1241-3924




AD

スリランカのコロンボ港からピースボートに乗って、紅海の奥にある港、アカバまで航海してきました。

私のように行く先々の港から乗って途中下船する人達を水先案内人と呼んでいます。今回は「ヒバクシャ」を上映して、いろいろと討論も交えて話してきました。500人近くも若い人達が乗っていて、毎回、その中から志願して何人かが会場の設営や看板、いろいろな雑用を手伝ってくれます。(水先案内人パートナー、略してミズパ)

とっても元気で好奇心旺盛な若者たちでした。みんな六ヶ所のことも、原子力発電のことも、被曝のことも

何も知らなくて、とにかく疑問の嵐が吹き荒れました。見てるこちらも新鮮。でも私だって、ほんの数年前に

イラクに行って初めて放射能っていうものに具体的な興味を持ったわけですから、この若者達の方がよっぽど進んでいます。

500人の若者と500人の熟年から老年の方たちが乗っていて、一回のセッションに参加するのはその中の

四分の一ぐらいでしょうか?「ヒバクシャ」からチェルノブイリ20年とういこともあってお話はどんどん六ヶ所へ。原発なしでどうやって暮らしていけばいいのか、これまでの経済成長を支えたのは原発だ、職業選択の自由があるのだから、いやなら他の仕事をすればいい、など様々な意見が出てセッションは日を追うごとに

熱を帯びてきました。いったいどうしたらいいのか?このままでいいのか?若者達は皆、大きな宿題を抱えこむことになりました。彼ら、彼女らの未来を決めているのは現在です。だからこそ私たちは話し合わなくてはならない、はずです。

「アラビアのロレンス」という映画の舞台になったアカバで下船し、車でアンマンへ。ここにはイラク医療支援の拠点、JIM-NETの事務所があるのですが、寄る暇もなく機上の人となりました。


昨夜はJーWAVEで二ヶ月に一度の坂本教授の番組が放送されました。私のインタビューは、というと

番組の最後の部分でかなり長く放送されました。ラジオ坂本のHPにはこれが一番いいたかったこと。と

見出しがあります。私のインタビューは全部ここで聞くことができるようになっています。

http://www.j-wave.co.jp/original/radiosakamoto/top.htm


私のキイワードは「開く」です。

情報を開き、心を開いて、今起きていることの根本を見つめたいと思います。

それからどうしようか? できることをしてゆく、誰かと話してみる、動いてみる。いろいろいっぱい

できることはあるし、未来を変える可能性だっていっぱいあると信じています。

6/4(日)平塚市中央公民館で「六ヶ所村ラプソディー」上映


≪日時≫ 6月4日(日) 1回目13:30開場 14:00上映

2回目16:30開場 18:00上映

※1回目と2回目の上映の間に菊川慶子さんトーク

≪会場≫ 平塚市中央公民館ホール

平塚市追分1-20 0463-34-2111

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/kominkan/chuo/index.htm
≪入場料≫ 前売:800円(当日券もあり)

≪主催≫ 非核平和ひらつか市民の会

≪後援≫ 平塚市、平塚市教育委員会

≪お問合せ≫ 非核平和ひらつか市民の会 小澤裕子 0463-34-7127