25日からむつ市、青森市、弘前市、六ヶ所村、八戸市と無料の試写会をしてきました。


全部で150人ぐらいの方々に観ていただきました。


いろいろな反応がありました。


そして明日、実質的な稼働とも言えるアクティブ試験の安全協定締結が行われるというニュースが


入ってきました。朝日新聞によると


「28日に原燃は岩手県の自治体や漁業関係者に対し、宮古市と久慈市で説明会を開くが、これについて三村知事は「青森県民の安全安心に対する思いを最優先するのが私の立場」と述べ、協定締結への判断には影響しないことを強調した。」




「青森県民の安全安心に対する思いを最優先」と言っているが、県のアンケート調査によれば県民の80%


以上が不安を感じているという。この矛盾した発言が理解できない。




議論が十分に尽くされたとは到底いえないと客観的に思う。


国民のほとんどが核燃料サイクルの意味すら解っていないのではないだろうか。


再処理することは青森県だけの地域的な事柄ではないはずだ。国民に広く知らしめることなく


巨大な国家的プロジェクトが決められていくことに疑問を感じます。


民主主義的ではないと感じます。これは別に賛成だから反対だからという次元ではなく、そこにすら


至っていないのではないでしょうか?


どのテレビ局が核燃料サイクルに関して特集したというのでしょうか。ノンです。




今回の試写でいただいたアンケートからいくつかの意見を抜粋させていただきます。




「ひとことでは言えません。出て下さった人々の言葉が何よりのリアリティとしてぶつかってきました。


映像ならではの力だと思います。この地で自分に何ができるか、改めて問われました。」




「六ヶ所村民の再処理工場に対する考え方が良く表現され、理解することができました」




「知人の葬儀も欠礼してこの会場に来ました。私に息子や孫がいなければ関心ももたなかったかもしれません。六ヶ所の人々の苦悩、生きるということの大変さ、を見せていただき将来の青森を心配しています」




「一番の悪は無関心であるーマザー・テレサ」




「賛成、反対、どの立場をとるにせよ、自分の生きている数十~数百キロ四方の規模の地域ではなく


人類の未来につながる選択をしていることを自覚しなければならない」




「大変中身の濃い2時間でした。電力消費地の人たちに観てほしいなと思いました。核燃について考えさせられると同時に六ヶ所村と周辺の人々の優しさ、豊かさが伝わってきました」




「”生きる”人間の強さ、そして”生活していく”人間の弱さ、複雑です。ただ幸福の神髄とは何なのかを


追求すれば真の豊かさとは何かを思い巡らせば、自ずと自分の歩む道が見えてくるような気がします。


それを思わせるような映画でした」




「六ヶ所村と同じようななーんもない田舎に住んでいるので村のおっちゃん、おばちゃんの言葉にできない


思いが伝わってきました」




鎌仲 ひとみ
AD
3/21(火・祝)『2006 EARTH VISION 多摩』上映会開催
(パルテノン多摩)


--第2部で『六ヶ所村ラプソディー』を上映!--


『第14回EARTH VISION 地球環境映像祭』の入賞作から「自然との共生」を訴求した映画5本を上映するとともに、『六ヶ所村ラプソディー』を鎌仲監督自身のトークとあわせて特別上映します。すべての映画は東京・三多摩地区では初めての上映になります。 また上映作品と連動して地域の市民団体による環境保全活動もご紹介します。

〔2006 EARTH VISION 多摩 上映会内容〕
**************************************************
●第1部【EARTH VISION 地球環境映像祭入賞作品5作品の上映】
+【多摩市の市民団体による環境保全活動の紹介】

●第2部【『六ヶ所村ラプソディー』の上映】+【鎌仲ひとみ監督トーク】
**************************************************

≪日時≫3月21日(火・祝)
・第1部 11:00~16:00 http://taenoha.com/ev
・第2部 16:30~18:30 『六ヶ所村ラプソディー』上映
18:30~19:00 鎌仲監督トーク

≪会場≫東京・パルテノン多摩 小ホール(定員304名)
多摩センター駅(京王線・小田急線・多摩モノレール)下車徒歩5分
http://www.parthenon.or.jp/access/index.html

≪入場料≫・前売 セット鑑賞券(第1部+第2部)¥1200
・当日 セット鑑賞券(第1部+第2部)¥1300
※当日は第1部限定鑑賞券¥600もございます。
※価格は全て税込です、小学生以下は無料です。
※チケット前売は、チケットパルテノン
http://www.parthenon.or.jp/ 042-376-8181
ベルブ永山はらっぱ内あしたや
※上映に関する詳細、チケットネット予約は、EARTH VISION 多摩ホームページから
お申し込みいただけます。
http://taenoha.com/ev

AD
大盛況に終わった3/3・3/4の東京での初公開上映会に引き続き、大阪でも関西初公開上映会を開催いたします。鎌仲監督の講演もあります。関西方面の方は、この機会にぜひご覧ください。

■日時:3月12日(日) 2回上映

■場所:ドーンセンター 5階 視聴覚スタジオ(電話06-6910-8500)

大阪市中央区大手前1-3-49

京阪電車「天満橋」、地下鉄谷町線「天満橋」 1番出口から東へ350m

http://www.dawncenter.or.jp/shisetsu/map.html

■料金:1500円、高校生以下1000円(入れ替え制)

<上映時間などの案内>

★第1回目

開場 pm1時30分

映画上映 1時50分~3時50分

監督講演 4時~4時40分

主催者アピール 4時40~5時10分

★第2回目

映画上映 pm6時~8時

監督講演 8時~8時30分

主催者アピール 8時30分~9時

<主催・お問合せ先>

グリーン・アクション(電話:075-701-7223)

美浜の会(電話06-6367-6580)

http://www.jca.apc.org/mihama/topframe.html

AD

上映会、大盛況でした

テーマ:

3月3日4日の上映会が無事盛況のうちに終わりました。

来てくださった方々、手伝ってくださった方々、本当にありがとうございました。

今回はデジタルカメラで撮影し、PCで編集し、その後現像所でビデオからフィルムに変換しました。

私にとって初めての試みです。

その節目節目で、いろいろ予想外の問題が沢山、おきました。最後のフィルムに変換するときも色が思ったように出なくて大変でした。3月2日にようやく現像所から上がってきたものを皆様に観ていただくことができました。ほんとに焼きたてのほやほやだったんです。


いったいどういう風に受け止めてもらえるのか、どきどきしていたのですが、上映後、皆様からいただいた

感想に、私が感動しました。

作りながら悩んだことがそのまま映画に出てしまっておりましたが、そのことに沢山の方々が共感してくださったんです。そして原発の電気を使う自分自身の生活と六ヶ所の生活を引き合わせて考え、いろんな感想

がすぐには読みきれないほど集まりました。

これから少しづつこのブログでも紹介させていただきます。


友人のりかりかさんはこう書いてくれました。


「人間はすぐには変われない。

でもいつか芽吹く為に

こうして今、種をまいている。

あまりにも蒔く人が少ないから

蒔くのだ。


中略

六ヶ所村の推進派も反対派も、いいえ、わたくしたちだって、願いはひとつなのだと感じた。
子どもたちのために未来をよりよい社会にして行くのを目的として、推進したり反対したりしているのだ。
みんなよかれと思って、少なくとも今は、やっているのだ。

いったい何ができるのか。

いったい何をしないことにするのか。

わたくしにはわからないことばかりだ。

しっかりと見守りながら考えたい。」



六ヶ所は今ものすごくゆれています。こんどはその状況もお知らせします。


鎌仲




お待たせいたしました!

「六ヶ所村ラプソディー」 いよいよ本日(3月4日土曜日)公開です。

当日券もございますのでまだチケットをご購入でない方も是非いらしてください。

更に!!

鎌仲監督著書 「ヒバクシャ - ドキュメンタリー 映画の現場から」

が昨日、3月3日より販売されています。会場での販売もしますのでどうぞお手にとってご覧ください。

皆様にお会いできることをスタッフ一同心より楽しみにしております。


上映会の詳細は下をご覧ください


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓