朝日カルチャーセンターくずは教室で笑いヨガ講座を開講します。

「笑いたいけど笑えない人のための笑いヨガ」

今回は最近笑うことが少なくなった方々に向けて、心が楽になる笑いヨガをおつたえします。


すでに笑いヨガを体験されている方もご参加していただきたいですが、笑いヨガ未体験の方にぜひご参加いただきたいと思っています。

笑いが健康によいことはもう既にご存じですが、笑いの少ない毎日を社会や周りのせいにしていませんか?
自分の感情をコントロールして、ストレスの軽減ができます。

大笑いからではなく、体操としての笑いから始めます。いつの間にか本物の笑いに変わり、体と心が暖かくなり、心と体が楽になります。


     3月30日(木)
           10:30~12:00


お申し込みは
朝日カルチャーセンターくずは教室まで


https://www.asahiculture.jp/kuzuha/course/860c614b-e967-253c-976f-581ee90aecc8
AD

志して五年目を迎えました

テーマ:

平成25年2月22日

Wish Ray   上田梨花子 が生まれた日。



「笑うこと」で心が楽になる、身体が楽になることを伝えることを仕事にしようと志した日。志事にした日。



 

IMG_20170222_134939878.jpg


姓名学鑑定士 鎌田起世美さんからいただいた、願いの光線が一条の光となるこの屋号と、柔らかな笑顔を引き出すこの名前を使っての志動となりました。





あれから丸四年が経ちました。

あっという間でした。
今思えばあっという間でした…

しかし、志したもののどうすれば伝えにいく場所に行き着くのか…どうすれば仕事としてやっていけるのか…
動き出す方法が分からず、人にお願いする方法も分からずにいました。


自分自身が長年患ったパニック障害とうつ病を「笑うこと」で克服した経験だけで仕事としてやっていけるのか…
仕事にする必要があるのかどうか…

動きが停止している時は思考が右から左へ、左から右へ。





れから丸四年が経ちました。

少しずつ動きはじめています。
動きはじめると、余計な思考が停止する。


笑いの」メンタルヘルストレーナーとしてのご依頼が少しずついただけるようになりました。

それは丸四年、必ず「笑うこと」の素晴らしさを身をもって体験したこと、
「笑うこと」で人生を変えていかれる方々と一緒にいられたことが自信となり、信用となっていったから。

人に甘えることができたこと、人の助言が素直にいただけるようになったことも前進する力になっていた。




ようやく、笑いヨガだけではない「笑い」のメンタルヘルスケアがお役に立つ日がやってきました。



ラフターヨガのDr.マダンカタリアに教えていただいたこと。
高田佳子さんから学んだこと。

表情筋トレーニングのすえながひとみ先生に教えていただいたこと。

日本メンタルヘルス協会で心理学を学んだこと。

ジーニウス5 尾崎里美先生に出会えたこと。


❤それぞれの学びが、

   いま、一つになり、

      私そのものになっています❤ 





私と関わってくださるすべての人が、これから楽に生きていける、楽しく生きていけることを信じて、5年目をスタートします。



これまでに関わってくださったすべての皆様、これからもよろしくお願いいたします。


これから関わってくださるすべての皆様、どうぞよろしくお願いいたします。



べての方々にに感謝申し上げます



 

AD

1986年12月14日 仁川学院のチャペルでお式を挙げさせていただきました。

父はバージンロードを私と歩いたことが後々まで嬉しかったらしい。その父ももう今はいない。

結婚宣誓のとき、私は涙を溢した。

 

14日私が彼に討ち入りをしたと周りは言っていた。



2016年12月14日
朝、布団の中で…思い出した‼
今日は結婚記念日!
しかも三十周年!!

真 珠 婚!!

 

 

今夕は忙しい。
懇親会々場の下見も含めての「クリスマス AKIRA ライブ」の打ち合わせ。
ライブが来週25日に控えているので、これは外せない。
しかも、私が日程を提案した。



私の夫は 結婚記念日を覚えている

けれど、口にはしない。
でも、覚えている

忘れていたことが分かったら…拗ねる。
「僕のことには興味ないんでしょ!」


朝一番、「クリスマスAKIRAライブ」主催メンバーにメッセンジャー。
『結婚記念日やったから一時間で失礼する』短時間で決めごとしようとお願いした。


夫は起きてきても、一言もそれに触れない。
私は夕方打ち合わせがあるが、7時過ぎまでには帰ることを報告。
そんな日になぜ?とつつかれると困るので私も触れない。


             赤ワイン赤ワイン赤ワイン赤ワイン赤ワイン


夕方、5時懇親会々場となるイタリアンレストランで打ち合わせ。
決めること多し、しかも美味しい、楽しい。
なかなか帰るモードにならない。いや、帰りたくない‼

それでもメンバーの皆さんに促され、その場を後にした。

             アセアセアセアセアセアセアセアセアセアセ

電車に乗る前に、夫に電話。
「今から帰ります。駅で待ち合わせしましょう。」


JR塚本駅に着いたら夫が待ってくれていた。


「廻らないお寿司にいきましょうか。」


お気づきになったでしょ?

すべて私が主導です。
夫は滅多に提案しません。
「僕からの提案は期待しないで」と宣言され30年。

それはそれで良いと思い30年。

お寿司寿司と熱燗日本酒で夕食となりました。


              ウエディングケーキウエディングケーキウエディングケーキウエディングケーキウエディングケーキ


家にたどり着き、暫くして、夫が口を開いた。
「今日は結婚して30年目 !」

私が言った
「いえ、30年目ではなく、まる30年です。」


素直ではない二人はこうして真珠婚を心で祝いました。


あっ、夫はヘンコですが、良い人です。
イクメンのはしりの人です。


           てへぺろてへぺろてへぺろてへぺろてへぺろ

ブログ書くために結婚写真を探しましたがみつかりません…
夫に結婚写真は?といわれる前に探しておかなければぐすん

案外、夫が持っているのかも…



31年目に捨てられないように、愛いっぱいに過ごしますドキドキドキドキドキドキ





これが結婚記念日より○○な

         🎄クリスマスAKIRAライブ🎄

まだまだご参加いただけます❗
心震わすAKIRA歌を聴いてほしい。
生まれてきて良かった‼を感じてほしい。















 

AD


6日の私は研修講師。

黄瀬紀美子先生率いるチームキセキの講師として認定を受けている。

行政からの就職支援研修の一日を担当させていただいた。

研修内容は『社会人基礎力研修』のうちの「組織人の基礎知識」。


我が家の息子と同じくらいの年令の研修生4名。まだ一度も働いたことがないとのこと。

人前で話する経験もないに等しい。
とにかくおとなしい。


「おはようございます。
本日もよろしくお願いいたします。」
語先後礼で着席。

本来ならそのまま研修開始。

たが、そのまま「母音笑いエクササイズ」をしてもらった。

背筋を伸ばして、自分が思うよりも意識して大きな口を開けて。


「あ~はははははははは~」
「い~ひひひひひひひひ~」
「う~ふふふふふふふふ~」
「え~へへへへへへへへ~」
「お~ほほほほほほほほ~」


研修生のSさんはアイコンタクトもとりずらく、早口でお喋りが苦手。

何日か前に、私が別の講師の研修を見学した時にワークのお相手したバディーでした。
早口で上手く喋ることができないことにコンプレックスがあるということを話してくれた。
「どうしたら、そんなふうに明るくスムーズに喋ることができるのですか?」と質問されたので、「大きく口を開けて、ゆっくり喋るといいと思います。」と答えた。


という経緯で、今回の一時眼目開始前に笑いヨガをして、お顔の筋肉を動かし、横隔膜を使って肩の力を抜かせ、滑舌をよくすることをしたのだ。

それで終わり?いえいえ、二時眼目開始前にももう一度。研修生諸君はなれたもので「あ~はははは…ほほほ」をしてくれた。


面白かったのが爆笑
一時眼目の途中から入室された研修施設のスタッフさんがその様子に目を丸くされ驚ろかれたこと!
なに?これ?状態。
だって、無表情、無反応の彼たちが元気にあははは~なんですからウインク


おかしくなくても「あ~ははは~」と続けていると明らかに顔に赤みがでて、本物の笑顔になる。
その後すぐに、言葉をかけると明るい表情で言葉を返してくれる。
Sさんだけではなく、無表情、無反応のKさんも同じだ。

これは笑いヨガの研修ではない。
しかし、研修に笑いヨガは体を弛めること、笑顔を引き出すのに必須である。


あっという間に七時限が終了した。


「組織人の基礎知識」もしっかりお伝えさせていただいのは言うまでもない。


研修生諸君、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

社会人になられても、、ハハハ~を忘れないでね❗












小規模多機能型居宅介護施設「ローズガーデン生野小路様」で笑いヨガをお届けして一年になりました。


今日はずっと施設にお泊まりの Jさんが初めて参加されました。
いつもは「お水ください」「寝かせてください」と数分おきにスタッフさんに声をかけられていらっしゃいます。

今日は思いきって「一緒に笑いませんか?」とお誘いしてみました。

「はい」とお返事してくださったので、気の変わらないうちにスタッフさんにその旨をお伝えし、車イスごと移動していただきスタート❗


始まるや否や、「寝させてください。」

今からやん!と言いそうになるほどの早さでしたが、「 Jさんはよく笑う方ですか?」と質問して気を紛らせながらリスタート。

息を吐いたり吸ったり、手を挙げたり、目をみてお伝えすると、ご一緒にされます。

他の方に意識を向けると「寝させてください。」のコールが入ります。

その度に「この笑い体操で笑ってからでいいですか?」といい進めさせていただきました。

水分休憩も含めて45分、完全参加となりました。


喜んだのは私だけではありません。


施設のスタッフさんが「凄い!Jさんが参加して笑っていた」とスタッフさんが上司の方に嬉しそうに報告されていました。

Jさん、今夜は本当によく眠れるはずです。


今年の1月に初めて笑いヨガを届けに行ったときは3人からのスタートでした。
もちろん笑うことは至難のことでしたが、お顔馴染みなるに連れ、声が出て、目が笑っていきました。
いまでは、お仲間が5人となり、本日より6人となりました。

Mさんという男性の方にもお声をかけましたが、「ほっといてくれ!」と言われたので折を見てリベンジいたしましょう。