1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-12-17 21:03:58

40歳になりました

テーマ:ブログ
本日12月17日
40歳になりました


うーん40歳、、、、


自分が想像してた40歳は
もっともっとはるかに大人のイメージだったな(笑)





おとといの12月15日は
結婚記念日だったんだけど

見事に熱を出してしまい
昨日まで珍しく寝込んでまい
今朝復活!!!


しかし嫁さんに見事にうつしてしまい
今度は嫁が寝込んでます、、、



40歳になって一番最初に聴いたのは
PTPの「Bury」


この曲は
当時のまさに俺の気持ちを
Kが歌詞に綴ってくれたような曲なんだ



4年前の入籍した日


その日は代官山でLIVEだったから
リハ前に婚姻届を出しに行って
俺はステージで入籍したことを告げたのね


その時のフロアやメンバー達からの
おめでとうって言う声や雰囲気が
とても温かくて

あたり一面が金色に見えたのを憶えてる

そんでその時
俺は聞いてなかったんだけど
Buryをメンバーが弾き出して
予定にはなかったBuryをプレイした


経緯は聞いてないけど
きっとPABLOがツヨポンに内緒でやろうよ
って計画してくれたのかな?なんて思ってる


この曲が俺にとって大事な曲だって
メンバーも知ってたんだね


そんなわけで
今でもこの曲は
PTPメンバーからのGIFTだと思ってて


寝込んでた結婚記念日を経ての
40歳の誕生日の朝に

ヘッドフォンして外に行って
太陽の日差しを浴びながらBuryを聴いた

K、PABLO、ZAX ありがとう



それから続けて
太陽をいっぱいに浴びながら
The BONEZの「Thread & Needle」を聴いて気合いを入れた




でね、
今日は40歳の誕生日ってことで
子供達から素敵なプレゼントを貰ったんだ



小3になる長男は
ちょっと口べたというか
自分の考えを話したり
説明したりするのがちょっと苦手なんだけど


今朝起きてトイレに向かうと
洗面所に長男がいて
会うなり

「パパお誕生日おめでとう」


とハッキリした口調で言って来たので
無言で30秒くらい抱きしめて
頭をワシャワシャしてやった



そして

「このままオシッコしてもいい?」

と言ってやった(笑)


長男とは友達みたいなノリなんだ





夕方になると
幼稚園から帰って来た次男が

「みかん食べたい」を連発するので
夕飯の買い物にふたりでGO!


事件は帰り道に起きたのである




俺は袋入りのみかんを持ってってと 持たせました
しばらく一緒に歩いてたんだけど


「パパー、れっちゃんできない」

とメソメソしだしたので

「えー、まれ君がんばって!持ってかないと食べれないよー」



しかし立ち止まりビエーンと泣く次男


そして
みかんの袋を ベチャっと道に落としてしまいました



俺は自分のビニール袋にみかんを入れて

「はい、もう帰ろう」


と一緒に家に帰ったんだけど



家に帰っても
俺に抱きついてずーっと号泣


嫁がみかんを剝いてあげて

「はい!みかんどうぞ!」

と言っても
俺にしがみついたまま号泣



みかんを手に持っても食べないし
俺にしがみついて離れようとしない…


泣き続ける事約10分



「もう大丈夫だよ」
「パパ怒ってないよ」
「パパごめんねー」




何を言ってもダメだったのに





「まれくん、パパ大好きだからね」





そう言った途端
ピタっと泣き止んだ





みかんを持てなかったこと
そしてみかんを落としてしまったことで

俺に嫌われたと思ったのかな?




もうね、、、
胸がジワワワワーンってなった




無理して持たせてごめんねって反省しました



言葉もまだ
うまくしゃべれないけど

いろんな感情を感じていて
そして俺を必要としてくれてるんだなぁ…って



やっぱりこの世の中に必要なのは
愛なんだって思ったよ







嫁は誕生日に寝込んでしまい
落ち込んでいるけど



記念日の一日をどう過ごすかより
ふだん一緒にいれる事の方が俺には大事

その存在に
ありがとうだよ



嫁さんからのプレゼントは
すでに今回のツアーで愛用してます


お気に入りです
ありがと。




ちなみに俺は
40歳の誕生日の記念に
Coldplayの『Ghost Stories Live』のBlu-rayを買いました



でもね
ここまで書いといてあれですが


この間行ったLAが
俺の中での10年の区切りだったから




今日は別にただの一日って感じだねー(笑)





Twitterやらメールやらで

おめでとうのメッセージをくれた人
この場を借りてどうもありがとう!


かっこいい曲作って
いい音源つくって
いいLIVEして返したいと思ってます



ではまた
AD
2014-08-17 20:54:40

SUMMER SONIC 2014

テーマ:ブログ
今日はサマソニことSUMMER SONIC!
我々The BonezはビーチステージでのLIVE


来てくれたみんなありがとう!






前回俺がサマソニに出演したのは2012年
今日と同じビーチステージにPTPで出演

あの日のちょっとしたエピソードを、、、




俺は小一の長男を連れて行ったんだけど
ドラムが好きな息子は 本番前のテント楽屋で
ZAXにスティックをもらって大喜び

本番で使うスティックを
スティックケースに入れる仕事もこなし
ローディーさん仕事にご満悦


そこら辺を叩いて遊んでたんだけど
メンバーがみんな集まって来て
息子の事をくすぐったり持ち上げたりして 
はしゃぎだしたのさ 

※はしゃいでるのは子供ではなくもちろん大人の方(笑)


そしたら「やめて~!」とか抵抗してる時に
スティックでKの腕を結構強く叩いちゃったのよ

Kも思わず「痛ぇ!」
みたいな、、、


もう本番直前の出来事ね



俺が「叩いちゃったんだからちゃんと謝りなさい」って言ったら

息子くん、、、



信じられないほどのクソ号泣(T_T)!



ビックリしちゃったのと
本人的には僕が悪いんじゃないのに!
ってかんじだったんだろうね…


結局本番始まっても
ステージ袖でまだ泣いてて
泣きつかれて途中で寝ちゃったというね


LIVE終わってから楽屋テントに戻り
まだどういう態度とっていいかわからない息子に

「Kくん別に大丈夫だからなー!」

そう言って
息子に笑って話しかけてよアイツは。。。。





そんなあの日の出来事を
あの日と同じ白いテント楽屋で思い出して
本番のステージに向かったよ


快晴の空の下
夏フェスを締めくくるにふさわしい
ホントに最高の空間だった


ありがとう



「お盆だから、今日は遊びに来てるかもしれないけど」
「音が出なくなるとかはやめてくれよな」 っていう

"Sun forever"前のMCも良かったけど


最後の曲が終わって
ステージ去り際のJESSEのひと言が

JESSEらしくて
Bonezらしくて俺は好きだな ↓








ではまた
どこかのLIVE会場で会いましょう



AD
2014-06-28 03:11:58

drive

テーマ:ブログ
blogを書くのは久しぶりだな
twitterの早さも好きだけど
文字数が足りない時もあるよね



『DRIVE』っていう大好きな映画があるんだけど

別に今日はその話じゃなくて
今夜は久しぶりにひとりでクルマを運転したんだ


クルマで音楽を聴くのが凄い好きでね


「デボネア」っていう自分と同じ歳の旧車に乗ってた頃は
好きな曲をかけて夜の街を流すのが
自分と向き合ういい時間だった


でも大抵は
必ず誰かが隣に乗ってた

それは家族だったり彼女だったり
両親や友達やバンドメンバーだったり…


日本にいるときも
アメリカにいるときもそうだった



そもそも
自分の人生振り返ってみると

ツアー先のホテルで寝る時と
電車での移動の時くらいしか
俺はひとりになる事が無いのかもしれない


いつも
家族や友達や彼女がそばにいてくれる人生だな、俺。



久しぶりに
ナイスミュージックを聴きながら
ひとり夜の街をDRIVEしてたら

家族はもちろん
友達やいろんな人の顔が頭に浮かんできて


大好きな気持ちが
爆発した



それこそ
交通整備のバイトをしてた時の
おっちゃんの顔とかも浮かんできた


あのおっちゃん元気かな?



多摩センターの大通りで
雨の中ふたりで一日中立って
あの赤い光る棒降ってさ


もう30分くらい経ったかな?
なんて時計を見たらまだ5分しか経ってないんだよね、、、


あー早く終わんねーかなーって
そればっか考えてた



ずぶ濡れのまま帰りの電車に乗って
おっちゃんはワンカップ大関とか買っちゃっててさ



「俺はもうそこそこの歳だし きっとこのまま、こんな人生だけど」


「石川くんは好きな事やって頑張れ」




そう言われたの
今でも覚えてる


帰ったら
雨で濡れた靴をコタツにいれて乾かすんだって
笑いながら言ってた





おっちゃん


あれから20年くらい経ったけど
俺はなんとかまだ好きな事をやってて
家族も持ったよ


人生はすべてがうまくいく事はなくて
打ちのめされたり
葛藤や試行錯誤の連続だけど


日々新しい感情や喜びもたくさんあって

俺は絶望よりも
希望をもって日々生きてるよ



そのバランスは
昔自分のHPのタイトルにもしてたけど


49%の絶望と51%の希望なのかもしれない


2%の差しかないけど
希望の方が勝ってる

そしたらそれはもう
希望なんだよね



なんかそれが人生であり
リアルな気がする俺でした




ではまた




AD
2014-02-07 11:58:41

LIVE

テーマ:ブログ

2014.2.7


今日は、今年に入って初のLIVE
2013.12.30 ZEPP TOKYO以来のLIVEだ



昨夜はあの日のLIVE映像を観た




Pay money To my Pain


自分で言うのもあれだけど


改めて
クソかっこいいバンドだなー!(笑)


一曲一曲に
ドラマがあって

いろんな事を思い出す



「This Life」一曲だけでいっても


東北道で東京に帰ってる車内のカーステで
PABLOが作ってきたストリングスのアレンジを
みんなに聴かせた時のこととか

歌詞に出てくるように
Kとキヒロとブレットってスケボーショップのボスと
真夜中にスケボーでコンビニにビールを買いに行ったこととか

AIR JAMに誘われた
難波さんからの電話の事とか



ホントにきりがないというか
思い出いっぱいだ


でも
自分が歩んできた人生なんだから
そりゃそうだ


きっと同じように
みんなにも

その曲を聴くと思い出す
”気持ちや、映像や、空気感”が
あるんだろうね




BONEZのインタビューを受けた雑誌が出たり
MTVの収録をしたり
1.22にはアルバム「Astronaut」をリリースして

一歩ずつ前に進んでるけど

ふとした時に
またちょっと戻ったりしてを
繰り返してるなぁ、、


5歩進んでは2歩下がるみたいな…


でもそうやって
ちょっとずつ
進んで行こうと思うよ



俺に限らず
The BONEZってバンドは
そういうメンバーが集まっている


みんなそれぞれ抱えた
傷や問題、試練がある…


だからこそ
皆で音を出し

笑う




2014年

早くもブチのめさないといけない試練が
色々と立ちはだかってるけど



ぜってー負けねー!!



と、思うのはタダだし(笑)
その意気込みでいきたいと思います


今日来れる人
FinchとやるLIVE来れる人
ツアーに来れる人…


2014年も
一緒にLIVEしていきましょう


2013-12-31 21:05:00

From here to somewhere

テーマ:ブログ


一曲目「Sweetest vengeance」
幕が振り落とされてすぐ


いつもいるべきところにKがいないのをみんなが見て

何ともいえない表情をしてる
フロアのみんなの顔を見て


打ちのめされそうでした



でもその曲の中盤
「ウォーオー!」って
みんながシンガロングしてるのを見て



猛烈に感動して
涙が溢れてきた


男として

人前で涙を流すのは
あまりカッコ良くはないけど
そんなことは別にどうでもいいやって思えた


そこから
気持ちを落ち着かせて
2曲目の「Here I'm singing」

Kの煽りMCと共に
そこからは一気にいけたよ


何度も何度も感動した



最後に3人の演奏だけでやった時


爆音のステージの上にも
みんなの声が聴こえたよ


終わりの日でもあったけど
始まりを感じる夜だったね




「最後まで観れるかわからないですが…」



不安そうに言っていた
Kのご両親が
終演後楽屋に来て


「今までまったく聴けずにいたけど、
今日また慶に会えた気がしました」

「なんだかやっと少しふっ切れた気がします」


そう言って
すがすがしい表情で会場を後にしました



やってよかったなって
心の底から思ったよ



なんだかやっと
2013年になったような気がするなぁ…


そんな2013年も
今日で終わりなんだね


昨日の余韻に浸りながら
今夜は家族と両親とのんびりします



そして
明日からまた一歩ずつ
自分にできることをやっていこうと思います



今までPTPを支えてくれたみんな
どうもありがとう


お茶の間のみなさんが
みんなが知ってるようなバンドではないけど

広く浅くではなく
狭く深く


ひとりひとりの心に
深く何かを刻んだ

どこにも属さない
どこにもいない
流行りとも無縁な


愛のあるバンドでした


俺はこれから
The BONEZとして活動していくけど

同時にいつまでも
PTPのベーシストです


そのポジションは誰にも奪えません


本当にお疲れさま
そしてありがとう


よいお年を

photo:01

















iPhoneからの投稿

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>