1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-02-07 11:58:41

LIVE

テーマ:ブログ

2014.2.7


今日は、今年に入って初のLIVE
2013.12.30 ZEPP TOKYO以来のLIVEだ



昨夜はあの日のLIVE映像を観た




Pay money To my Pain


自分で言うのもあれだけど


改めて
クソかっこいいバンドだなー!(笑)


一曲一曲に
ドラマがあって

いろんな事を思い出す



「This Life」一曲だけでいっても


東北道で東京に帰ってる車内のカーステで
PABLOが作ってきたストリングスのアレンジを
みんなに聴かせた時のこととか

歌詞に出てくるように
Kとキヒロとブレットってスケボーショップのボスと
真夜中にスケボーでコンビニにビールを買いに行ったこととか

AIR JAMに誘われた
難波さんからの電話の事とか



ホントにきりがないというか
思い出いっぱいだ


でも
自分が歩んできた人生なんだから
そりゃそうだ


きっと同じように
みんなにも

その曲を聴くと思い出す
”気持ちや、映像や、空気感”が
あるんだろうね




BONEZのインタビューを受けた雑誌が出たり
MTVの収録をしたり
1.22にはアルバム「Astronaut」をリリースして

一歩ずつ前に進んでるけど

ふとした時に
またちょっと戻ったりしてを
繰り返してるなぁ、、


5歩進んでは2歩下がるみたいな…


でもそうやって
ちょっとずつ
進んで行こうと思うよ



俺に限らず
The BONEZってバンドは
そういうメンバーが集まっている


みんなそれぞれ抱えた
傷や問題、試練がある…


だからこそ
皆で音を出し

笑う




2014年

早くもブチのめさないといけない試練が
色々と立ちはだかってるけど



ぜってー負けねー!!



と、思うのはタダだし(笑)
その意気込みでいきたいと思います


今日来れる人
FinchとやるLIVE来れる人
ツアーに来れる人…


2014年も
一緒にLIVEしていきましょう


同じテーマ 「ブログ」 の記事
PR
2013-12-31 21:05:00

From here to somewhere

テーマ:ブログ


一曲目「Sweetest vengeance」
幕が振り落とされてすぐ


いつもいるべきところにKがいないのをみんなが見て

何ともいえない表情をしてる
フロアのみんなの顔を見て


打ちのめされそうでした



でもその曲の中盤
「ウォーオー!」って
みんながシンガロングしてるのを見て



猛烈に感動して
涙が溢れてきた


男として

人前で涙を流すのは
あまりカッコ良くはないけど
そんなことは別にどうでもいいやって思えた


そこから
気持ちを落ち着かせて
2曲目の「Here I'm singing」

Kの煽りMCと共に
そこからは一気にいけたよ


何度も何度も感動した



最後に3人の演奏だけでやった時


爆音のステージの上にも
みんなの声が聴こえたよ


終わりの日でもあったけど
始まりを感じる夜だったね




「最後まで観れるかわからないですが…」



不安そうに言っていた
Kのご両親が
終演後楽屋に来て


「今までまったく聴けずにいたけど、
今日また慶に会えた気がしました」

「なんだかやっと少しふっ切れた気がします」


そう言って
すがすがしい表情で会場を後にしました



やってよかったなって
心の底から思ったよ



なんだかやっと
2013年になったような気がするなぁ…


そんな2013年も
今日で終わりなんだね


昨日の余韻に浸りながら
今夜は家族と両親とのんびりします



そして
明日からまた一歩ずつ
自分にできることをやっていこうと思います



今までPTPを支えてくれたみんな
どうもありがとう


お茶の間のみなさんが
みんなが知ってるようなバンドではないけど

広く浅くではなく
狭く深く


ひとりひとりの心に
深く何かを刻んだ

どこにも属さない
どこにもいない
流行りとも無縁な


愛のあるバンドでした


俺はこれから
The BONEZとして活動していくけど

同時にいつまでも
PTPのベーシストです


そのポジションは誰にも奪えません


本当にお疲れさま
そしてありがとう


よいお年を

photo:01

















iPhoneからの投稿
2013-12-24 19:44:29

思い出の場所へ

テーマ:ブログ
千葉の海に家族4人で行ってきました

「Same as you are」のビデオに出て来る場所だよ


何気に4年ぶりくらいになるのかな?


初めて行ったのは6年くらい前で
俺はがっつりハマってしまい
Kやシンジ(Midnight suns)と泊まりでよく行ったっけ


ここは日本のLAか!?
ってくらいスケート&SURFカルチャーが根付いていて
時間の流れがゆっくりで
お気に入りの場所だ


でも、俺が何より刺激を受けたのは

"地元の若い家族達"


男だけで集まってイェーイ!!って遊ぶってよりは

BBQやるにしろ何にしろ
そこに奥さんや子供も当たり前のように連れて来て


嫁同士で遊んでたり
自分が嫁のそばにいなくても
友達と嫁も仲良しみたいなかんじで


こういうのいいなぁ~って
家族を持つのも楽しそうだなって思った
一番最初のキッカケが

ここ千葉 一宮のサーファーFamily達なのです




仲良くしてるマッチことマサシくんとこの家族には
当時小1の息子がいて

俺もKもそれまであんまり子供と接したことなかったんだけど
その子とたくさん遊んで
子供との接し方も学んだってかんじだった



いつか自分も家族を持ったら
絶対に行きたいって思ってたんだけど

昨日やっと行けました




当時小1だった子は
そのまま身長だけ伸びたような
まっすぐな中学一年生に


全然すれてなくて
毎日スケボー&サーフィンやりまくってる
とても心のキレイな少年に成長してた


「Kくんありがとう。また遊ぼうね」


そんな手書きのメッセージの書かれた
スケボーの板が
Kの葬式の時にも棺の前に置かれていたよ


自分の人生を大きく変えた場所だったし
Kとの思い出もたくさん詰まった場所だから

どうしても12/30を迎える前に行っておきたかった



相変わらずの雰囲気と
独特の時間の流れは

「またいつでもおいで」

と言ってるようだった


つぎはちゃんと時間を作って
泊まりで行こうと思う


photo:01






2013-09-02 15:10:28

自分との闘い

テーマ:ブログ

銀行に支払いに行こうと
近所を歩いていると

炎天下の中
ランドセルを背負った
汗だくの少年が
坂をくだり歩いてくる

右手と左手を数秒ごとにチェンジし
モジモジとケツを押さえている


ん?



…おや?




君は俺の息子じゃあーりませんか(笑)



俺「どうした!?」
息子「あー、なんかウンチしたくて…」


息子よ。
その気持ちよーくわかるぞ!!


だがな、、
ケツを押さえたところで止められるような敵ではないんだ!


グッドラック!

2013-08-29 00:34:01

夏休み

テーマ:ブログ

息子は昨日から小学校

なんだかんだで
あっという間に夏休み終了です


ひっくり返ってるセミは
何匹も救出したけど

今年はカブト虫もクワガタも
一匹も見かけなかったなぁ

こんな夏は初めてかも
みんなは普通に見た?


去年は産まれて半年くらいだった下の息子が入院したりで
四人で行けなかったプールに
今年は行けました!


なぜか俺の両親も一緒に(爆笑)


まさか親とプールに行く日が
またやって来るとは思いませんでしたぜ


うちの嫁は
俺の両親とホント仲がいい

俺が行かなくても
自分と子供だけでウチの実家に泊まり行っちゃうし

母ちゃんとは友達みたいに
いつもいろんな事話してる


もし嫁と結婚してなかったら
俺と両親の関係はもっとドライだっただろうな


きっと年に二回とか会う程度で
それこそ一緒にプールなんて考えられなかっただろう


嫁と孫と一緒にいる時の両親は
とても笑顔で楽しそうだ


俺はバンドマンという
なんの保証も安定もない事をずっとしてきたけど

唯一、嫁と孫の存在は
親孝行できたのかなぁーと思う


まぁ、それも「嫁と孫が」なだけで
俺がした事じゃないけどさ、、(笑)


とにかく嫁の存在には
ホント感謝している

他の誰かじゃダメなんすよ


なんでこんな事を書いてるかっていうと


母ちゃんと家族で
ビックボーイにハンバーグ食いに行った時に

嫁の天然ボケ具合に
母ちゃんが腹を抱えるほど爆笑しててさ

腹の底から笑いあえる関係って
素晴らしいなぁと


これは書いておかなきゃって
なんか思ったの


憎しみとか怒りとか悲しみとか
マイナスの感情って
爆発させやすいし
実は表現しやすかったりするんだけど

もうちょっと
日々のチョットしたよろこびや
前向きになれるような事

そういう事も
俺は表現したり
残していけたらなぁーと

そんな事を思った
2013夏休み

という話












[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>