2013-10-05 10:30:24

平成25年度 散骨式

テーマ:散骨

平成25年10月4日 台風の合間に散骨式です。

今年は、延期なく開催することになりました。

14柱 27名の方が乗船します

まず、散骨の意味と注意事項について説明しました。


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

台風の影響で、大分波が荒れています

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

散骨地点に到着 表白を読み上げ、法要を厳修

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ


献酒・献花


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

とてもいい散骨式でした。

私は、散骨は大賛成です。しかし、全部を散骨されるのは反対です。

一片の御骨でも手元に残され、ご供養なさってください。

そんな願いを込めて、私の作った地蔵さんをさしあげております。

地蔵さんの胎内に収め、手元供養されます。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

最後に皆さんと故人をしのんで献杯 食事

様々な体験や、散骨に関する意見交換をしながら・・・


散骨するのが、ご心配の方もあり、皆さんと話し合いました。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

エンディングコーディネーターの絆なづきさんも乗船いただきました。

三休の坊さんブログ


参加者の感想です。

思い出に残る散骨式でした。大自然に還れてよかったです。

故人の遺志にそえてよかったです

気持ちがおちつきました

釣りが大好きだったのでよかったです。

心のこもった自然葬に感謝申し上げます。

故人の遺志を尊重してくださりありがとうございました。

つちぼとけ作ってくださってありがとうございます。大切に致します。






AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-13 04:30:37

平成24年度 散骨式

テーマ:散骨

平成24年10月12日 平成24年の散骨式を行いました。

10月5日を予定しておりましたが、台風の影響で1週間延期しました。

参加者は、6柱 17名が乗船して相模湾に向かいました。



三休の坊さんブログ


散骨地点に到着 まずは、船上にて、故人の名前と戒名を読み上げて法要

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

遺族の方々の手による、散骨 大自然に還っていかれます。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

散骨中は、一心に読経をさせていただきました。


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

ちょうど、2年前散骨した義父の命日です。大好きだったお酒をお供えします。


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

きれいな海です。散骨の地点を2周まわって汽笛が鳴らされます。


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ


帰港後、皆さんと共に会食。塔婆をしつらえ、献酒。

故人の思い出話をお聞かせいただきました。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ


私は、散骨は、賛成ですが、全部のお骨を撒かれることは反対です。

たとえ一片の遺骨であってもお残しになること。

手元供養や骨仏など、祈りの方向をもたれることを強くお勧めしています。

当日は、つちぼとけを持参し、3柱が分骨されました。

(すでに分骨された方や、お墓に納骨の方もあります)


今日は、暑くもなく、寒くもなく、いい散骨式でした。

きれいな海をみていると涙が出てまいります。合掌




AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-03 07:52:15

「あなたへ」散骨の映画 

テーマ:散骨

24年8月31日 銀座にやってきました。

今日は、久しぶりの映画鑑賞 高倉健主演 「あなたへ」

三休の坊さんブログ

この映画は、奥さんがなくなって、遺言で故郷の海に散骨してほしい

という内容です。


気になったのが、奥さんの戒名(こんなことに気になるのは僧侶だけでしょうか?)

「明謡院○○妙洋大姉」・・・(一瞬でしたのでうる覚えなのですが・・・)

53歳の戒名にしては、立派過ぎる。明謡(みょうよう)妙洋(みょうよう)と繰り返される。

一体誰がつけられたのでしょうか? ちょっと違和感を覚える戒名でした。


私も、毎年散骨を行っておりますが、散骨をされる方がとても多くなりました。

今年の散骨は、10月5日に実施しますが、すでに満員です。

映画の影響で、まだまだ増えるのでしょうね。


大自然に還るという気持ちの方。

海が好きだという方。

親鸞さんも遺言で「鴨川に流して、魚に分け与えよ」といわれている。



三休の坊さんブログ (平成23年度の写)

http://ameblo.jp/oteranet/theme-10024793711.html


私は、散骨は賛成です。しかし、全部を散骨するのは反対です。

つちぼとけの生徒さんが、ご主人を散骨され、その後、どこに手を合わせればいいのか?

精神的に病まれた方もありました。

少しの御骨でも、手元においておかれることを強くお勧めします。



AD
いいね!(0)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-10-13 06:33:25

第2回 海への散骨式

テーマ:散骨

平成23年10月12日(水)今日は、2回目の散骨式です。

9月20日に行う予定でしたが、台風のため、延期され、今日になりました。


ホテル サンライフガーデン11時集合 出航前の記念撮影


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ


救命胴衣の説明があります。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

とてもいい天気です。 風が気持ちよく、波もありません。烏帽子岩が見えてきました。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ


散骨地点 到着 散骨地点を読み上げられます。

その後、散骨式法要 散骨される故人のお名前・戒名を読み上げ表白。

まずは、私の母の散骨です。


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

続いて、参列の遺族の方の手による散骨です。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

そして、私に託された方の散骨です。


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

続いて、献酒・献花 読経を唱える中で、皆さんの散骨と散華がなされました。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

大海原に還っていかれます。それぞれの思いをこめて・・・海に話しかけます。

涙と感動の散骨式でした。


下船後、ホテルで会食 まずは、私の挨拶

「散骨は賛成です。しかし、少しのお骨を残してください。そして、故人をしのぶ場所を作ってください。

手元供養をされるのもいいでしょう。

皆さんのお遺骨の一部はお預かりし、いずれ骨仏が出来上がります。

悲しいとき苦しいとき、ご先祖といつでもお話ししてください。」

続いて、遺族の方代表の挨拶

「はじめての経験でしたが、とても感動するいい散骨でした」


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

続いて、道文さんのバイオリン演奏 「千の風になって」が演奏され、皆さんのほほを濡らしました。


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

別の遺族の方の献杯 会食がはじまります。私の母にもビールを供えて・・・

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

本日散骨の方々の塔婆をしつらえ、手を合わせました。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

最後に、つちぼとけとラオスのお話をし、募金箱とつちぼとけをお持ち帰りになりました。

三休の坊さんブログ

本年は、8組10柱の合同散骨を実施いたしました。

とても、心に残る、感動の散骨式を執り行うことができました。合掌

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-29 07:18:13

海の散骨

テーマ:散骨

22年7月26日(月) 平塚港より相模湾での散骨を行いました。


私の義父は、海が大好きな方でした。

そして、遺言は、海へ散骨してほしい・・・・。


サンライフさんにお願いし、船を出していただき、一門の僧侶が読経し、海へ散骨しました。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ
なかなか大きくかっこいい船でした。私は、四級船舶の免許を持っていますので、運転したくなります。
三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

まず、サンライフさんで遺骨をパウダー状にしていただき、その遺骨をつちぼとけに分骨です。

「手元供養仏」として自宅の仏壇に、もう一つは、骨仏として本寿院に
三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

一連の間は、道文さんによるバイオリンの演奏

まず、順番に海へ散骨し、読経がはじまります。

三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

次に、散華 いつもは、紙で作ったお花ですが、今回は、環境問題もあり生花です。
三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ
その後、義父が大好きだったお酒を・・・

この家紋入りのお酒は、寺の僧侶がわざわざ用意してくれました。感謝
三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ
皆さんと共に般若心経奉読 
三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ
遺骨の周りを、右回りで3回まわったあと汽笛が鳴らされ散骨の完了が告げられます。
三休の坊さんブログ

当日は、雨の予報がでており、天候が心配されましたがとても良い天気に恵まれ、

波も少なく、義父が水面で喜んでいるように感じました。


はじめて行った、散骨です。

しかし、こんなにも美しい葬送のあり方も良いものです。

ますます、散骨希望者が増えていくことでしょう。










いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。