1 | 2 次ページ >> ▼ /
2012-08-13 04:17:42

北米恐竜の多様性と造山運動の関係

テーマ:恐竜

7500万年前の北アメリカ大陸。


ここでは恐竜の角竜やハドロサウルス類などの急速な多様性が見られた。


しかし
恐竜が絶滅する6500万年前までに
その種の多様性は徐々に減少傾向にあったという。



川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-北米角竜の多様性

恐竜の角竜に関しては
7500万年前あたり地層から、
スティラコサウルス セントロサウルス カスモサウルス など
実に様々な種の角竜が発見されているわけだが、


6500万年前にもなると、
よく知られているものは
トリケラトプス くらいに
なってしまっているのだ。


このような恐竜の種の減少について
今まで「環境の悪化によるもの」という説しか唱えられなかったが・・・。


当時の北アメリカ大陸の地質変動により
恐竜の多様性を変化させたという研究は発表されたという!


そのシナリオとは・・・!


白亜紀前期~中期にかけて北アメリカ大陸西部に
セヴィール山脈という山脈が形成され、
それとは対照にその東側の地は沈降し、海が入り込んだ。
これが、北アメリカ大陸を東西で分断し、メキシコ湾から北極海をつなぐ
「白亜紀海路」だ!


川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-7500万年前の北アメリカ大陸

東西に分断された北アメリカ大陸は
西側を「ララミディア大陸」、東側を「アパラチア大陸」
呼ばれている。


恐竜たちの主な生息地はララミディア大陸であるが、
セヴィール山脈の険しい山岳地帯と
東側は白亜紀海路によって隔てられ、
恐竜たちは広い範囲を移動することはできなくなり、
各々の地域で留まり、独自の進化をすることになった。


これが結果、北アメリカ大陸で種の多様性を促せたというわけだ。


しかし、その後。


セヴィール山脈の東側で新たな造山運動が起こる。
これが現在のロッキー山脈である。


この造山運動により、
セヴィール山脈の東側にあった白亜紀海路の海底は押し上がり、
その海は消失することになる。



川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba-6500万年前の北アメリカ大陸


それによって恐竜たちは北アメリカ大陸を広い範囲で移動できるようになって、
たくさんの種類の恐竜たちは交流することとなり、
独自性が失われ、種の多様性は減少していったという。




いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み