勤怠表を作成する

テーマ:

ソリューションは2つ

 

①職員名簿

職員の詳細情報を管理するためのソリューション

この画面は個人ごとに設定されたIDとパスワードがないと閲覧できない。

(詳細は次回)

 

 

必要な情報を1画面に表示できるように設定する。

 

②打刻用

 

メニュー画面で出勤と退社のレイアウトを切り替える。

職員名簿のID番号をバーコード化し、ネームプレートに印刷する。

打刻をするときは、バーコードリーダーでIDを読み込むと、職員名簿から必要な情報が転記され、タイムスタンプにより現時刻が入力される。

過去の打刻履歴は右の一覧に表示される。

不正防止として、修正は管理者しかできない。

退社はレイアウト切り替え

 

現在、午後6時東京はすごい雪

帰れるか心配である。

ソリューション作成の前に

テーマ:

FileMakerでソリューション(一般的にはファイル:File)を作成する前に、データと項目数が少なければエクセルでデータを整理してからの方が効率が良い。

エクセルのデータは簡単にFileMakerに取り込むことができる。

FileMakerに1からデータを入力するのもよし、Excelでデータを作成してから一気に取り込むのもよし。

データの内容により入力方法を変えるのも作業効率化の第一歩

 

 

 

 

痛い出費

テーマ:

「iOS App SDK」をダウンロードするにはFileMaker Developer Subscription(https://store.filemaker.com/product/FDS)で9000円/年が必要になる。

 

これは痛い出費だ。 

 

会社に請求しようと考えたが、できるかどうかもわからないものに稟議が通るとも思えないので現在思案中。

とりあえすFileMakerでそれ用のソリューションを作成し、完成したら自腹で購入して、使ってみてさらにいけそうだったら稟議を出してみよう。 

 

過去に作ったソリューションがあるのでは、と思うかもしれないが、それぞれのソリューションはリレーションされているため、変換した時にバグが出るか、設定が難しいかもしれない。 

 

まずはリレーをかけず、単独で動くソリューションを作成することにした。 

 

その先はそれができてから考えることにする。

Mac Book Airを購入した

テーマ:

昨年の末にマックブックを購入した。

目的は、Xcodeを使いたかったからだ。

 

FileMakerをiphoneで動かすには、FileMakerGoを使えばいい。

これは社内だけであれば問題はないだろう。

しかし多くの人に使ってもらいたいシステムを作るとして、これを普及させるには、FileMakerGoを入れないと動かないわけで、ここですでに壁ができる。

ファイルを単独で動かすためにはアプリ化する必要があり、Xcodeを習得したい理由はここにある。

 

XcodeはiPhoneアプリを作成するアプリケーションだが、残念なことにMac上でしか動かない。

昔からMacには興味があったが、OSの違いに抵抗があったのと、本体自体の金額が高いことがネックでためらっていた。

しかし昨今、82才のおばあさんがiphoneアプリを作成して有名なった話があり、おばあさんができるのならある程度PCに熟知している自分でも作ることができるのではという安易な発想から購入に踏み切ったのである。

 

実際に使ってみると、予想以上に難しい。

しかもSwiftの言語を習得するのに時間がかかりそうだ。

youtubeにアップされているアプリの作製動画を見ながら、いくつかつくって見たものの、完成したものはパクリであり、その意味を理解して作ったものではないので達成感はまるでなし。

 

その点、FileMakerは言語を覚える必要はない。

どんな順序でスクリプトを動かすかを考えるだけで済む。

 

そこで考えた。

 

FileMakerもXcodeも、ともにApple社製

となれば互換性があるのでは...と。

 

そして見つけた「iOS App SDK」

しかしそこにも新たな難問が...。

詳細は「Xcode FileMaker」で検索してみてください。

購入をためらってしまう

テーマ:

問題は初期投資です。

 

初めての方は、未知のものですのでそれほどお金をかけたくないというのが心情ですが、必要最低限としてソフト代と参考書を合わせると、およそ43,000円は必要です。

その内訳として(Amazonより現時点の情報から)

FileMaker Pro16 ¥ 36,000

FileMaker Pro 16 スーパーリファレンス for Windows & Mac ¥ 2,894

FileMaker Pro 関数・スクリプト サンプル活用辞典 Ver.14/13/12/11/10/9対応 ¥ 3,218

 

正直高いですよね。

簡単にポケットマネーで買えるような金額ではありません。

でもエクセルに限界を感じている方なら、勉強して損はしないソフトだと思うし、ある程度使いこなせてくると、色々なことを試してみたくなる。

そんなソフトです。

 

ここではそんなFileMakerの機能を具体的に説明をするつもりはありません。

もし興味があればネットで「FileMaker」を検索すれば、情報はあふれていますので、いろいろ調べてみてください。

企業でも使われているし、FileMakerを使って起業している会社がたくさんあることがわかります。

 

個人レベルでも機能を十分に使いこなせます。(私のようなおやじでも)

 

これからのブログ内容はシステムを作成するうえで個人的に書き留めておきたい内容を書いていこうとおもいます。