歯医者が教える予防歯科ブログ

予防歯科と、なるべく削らない、抜かない歯科治療を目指し、日々アレコレ考える横浜の歯科医師のひとりごとです。

 歯科医院は、歯を削ったり抜いたりする場所ではありません!
 虫歯や歯周病にならないように、進行しないように定期的にチェックに行き、セルフケアの教育を受ける場所です。
 痛いのが嫌い、歯医者が嫌いな人の為の予防歯科情報を提供します。


ワコ歯科のサイトはこちら
http://wakodental.com/

予約は044-201-9431(09:00~21:00)水日祝休み 
Facebookは「長崎 祥吾」で検索。
NEW !
テーマ:

JR南武線平間駅から徒歩30秒のワコ歯科・矯正歯科クリニックの、歯科衛生士の安藤です。

診療室への扉のイラストを新しく書き換えました!

 

向日葵と青空を描いてみました。

曇りの日が続いていますが、少しでも夏を感じていただければ嬉しく思います!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JR南武線平間駅から徒歩30秒のワコ歯科・矯正歯科クリニックの、歯科衛生士の安藤です。

 

今回は、歯科エッセイ「たいへん申し上げにくいのですが…」という本をご紹介します!

 

「たいへん申し上げにくいのですが… -雑学だらけの歯科エッセイ-」

著  野村洋文

 

歯に関する雑学を、とても読みやすく親しみやすい文体で書いてあるため、楽しんで読める1冊です。

短編集のようにたくさんの項目に分かれているため、休憩時間などに少しずつ読むことができるようになっています。

 

是非一度、お試しください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

保育園、幼稚園、地域の集まりその他向け予防歯科講習会はじめました。

 

無料ですし、ワコ歯科への受診を勧めることもありません。

予防歯科の知識の啓発が目的です。

歯科医師、歯科衛生士が直接出張してお話します。 お問合わせは0442019431まで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JR南武線平間駅から徒歩30秒のワコ歯科・矯正歯科クリニックの、歯科衛生士の安藤です。

 

今回は、当院にある患者さん向けの資料をご紹介します!

中身はスライドや紙芝居にように一つ一つ簡潔にまとめられており、とてもわかりやすいものになっています。

そもそも虫歯ってどんな状態なの?

どういうところが虫歯になりやすいの?

どうすれば予防できるの?

そんな患者さんの素朴な疑問にも、 これを用いてわかりやすくお答えすることが出来るかと思います。

 

ちょっと気になる素朴な疑問をお持ちの方も、是非一度この資料を見てみたい!という方も、どうぞお気軽にお声をお掛けください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JR南武線平間駅から徒歩30秒のワコ歯科・矯正歯科クリニックの、歯科衛生士の田島です。

 

こちらの新しい模型は、上の歯の模型になります。

歯1本1本が取り出せ、複雑な根っこの形を知って頂けたり、

フロスや歯間ブラシの使用方法をお伝えするときに活用していこうと思います。

 

患者さまに分かりやすく、清掃の大切さをお伝えしていきたいと思います!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JR南武線平間駅から徒歩30秒のワコ歯科・矯正歯科クリニックの、歯科衛生士の安藤です。

診療室への扉に絵を描かせていただきました。

ガラスに描いてサッと消せるクレヨン、すごいです!

 

これからは、季節ごと、行事ごとにイラストを描いてみようと思いますので、いらっしゃった際は是非、注目してみてください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JR南武線平間駅徒歩30秒、ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

ガラスに絵を描けて、かつ綺麗に消せるクレヨン「キットパス」

 

歯科衛生士さんに、待合室の窓ガラスに絵を描いてもらいました。有能。

今なら、お子さんの患者さんはガラスに下部にお絵かき可能です。お気軽にご来院下さい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JR南武線平間駅から徒歩30秒のワコ歯科・矯正歯科クリニックの、歯科衛生士の安藤です。

今回は、歯科雑誌『tuft club』の中から「スウェーデン型プラークコントロール」というものをご紹介します!

 

プラークコントロールとは、自宅でのケアや歯科医院でのメンテナンスによって歯垢の量を減らすことを言います。

では、「スウェーデン型」とはどのようなものなのでしょうか?

 

お家で歯を磨くとき、いつも通りに全体を磨いた後で

「そういえば歯医者さんで、ここに汚れが残ってるっていわれたな…」

と思い出して、その部位を仕上げ磨きする、なんてことありませんか?

 

スウェーデン型プラークコントロールはその逆、虫歯や歯周病のリスクが高い部位を何処よりも先に磨いてしまおうという考え方です。

そんなことでいいの?というような内容ですが、実はこれがとても重要なのです。

 

まず、苦手な部位やリスクの高い部位を先に磨いていただくことで、よりそのリスク部位の重要性を感じやすくなります。

そしてなにより、普通の歯ブラシより先にフロスなどでリスクの高い所をお掃除してしまえば、やり忘れることがなくなります。

 

大事なところから磨く「スウェーデン型プラークコントロール」。

今日から始められる手軽な方法なので、皆さんも是非試してみてください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平間駅から徒歩30秒、ワコ歯科・矯正歯科クリニクの田村です。現在、事務をしながら、土曜日を中心に時々ワコ歯科で受付をしております。

先日、衛生士の安藤女史にフロス、タフトブラシの使用方法を指導頂きました。

以前にも歯科衛生士さんから指導をいただいていたのですが、数年経過し、次第に自己流になっていたようで、幾つかご指摘をいただきました。

安藤さんからは「フロスがたるんでいるので、歯と歯茎の間に入る時、清掃効率が落ちています。両手の中指にフロスを巻きつけ、更に両手人差し指のスナップを効かせ、フロスをピンと張るようにしてください」とアドバイスを頂きました。

教えていただいたとおりにフロスを使ったところ、普段より多くのプラーク(歯の汚れ)が取れ、目でじっと見てしまいました。

フロスの正しいやり方を知りたい方は是非お気軽にワコ歯科までお越しください。予防を重視するワコ歯科では、ドクターや衛生士が指導してくれます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

JR南武線平間駅徒歩30秒、ワコ歯科・矯正歯科クリニック院長の長崎です。

>インプラントがダメになる理由は歯科医師か?材料か?患者さん自身か?(院長 長崎)

 開業する時に「もうインプラントはやるまい!」と決めて、それ以降インプラントが必要と思われる方や、インプラントを希望する方は大学病院等の専門機関に紹介するようにしています。

 定期的なメンテナンスや相談、(インプラント以外の)治療で、他院でインプラント治療を受けた患者さんも受け入れています。

 インプラント治療を受けた患者さんが来院する度に思うのは「インプラントのような高度かつ高価な治療を受けたのであれば、インプラントオペをやった先生がいる歯科医院にメンテナンスに通うのが何かあった時の対応等で安心できる筈なのに、何故にワコ歯科に来るのだろうか?」ということです。

 当の患者さんに聞いてみた所

「定期的なメンテナンスは、他の歯医者さんに行くように言われた」

「インプラントを勧める時はすっごい熱心で親切だった歯科医師が、インプラントを入れたら冷たくなった(?)」

「インプラントオペの前後で対応に不満があり、続けて通う気がなくなった」

等、とにかく「クリニックを変えるだけの理由」があったようです。

 定期的なメンテナンスでも利益になるし、通っていればまた何らかの理由によって歯がもげた時、また自分の所でインプラントをやってもらえるので、何故にメンテナンスに冷たい(?)クリニックがあるのかよくわからないのですが...

 インプラント患者さんのメンテナンスと言っても、取り立てて特別な事をするわけではありません。

 まずお口の中の状況を口腔内写真(12枚)、デンタルレントゲン(10枚)で確認し、インプラントになった理由(=抜歯に至った理由)を聞き、プラークの染め出しを行い、現状の虫歯や歯周病、インプラント周囲炎のリスクを調べ、患者さんにもそれを説明した上で、リスクを低くする為のフロス、歯間ブラシ、フッ化物等によるセルフケア、定期健診によるチェックや繰り返しの指導、プロフェッショナルケアの必要性をお話し、患者さんの受け入れられる範囲でメンテナスを受けてもらうだけです。

 最も重視しているのは「インプラントになった理由(抜歯に至った理由)」です。

 インプラントは優れた治療法ですが、抜歯に至った原因(虫歯や歯周病のリスク)が改善されていなければ、インプラント自体は虫歯にはならないもののインプラント周囲炎(インプラントに起こる歯周病と考えて下さい)にはなりますし、残った歯も同じ理由で虫歯、歯周病になりまた抜歯→インプラントになってしまうからです。

 インプラントが実用化されて40年余り。材料や形態、表面性状、設計等は細かく改善が続いていますが、技術的、材料的にはかなり完成されています。

 インプラントがダメになる理由の大半は、患者さん自身のセルフケア、生活習慣(定期的なメンテナスを受けることを含む)にある、と思っています。

 ただ、インプラントを勧める歯科医師がどこまで患者さんに対して「セルフケアや生活習慣が同じなら、インプラントを入れても同じ理由ですぐダメになったり、他の歯も抜かれてインプラントにされちゃいますよ」という事を正直に説明し、その患者さんのリスクに合わせたセルフケアや生活習慣の指導を行っているのか?ということは微妙です。

 週刊誌やネットの記事で「インプラント叩き」をよく見ますが、歯科医師の技術やモラルを糾弾するものばかりで、患者さん自身の自己責任...と言いますか、セルフケアや生活習慣がインプラント手術を受ける前に改善されたか、歯科医師、歯科衛生士の指導を受けたか?という事まで書いているものはすご~く少ないです。

 まあ「患者さんの自己責任」よりも「ヤブ歯科医師!悪徳歯科医師許すまじ!」の方が人目を引きますし、読んで貰えるので(多少は)仕方ないのでしょうが。

 よく「インプラントに興味はあるけど、どの歯科医院を選べばいいかわからない」という声を聞きます。

 技術、使っているインプラントのメーカーや種類、金額諸々あるとは思いますが、私が考える「ここならインプラントをやって安心」という歯科医院の基準は

1.インプラントオペの前に「何故に歯を失った(或いは失いそうになっている)か」をしっかり調べ、セルフケアや生活習慣の指導を行っている。

2.インプラント治療が完了した後も、定期的なメンテナンスと口腔内のチェック、指導を継続している。

 この2つを満たしているかどうか、だと思います。

 インプラントの技術、材料、金額よりも、上記の2点の方がインプラントの成功、長持ちに大きく関与してきます。

 いい車を買っても、オイルも変えず車検にも出さなければ、あまり長持ちしませんよね?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。