放送作家 西川栄二のブログ

放送作家でお笑い学校校長の西川栄二のブログ


テーマ:

日刊スポーツを取っていると、

毎週(火)に、先週のテレビの視聴率ベスト20が載っている。

 

で、見てみると、一昔前と比べて本当に笑える番組が少なくなった。

テレビにおいては、「面白い」って意味がどんどん「興味深い」に寄っていて、

腹を抱えて「ワハハ‥」って「面白い」は隅っこに追いやられている‥

って印象だ。

 

そんな中、健闘しているのが「イッテQ!」だけど、

「イッテQ!」には、ただ単純に「ワハハ‥」と笑いたいっていうだけじゃなくて

例えばイモトさんとかを「応援したい」って気分がどこかにあるような気がする。

この「応援したい」って言うのが、

女性の数字を取るための1つのキーワードのような気がしています。

 

じゃあ、「応援しながら」「ワハハ‥」って番組は、なかなか作れないかというと

そんなことはないはずでさあ。

「VS嵐」を「ワハハ‥」にすると「たけし城」になっていくし、

「鉄腕!DASH!!」も「ワハハ‥」に寄せると「電波少年」に近づいていくはず。

だけど嵐やTOKIOに「電波少年」をしてもらう必要はないわけで(笑)、

考えれば考えるほど自前で応援できるタレントを育てた笑える番組、

「イッテQ」は凄いなあ‥と思ってしまうのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕は宅配で東京新聞と日刊スポーツを取っている。

で、日刊スポーツの社会面と、

東京新聞の文化・娯楽面、中でも「反響」という、

購読者からのテレビ・ラジオへの感想を楽しみにチェックしている。

 

で、昨日の「反響」を見ていたら、

「NHKのど自慢」が画面下に出場者の略歴が出るようになって

良くなった。(51歳男性)

「美空ひばり生誕80周年特別番組」に感動した。

日本人の心を繋ぐ新人歌手に出てきて欲しい。(51歳男性)

「うたコン」に同じ演歌歌手ばかり出てきてつまらない。

そして若い歌手が昔の歌を歌うなら、もっと練習してほしい。(54歳女性)

‥抜粋すると、こんな内容の投稿が紹介されていた。

 

「NHKのど自慢」「美空ひばり」「うたコン」‥

しかも投稿しているのは僕と同年代の人たちばかりだ。

それに紙面で紹介されると言うことは、似たような意見が

いくつも寄せられているから‥と以前に聞いたことがある。

 

僕の同年代は、こんな番組を見て、こんな感想を持っているんだね。

 

これもテレビ局やラジオ局に頻繁に顔を出していると気がつかない真実。

こんな声も、拾っていかなきゃいけないよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の「ダウンタウンなう」に、

加藤茶さん、仲本工事さん、高木ブーさんが揃って登場した。

 

往年のドリフターズを見ている世代からすると、

3人揃っているだけで、幸せな気分になる。

 

で、「全員集合」では最も目立たない存在だった高木ブーさんが、

圧倒的にいじられる存在になっていて面白かった。

 

メンバーが多いと、年を重ねていくうちに、

誰かがしでかしたり、誰かが劣化することで

化学反応を起こすみたいに面白くなることがある。

「5人組っていいなあ」と、しみじみと思ったのでした。

 

そして高木ブーさんと言えば、僕のラジオに来てもらった時も、

ウトウトされていた記憶がある(笑)。

 

一発ギャグとか、テンションが高いとか、何かに異常に詳しいとか、

いろいろキャラはあるけれど、

「何もしない」ってキャラが最強なんだね。

きっと高木ブーさんをゲストに呼びたいテレビ関係者が増えるんだろうなあ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今日の「爆報THEフライデー」に井上順さんが出演。

15年ほど前から感音性難聴だったことを告白されていた。

 

井上順さんは、僕が最初にレコードを買った憧れの人。

7~8年前にテリーさんと一緒にやってたラジオに来てくださった時も

赤いジャケットで颯爽と現れて、スタジオの外から、

あの笑顔で手を振ってくれた思い出がある。

 

あの年齢にして、あの軽さ。

テリーさんと「格好良いなあ~」と話し合っていたのでした。

 

でもスタジオに入ると、ゲストの人はあまり付けないイヤホンを耳につけ、

ボリュームをマックスまで上げ、

「ごめんね、ちょっっと耳が聞こえにくくってさあ」と

話してくださったのでした。

 

何でもペラペラ喋る僕でも、さすがにこの話は封印したままだった。

でもあれから7~8年の月日が流れ、ついに順さんが、

自ら告白されたわけだ。

 

それでも難聴をおして音程を外しながら「お世話になりました」を歌う順さんは、

やっぱり格好良かったのでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の「アメトーーク」は、芸人に混じって

ひな壇に中居正広さんが参戦。

それだけで、なんか特番みたいだった。

 

中居君と言えば司会は抜群に上手いけど、

「アメトーーク」はひな壇の芸人が次々と自分の格好悪いエピソードを

切り合っていく番組。

どんなエピソードを披露してくれるのかと思ったけど、抜群に面白かった。

 

前にも書いたけど、中居君は恋愛に関する格好悪いエピソードを

自由に話せる立ち位置になったら、まさに最強でさあ。

個人的には、5年後くらいに「恋のから騒ぎ」みたいな番組の司会を

して欲しいなあ‥と思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕の回りで「マツコ&有吉 怒り新党」に変わって始まった

「かりそめ天国」の評判があんまり良くない。

 

で、見てみました。

「マツコ&有吉の耳に入れたい話」ってくくりが、難しそうだよね。

 

「怒り新党」の時は、

「2人が怒るか怒らないか」って見方でテレビを見てれば良くて、

2人も「これは怒るか、怒らないか」をあうんの呼吸で決めて、

その線で話が展開していく‥って流れがあった。

 

だけど「耳に入れる」は、

2人の耳に入っただけでもう目的は達成されちゃってる。

それについて、怒るか、褒めるか、喜ぶか、悲しむか、スルーするか‥

「この線でいけばいいわけね」って展開を見つけるのに

時間がかかりすぎているように見えるのです。

 

でもスタッフも優秀な番組だから、

今後、そこら辺にどんな微調整が施されるのかを

楽しみに見守り続けようと思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の「マツコの知らない世界」は、ドリカムの中村正人さんが

登場し、ドリカムアレルギーの人達に向けて、

「俺だって、夢は叶うなんて思っていない」と発言する

ちょっとスリリングで、非常に興味深い番組だったのでした。

 

前にも誰かから同様の話を聞いたことがあるけど、

吉田美和さんはどこまで掘ってもアーティストで、

中村正人さんはアーティスト兼プロデューサー兼

放送作家みたいな人。

 

放送作家っていうのは、

初めてやる仕事をそこそもうまくやらなきゃいけない仕事だけど、

中村さんは初めてやる仕事を全部大当てしてきた人。

そういう意味じゃあ、物凄く優秀な放送作家みたいなもんだ。

 

あと中村さんは「ドリカム=吉田美和さん」って話をしてたけど、

吉田美和さんはどこまで突き詰めてもきっと吉田美和さんで、

そういう意味じゃあ「中村正人さんがいてこそドリカム」

「中村正人さんこそがドリカム」って言い方も出来るんじゃないかなあ‥

って思って見てました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ニッポン放送、昨日の夜6時からは、

明石家さんまさんが29年ぶりにパーソナリティーを務める

ラジオを生放送。

当たり前のように喋り倒して、物凄く面白い番組になった。

凄いよねえ。

 

「ラジオは、喋ることに覚悟とか、決意とか、執着心とかがある人だけが

喋るべき」と改めて痛感したのでした。

 

そうそう、これでニッポン放送は、

今回さんまさんがパーソナリティーを務め、

たけしさんがたまにゲストにやってきて、

タモリさんと所さんはお願いすれば番組を復活できる放送局に

なったわけだ。

 

ってことは、粘り強く、粘り強く説得を続ければ、

4人が顔を揃える番組がいつか生まれるかもしれない。

 

そんな未来が想像出来るのも、

さんまさんの番組が復活したおかげなのです。

良かった、良かった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に

森脇健児さんが出演していた。

 

森脇さんは、ニッポン放送で「大谷ノブ彦のキキマス」を

やっているときに、水曜日のレギュラーでさあ。

僕は木曜の担当で、水曜はスタジオで見学することが多かったのだけれど、

森脇さんは、オンエアーも、オフエアーの時も、抜群に面白かった。

 

とにかくいつもジャージでさあ。

で、番組が始まる前は、ず~っとストレッチをしている。

もう、ここら辺は、完全にアスリートだ。

 

で、本番が始まると、大好きなスポーツについて熱く語るのだけれど、

毎回爆笑トークとなる。

普通、大好きなスポーツを熱く真面目に語れば、

聴く側は熱心に聞き入ったり、感心したりするもの。

だけど、森脇さんの話は、なぜか必ず笑いへと繋がっていったのでした。

 

きっと10代から売れまくったっていう特殊な環境と、

その後、運動ばかりしていたストイックな日常と、

謙虚な姿勢が絶妙にブレンドして、

あの独特なキャラクターが培われていったんだろうね。

 

20歳でMCとして番組を回していた森脇さんだけど、

今は突っ込まれ放題(笑)。それも凄いよね。

 

今、スポーツの話をしたら、森脇さんが一番面白い。

これから東京でもう1度ブレイクするんじゃないかなあ、

いや、ブレイクしないともったいないと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

熊本地震から1年が経った。

いろんなテレビで特集が組まれていたけど、それもちょっと。

どこまで復旧したとか、どこまで元の生活に戻ってきた‥とか、

なかなか全体像が入ってこないよね。

 

東日本大震災は、市街地も甚大な被害を受けたことによって、

「○△商店が営業を再開した」とか

「☆□商店が、復興祈念の商品を発売した」とか、

具体的な復興例が、いろいろニュースに入ってきた。

 

それに対して熊本地震は、お店が多い地域の地震ではなかったから、

そうしたニュースをほとんど見かけない。

1を聞いて10を知る‥みたいな「具体例」を報道する側が作りにくい‥

ってことが大きな理由だろうと思います。

 

あとさあ、ネットで調べたけど、復興・復旧までのスパンが

ちょっと長いんじゃないの?‥って気もしています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。