先日、アニマルライツセンター川越のモカさん主催の動物の為のパネル展に参加させていただきました。主に毛皮反対でしたが、他に犬猫殺処分問題、畜産動物福祉、動物実験反対のパネルも駅前のコンコース一杯に並べさせていただきました。(許可もらっています)

 

 

 

 

天気に恵まれたせいか、子供から大人までじっくり見てくださいました。

 

 

 

 

 

パネルを見た方からの熱心な質問も多く、スタッフのなんママさんが丁寧に説明していました。

 

 

 

 

 

持ち寄った差し入れが凄い。手作りのアップルパイ、Doleジュース、大豆ミートから揚げ、蒸しパン(写真にはないけど)!

ちなみに大豆ミートから揚げは私が作ったの(旦那に手伝わせ)少し味が薄かったかな(▰˘◡˘▰)

 

 

 

 

 

 

 

コートの襟などに使われている毛皮は死んだ動物の再利用ではありません。残酷な殺されかたをして作られています。

 

 

 


 

今回は畜産動物のパネルも展示されました。過密飼育反対。無麻酔で去勢や歯を抜かれるのは酷すぎます。

 

 

 

 

通りかかった調理師の男性から声を詰まらせて私に話かけてくれました。

「犬猫殺処分なんて考えられない、可哀想に。僕は子供の頃豚の屠殺を見たから肉はあまり食べない。でも調理師だからね、職場のみんなにこの事を伝え絶対食べ物を捨てるなと伝えます。自分の子供達にもこのパネルから学んだ事を伝えます。機会あればここに連れて来ます。」と熱心に気持ちを話してくれました。ありがたいです。

 

 

 

 

 

今回は千葉から参加された方もいます。犬のレスキューのエキスパートの方です。同じく埼玉活動メンバーとマクロビの先生も一緒です。

 

 

 

 

 

たまたま通りかかったヴィーガンのカップル。

 

 

凄い応援してくれました。ありがとうございます!

 

 

 

AD