2005年11月20日

ドコモの最新戦略について

テーマ:コンサルこめんと!
〈ドコモの戦略〉

ドコモの夏野氏(iモード開発)は、現状のタイプでの携帯市場の普及は望めないと認識しています。ARPUは低下する一方、かつ携帯加入者数も8900万になり新規獲得ができなくなります。通話、メールなどでは拡大はありえない、ということです。(そのとおり)

夏野氏の目指しているドコモは従来の携帯以上に生活に密着していて、そしてドコモが儲かる仕組みを考えています。たとえばスイカ。これはお財布携帯といして今普及していますよね。そしてドコモはこれによってあたらし収益を得ようとしています。近日ではモバイルSUICAが発表されました。

また、ドコモは現在auが進めている携帯による音楽配信には興味がないようです。これは現状のFOMAではできないのでしょうがなくいっているのかもしれませんが、音楽はPCからのダウンロードが主流になるといっていました。この辺はあきらかにauとは違うところですね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月15日

ビジネス携帯について

テーマ:コンサルこめんと!

〈スマートフォン〉


日本の携帯市場、および携帯は進んでいるという共通の認識がありますが、ビジネス携帯としてはどうなのでしょうか?

N900igが出現したときに多くのユーザから期待の声がありました。しかし、最近はあまり大きなニュースを聞きません。無線LANを使った市場がまだ携帯にはうけいれられないのか。それかすこしづつ広まっているのかでしょう。わたしの感想としては、もう少し大きく広まってもよいかな、と思っていただけに残念です。


日本に比べて米国ではビジネス携帯は非常に元気があるといわれています。ようするに携帯が個人生活の中でもビジネスでも大きな役割をもっているということです。ようするに小さなインプット装置になっているのです。日本では確かに携帯はなくてはいけないものですし活用されていますが、それは通話が大半を占めていると思います。よく携帯をつかった日報管理や営業管理を進めることもありますが、定着化がすすんでいないのが現状でしょう。これをいかにして定着化を進めるのかが次の携帯会社に求められるものです。


やはりビジネス携帯はまだまだ日本ではニーズがあるようですね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月12日

NTT再々編について

テーマ:コンサルこめんと!

〈NTT再々編〉


NTTの再々編の概要がでてきました。それに大して各所から反発がでています。NTTレゾナントはNTTコムと合併、インフラは東西の事業会社が保持というものです。NTTデータやNTTドコモももちろんグループの中核となります。これでは、再編前に戻った感じになり、反発がでるのも仕方がないかな、と思います。


しかし、よく考えてみますとそもそも再編した時点で持ち株会社をもっているので今回のようなグループによる強化は最初から見えていたのです。それを承知で許したのが間違いでした。

持ち株会社をもっている会社組織、ということを最初から考えていれば、今回の再々編は当然のことと考えられます。


わたしたちは時として大事なことに対しても意見を言わず、なんとなく流していますが、おかしいことはおかしいと「そのとき」にいわなければ、後々大変なことになることが再認識されました。


こういうことって郵政の民営化や年金問題、少子化にもいえることですよね。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月11日

ドコモ5000万突破おめでとう

テーマ:コンサルこめんと!

〈ドコモが5000万突破〉


ドコモの加入者数が5000万を突破しました。本当にすごい強さですね。auも強いですが、ドコモのこの強さはどこからくるのでしょうか。やはりNTTという安心感でしょうか。


最近は通信関係、特に携帯がらみの話題が盛りだくさんです。ドコモがタワーレコードに出資したのも大きいですね。しかし、小売専門のタワーレコードと協力して本当に楽曲の配信が進むのかは疑問です。もっと大きな権利をもった会社がいますから。確かにレコード会社などと交渉はしやすくなりますが、それだけの投資にしては大きな額でした。

今後が楽しみです。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月05日

auのデザインプロジェクト進行中

テーマ:コンサルこめんと!
〈デザイン携帯〉

相変わらずauのデザイン携帯の話題はつきません。先日も新たなコンセプトの携帯フォルムを公開していました。本当に携帯とデザインって密接だな、と思います。多分、眼鏡にも同じことが言えると思いますが、いつも身に付けているものが、本当にコモディティ化するとデザインと結びつくのではないか?と最近は考えています。メガネも9999(フォーナインズ)なんてかなり売れていますし、かっこいいですよね。ようするに他人と違うものを持ちたいという気持ちですね。
これからの携帯は機能プラスデザインが決めてになるでしょう。ドコモの従来路線の「誰にでもうける」という作戦はアンマッチになってきましたね。

ニュース:
「TOKYO DESIGNER'S WEEK 2005」トークセッションにKDDIプロダクトデザインディレクターの小牟田啓博氏と富士写真フイルムのデザインマネージャー、堀切和久氏が登場
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月04日

フュージョンはどこに売却される?

テーマ:コンサルこめんと!
〈フュージョンのゆくえ〉

パワードコムは傘下のフュージョンコミュニケーションズをイーアクセスに売却する、と新聞などの報道ででました。まあ、考えられる流れだな、と思いましたがなんとそれとは違う報道がまた出たようです。「交渉は打ち切った」。一体どちらが本当なのでしょうか。最近の日経もニュースが早いのはいいですが、信憑性がなくなってきたように思えます。

どちらにしても事業がKDDIとかぶさっているフュージョンは売却されると思います。どこに売却されるかですが、やはり新規キャリアしか考えられないですよねえ。

ニュース:
イー・アクセスは、同社が東京電力からフュージョン・コミュニケーションズを買収する方向で最終調整に入ったとする一部報道に対して10月28日、「交渉をしたことは事実だが、現在は交渉を打ち切っている」
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年11月03日

ドイツテレコム固定電話縮小

テーマ:コンサルこめんと!
〈ドイツテレコム〉

ドイツテレコムが固定電話を中心に社員を32000人程度削減するようです。このニュースはドイツのことですが、ドイツテレコムはNTTに似ていると言われていたのでNTTにも衝撃があったのではないでしょうか。やはりドイツテレコムもTモバイルという携帯子会社が稼ぎかしらだったようですが、それも加入者が思うようにいかず、しかもARPUが向上しないために苦しくなったようです。

これらは日本のNTTに合致していることですよね。なので、NTTもこのままいくと数万人の削減がおこなわれかねないということです。
やはり新技術の登場で固定電話、携帯電話ともにもうからない状況であることは確かなようです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。