福岡天神 村上治療研究室 柔道整復師・鍼灸師:村上公一

整形外科・内科・リハビリテーション科で多くの改善実績をもつ有国家資格者、村上公一の症例中心ブログです。

鍼灸師・柔道整復師 村上公一HPは
こちら→http://www.murakamikoichi.com

東京、大阪での治療については
随時お知らせいたします。

テーマ:
【今日の診療日誌】

11年前から、右臀部(右尻)の痛みで悩む60代女性。

「これさえ無ければ、悪いところはないのに」と恨めしそう。

3回目の来院にて
「今日は左の膝が痛い」とおっしゃるので「右のお尻は?」と尋ねると「膝に痛みが移ったのか、もう痛くないです」との事。

最も痛かった臀部に気を取られ、今やっと膝の痛みを感じるようになった事、かつ11年間も臀部の痛みをかばって歩いたせいかもしれないと説明した。

全体のバランス確認と左膝の治療を終え、完治したので暫く来なくて良い旨を伝えると「長年悪かったので、まだ心配です」とおっしゃるので、止む無く次回の予約を入れた。

次は、ますます元気に過ごして頂くため、健康増進の施術を行う予定。



 |  リブログ(0)

テーマ:

【顔面神経麻痺】

 

患者さんは色々な症状を抱えて来院されるが、問診する前から見てすぐに診断できるものの一つにこれがある。

 

顔面神経麻痺。

 

多くの場合、難治だ。

 

50代女性。主婦。

 

朝起きて、どうも顔の感覚がおかしいので、鏡を見ると…自分でも驚くほどの変貌ぶり。

 

右目と右の口元は垂れ下がり、幽霊の小岩さんも逃げ出しそうな酷い顔に。

 

それを見たご主人も違う意味で顔が引きつったとのこと。

 

さっそく近くの◯◯字病院を受診。そのまま大学病院を紹介された。

 

長い待ち時間と検査の後、薬を渡され、帰宅。

 

「この顔が薬で治るのか?」という素朴な疑問はあったもののとりあえず薬を服用。

 

その日から1週間、目を閉じられないため髪を洗うとシャンプーが目に入り、口を閉じれないのでお茶を飲むと口元からこぼれ、食事もままならず散々だったという。

 

顔の変形に驚いた知人の勧めで予約を入れ来院。

 

典型的な顔面麻痺の症状。問診の段階でメンタル的な問題点を見受けられなかった(この酷い状態でも冗談を言えていた)ので、症状改善は早いと判断。

 

施術は、まず上位頸椎の矯正。

 

後頭部から首にかけての軽いマッサージ。

 

後頭部への鍼。

 

気がつくと患者さんは寝息を立てていた。

 

治療終了後「顔が悪いのに先生が全く顔を触らないので、不思議でしたが、かなりスッキリした気分です」との感想でお帰りになった。

 

翌日、報告の電話をいただいた。

 

 

顔の変形はあるものの、治療後の夜は、シャンプーで目がしみることがなく、お茶もこぼせずに飲むことができた。とにかく完全に治したいので予約をとのことだった。

 

 

______________________

 

 

 

治療案内

http://www.murakamikoichi.com

 

 

 

福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-15

地産ビル天神9F

村上治療研究室

 

柔道整復師・鍼灸師 村上公一 

 

TEL:092-725-6164

 

治療は全て《 予約制 》です。

 

予約受付時間:10:00~20:00

 

ご予約・お問い合わせは、 

こちら→http://goo.gl/gTz87O

 

 

 

 

村上の気づきや日常をアップしているFacebook

 

https://www.facebook.com/murakamikouichi

 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:
【代々続く頭痛持ち】

 

「祖母も母も頭痛持ちです」と来院された患者さん。ひどい時には全く仕事にならず、しかも一度発症すると2~3日続き鎮痛剤も効かないとのこと。

 

医学的には頭痛持ちは遺伝しませんが、このような方は珍しくありません。

 

上位頚椎の歪みが大後頭神経を刺激していることもあり、原因がそこであれでCTM(Cervical Treatment Method)で十数年悩みの種だった頭痛が短期間で驚くほど改善します。

 

 

今回の患者さんはパソコンでの作業が長時間に及ぶことも後頭部の筋緊張を増悪する原因のようでした。

 

 

0849

 

 

 

______________________
 

 

 

治療案内

http://www.murakamikoichi.com

 

 


福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-15

地産ビル天神9F

村上治療研究室

 

柔道整復師・鍼灸師 村上公一 

 

TEL:092-725-6164

 

 

治療は全て《 予約制 》です。

 

予約受付時間:10:00~20:00

 

ご予約・お問い合わせは、

こちら→http://goo.gl/gTz87O
 

 


村上の気づきや日常をアップしているFacebook

 

 

 

https://www.facebook.com/murakamikouichi



 

 

 
 |  リブログ(0)

テーマ:

【寝違い】

 

寝違えた後の痛みが、なかなか取れずに来院した患者さんです。

 

首の後ろにあるシワをよくよく見ると右側に寄っているのが分かると思います。(施術前写真)

 

この場合、首の右後ろに荷重がかかりやすく、神経を刺激して、同側の肩と背中に痛みが出てしまいます。

 

首の骨を整えると右側への負荷が解放されて一気に楽になります。

 

(施術後写真)

 

{7F5385D4-9E14-4365-A514-FBC6FCB5BF9B}

 

_________________
 

治療案内

http://www.murakamikoichi.com/

 

 


福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-15

地産ビル天神9F


村上治療研究室


 

柔道整復師・鍼灸師 村上公一 


 

TEL:092-725-6164

 

 



治療は全て《 予約制 》です。

予約受付時間:10:00~20:00


 

ご予約・お問い合わせ

こちら

http://www.murakamikoichi.com/ご予約-お問い合わせ/

 

 

 


村上の気づきや日常をアップしている

Facebook

https://www.facebook.com/murakamikouichi


 |  リブログ(0)

テーマ:

【今日の診療日誌】2006年8月24日

 

 

もともと腰痛で治療していた60代女性の患者さん。

しばらく治療を続けたある日、


「先生、実は足が腫れてるんですが何とかなりませんか?」


という相談。

 



診ると明らかな浮腫が右下腿全体にある。


いつもズボンで来られるので、うかつにも気が付かなかった。


患者さんも腰があまりに重症だったので、足のことまでは言わなかったという。


「実はココも痛いんです」


と言いながら、鼠径部(太股の付け根)を押さえている。


「リンパ節か」と思いつつ、腰のついでに治療開始。

 

といっても、鼠径部を軽く押し、下腿にお灸をしたのみ。


ひと月の間にみるみる浮腫が消失。

 

不謹慎ながら、治療をしている方が面白いほどだった。



「20年間、スカートが履けなかったんです」


片足だけ大きいので、恥ずかしくてズボンばかりだったという。

 


治療の最終日に「絶対治らないとあきらめていました」と両手を合わせて感謝された。

本当に治って良かったと、私も神か仏か分からない「何か」に両手を合わせて感謝したい気持ちになった。

 

 

_________________
 

治療案内

http://www.murakamikoichi.com/

 

 


福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-15

地産ビル天神9F


村上治療研究室


 

柔道整復師・鍼灸師 村上公一 


 

TEL:092-725-6164

 

 



治療は全て《 予約制 》です。

予約受付時間:10:00~20:00


 

ご予約・お問い合わせ

こちら

http://www.murakamikoichi.com/ご予約-お問い合わせ/

 

 

 


村上の気づきや日常をアップしている

Facebook

https://www.facebook.com/murakamikouichi


 |  リブログ(0)

テーマ:

【今日の診療日誌】2006年4月13日

 

私が以前、保険適用の整骨院をしていた頃の話です。

 

鍼灸を使わず、電気療法と手技だけでも十分治療が可能である事を知っていただきたくて掲載します。

 

似た症状でお困りの方は、諦めずにお近くの評判の良い整骨院に相談してみてください。

 

 

70代女性。


腰をかがめないと歩けないほどの痛み。
臀部から大腿部までの痺れ。

某整形外科にて、ヘルニアによる坐骨神経痛と診断。
手術を要するとのことで、予約を済ませた。


しかし手術が怖くなり、知人に相談して、当院へ。

来院の際には、まさに「腰の曲がったおばあちゃん」状態。
足を引きずり歩く。顔も苦痛で歪めている。

うつむせに休むことができないので、ベッドには横向きに寝てもらう。


下位腰椎から臀部を中心に治療開始。


初回から3日間が過ぎ、うつむせが出来るようになった。


4日目より腰部へ温罨法を追加。


すでに直立にて歩行可能となり、笑顔もこぼれるようになった。

5日目、整形外科へ手術予約キャンセルの電話をしたという。


整形外科の最終受診から10日経ったので診察に行くと、担当医は「信じられない!」を連発したという。

初診から1ヶ月経過。何の不安もなく、遠方まで行けるようになったとの事なので、経過良好につき治癒とした。

 

 



 

_________________
 

治療案内

http://www.murakamikoichi.com/

 

 


福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-15

地産ビル天神9F


村上治療研究室


 

柔道整復師・鍼灸師 村上公一 


 

TEL:092-725-6164

 

 



治療は全て《 予約制 》です。

予約受付時間:10:00~20:00


 

ご予約・お問い合わせ

こちら

http://www.murakamikoichi.com/ご予約-お問い合わせ/

 

 

 


村上の気づきや日常をアップしている

Facebook

https://www.facebook.com/murakamikouichi


 |  リブログ(0)

テーマ:

まだ新米治療家だった頃の話です。

 

 

「人の痛みが分かるようになりなさい」

 

医療系教育現場や臨床家の間でよく言われることです。

私の場合、よく分かります。


何故か?

 

実は度々患者さんと同じ部位が痛くなっていたからです。



例えば、五十肩の患者さんを担当すると五十肩になりました。


26才のとき、二十肩(?)になり、ひどい目に遭いました。
 

痛む、疼くで夜も眠れません。


なんの前触れもなく、痛み始めて本当に辛かったです。



三叉神経痛の患者さんにあたると三叉神経痛になりました。


右の耳の後ろから歯まで痛くなり、痛すぎて夜中に一人で泣きました。


鎮痛剤では絶対無理と思えるほどの痛みで涙がぼろぼろ。


半分パニック状態で三叉神経目掛けて顔に鍼をしました。


痛みが止まり、倒れるように寝ました。

 



坐骨神経痛にもなりました。


洗面所で顔を洗っていると右臀部から大腿部にかけて、電気が走るような鋭い痛み。


体の硬い私には、かなりやりにくい自分自身への治療で、ちょっと違う場所に鍼が刺さってるかもと思いながらも、痛みに勝てず無理矢理に治療しました。


こんなことが何度か続くと、正直気味悪くなります。


その他は、頸椎ヘルニア。


しばらく頸椎ヘルニアの患者さんが続いた事がありました。


すると案の定、首から背中、母指と示指にしびれが。


まさか!と思いながら、整形外科にてレントゲンとMRI。

 

結果は、頸椎5、6間にヘルニアが見つかりました。

 

頸椎カラーで安静保持、電気療法、鍼治療を行なって治りました。

私の体の不思議な現象。もうコリゴリです。

 

 

_________________
 

治療案内

http://www.murakamikoichi.com/

 

 


福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-15

地産ビル天神9F


村上治療研究室


 

柔道整復師・鍼灸師 村上公一 


 

TEL:092-725-6164

 

 



治療は全て《 予約制 》です。

予約受付時間:10:00~20:00


 

ご予約・お問い合わせ

こちら

http://www.murakamikoichi.com/ご予約-お問い合わせ/

 

 

 


村上の気づきや日常をアップしている

Facebook

https://www.facebook.com/murakamikouichi


 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

【ギックリ腰 対処法】

 

「魔女の一撃」と言われるギックリ腰。

 

あなたも一度は経験しているかもしれませんね。

 

ギックリ腰になったら安静にするのか?

それとも無理にでも動かした方が良いのか?

 

温めるのか?冷やすのか?

 

すぐに病院に行くべきなのか?

 

よく質問を受けるので、治療家の私自身がギックリ腰になったら、どうするかをお伝えしたいと思います。

 

 

ギックリ腰といっても、実は色々な種類があるのですが、今回は何の前触れもなく一瞬で「魔女の一撃」を食らったケースでお話します。

 

 

例えば、自宅の玄関で靴を履き、立ち上がろうとした時に「ギク!痛たたたたっ!」となった場合。

 

私なら、まずその場で倒れこみます。

 

無理に立ったり、座ったりせず、とにかく倒れる。

 

そして全身の力を可能な限り緩めます。脱力に徹します。

 

痛くなければどんな格好でも構いませんので、とにかく倒れこみます。

 

最低10分間は、じっとしています。

 

 

 

次に出来るだけ痛みを避けるように移動します。

 

その場に居続けることはできませんので移動を試みます。

 

「まだ無理かも」と思ったら、もうしばらくは動かずにいます。

 

立てるようなら立ちますが、四つん這いでも、ほふく前進でも、とにかく可能な限り痛みを避けるよう移動します。

 

近くに人がいれば肩を借りても良いかもしれません。

 

 

 

移動先で、横向きに寝ます。

 

仰向け、うつむせではなく、横向きに寝ます。右でも左でも構いません。

 

ポイントは膝を曲げて、その間にクッションや座布団などを挟むこと。

 

通常、どんな格好よりも楽なはずです。

 

そのまま最低30分間、できれば1時間以上は、じっと動きません。

 

おそらく、この段階でようやく「冷静さ」を取り戻すと思います。

 

私なら、キャンセル出来そうな予定は全てキャンセルして、着替えもせずにそのまま数時間は横になっていると思います。

 

可能な限り腰に負荷をかけないことに徹します。

 

 

 

止むを得ず、トイレには行くしかありませんから、動いたついでに風呂にお湯を張ります。

 

きっと湯船に浸かって「まいったなぁ」と言うことでしょう。笑

 

お風呂でやることですが、ふくらはぎを揉んでください。

 

腰を痛めた場合、ふくらはぎの筋肉が硬くなっていますし、実は腰痛に効くツボがたくさん点在しています。

 

素人の方はツボが分からないと思いますので、とにかく揉んでみてください。当たらずも遠からずで必ず効きます。

 

 

 

食事は、あるもので済ませるか、デリバリーにして、鎮痛剤を飲んで、また寝ます。

 

翌日、評判の良い整形外科、整骨院、鍼灸院などに行くと良いと思います。

 

移動の際には、いつも使っているベルトをきつめに締めると、意外に動くことが出来ますので試してみてください。

 

 

______________________
 

治療案内

http://www.murakamikoichi.com/

 

 


福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-15

地産ビル天神9F


村上治療研究室


 

柔道整復師・鍼灸師 村上公一 


 

TEL:092-725-6164

 

 



治療は全て《 予約制 》です。

予約受付時間:10:00~20:00


 

ご予約・お問い合わせ

こちら

http://www.murakamikoichi.com/ご予約-お問い合わせ/

 

 

 


村上の気づきや日常をアップしている

Facebook

https://www.facebook.com/murakamikouichi


 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

【今日の診療日誌】

 

背部の痛みを主訴とした頸椎ヘルニア(C5,6)の例

主訴は、左背部(左肩甲骨々間)の眠れないほどの痛み。


左背部が盛り上がるほどの硬結を服の上からでも確認できるほどでした。


事務職ということで、極度のコリだろうという判断でしたが、よくよく問診すると背部は「ピリピリ」と痛むという。


さらに問診すると左母指側にたまに痺れありと、本人は忘れていた様子です。


疑問に思い、協力整形外科にてX-P、MRI。結果、ヘルニアが見つかりました。


「普通と違う、変だ」と思うかどうかが、患者さんを救えるか否かに関わります。


その勘どころを養うのが臨床です。

 

もちろん、「変だ」と感じるためには基礎知識は必要です。


最終的には、日々の勉強ということでしょうか。

 

 

______________________
 

治療案内

http://www.murakamikoichi.com/

 

 


福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-15

地産ビル天神9F


村上治療研究室


 

柔道整復師・鍼灸師 村上公一 


 

TEL:092-725-6164

 

 



治療は全て《 予約制 》です。

予約受付時間:10:00~20:00


 

ご予約・お問い合わせ

こちら

http://www.murakamikoichi.com/ご予約-お問い合わせ/

 

 

 


村上の気づきや日常をアップしている

Facebook

https://www.facebook.com/murakamikouichi


 

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

【今日の診療日誌】

 

腱板損傷に隠れていた頸椎ヘルニア(C5,6)の例

主訴は、右肩関節の所在がはっきりしない全体的な痛み。


某整形外科にて「腱板損傷」の診断が出ていたので、すっかりそのつもりでいました。


しかし、胸鎖乳突筋に異常な痛みを訴えたのと、頸部の動作にて疼痛の増悪があるため、疑問に思い、協力整形外科にてX-P、MRI。

上記が見つかりました。

 

診断名を鵜呑みにしてはいけないと思った例です。

 

 

 

______________________
 

治療案内

http://www.murakamikoichi.com/

 

 


福岡県福岡市中央区渡辺通5-25-15

地産ビル天神9F


村上治療研究室


 

柔道整復師・鍼灸師 村上公一 


 

TEL:092-725-6164

 

 



治療は全て《 予約制 》です。

予約受付時間:10:00~20:00


 

ご予約・お問い合わせ

こちら

http://www.murakamikoichi.com/ご予約-お問い合わせ/

 

 

 


村上の気づきや日常をアップしている

Facebook

https://www.facebook.com/murakamikouichi


 |  リブログ(0)