VegasProでユーチューバー」にご訪問ありがとうございます

ブログ引っ越ししました→『フロリダぶ』http://msfl.tokyo/



◆ missFLのYouTubeチャンネル→コチラ  ◆ 自己紹介はプロフィールか→コチラ

※ 記事掲載時点での情報です、ご了承ください


©PearlAbyss Corp. All Rights Reserved. ©GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
  • 05 Dec
    • 【お知らせ】当ブログの今後について

      御無沙汰しております。   当ブログの再構成と引っ越しを進めております。   すでに別ブログにて作業を行っておりますため、徐々に非公開(限定公開)記事が増えていきます。   引っ越し先は以下になります。 『フロリダぶ』http://msfl.tokyo/ 現在閲覧できません。復旧まで少々お時間頂戴いたしきます。 申し訳ありません。(2017/3/10)   VegasPro関連記事の検索で来られた方は、上記リンク先へお願いいたします。こちらで非公開(限定公開)にしました記事は、上記へ移動済になります。(若干タイムラグあり) どうぞご容赦の程、お願い申し上げます。   これまでコメント頂きました方、「いいね」してくださった方、読者登録してくださった方に、お礼申し上げます。   新しいブログでは、VegasPro13や動画制作のほか、オフィスソフトの小ネタや小技、おすすめの漫画本、オンラインRPGのことなど雑多に書き散らしております。   新しいブログをご覧いただければ、幸いです。

      20
      テーマ:
    • ソースネクストがVegas Pro 14 Suiteを販売

      ソースネクストが2016年12月31日までの限定で、VEGAS PRO Suite シリーズ登録者を対象に「Vegas Pro 14 Suite」の販売を始めました。 VEGAS PRO Suite シリーズご登録者様限定最新版「VEGAS PRO 14 Suite」特別販売http://www.sourcenext.com/pt/s/1612/05_vegas14_m4/?i=mail_m1価格は89%OFFの9,800円。確かに破格ではあるのですが……。 14の新機能は以下の通り。 NEW バージョン14 の新機能HD を4K 並みにアップスケールHEVC、ProRes 形式に対応動画の切出しが簡単・高速に綺麗に拡大できるスマートズーム機能動画の超高速化が可能( 最大40 倍速)業務用RED カメラをサポートパフォーマンス・安定性の向上 また、「Mercalli V4」というソフトが新しく組み込まれていて、これは手ぶれ補正のモノのようです。 ブレ補正に加え、スマホカメラなどによる映像の「ゆがみ」も除去できるソフト「Mercalli V4 SAL+」  VegasPro13で十分間に合っていますし、14にアップする理由が今のところ無いんですよね……。 それに14て、日本語訳されているのかどうかも不明ですし(汗) 

      テーマ:
  • 06 Oct
    • 当ブログの人気記事

       今年5月からブログを始めまして、5か月が経ちます。 当ブログにたどり着く検索ワードで最も多いのが「VegasPro14」そして「チャンネルアート」。VegasPro14に関してはほとんど触れてないので申し訳ない限りです……どなたか英語の得意な方、お願いいたします( ゚∀゚;) YouTubeチャンネルアートにそこまで需要があるとは思いませんでした。でもチャンネルアート作りたがってる方、多いのですねぇ。また改めて記事にしようかな、と思います。 「音声読み上げソフト」も多いです。商用利用可能かどうか、は、やはり皆様気になるようです。 ボイスチェンジャーという手もあるなあとは思うので、いずれ挑戦してみたいですね。 というわけで、当ブログの人気記事は、大体以下のようになってます。 商用利用可能な音声読み上げソフトhttp://ameblo.jp/ms-fl/entry-12180514028.html 9月末 VEGAS Pro 14発売予定http://ameblo.jp/ms-fl/entry-12185093328.html YouTubeチャンネルアート作成サイトhttp://ameblo.jp/ms-fl/entry-12162004290.html 「いいね」がもらえたのは最大で3つ。3つもらえた記事が以下になります。VegasPro13とはhttp://ameblo.jp/ms-fl/entry-12158081065.html VegasPro13 エフェクト(ビデオFX)http://ameblo.jp/ms-fl/entry-12160980759.html Google Chromeのテーマをカスタマイズhttp://ameblo.jp/ms-fl/entry-12192690064.html Spotlightライターやってみた感想http://ameblo.jp/ms-fl/entry-12196033178.html 記事内容がどうとかよりご祝儀的な意味合いのものもありそうですが……。いつも思うんですよ。あんまりVegasPro13関係ないなぁ……って( ゚∀゚;)  あと、ちょっと参ってしまったのが、Yahoo!知恵袋からのリンク。 うちのブログが「VegasProは商用利用できない」根拠としてひかれてるんですけど、そんな記述はありません。なんでそんな認識になっちゃったかな(´・ω・`) うちの場合、ブックマークか検索エンジンから飛んでくる人がほとんどです。 検索エンジンはYahoo!が58%近く。Googleが38%ぐらいで、残りがGooで、ほんの少しをほか色々で分け合っている感じです。 どこからもリンクを貼っていただけないのはちょっと寂しいですが、動画作って無いし仕方ないかもしれませんねぇw  ブログランキングはあんまり変わってない感じです。いつもポチってくださるみなさま、ありがとうございます  イイネ と思われたらポチっとお願いします(*´▽`*)

      2
      テーマ:
  • 28 Sep
    • Spotlightライターをはじめてひと月経ちました

       早いような……長かったような。投稿した記事の数は25本。ほぼ日で投稿していたことになります。 昨年夏、Spotlightライターがアメブロの写真を無断転載した上、逆切れした騒動がありました。その時に編集部自体もだいぶ叩かれたわけですが、著作権侵害に関しては、それなりに厳しくなっています。 ネットをさまよっているとたまにSpotlightライターについての記事に出くわすのですが、1年前の記事情報は古いと思っていいです。  YouTube動画に関しては、アカウントで共有設定ができる以上「共有可」な動画はもってきていいと個人的には思います(イヤなら設定を変えておくべき)。 ですが、どの記事とはいいませんが、私も1本、某企業より「著作権侵害」の訴えがあって動画を削除しています。転載禁止の記載が一切無いのを確認した上での記事だったのですけれどもね。 自分がアップロードした動画を外部サイトに埋め込まれないようにしたい場合は、次の方法で埋め込みのオプションを無効にします。 1.[動画の管理] にアクセスします。2.埋め込みを無効にする動画に移動して [編集] をクリックします。3.動画の下にある [詳細設定] をクリックします。4.[配信オプション] の下にある [埋め込みを許可] チェックボックスをオフにします。5.[変更を保存] をクリックします。(YouTubeヘルプより) 「仕事」でやってるならこの程度の設定ぐらいしておいてほしいし、但し書きぐらいしておいてほしかったです。  「引用」と「転載」は別物ですが、ここの区別は難しいです。 ツイッターの規約には「提供するコンテンツは、本規約に基づいて他の人たちと共有して差し支えないものに限定してください」というのがあります。それでも、個人のツイートを引用するのはためらいがあります。 私の場合ツイッターの引用は、拡散されることを想定しているであろう「企業」のツイート、または「芸能人・有名人」のツイートに限っています。これでも、(Spotlight自体「外部」ですし)厳密に引用して大丈夫かどうかは正直分かりません。(ただ、編集部的には区別してない気がします。) Spotlightに関する記事の中には、こういう媒体が「WEBライターの価値を下げている」というものもありました。これは一理あるかなあ、と思います。 私みたいなド素人がタダ同然で記事を書くのがいけない、という意見もありました。といっても、小遣い稼ぎに、という人は後を絶たないだろうなぁとも思います。小遣い稼ぎになるかどうかは……人によります。と、思いますw  以前の記事で、Spotlightの報酬は、PV(ページビュー)×レート、と書きました。 その他にたとえば、閲覧ランキング50位に入るとボーナスがもらえたりします。でもこれ、結構難しいです…… 私は今、70位~90位ぐらいをウロウロしているのですが、ランキング上位者の投稿頻度を見ると、1日あたり3記事~5記事ぐらいは投稿している人が多いです。 もちろん、そこまでじゃなくても、1つの記事がドカンと当たって、PVを稼げている人もいますが、どちらかというと少数派な印象です。 でも、1日3記事はちょっとムリですね…… ともあれ、現状では取材のためにお金を使うのは全く現実的ではないので、出来る範囲で書く、ということに変わりありません。  これも前に書きましたが、おすすめ記事になると、Spotlight公式のトップページに載ります。 これが私の個人ページですが、赤い枠で囲ってあるところに「Goods」てありますよね。カテゴリで、ページ上では「いいモノ」という名前です。これがついているのは、「おすすめ記事」になったもの。つまり……ほとんどおすすめにはなっていないんですよw 公式トップページの一部がこちらですが、記事の下に「Spotlightパートナー編集部」とあるのは、提携メディアからの記事です。たとえば「R25」とか「いいモノ調査隊」とか。Doctors Meも提携です。 ざっと見たところ、トップページに掲載されている30の記事のうち、半分はこのような提携業者のモノ。残り半分に載るのは、結構狭き門な気がします。ただ、「書く記事書く記事おすすめになった」と言う人もいるので、個人差があるのは確かですw 面白いのは、「おすすめ記事」になったものの中でも、最終的な閲覧数はかなり違う、ということ。掲載された時間や期間など、タイミングの問題もあるとは思いますが。たとえば、ダイソーやコージーコーナーの記事は「おすすめ」にならなかったのですが、それでも閲覧数はかなり伸びています。  あとは、動画やネットから「海外ネタ」を拾ってこられる人は強いなぁ、とも思います。応募の際にも、英語ができますか、という選択肢があったので、そういう人は重宝されると思います。ま、私の場合ないものねだりです。 安定してPVを稼げるライターというのは、ほかのメディアでも欲しいはずなので、もしかしたら引き抜きとかあるかな、とも思います。サイバーエージェントにしてみたら、そういうライターは自社にとどめないといけませんから、トップライターには別の報酬体系があるんじゃないかな~、と……これは全く私の想像ですw   イイネ と思われたらポチっとお願いします(*´▽`*)

      テーマ:
  • 26 Sep
    • VegasPro14 30日無料お試し(英語版)

       VegasPro13を起動すると、こんなポップアップが表示されるようになりました。うっとうしいですw VegasPro14Editへアップグレードするのに、$199。今のレートだと2万円ちょい。英語ですし、この価格ではちょっと…… 14の画面はこんな感じです。 ものすごく細かく編集できるというのは、なんとなく伝わってきます。 グーグル先生に翻訳してもらった「VegasPro14新機能」。 ・直感的なドラッグ&ドロップワークフロー・アップスケーリング4Kへの映像や超高精細のためのスマートツール・proDADメルカリV4との完璧な画像安定化・NewBlueFXタイトラープロエクスプレス・NewBlueFXルックス・HEVCファイルのサポートとネイティブのProResフォーマットのサポート・VEGAS DVD・アーキテクトでDVDやBlu-rayディスクオーサリング・高DPIのサポート・高フレームレート(HFR)をサポート ほとんど分かりません画質が向上して、速く動いたりズームアップしたりした時も、ブレなくなっているらしい……です。 NewBlueFXタイトラープロエクスプレスはいいですね。字幕の機能がお粗末でしたから。これだけ欲しいですwただし、ProかSuiteにしかつきません。  Vegasシリーズは、SONYからMAGIXという会社へ権利移行したので、MAGIXのサイトからVegasPro14トライアル版をダウンロードできるようになっています。 ※ VegasPro13の体験版については、以下の記事をご覧ください。 VegasPro13 体験版ダウンロード http://ameblo.jp/ms-fl/entry-12169974158.html  MAGIXのVegasPro14体験版ダウンロードページはこちらhttp://www.magix.com/int/free-download/#c9314 少し下へスクロールすると出てきます。14は英語版しか選べません。30日間の期限ありです。また、今後日本語に対応するかどうかは一切未定です。 私自身はお試し版を落としていないので詳細は不明です。ダウンロードおよびインストール後については責任をもてませんので、あらかじめご了承ください。申し訳ありません。  イイネ と思われたらポチっとお願いします(*´▽`*)

      テーマ:
  • 20 Sep
  • 14 Sep
    • YouTubeにアップするためのビデオ設定

       いまどきのビデオカメラは、4Kが撮影できるか否か、というのがひとつの基準のようですね。YouTubeには、8K画像まで投稿することができます。YouTubeの8KはGoogleChromeやSafariブラウザで再生ができます。まあ、1920×1080ピクセル(フルHD)が一番一般的だと思います。 Ghost Towns in 8K8K映像の投稿例 8Kテレビ(スーパーハイビジョン)映像ほぼ日刊イトイ新聞 NHKが開発したスーパーハイビジョン(8K)を鑑賞する様子です。リアルすぎて3Dっぽいです。 でもまあ、これを体感するには、それなりに高性能の再生用機械が必要ということもわかりますねw  8Kとは横7680×縦4320ピクセルの解像度の画面構成のことです。解像度とは映像の細かさのこと。私がアップしている動画は1920×1080ピクセル(フルHD)です。4Kはその2倍、3840×2160ピクセルです。8Kなら4倍ということですね。4Kの映像は、今すでにたくさん投稿されていますが、PCで4K編集するにはそれなりの高スペック、マシンパワーが必要です。4K映像だとまだ再生できる場所が限られますので、もう少し汎用性を高めたい、という場合は1920×1080ピクセル(フルHD)にしておきます。 ビデオカメラでは、「画質」や「画質設定」というところで選択してください。もし、数字での設定画面が無い場合は、「フルHD」とか「HD画質」とか「最高画質」と書かれているところです。 1920×1080ピクセルで、30pとか60iとか選択肢がある場合。30とか60というのはコマ数/秒のことで、60で撮っておけば問題はないかな、と思います。粗い画像をあとできれいにすることはできませんからね。逆は可能ですが。 pはプログレッシブ、iはインターレースで、走査線というものの表し方になります。画面の上から下まで表示するのに、左から右へ、映像を線状の細切れにしたものを、複数本走らせながら徐々に面を埋めて全体を表示すると思ってください。インターレースというのは最初、線1.3.5と映像を流し、下までいったら、今度は2.4.6と表示していく方法です。一方プログレッシブは、1から順番に下まで表示していく方法です。 SONYハンディカム豆知識によれば、 スポーツシーンや野鳥・動物など、激しい動きのある被写体を鮮明に撮影したい場合や、スピーディーで細かな動きを重視した映像作品を作成する場合は60pがおすすめです。動きの少ない被写体の場合は、60iでもよいでしょう。 と、記載があります。 画面の滑らかさでは、60p>60i>30pとなります。静止やコマ送りを想定しているのであれば、60pが無難と思います。 と、ここまで書きましたが。実はYouTubeヘルプには以下の記載があります。 コンテンツは、記録したときと同じフレームレートでエンコードしてアップロードする必要があります。一般的なフレームレートは 24、25、30、48、50、60 fps(1 秒あたりのフレーム数)ですが、それ以外のフレームレートも使用できます。 インターレース方式のコンテンツは、アップロードする前にインターレースを解除する必要があります。たとえば 1080i60(1 秒あたりのフィールド数が 60 のインターレース方式)のコンテンツの場合、アップロードする前にインターレースを解除して 1080p30(1 秒あたりのフレーム数が 30 のプログレッシブ方式)に変換する必要があります。 ということですので、YouTubeにアップするのであれば、インターレースの選択肢は無いですね。  しかし、すでにインターレースで撮影してしまった、などの場合。 VegasProでのインターレース解除は、とりあえず以下の方法です。 「ファイル」→「プロパティ」で以下のダイアログボックスを開きます。「フィールド順序」を「なし(プログレッシブスキャン)」にします。 さしあたっては、これでいけるはずです。  イイネ と思われたらポチっとお願いします(*´▽`*)

      2
      テーマ:
  • 02 Sep
    • Spotlightライターやってみた感想

      「Spotlightライター募集とかいうのが来たけど、なにこれ詐欺?!」みたいな書きこみも見かけますが、とりあえず今のところ詐欺ではないです。 始めたばかりなので「たぶん」としか言えませんが……。  サイバーエージェントがライターを募集しているバイラルメディアは、SpotlightとGAMYとby-s。GAMYはゲーム情報、by-sは女性向けの媒体です。私が記事を書けるのはSpotlightだけ。登録すれば他でも書けるかもしれませんが、その気はありません。なにか「ひとつ登録すれば全部で書ける」みたいな記事を見かけましたが、書けません。 前々回記事に書いた通り、「ブログ感覚でいいなら」と始めてみましたが、やってみたら全然違いました 1本目の記事を上げた後、突然Spotlight編集部から来た「修正依頼」にビビる……w読みやすくするために、ここをこうしてください、という内容でした。 たしかに応募条件の中には修正依頼に真摯に対応できること、みたいに書かれていましたが、本当に来るとは……。当たり前ですが、個人ブログではこういうのは無いので新鮮です。これ、載せちゃっていいものか判断付かないんですが載せちゃえw 編集部に記事のタイトルなおされてました……。 元タイトル が、こうなってました。真ん中のがソレです。(画像がなぜか縦長に) こんな感じでけっこう細かいですが、メディアとして投稿記事を放置していないということなので安心感もありますね。で、がんばって手直ししまして(といってもできる範囲で)、その後「Spotlightアワード」というのにもノミネートされました。 ほぼ1週間の間にSpotlightに投稿された記事の中からノミネートされるようです。私がノミネートされた期間中だと、同じ様にノミネートされている記事の数は261個。もちろんこの数は週によって変動すると思います。 ここから最終的に3つが選ばれて、受賞となります。(3つより少ないこともあるらしいです。私は受賞できませんでした。) おすすめ記事にしてもらえると、同時にノミネート対象になるっぽいです。 おそらく誰もが気になる報酬についてですが。「秘密保持」の規約があって、公式サイトに載っていること以外、あまり詳しくは書けません。 ポイント×レート=報酬、となります。ポイントはベージビューによって変動しますが、単純に1PVいくらではありません。レートは初めてだと0.2、つまり2割計算からのスタートです。月ごとに変動します。 画像の300円というのは、印象ですが、結構現実的な数字です……。  「編集部おすすめ!」になるとサイトのトップページに掲載されて、PVはグンと伸びます。 トップに挙がっているのは1日ですが、タイミングがよければその間にFacebookなどで拡散されるので、その後も数日は伸び続けます。 もし、おすすめ記事に取り上げられないと、PVは頑張っても4、50程度。 私は今6本の記事をアップしていますが、一番低いものだと10ちょっと。1日ではなく、全体で。そんなのが4本ですw PVによって報酬金額が変わるので、これはきついですね。  そしてこれは一般ライターの場合。 公式ライターになると、1記事いくら、という固定での報酬になるみたいです。が、ある方のブログ記事によれば、月に10本は書かないといけない、出されたお題にそった記事にしないといけない、といった制約もあるそうです。 公式なので、そりゃまあそうなるか、とも思います。 アクセス数やリンク元はCSVデータとして落とすことができます。ある程度情報が蓄積されたら、分析してみるのも面白いんじゃないかなぁと思います。 6本のうち、一番人気の記事がFacebookの「いいね」数100を超えまして、「わあー」と思っていたのですが、他の方の記事を見たら15万とかいう化け物みたいな数字を叩き出していました……。  私の上げた記事はこちら↓です。(投稿順) 日々献立に悩む主婦の方にもオススメ!レシピが参考になる、旬な「料理漫画」4選今のところダントツの一番人気記事。今後これを超える記事が出せるかどうか……w まだまだ暑いから怖いお話を ~ 納涼 オススメ怪談実話本怪談実話本が好きなので、自分が読んだものの中からピックアップ。もうちょっと延びるかと思ったんですが、そうでもなかったです。 いそげ! あのSF小説と再会したい ~ ハヤカワ文庫デジタル化総選挙 投票〆切り迫る!もう締め切り過ぎてます。申し訳ありませんこの企画の事は、ライター始める前にも一度ツイッターで流しました。 炎上が終わらないPCデポ騒動 ~ 高額サポート・クレカ不正使用・無認可売買など社長インタビューとかがヤフーニュースでも流れていますけど、「炎上したけど売り上げに影響してない」とか言っちゃってるので、これはおさまらないだろうな、と思います。内部告発が出てきている時点でこの姿勢はどうかと思いますよ。 こんなことできちゃいます!「パワーポイントでパソコン画面を録画する方法」以前こちらでもアップしたものです。スクリーンショットがこのブログの宣伝になってたので、SSだけ差し替えました。 9月いっぱい!「ご当地キティと書店祭」開催中!!個人的に応援したい企画だったのでwイベント公式にフォロー&リツイートされて、「あっ……バレた」て思いました。悪いことは書いてないはず……です、うん。  サイバーエージェントつながりということで、こちらのブログでSpotlightのことは時々書かせて頂こうかな、と思います。どうぞ、よろしくお願いします。

      4
      テーマ:
  • 31 Aug
    • 「Vegas Pro 13 Edit」3,000本限定・3,980円で発売中

      現在ソースネクストにて、「Amazing Autumn」キャンペーンとして3,000本限定で割引販売が行われています。Vegas Pro 13 EditSONY公式価格 39,995円→ 特別価格 3,980円 Vegas Pro 13SONY公式価格 59,995円→ 特別価格 7,980円Vegas Pro 13 SuiteSONY公式価格 79,995円→ 特別価格 8,980円 期間は9月25日(日)まで それぞれの違いはこんな感じです。 (SONY公式価格は米国SONYストアでの販売価格(ドル)を、8月17日時点、100円のレートで換算した金額)

      テーマ:
  • 27 Aug
    • spotlightライターはじめました

      こちらのアメブロの方に、「spotlightライターに応募しませんか?」というメッセージが届きました。 spotlight公式トップ アメブロ登録者全員に配られているのかと思いましたが……。 放置してある別アカウントでログインしてみましたら、こちらには「【ご招待】9/19(月)FOOD&DRINKフェア」というのが届いていましたので、全員ではなさそうです。 (もう3年ぐらい放置していますが、こちらより3倍近いアクセス数がありますw) ただ、すでにライターとして登録している人のところにも届いた、という記事もあって、笑ってしまいました。 建前でもいいから「ライター」は大事にしましょうよw 募集条件もキビシイ感じではなかったので「ブログ感覚でいいならやってみるか」ぐらいの軽い気持ちで応募しました。  その後「ところでspotlightって何?」と検索してみましたが。 あんまり評判よろしくないですね…… 昨年「パクリメディア」として炎上したようです。 今でも○○まとめ、みたいな記事がずらっと並んでいますが、そういうものではなく。ある方の記事をそっくりコピペしたらしいです。 サイバーエージェントのバイラルメディア「Spotlight」に写真盗用記事著作者の抗議にライター「傷ついた」と“逆ギレ” アイタタ…… これは駄目ですね。 今は一応謝罪して削除されているようではありますが……。  電子書籍もそうですが、こういうのは「本人」も当然ですが、「発表する場」を与えたほうにも責任を負わせるべきです。 インターネット上の情報を取り締まるのは大変でしょうが、これをきちんとやらないと、情報を発信する側の質がどんどん劣化すると思いますよ。 せめて玉石混交ぐらいにとどめて頂きたいものです。  で。肝心の「spotlightって何?」ですが。 「バイラルメディア」と言われるものだそうです。 サイバーエージェント自身はもっと簡単に「情報メディア」と言っていました。 でも、どちらもよくわかりませんね。 バイラルというのは「ウィルス性の」という意味だそうで、TwitterなどSNSの口コミで、短期間に浸透、拡散していく情報をイメージしているようです。 スマホファーストといって、PCよりもスマートフォンで閲覧することを一番に考えられたデザインも特徴だそうです。なるほどね。 記事を見ると、動画や画像が多いのもスマホ優先だからのようです。 日本で流行だした頃は「動画まとめ」とイコールみたいな捉えられ方もしていた感じですね。 もともとは米国発祥の「Buzzfeed」あたりから始まったもの。 Buzzfeedはたしかに聞いたことがあります。 昨年末にヤフーと組んで「BuzzfeedJapan」が鳴り物入りで始まったらしいのですが、「思想的にかなり偏っている」ようなので、近寄らずにおります。 ほかはかろうじて「netgeek」が(バイラルメディアという認識はありませんでしたが)お気に入りに登録してあります。 「netgeek」にもパクリがあったようです。(-ω-) バイラルメディア「netgeek」に無断転載された件。 その性質上、パクリ騒動が後を絶たないようです。 「BuzzNews」閉鎖 「A!@attrip」全記事削除……バイラルメディアの著作権侵害、運営元が相次ぎ謝罪 一説によれば、バイラルメディアの生存率は20%程度とも……。  キュレーションメディアが「○○に関する情報」なのに対して、バイラルメディアは「なんでもかんでも」という感じですね。  国内的にはspotlightがメディアとしてどのくらい「もつ」のか未知数ですし、何より私自身がいつまで続けられるものかw はてなブロガーがはてブでまとまるように、アメーバブロガーがアメーバ内のコミュでまとまるように、spotlightも、ライターを増産することでPVを伸ばそうとしているのでは? という疑問も沸かなくはありませんけれども。 とくに審査もなく登録が完了したので、せっかくですから投稿してみようかと思います。 

      1
      テーマ:
  • 22 Aug
    • Google Chromeのテーマをカスタマイズ

      デフォルトでは味気無いな~、という場合 このように↓カスタマイズすることができます Google Chrome公式で「テーマ」を選びます「CHROMEに追加」ボタンをクリックします しばらくすると「CHROMEに追加済み」に変わります これで完了です一旦ブラウザを閉じて、開きなおしてみてください Google Chromeのテーマは、以下の場所に保存されます C:\Users(ユーザー)\(ユーザー名)\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Extensions 但し、1つしか保存できず、別の物を適用すると上書きされます  ……で、ここから先は自己責任でお願いしたいのですが この「テーマ」を簡単に自作できないものか……と考え、「ThemeBeta」というサイトを使ってみました こちらのサイトには、ThemeBeta.com is a web site for Theme Designers to create and share Chrome Themes online.ThemeBeta.com is not sponsored or affiliated by Google Inc. と書かれており、グーグルとは無関係であることが明記されています (Google Chromeのアプリで検索しても出てきますが……) 「Theme Creator」というところをクリックします 基本的には、「Basic」タブで上から順に指定すればOKです1.使用したい画像を選択2.タブや文字の色を変更(自動的に変わります)3.出来上がったテーマをインストールして反映 (4.はログインしないとできないようです) このような、ちょっと怖い警告が出ますが、「続行」します あとは、上と同様、再起動すれば反映されているのが確認できるはずです 1.では、「Image」タブを使うと、かなり色々な場所に画像を反映させることができます (赤く表示されているところが変更対象部分です)  2.で、自分で色を選びたい時は、「Colors」タブに切り替えて色の選択もできます   3.では、出来上がったテーマをそのまま反映させず、保存することができます  やはりちょっと怖いメッセージが出ますが、普通に保存できます また、保存した「○○○○.crx」をテーマに適用するには、Google Chromeを開いておき、画面上にCRXファイルをドラッグするだけです 確認メッセージが表示されますので、「テーマを追加」で了承してください  (上記サイトで他の方が作ったテーマを利用したい場合もログインが必要なようですが、アカウントを取っておりませんので割愛いたします 申し訳ありません)  イイネ と思われたらポチっとお願いします(*´▽`*)

      3
      テーマ:
  • 20 Aug
    • VegasPro13 プロジェクトプロパティの設定

        画面下の部分を「タイムライン」といいます。 タイムラインに取り込んだ素材のことを「イベント」、ファイル全体を「プロジェクト」といいます。 「プロジェクトメディア」などから、映像用の素材をタイムラインへドラッグ(またはダブルクリック)すると、以下のようなメッセージが表示されることがあります。 VegasProで作られるファイル、「プロジェクト」には、既定で様々な設定が行われています。これらを変更したい場合、「ファイル」メニューから「プロパティ」を開きます。 このような↓ダイアログボックスが表示されます。 「テンプレート」から、どのようなサイズの動画にしたいかを選びます。  (○○×●● △fps)と書かれている○や●の数字は、画面のサイズのことです。解像度とも言います。 単位は「ピクセル」で、「p」と略されていることもあります。 △fpsというのは、1秒当たりのコマ送り数のことで、フレームレートと呼ばれます。△の数字が大きいほど、滑らかに見えます。(カラーTVのフレームレートは29.97fps) YouTube動画の推奨は、縦横比率(アスペクト比)が16:9の、ワイドスクリーンと呼ばれるサイズです。 YouTube公式の推奨サイズは以下のとおりです。 ・ 2160p:3840×2160・ 1440p:2560×1440・ 1080p:1920×1080・ 720p:1280×720・ 480p:854×480・ 360p:640×360・ 240p:426×240 (縦横比4:3の画面はノーマルやスタンダードサイズと呼ばれます。) 私が動画を作る場合は、YouTubeにアップロードする前提で作りますので、以下のような設定にしてあります。 テンプレートで「HD 1080-60i(1920×1080.29.970 fps)」を選んだ後、フレームレートを変更し、名前をつけてテンプレートとして保存してあります。 「フル解像度のレンダリング画質」は、レンダリング(書き出し)時に設定することも可能ですので、ここでは割愛してもかまいません。 サイズとフレームレートは別として、画質などに影響が出るのは、レンダリング時の設定だと思います。 レンダリングについては、以下の記事↓をご覧ください。VegasPro13 高画質でYouTubeにアップ ニコニコ動画では、1280×720が推奨です。(※ 2016年8月時点)  ……と、ここまで一応いろいろ書いてきましたが。 動画編集の際、原則として設定は元動画と合わせます。  ・ 元動画と設定を揃える方法 「ファイル」メニューから「プロパティ」を開きます。 プロジェクトプロパティにある、「メディアビデオ設定と一致させる」を選びます。 ファイルを選択する画面が表示されますので、動画編集で素材として利用したい映像ファイルをクリックします。 選択した動画ファイルに合わせて、自動的に「幅」と「高さ」、「フレームレート」が変更されます。 あとは、「OK」をクリックです。  イイネ と思われたらポチっとお願いします(*´▽`*)

      テーマ:
  • 15 Aug
    • YouTubeチャンネルをカスタマイズする

       ……といっても大した変更はしておりませんが こちら↓が、私の現在のチャンネルの画面です このように、色々な場所が編集可能です  では、編集の手順です まずYouTubeにログインします 画面左のリストから「マイチャンネル」に切り替えます カスタマイズするには、そもそもカスタマイズ可能な状態にしないといけません こちら↓の歯車のマークをクリックしますチャンネル設定の画面で、「チャンネルのレイアウトをカスタマイズ」をオンにします「保存」をクリックします 編集の際は、「ペンの絵」が表示されているところをクリックしますチャンネルアイコンは、グーグルの方で指定済かと思います 公式ヘルプより  チャンネルアートについては、以下↓の記事をご覧くださいYouTubeチャンネルアート作成サイト  最初に表示されるのは「ホーム」画面です 私は、「ホーム」と「概要」を変更してあります 以下が「概要」の画面です、要は紹介文ですね 「ホーム」画面は、「チャンネル登録者向け」と「新規の訪問者向け」に分かれています ですので、2パターン作ることになります 私の場合、登録してくださっている方は5名のみですから、大半の方が新規となりますねw おすすめ動画は、登録者向けと訪問者向け、別々の指定ができます 編集はこのような画面です セクション部分はこのような編集ができます デフォルトでは「アップロード済み」が一番上に来ていたので、「セクション」の順番をボタンで入れ替えました おすすめチャンネルの編集画面ですもちろん、複数チャンネル登録可能です  ……大体、こんなところでしょうか私自身そうそうチャンネル登録はしませんが、チャンネル画面まで見に行くことはよくあるので、こちらも設定しておいて損はないかと思います  イイネ と思われたらポチっとお願いします(*´▽`*)

      テーマ:
  • 05 Aug
  • 30 Jul
    • KDDI新ブログサービス g.o.a.t 使用感想

       KDDIの新ブログサービス「g.o.a.t」(ゴート)が使えるようになりました ※ g.o.a.t β 版は今のところ登録制 上記のお知らせのメールが、木曜日に届いていました(ベータ版で最高のブログと言い切るのもスゴイw) さっそくアカウント作成をしてみます 必要な入力項目は、これだけ↓ ・ サブドメイン (登録後は変更不可)・ 著者 (ニックネーム)・ メールアドレス (変更不可)・ 国 (選択済)・ タイムゾーン (選択済)・ 言語 (選択済)・ 利用規約 (同意のチェックボックス) 利用規約が、かなり分かりやすい文章で書かれているのが印象的です 普通は小さな文字で小難しく、乙とか丙とかあるものですがw アカウント作成を済ませると、このような↓画面になりますずいぶんシンプルですね それから、アカウント作成すると、「ブログの作成が完了しました」というメールが届きます 画面右上にある三本線は、「アカウント設定」と「ログアウト」です アカウント設定はこんな感じ↓ブログタイトルを変えてみようと、ペンの絵をクリックしました プロフィール画面に切り替わりました 画像は、自分で取り込むほか、用意されているものを利用もできます 利用できる画像の無料サービスはこんな感じですただ、画像の数は(まだ?)多くなさそうです​ ある程度、画像の加工編集も可能です 記事も書いてみます 普通に文章を記述するほか、画像や動画、地図やリンクを挿入したり、表を作ったりできます 今までやったことのない「会話形式」にしてみました とりあえず、「下書き」完成です 記事ひとつひとつに、画像の設定ができます 画像でなければ、グラデーションでの塗りつぶしになります(上の記事が画像未設定) この色、記事を書くたびに自動的に変わるので、意識せずともカラフルな画面になりそうです 「公開」を選ぶと、このような画面↓になります至れり尽くせりのような……そうでもないような……w 好きなタイミングで公開できるのはいいですね  こちら↓が、私の新しいg.o.a.tブログです「ms.FL's ブログのBLOG」(今後、ツイッターにこちらの更新履歴も流れると思います) ご覧の通り、かな~りシンプル 他社のブログサービスと比べて、自由度がありそうな分、圧倒的に機能が少ない ログインするには、ログイン画面でメールアドレスを入力してその都度ログイン画面へのアドレスを送ってもらわないといけないようです おもしろい形式ですね……ワンタイムパスワードみたいですまだベータ版ですから、これから色々変わっていくと思いますがブログというよりも、サイトのような印象ですね バンバン自撮り写真を投稿したい人にはありがたいレイアウトかも 今後実装予定の「縦書き機能」も楽しみです  イイネ と思われたらポチっとお願いします(*´▽`*) 

      1
      テーマ:
  • 28 Jul
    • 9月末 VEGAS Pro 14発売予定

       VegasProの開発は終わっていないという話は聞いていましたが、先日MAGIX Software より、VEGAS Pro 14の案内のメールが届きました Since the acquisition of VEGAS Pro and other tools from Sony Creative Software, our entire development team in Madison, Wisconsin is working tirelessly to take video editing with VEGAS Pro to the next level. This means that at the end of September 2016, you can look forward to the most advanced version of VEGAS Pro yet ! グーグル先生に翻訳してもらいました ソニークリエイティブソフトウェア、マディソンの私達の全体の開発チームからVEGAS Proと他のツールの買収以来、ウィスコンシン州は次のレベルにVEGAS Proでビデオ編集を取るために精力的に取り組んでいます。 これは、2016年9月の終わりに、あなたはまだVEGASプロの最も先進的なバージョンを楽しみにしてできることを意味します! だ、そうです さしあたって気になるのは、日本語化されるのかということと、価格でしょうか  

      テーマ:
  • 24 Jul
    • YouTubeクリエイターアカデミー

       時々、これを「見ておくといいよ」と勧める記事があります 2011年か12年あたりに「クリエイターハンドブック」という名称で始まったようですが、現在は「クリエイターアカデミー」という名前になっています YouTubeクリエイターアカデミーYouTuber育成講座みたいなものですね ボリュームたっぷりなので、私などは早々に挫折していますが真面目に取り組めばたぶん効果があるのではないかと…… 「開始」で進んで行くと、こんな感じ↓になります 文章と参考動画で教えてくれるようですねただ、動画が英語なんですよねぇ…… PDFでも落とせるので、取り込んでおいて時間のある時に見直すのでもいいかもしれません 参考動画は見られませんけどね そのうち……そのうち、攻略したいな~とは、思います……  ところで、修了証書がもらえるみたいなのですが、これをもらうと何か良いことがあるのでしょうか

      テーマ:
  • 22 Jul
    • VegasProとWordで金属質感のロゴ

       VegasProの以前のバージョン(11や12)には、「NewBlue Titler Pro」という、テキスト作成用のプラグインが付属していたようなのです が、VegasPro13にはそれがありません 立体の文字をタイトルに使いたい、ロゴに金属っぽい質感をつけたい このような場合、おそらくVegasPro13では対応できないと思います(´・ω・`) ※ できる、という情報をお持ちの方はぜひお教えください 「3Dトラックモーション」というのがありますが、これは「動き」に「奥行き」をつける機能のことで、文字そのものを立体にする機能ではありません なので「VegasPro13以外のソフトでテキストを作って取り込む」しかないかな、と思います 今回は、Wordのワードアート機能を使って、金属っぽい質感のあるタイトルを作ってみます  Wordを起動し、「挿入」タブから「ワードアート」「デザイン」タブの「テーマ」を変えると、ワードアートの一覧に出てくる種類が変わります 既定では「Office」というテーマですが、「ベルリン」というテーマにするとこのように↓なります2つ上の図と見比べてもらうと、変わっているのが分かります ワードアートの色と種類によっては、金属っぽい質感の他に、プラスチックっぽかったり、水滴のようにしたりガラスのような見た目にすることもできるかな、と思います 好みのものをクリックで取り込んだら、文字列を入力します フォントやフォントサイズは、「ホーム」タブの「フォント」グループで変えられます それ以外の塗りつぶしや影などは、「描画ツール-書式」タブの「ワードアートのスタイル」で、変更できます また、文字列の上で右クリック→「図の書式設定」でもっと細かい設定のできる「作業ウィンドウ」が開きます いろいろ試してみるといいですね文字列が出来上がったら、図形を塗りつぶします緑色か青色がいいでしょう 塗りつぶしたら、ワードアート全体を選択し、コピーします 数行下にカーソルを表示させ、「図」として貼りつけます※ ダブルクリックでカーソルを出しておくといいです 貼りつけた図で右クリック→「図として保存」ファイル形式は、JPEGでもPNGでもいいと思います これで、テキストを「画像」として保存することができました  保存したら、その図を起動しておきます さらに、VegasProも起動します 両方起動したら、図が見えるように、ウィンドウのサイズと位置を、それぞれ調整しておきますこんな感じで…… 次に、保存しておいたテキスト(図)をVegasProに取り込みます タイムラインにテキストを配置したら、「イベント パン/クロップ」で、必要があれば、位置やサイズなどを調整します 一応「出力アスペクトに一致」させます 「ビデオFX」から「クロマキーヤー」を選び、「グリーンスクリーン」をドラッグして適用します しかし、これだけでは綺麗に抜けません背景が、なんとなく青色で残ってしまっていますね そこで、スポイトの絵をクリックし、別画面に出しておいた図の方の「緑色」を取り込みますこれで、かなり綺麗に背景が透過されます それでも、うす~く四角い枠が残ってしまうので、あとは、「低スレッショルド」と「高スレッショルド」のバーで、微調整してください  今回はWordを使いましたが、もしPowerPointをお持ちなら、PowerPointの方をお勧めします PowerPointでは、文字の塗りつぶしに「テクスチャ」や「図」を使うことができるので、木目調にしたり、岩壁っぽくしたり炎にしたり……もできるからです ※ クロマキーヤーの説明はこちら↓にもあります  VegasPro13 背景を透明にする  イイネ と思われたらポチっとお願いします(*´▽`*)

      2
      テーマ:
  • 18 Jul
  • 16 Jul
    • アメブロのRSSがおかしいらしい

      先月から、アメーバブログのRSSに遅延が発生しているようです どうも最近、記事を上げてもブログランキングの方に反映されないと思っていました  人気ブログランキングアメブロの最新記事取得の遅延について   にほんブログ村アメーバブログの最新記事反映の遅延につきまして  どうもアメーバブログ側に原因があるようです RSSに最新記事が反映されているか確認を、というので見てみたところ、この状態…… ランキングの方は、Ping代理送信機能を使うとか、面倒なりにやりようもありますが、それ以外は問題ですよね 何が原因か分かりませんが、アメーバブログには、早めの対応をお願いしたいですね 

      テーマ:

AD

プロフィール

ms.FL

自己紹介:
2014年末にVegasPro13を購入するも、難しく感じて一旦挫折。 1年以上放置してあったが、...

続きを見る >

読者になる

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。