わかってあげて

おかえりなさい(^^)♪ みちよです。


{わかってあげて」



という今日のタイトルを見たら



「誰を~????」



と思う方が大多数かと思います。




ここで 「わかってあげて」 欲しいのは、



あなた自身のことです。




・・・ほとんどの人が、



「自分のことなんだから、そんなの当たり前にわかっているよ!」



と思っています。



でも、そういう方たちのの部分は 



(※簡単にわかりやすく「魂」と言っておりますが、本当はそれに近い深い意識)



わかってもらえなくて、いつもさみしい思いをしていることがほとんどです。



「わかって、わかって、誰かわたしのことをわかって」



と訴えています。



見えない、聞こえない領域の表現だから、



気づかないのです。



その



「わかって、わかって、誰かわたしのことをわかって」



が、第一段階は感情に出ます。



意味がなく落ち込んだり、



心の底からの寂しさを感じたりして、



孤独感に打ちひしがられれるのです。



そういう場合、多くの人は、



パートナーを見つければ、この感情を解消できる



と思って、意識を <外側> に向けて、



誰かを見つけようとするのですが、



これは外で解決できるものではなく、



あくまでも <内側> のものなので、



たとえ誰かと出会っても、この孤独感が消えることはありません。



「わかって、わかって、誰かわたしのことをわかって」



のために相手を使っているだけなので、



こういう恋愛はおのずと長続きしません。


そして結局孤独に陥るのです。



また。怒りやフラストレーションで出す人もいます。



本当は、その感情の下に、



「わかって、わかって、誰かわたしのことをわかって」



が隠れているのです。




感情以外では、身体の表現(=病気)として出されることもあります。



これも、身体の不具合が、身体ではなく  から来ているのであれば、



いくら対症療法として投薬を受けたとしても、



根本の改善にはならないんです。






<真から>わかってほしがっています。



それには、あなた自身の協力が必要なんです。



他者は、人格が違うためにエネルギーに差異があるので、



たとえ、どんなに近しい人(親、兄弟、親戚、親友、配偶者など)



だとしても、自分と全く同じように感情を感じることは不可能なんですね。



でも、あなたならそれが100%できる!



自分自身のために「すべてわかってあげること」が完璧にこなせるのです。



だから、わかってあげてください。



あなた を理解してあげてください。



人知れず、



誰にも言えない、言えなかった感情を持つあなたを、



わかってあげて、抱きしめてあげてください。





寂しかったこと  悲しかったこと



辛かったこと  悔しかったこと



嫉妬したこと  気が狂いそうになったこと



絶望したこと  泣く泣く諦めたこと





あなたしかわからない こんな生の感情を受け止めてみてください。



どんな感情も、あなたのエネルギーの一部なんです。



あなた自身の一部です。




今日は、そんな風に自分を わかってあげて ね(^ー^)



みちよ