Dream Road♪

6歳と2歳の男の子の母です。
4人家族で女性は私1人ですが子育て家事にと大忙しでがんばっています。
去年から、精神的な発作を再発。。
そんな中で頑張ってます♪


テーマ:
Facebookより情報をいただき、より多くの方への拡散を希望!!
どうぞ、アレルギーがあり救援物資での食事を諦めざるおえない人達へ!!

みんなに届けぇ!!

地震で大きな被害を受けた熊本市で食物アレルギーの子どもたちを支援しようと小麦や卵を使わない食品の無料配布が始まりました。

無料の配布が行われているのは熊本市中央区にある「国立病院機構熊本医療センター」です。
食物アレルギーの子どもが食べられるよう日本小児アレルギー学会が提供した小麦や卵を使わないクッキーやミルクそれにベビーフードなど、段ボール25箱分の食品が配布されます。病院の総合案内のカウンターで、子ども1人につき5つまで無料で受け取ることができるということです。
5年前の東日本大震災ではアレルギーの子どもが避難所で食べたものでショック症状を起こしたケースも報告されています。
日本小児アレルギー学会の藤澤隆夫理事長は「避難所ではアレルギーに対応した食品が手に入らない場合があるので用意した食品で少しでも安心してもらいたい」と話しています。食品の数には限りがあるため、なくなり次第、配布は終了するということです。

食物アレルギーの相談窓口を設置

食物アレルギーがある子どもが避難所などの食事で誤って原因物質が含まれる食べ物を食べてしまう事故を防ごうと、小児科の医師などでつくる学会が災害時の対応をまとめたパンフレットをホームページで公開するとともに、相談窓口を開設しました。
相談窓口を開設したのは、小児科の医師などで作る「日本小児アレルギー学会」です。
相次ぐ地震を受けて、食物アレルギーがある子どもが避難所などの食事で誤って原因物質が含まれる食べ物を食べてしまう事故を防ごうと、ホームページに、メールで相談を受け付ける窓口を開設しました。
この学会は、東日本大震災のあと、食物アレルギーなど、子どものアレルギーへの災害時の対応についてまとめたパンフレットを公開しています。
この中では、避難所などの炊きだしに使われる食材にアレルギーの原因物質が含まれているかどうか分からないことがあるため、周囲の人が食物アレルギーがある人がいないか声をかけ、食べられない食材の聞き取りをしたり、アレルギーがある人の分の食材を分けて、家族が調理したりできるよう、配慮を求めています。窓口では、子どものぜん息やアトピー性皮膚炎についての相談も受け付けています。

相談窓口のメールアドレス

sup_jasp@jspaci.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は、あいにくのお天気です。。雨
というわけでは、ありませんが頭痛が激しいですえーん

そんな感じで、今日もお仕事やってきました!
疲れましたぁショボーン
そんな話ではなく。。
土曜日出勤がある週は平日に休みがもらえるのですが。。おねがい
それは、いいのですが。。
勤務表がなくて、急に前日の帰るときに「明日、休みだからね!」と言われるのは、どうなんだろうかえー
予定というものが急なので立てられませんなぁ。。

そんなんで、明日がお休みですニヤリ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
下の子(アヤ)の登園バッグ作ってみましたニヤリ
リュックは初挑戦♪

失敗してるところもありますが、なんとかリュックの形になったしそこも抜けてないので。。このままいかせていただきますウインク








明日は進級式だぁおねがい

年少組さんになるアヤ。。
大丈夫なのかしらねぇ。。びっくり

がんばれ!アヤ~ウシシ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。